特集
仲間や家族と東京近郊で釣りが簡単に楽しめる

初心者も安心! BBQもできる「管理釣り場」&最新フィッシングギア

このエントリーをはてなブックマークに追加

釣り用語では、魚が1匹も釣れないことを「ボウズ」などと言うが、せっかく釣りを楽しむなら、魚が糸を引くあの感覚を味わいたいもの。それを楽しく簡単に味わえるのが「管理釣り場」だ。

管理釣り場は、スポーツフィッシングやゲームフィッシングが楽しめる、いわゆる“釣り堀”の1種で、川や池といった自然を利用したいけすに放流した魚を、ルアーなどで釣るのが基本スタイルだ。

自然の釣り場に比べ、魚が釣りやすいのはもちろんだが、釣った魚の本数を競ったり、釣った魚をその場で食べられたりと、その楽しみ方はさまざまある。

というわけで今回は、都内近郊の管理釣り場と、管理釣り場で使いたい最新フィッシングギアを紹介する。

管理釣り場3か所と、フィッシングギア8種類を紹介

管理釣り場3か所と、フィッシングギア8種類を紹介

都内最大級の渓流釣り場
「奥多摩フィッシングセンター」

「奥多摩フィッシングセンター」で釣れる魚種は、ニジマス。季節により、BIGマスやヤマメ、イワナをサービス放流する

東京都青梅市にある「奥多摩フィッシングセンター」は、都内最大級の渓流釣り場として知られる管理釣り場。有料の釣り場はいくつかの区画に分けられており、ファミリー釣り場、一般エサ釣り場、団体釣り場、ルアー・フライ釣り場と、ビギナーからベテランのアングラーまで幅広く対応しているのが魅力だ。夏になれば川原遊びやBBQも楽しめるため、レジャースポットとして家族連れなどにも親しまれている。なお、釣った魚をその場でさばいて串打ちにしてくれるサービスもあり。

「奥多摩フィッシングセンター」
【利用情報】
●住所:東京都青梅市御岳2-333
●営業時間:7:00〜16:00(3〜11月)/7:30〜16:00(12〜2月/木曜日は休業)

大自然の中でニジマスやヤマメを釣る
「秋川国際マス釣場」

「秋川国際マス釣場」では川でのエサ釣りが主体だが、ルアー釣りやテンカラ釣り、フライフィッシングも楽しめる

東京都あるき野市にある渓流釣り場「秋川国際マス釣り場」は、ニジマスが釣れる管理釣り場として、ビギナーはもちろん、ベテランアングラーご用達のスポット。釣ったニジマスを隣接の食堂に持っていけば、焼きマスと交換してくれるサービスもあり、子どもたちに大人気だ。ヤマメの釣れる専用区も併設されており、大自然の中で思い思いの釣りを堪能できる。売店では、五日市の名産「よもぎそば」や「宝沢うどん」をお土産に買えるのもうれしい。

「秋川国際マス釣場」
【利用情報】
●住所:東京都あきる野市養沢1311
●営業時間:8:00〜16:00(11〜3月は木曜日が定休)

バス釣りが楽しめるなどバラエティに富む
「恩方国際釣堀場」

主な放流魚は、ブラックバス、ストライパー、鯉、トラウト各種

主な放流魚は、ブラックバス、ストライパー、鯉、トラウト各種

東京都八王子市の西寺方にある「恩方国際釣掘場」は、都内では珍しくブラックバスが釣れる管理釣り場。バス釣りのほかにも、ニジマス釣りや金魚釣りなどバラエティに富んだ釣り堀が用意されている。どの区画も地下水を使用しているため、水温が1年中安定しておりコンディションは万全だ。

「恩方国際釣堀場」
【利用情報】
●住所:東京都八王子市西寺方町923
●営業時間:7:00〜18:00
●定休日:火曜日

以上で紹介した管理釣り場のほかにも、都内近郊にはもちろんさまざまな管理釣り場がある。ただ、管理釣り場にはそれぞれ独自のルールやマナーがあるので事前にチェックしておこう。

管理釣り場に持っていくと便利なフィッシングギア

管理釣り場では、基本的に釣具をレンタルできるが、マイ釣具を使って釣れたときの感動はひとしおだ。ここでは、管理釣り場で使える最新のフィッシングギアを紹介する。

[ロッド1]
シマノ
「トラウトワンAS(エリアスペシャル) S60SUL-F」

マス釣りに最適なトラウトロッド「トラウトワンAS S60SUL-F」

マス釣りに最適なトラウトロッド「トラウトワンAS S60SUL-F」

「トラウトワンAS S60SUL-F」は、シマノのトラウトロッドの中でも長く愛用できる1本。扱いやすさや飛距離、感度など、ほかのモデルでは代替不可能な高い機能性を誇り、多くのアングラーに親しまれている。また、トラウトフィッシングにおいては、数釣りだけでなく大型も狙える汎用さも魅力だ。

全長:1.83m 継数:2本
仕舞寸法:93.8cm 自重:85g
先径/元径:1.4mm/7.0mm
ルアー重量:1.5〜4g ライン(ナイロン):2〜4lb
カーボン含有率:96.4%

[ロッド2]
ダイワ
「イプリミ 62UL」

ダイワのベーシックロッドシリーズの1本「イプリミ 62UL」

ダイワのベーシックロッドシリーズの1本「イプリミ 62UL」

ダイワの「イプリミ」シリーズは、“ダイワのエリアロッドの性能を感じてもらうための1本”というコンセプトのもと開発されたトラウトロッド。上質でありながら、少し軽くて扱いやすいことが最大の魅力だ。中でも「62UL」は軽量で操作しやすく、管理釣り場で初心者が安心して使える。また、その性能の高さから本格派アングラーからも好評だ。

全長:1.88m 継数:2本
仕舞:97cm 自重:68g
先径/元径:1.5(1.4)mm/6.9mm
ルアー重量:0.6〜3g ライン(ナイロン):1.5〜3 lb
カーボン含有率:84%

[ライン]
VARIVAS
「スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG[ナイロン]0.5号」

「スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG[ナイロン]0.5号」

「スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG[ナイロン]0.5号」

「スーパートラウトエリア マスターリミテッド SVG[ナイロン]」は、管理釣り場のトラウトフィッシングに最適なナイロンライン。しなやかで飛距離がよく、高い弾力性も兼ね備えており、大型から数釣りまで幅広い獲物を狙える。たとえヒットした魚が暴れたとしても、高い耐久性によりコントロールしやすく、落ち着いて釣り上げられるため、初心者向けと言える。

[ルアー(スプーン)]
フォレスト
「MIU スプーン」

エリアフィッシングの定番「MIU」は全16色をラインアップ

エリアフィッシングの定番「MIU」は全16色をラインアップ

管理釣り場の定番ルアーといえばスプーン。その中でも人気なのが、フォレスト「MIU スプーン」だ。高いスペックにかわいらしいデザインのモデルでビギナーでも扱いやすく、水面付近を泳ぐマスなどを狙うのに最適。なお、初心者にとって最初の壁となる、糸が出過ぎてルアーが水中に浮いてしまう“糸フケ”を避けるため、使用時はルアーの着水から着底までの時間を数える「カウントダウン」を行って水深を把握してから使おう。

[ルアー(クランクベイト)]
ロデオクラフト
「モカSR」

2フックの「モカ SR」

2フックの「モカ SR」

スプーンで反応がないときに備え、最低1個は準備しておきたいのが「クランクベイトルアー」。その中のひとつであるロデオクラフトの「モカ SR」は、アクションこそ控えめなものの、一定のスピードで巻くだけで、魚を寄せつけて釣れる性能の高いルアーだ。

[ルアー(その他)]
ザクトクラフト
「セニョールトルネード」

管理釣り場でニジマスを簡単に釣るための必須アイテム「セニョールトルネード」

管理釣り場でニジマスを簡単に釣るための必須アイテム「セニョールトルネード」

「セニョールトルネード」は、スプーンやクランクベイトに勝る管理釣り場の最終兵器的ルアー。形をスプリング状に成型しておくと、水中でうねるようなアクションを生み出す特殊なルアーで、そのスプリング形状の形によって釣果が変わるというのも面白い。ロッドのアクションなども必要なく扱い方が簡単で、まさに初心者向きルアーだ。

[アクセサリー1]
VARIVAS
「エリアドライブ リリーサー」

キャッチしてからリリースするまでの時間を短縮する「エリアドライブ リリーサー」

キャッチしてからリリースするまでの時間を短縮する「エリアドライブ リリーサー」

リリーサーとは、釣った魚に触れず、手を汚さずにリリースできるアイテム。「エリアドライブ リリーサー」は、手首をクイッと回転するだけで簡単にフックが外せて、ルアーを素早く放出できる。キャッチ&リリースの工程をスピーディーに行えるため、釣りトーナメントの参加者の多くが使用している。

[アクセサリー2]
明邦化学工業
「ランガンケース1010W-1」

フタの内側にワームがくっつきにくい加工を施した「ランガンケース1010W-1」

フタの内側にワームがくっつきにくい加工を施した「ランガンケース1010W-1」

ルアー類を整理して収納できるランガンケース。175(横)×38(高さ)×105(奥行)mmと、携帯に便利なコンパクトサイズが特徴だ。両開きタイプで片面がスリットフォーム、もう片面が仕切り収納(写真)のため、使い勝手もよい。

安東渉

安東渉

アウトドアやデジタルカルチャーなど、ジャンルに捉われない自由な記事を執筆するライター・編集者。週末は家族でアウトドアを楽しむファミリーキャンパーでもある。株式会社EditReal所属。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る