“走る”フリーライターが、履いて、走って、確かめた!

浮遊感を味わえる? リーボックの新作「フロートライド」は、軽量性と高いクッション性を両立

このエントリーをはてなブックマークに追加

ランニングシューズにクッション性を求めるランナーは多いはず。クッションは、着地衝撃をやわらげるだけでなく、反発から推進力を生み出すのにも貢献してくれます。リーボックのシリアスランナー向け新作ランニングシューズ「フロートライド」は、まさにそのクッション性にこだわったもの。その履き心地や特徴を、実際に試用した感覚をもとにくわしくご紹介します。

高いクッション性を特徴としたシリアスランナー向けシューズ「フロートライド」

高いクッション性を特徴としたシリアスランナー向けシューズ「フロートライド」

軽量ながら高いクッション性を持つミッドソール

ランナーの中には、「クッション性が高い=シューズが重い」というイメージを持っている方が多いかもしれません。たしかに通常、ソール素材が増えるとシューズはどうしても重くなりがちです。筆者も「フロートライド」を見た時、やはり「ちょっと重そうだな」という印象を持ちました。

しかし、「フロートライド」は、見た目に反してとても軽量。リーボックが独自に開発した「フロートライドフォーム」というミッドソールが採用されていますが、同社によればEVA(クッション素材として使用される合成樹脂、エチレン酢酸ビニル)フォームの約半分にまで軽量化されているのだそう。手に持ってみると、その軽さに驚きます。

独自開発のミッドソールは、クッション性に反して超軽量!

独自開発のミッドソールは、クッション性に反して超軽量!

実際に履いてみても、シューズの存在を感じないほど軽やかに走れました。特にスピードを上げてみると、その軽量性の恩恵を大きく感じます。重量のあるシューズは蹴り出し後に“重さで足が地面に残る”ような感覚がありますが、それがまったくありません。

軽量だからこそランニング時には足運びがスムーズに行えます

軽量だからこそランニング時には足運びがスムーズに行えます

反発によってストライド(歩幅)が伸びる

ランニング時に重要なことのひとつが、ストライド。よく「ストライド走法とピッチ走法」なんていう言葉を聞きますが、ストライドが伸びれば、それだけ1歩での移動距離が長くなります。それにともない、速く走れるだけでなく、着地衝撃を受ける回数が減るため、疲労しにくくなるのです。

着地と同時に強い反発が生まれ、自然とストライドが伸びます

着地と同時に強い反発が生まれ、自然とストライドが伸びます

「フロートライド」はソールのクッションが強い反発性を持ち、その反発によって押し出されるようなイメージでストライドが伸びます。その場でジャンプすると跳ねるような反発が、ランニング時には前方向へ向いてくれるイメージです。ただし、この反発を推進力として変換しストライドの広いランニングを実現するには、着地位置と前傾姿勢が重要。たとえば、身体が起き上がった状態で走ると、上方向に跳ねてしまいむだなジャンプ運動が起こってしまうので、注意が必要です。

着地時の安定感が長時間のランニングをサポート

ハーフマラソンやフルマラソンなど、走る距離はそれぞれ異なります。しかし、いずれも長距離であることには変わりなく、シューズには“安定して走り続けられるか”がとても重要になるでしょう。その点でも、「フロートライド」は安心です。

まず、アッパーにはニット素材が用いられ、足全体をしっかり包んでくれます。柔軟性があるので、足型に応じてフィットしてくれるはず。また、ニットはやわらかすぎず、側部をフォーム材が覆っているため、走っている際にシューズ内で足が動くようなこともありませんでした。横ブレなく安定して足裏全体を使った着地が行えるので、余計な筋疲労は起こらないのではないでしょうか。実際に40kmのLSD(ロング・スロー・ディスタンス)でも使用しましたが、とても快適なランニングで最後は楽にスピードを上げられるほどでした。

つま先から足の甲にかけて、最新のデジタルニッティングテクノロジーによって作られた「ウルトラニット」を採用。足首まで全体を包み込んでくれます

中足部のパネル(グレーの部分)がシューレースと連動するためフィッティングの調整がしやすいです

中足部のパネル(グレーの部分)がシューレースと連動するためフィッティングの調整がしやすいです

アウトソールのラバーは波のような形状。地面との設置時間が長くなることで走りに安定感をもたらしてくれます

LSDなど長時間のトレーニングでも快適に走り切れました

LSDなど長時間のトレーニングでも快適に走り切れました

リーボックの独自技術が詰め込まれたシリアスランナー向けシューズ。トレーニングから記録を狙ったレースまで、広く対応してくれそうです。特にクッションによる安定性を求める方には、マッチするシューズと言えそうです。

三河賢文

三河賢文

“走る”フリーライター。マラソン・トライアスロン競技を中心に、全国各地を走り回りながら取材・執筆中。83年生まれ・仙台市出身。ナレッジ・リンクス(株)代表。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.11.21 更新
ページトップへ戻る