特集
スポーツタイプの自転車デビューで後悔しないためのノウハウも伝授

5万円台で買えるモデル限定! 初めてのクロスバイクはこの9台で決まり!!

初心者にも扱いやすいことから、人気の高いクロスバイク。高級モデルを選べば高性能な自転車が手に入れられるが、スポーツタイプの自転車が初めてなら、手ごろな価格で性能がいい1台から始めたほうが後悔しないはず。そこで、クロスバイクデビューに役立つ基本情報を解説するとともに、現時点で最適と思える最新エントリーモデルをお教えしよう。

クロスバイクって、どういう自転車?

細身で直径の大きなタイヤを装着しているモデルが多いことからロードバイクと混同されやすいクロスバイクだが、正しくは、マウンテンバイクのようなフレームとロードバイクのタイヤを組み合わせた、両者の“いいとこ取り”をしたスポーツタイプの自転車のことを指す。フラットなハンドルは取り回しにすぐれ、前傾し過ぎない乗車姿勢で乗りやすく、700C(29インチ相当)のタイヤと軽量な車体で軽快な走行感が味わえる。さらに、価格も手ごろ。レース向けモデルを基本に開発し、そのモデルからグレードを変更しつつラインアップを揃えていくロードバイクやマウンテンバイクは、エントリーモデルでも10万円近くするが、クロスバイクはレースを前提とせず街乗り専用として開発されるため、スポーツタイプといえど5万円台でも十分な性能を備えたモデルが手に入る。このような理由から、クロスバイクは初めてのスポーツタイプの自転車として人気が高い。

クロスバイクは直線基調のフラットハンドルを装備していることと、ロードバイクよりもサドルとハンドルの距離が近いため、ロードバイクほど上半身が前に倒れない姿勢で乗れる。一般的なシティサイクルから乗り換えた際に違和感が少ないのも、クロスバイクの魅力だ

スポーツタイプの自転車なので、ギアの変速段数は多い。ギアを変えるシフターも、ロードバイクよりも使いやすいものが装備されている

ロードバイクと同じ700Cのタイヤを装備したクロスバイクはスピードが出しやすいだけでなく、速いスピードを維持しやすい。路面からの抵抗が少なく、ペダルを踏んだ分だけグンと加速する感覚が味わえるのも楽しいポイントだ

初めてのクロスバイクが5万円台のモデルで十分な理由

クロスバイクの相場は5万〜30万円程度で、価格はその他のスポーツタイプの自転車同様、フレームやパーツの品質、グレードによって変わってくる。比較的手ごろなモデルはアルミや鉄(クロモリ)製のフレームが主流だが、高級モデルになるとカーボンフレームも選べるようになり、コンポーネント(変速ギアやブレーキなどのパーツをまとめた総称)も、価格が高くなるほど軽量で操作性や耐久性のすぐれたものになるのが一般的だ。さらに、変速段数も価格にあわせて増す傾向。たとえば、シマノ製のコンポーネントの場合、もっとも安い「ターニー」というグレードではリアの変速は7段だが、最高グレードの「デュラエース」では11段となる。価格はターニーグレードのディレーラー(変速するためのパーツ)が1,700円程度なのに対し、デュラエースは17,000円と10倍も高い。もちろん、グレードの高いほうが操作性はスムーズでパーツも軽量だが、レースで速さを競ったり、ロードバイクほど長距離を走ることを主としないクロスバイクは、それほど軽さや変速のしやすさにこだわらなくてもいいだろう。

グレードがそれほど高くないフレームやコンポーネントを装着したモデルでも、車重は10kg程度。一般的なシティサイクルが20kgほどあることを考えると、十分軽い

この特集で推奨している5万円台のクロスバイクのグレードは、コンポーネントはターニーのひとつ上に当たる「アルタス」がメインとなり、リアの変速は8段。フレームやフォークはアルミやクロモリ製となるが、十分軽量なので軽快な乗り心地を妨げることはない。少し前までは7万円くらいのモデルが初心者にも手ごろなラインと言われていたが、近年、各メーカーがコストダウンに取り組んでいることもあり、5万円台でも十分にスポーツタイプらしい走行を楽しめる。なお、5万円以下の製品については、さらにフレームやパーツのグレードが落ち、軽快さや耐久性が懸念されるケースもあるため、気持ちよく安全に長年使うことを考えるとあまりおすすめできない。

チェックしておくべきポイント

上記のように、クロスバイクとしての性能が保障されるのは5万円以上が目安ではあるが、該当する価格帯でも車種により細かい部分が異なり、乗り心地が違ってくる。たとえば、乗車姿勢。クロスバイクは上体が起きたポジションに設定されていることが多いが、最近は前傾姿勢を少し強めたモデルが増えてきている。上体が起きたほうが乗りやすいが、お尻に体重がかかり長時間乗っているのがつらくなることもあるため、長めの距離の通勤・通学に使うのであれば少し前傾が強いモデルほうがいい。ただ、乗車姿勢はパーツを交換することで後からある程度調整することもできるので、初心者は体型に合ったサイズを選ぶことと、乗りやすさを優先して決めたほうがいいだろう。

車種によって前傾姿勢の度合いは異なる。前傾が強いほうがペダルを漕ぐ際に脚だけでなく全身の力を使えるようになるため、よりラクに長距離を走りやすい。また、同じモデルでも複数のサイズが用意されているので、自分の身長に適したサイズの確認をしておこう

そして、タイヤの太さも走行に大きな影響を与えるのでチェックしておくといい。タイヤが太いと安定感と快適性は向上するもののペダルの踏み心地はやや重くなるため、スピードの出しやすさを重視するなら「700×28C」や「700×30C」などの細めのタイヤ、快適性に重きを置くなら「700×32C」や「700×35C」といった太めのタイヤを選ぼう。また、細いタイヤは内部の空気が少ないので、軽快さを維持するためには1週間に1回程度は空気を補充するほうがいいと言われている。空気入れをこまめに行わねばならないなど、メンテナンス面にも差が出てくるので、後々のことも考慮して最初の1台を決めるのが得策だ。

後から太いタイヤに交換することもできるが、フレームやフォークによっては極端に太いタイヤには交換できないこともあるので注意しよう

なお、変速ギアについては、5万円台のモデルはほとんどがリアは8段で、フロント側はモデルによって3段から1段(変速なし)と違ってくる。フロントの変速が1段でも、かなり急な坂を登るのでなければ苦労しないので、変速ギアの段数はそれほど難しく考えなくていいだろう。また、フロント側のギアがない場合、チェーンが外れる心配が少なくなるというメリットもある。

変速ギアのスペックにある「3×8」などの表記は、「フロント側×リア側」という意味

変速ギアのスペックにある「3×8」などの表記は、「フロント側×リア側」という意味

5万円台の“推し”クロスバイクを厳選!

ここまで説明してきたことを踏まえ、乗り心地も上々で性能も申し分なく、お買い得な5万円台で購入できるクロスバイクを9モデル厳選してみた。このラインアップの中であれば、好みのデザインやカラー、乗車姿勢で選んでも間違いなし!

ジャイアント「ESCAPE(エスケープ) R3」

リーズナブルな価格の高品質なスポーツタイプの自転車を数多く揃えるGIANT(ジャイアント)製のクロスバイクで、迷わず紹介できるのが「ESCAPE」シリーズ。販売価格5万円ジャスト(税別)ながら、アルミフレームの軽量な車体にシマノ・アルタスのコンポーネントを組み合わせ、ペダルを踏んだ瞬間に前に出るような軽快な漕ぎ心地が得られる。実は、ESCAPEシリーズはこの価格帯のクロスバイクのベンチマークとなっているモデルで、コストパフォーマンスの高さはバツグン。乗車姿勢は、乗りやすさを重視したアップライトとなっている。

ジャイアント「ESCAPE R3」

●スペック
・タイヤサイズ:700×28C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アルタス)
・重量:10.7kg(サイズS)
・サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)mm
・カラー:マットライム、ブラックトーン、ブルートーン、レッド、ホワイト

ジオス「MISTRAL(ミストラル)」

ジャイアント「エスケープ」シリーズの強力なライバルとなる1台が、イタリアンブランド「GIOS(ジオス)」の「MISTRAL」。変速ギアをはじめ、クランク(ペダルを踏み込んだ力を支える部分)やブレーキ、ホイールなど走りに関わるすべてのパーツがシマノ製となっているのがポイントだ。シマノのパーツは、重量は少し重いが耐久性や信頼性にすぐれるため、自転車の肝ともいえる随所に採用されているのは大きな魅力だろう。乗車姿勢はアップライトなので初心者にも乗りやすい。

ジオス「MISTRAL」

●スペック
・タイヤサイズ:700×28C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アルタス)
・重量:10.8kg(サイズ520mm)
・サイズ:430、480、520mm
・カラー:ジオスブルー、ブラック、ホワイト、グレー

ジャイアント「CROSTAR(クロスター)」

スピードが出しやすいモデルが欲しいなら、ジャイアントの「CROSTAR」が狙い目。アルミ製フレームの構造を見直すことで前述の「ESCAPE R3」よりも軽量な仕上がりとなり、XSサイズとSサイズは10kgを切る車重を実現している。乗車姿勢もやや前傾を強めた設計で、体重がサドルとハンドルに分散されるため長距離も比較的ラクに走行可能。また、「ESCAPE R3」より若干上位グレードのコンポーネントやホイールを採用しつつ、価格を4,000円アップに抑えているところもお買い得感がある。将来的にロードバイクにステップアップしたい人は、本製品を選ぶといいだろう。

ジャイアント「CROSTAR」

●スペック
・タイヤサイズ:700×28C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アセラ)
・重量:9.9kg(サイズS)
・サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)mm
・カラー:ホワイト、ブラック

ライトウェイ「SHEPHERD(シェファード)」

日本人の体型に合う、日本国内の道で乗りやすい設計とされた「RITEWAY(ライトウェイ)」の「SHEPHERD」は、サイズに合わせてタイヤサイズを24インチ、26インチ、700Cと変えることで、身長が低い人から高い人まで最適なバランスの車体を選べるようになっている。乗車姿勢はやや前傾が強めだが、長距離を走るためというよりはお尻にかかる体重を分散させて快適性を高めることが狙い。フロント側の変速も1段(変速なし)で、スポーツタイプの自転車初心者が操作で迷わないように配慮している。なお、水平基調のフレーム形状は、このクラスのライバル車にはない特徴。個性が強く見えるが乗ってみると安心感が高いバランスのよい1台といえる。

ライトウェイ「SHEPHERD」

●スペック
・タイヤサイズ:24×1.5、26×1.5、700×38C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:1×8(シマノ・アルタス)
・重量:10.1kg(24インチ)
・サイズ:24インチ、26インチ、700C
・カラー:マットブルー、マットホワイト、マットレッド、マットグレーシルバー、マットダークオリーブ、マットブラック

コーダーブルーム「RAIL(レイル)700」

「KhodaaBloom(コーダーブルーム)」の「RAIL」シリーズは車量が9.4kgと、この価格帯だけでなく、少し上のクラスのモデルと比べても軽量であることが最大の特徴。さらに同シリーズにはロードバイク並みの軽さ(8.8kg)を実現した上位モデル「RAIL 700SL」もラインアップされているが、フレームは今回紹介する「RAIL 700」と同じ。後々、ホイールやパーツを交換すれば上位モデル同等の軽量化を図ることも可能だ。軽さを生かしたスポーティーな乗り味を楽しめるが、前傾姿勢はそれほどきつくない。

●スペック
・タイヤサイズ:700×28C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アルタス)
・重量:9.4kg(サイズ480mm)
・サイズ:400、440、480mm
・カラー:ブルー、レッド、ブラック、ホワイト

キャノンデール「QUICK(クイック)7」

カーボン製に匹敵する性能のアルミ製のフレームを開発し続け、力を入れている「Cannondale(キャノンデール)」が手がけた本製品は、リアタイヤを支える部分をしならせた「SAVEマイクロサスペンション」構造がポイントだ。この構造により、路面からの衝撃が吸収され、硬いといわれるアルミフレームながら快適な乗り心地を実現。クイックなハンドリングに加え、強めの前傾姿勢で全身の力を使って進んでいく感覚が気持ちよく、スポーツタイプの自転車らしさを存分に味わうことができる。なお、リアの変速ギアが9段となる「QUICK 6」も5万円台でリリースされているので、変速性能を重視したい人は要チェック!

キャノンデール「QUICK7」

●スペック
・タイヤサイズ:700×35C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アセラ)
・重量:非公開
・サイズ:S、M、L、XL
・カラー:BBQ、ネオンスプリング、ホワイト

スペシャライズド「Men's Sirrus Alloy - V-Brake(メンズシラス アロイVブレーキ)」

リア側の変速ギアが7段と、8段が主流であるこの価格帯のモデルでは少ないが、その分フレームにコストをかけた設計が魅力。信頼性の高い独自設計のアルミフレームでロングライドに適したやや前傾のポジションを作り出すとともに、おだやかなハンドリングで長距離走行をしても疲れにくくしている。また、フェンダーやキャリアなどを後から取り付けられる仕様のため、カスタムを楽しむことも可能。

スペシャライズド「Men's Sirrus Alloy - V-Brake」

●スペック
・タイヤサイズ:700×32C
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×7(シマノ・ターニー)
・重量:非公開
・サイズ:S、M、L、XL、XXL
・カラー:ブラック、ロケットレッド、トロピカルティール

ジャイアント「GRAVIER(グラビエ)」

クロスバイクのタイヤの多くに採用されている700Cサイズではなく、近年のマウンテンバイクで主流の27.5インチで1.75(45mmに相当)幅の太いタイヤを装備。かつ、クロモリ製のフロントフォークで振動吸収を重視した「GRAVIER」は荒れた路面での高い安定感が望めるほか、軽めのオフロードも走れてしまう。そんな走破性を備えながら、タイヤの外径は700×28Cと同等なので、一度スピードを乗せてしまえば維持もしやすく、街乗りで不満を感じることはないはずだ。

ジャイアント「GRAVIER」

●スペック
・タイヤサイズ:27.5×1.75インチ
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:3×8(シマノ・アルタス)
・重量:11.2kg(サイズS)
・サイズ:430(XS)、465(S)、500(M)、555(L)mm
・カラー:ネイビー、ライムゴールド、ワインレッド

ブリヂストン「ORDINA(オルディナ) F5B」

一般的な自転車は駆動力をチェーンで伝えるが、本製品はカーボンベルトを採用。注油の必要がなく、メンテナンスの手間が省けるのがメリットだ。さらに、リアの変速は内装式となっている。ここで紹介している他のクロスバイクは外装式であるため、動いている時にしか変速できないが、内装式は停車中でもギアチェンジが可能。変速段数は5段と少ないがスタート・ストップが多い街乗りでは利便性が高い。700Cサイズよりも外径の小さい27インチタイヤを装着しているので、どちらかというと街乗りをメインターゲットとしたモデルと言えるだろう。

ブリヂストン「ORDINA F5B」

●スペック
・タイヤサイズ:27×1-3/8
・フレーム素材:アルミ
・変速ギア:1×5(シマノ・ネクサス)
・重量:14.5kg(サイズ480mm)
・サイズ:420、480mm
・カラー:クロツヤケシ、ホワイト、リバーブルー、コバルトグリーン

【2018年2月16日訂正】クロスバイクの説明の一部が誤解を招くおそれがあったため、一部訂正しました。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

関連記事
ページトップへ戻る