特集
旬の魚を釣るためのハウツーと道具を伝授!

【8月はアジ!】初心者のための旬の魚の釣り方ガイド

初心者でも簡単に楽しめるアジ釣りを徹底解説!

初心者でも簡単に楽しめるアジ釣りを徹底解説!

8〜9月の時期に狙える魚の中で、最もポピュラーなのが「アジ」だ。

アジは、北海道から沖縄までの全国沿岸や沖合を回遊する魚で、基本的には群れで移動する。

アジを釣る方法としては、夏時期に最適な「ウキフカセ釣り」や「サビキ釣り」で小〜中型のアジが狙えるほか、「沖釣り」だと30cmを超える良型のアジが狙える。また、最近では、岸から釣りをする「陸(おか)っぱり」で、ルアーを使ってアジを釣る「アジング」という釣り方も人気がある。

本稿では、釣り初心者が知っておきたい基本的なアジの釣り方と、アジ釣りに必要なフィッシングギアをピックアップして紹介する。

初心者には「海釣り施設」で行う「サビキ釣り」が吉

アジは、プランクトンやシラスのような小魚を捕食する魚なので、アジを狙う場合は「サビキ釣り」から始めるとよいだろう。

「サビキ釣り」とは、魚を引き寄せる「コマセエサ(アミエビ)」を海に拡散させて魚を寄せ集め、1本の糸を軸に複数の疑似餌の付いた針が枝状に伸びている仕かけで釣る方法だ。仕かけを投げずに足元に投下する釣り方なので、子どもや初心者でも安心して楽しめるうえ、条件がよければ短時間で大量の釣果をあげることも可能だ。

また初心者は、転落防止の柵が設置してあり、安全に家族で楽しめる「海釣り施設」へ行こう。駐車場やトイレなどの設備もあるので、気軽に楽しめるからだ。

「サビキ釣り」の基本的なやり方

釣りの仕かけは、狙う魚と大きさ、釣り方などで異なってくる。基本的にはロッド、糸、針の3種で構成されるが、仕かけを沈めるためにオモリとリールが必要となる。

こちらが「サビキ仕かけ」。仕かけやコマセカゴを道糸に繋ぐだけでセッティングできる

こちらが「サビキ仕かけ」。仕かけやコマセカゴを道糸に繋ぐだけでセッティングできる

アジ釣りのロッドには、3〜4.5mの振り出しの万能竿を選べばいいだろう。リールは、初心者でも扱いやすい小〜中型のスピニングリールを選択。「サビキ仕かけ」は、ヨリモドシと呼ばれる金具で道糸と仕かけを繋ぐだけでOKだ。

釣り方としては、「コマセエサ」を「コマセカゴ」に詰めて、足元の海に仕かけを落としてアタリを待つ。そして、竿先を上下に動かして「コマセカゴ」に詰めた「コマセエサ」を拡散させ、アタリを感じたらリールをゆっくり巻き上げていく。この作業を繰り返していくのが「サビキ釣り」の基本だ。

アジ釣りに必要なフィッシングギア7選

【ロッド】
アタリに気づきやすい持ち運びにも便利なロッド
ダイワ「リバティクラブ 小継 磯2号-300」

ロッドを大別すると、「船竿」「磯竿」「投げ竿」の3種に分けられる。アジ釣りに使用するのは、「磯竿」の中でもオモリを海底まで沈める「底物竿」という竿だ。

大手釣具メーカー、ダイワの「リバティクラブ シリーズ」は、一部フリークから入門向けとして定評のあるシリーズ。なかでも、アジ釣りに最適な「小継 磯 2号-300」は、「サビキ釣り」「ウキ釣り」により、アジはもちろん、小メジナやサバが狙えるロッドだ。ほかにも、ボートでのキス釣りにも適しているなど、汎用性の高さもウリのひとつだ。

イチオシの「リバティクラブ 小継 磯 2号-300」。「小継」は仕舞寸法(収納時の長さ)が短いことを指しており、持ち運びが簡単で収納にも便利だ

穂先には、高感度な素材「カーボンソリッド」を使用しており、アタリの繊細な振動に気づきやすく、ボディ部分は衝撃だけでなく、サビなどにも強い仕様を採用している。

【リール】
軽くて耐久性のある汎用性も高いリール
ダイワ「スピニングリール 17 リバティクラブ 2500」

「サビキ釣り」の場合、竿もリールも長時間持っていても疲れない軽量モデルを選ぶのがポイント。そのうえで、ロッドの性能を最大限まで引き出すために、ベストなリールを選びたい。

ダイワ「リバティクラブ シリーズ」の「スピニングリール 17 リバティクラブ 2500」は、同社が開発した軽くなめらかな巻き心地が特徴の「デジギヤII」を搭載したモデル。アジ釣りだけでなく、バス釣りやトラウト釣りでも活躍する汎用性の高さを持ちながら、基本性能が高く軽量で耐久性もある。

「スピニングリール 17 リバティクラブ 2500」。ボディの黒×赤が際立つデザインは男心をくすぐるかっこよさがあり、あらゆる磯竿やルアーロッドにマッチする

【ライン】
使いやすく長持ちする、道糸に最適なナイロン製ライン
ダイワ「ジャストロンDPLS イエロー」

アジを「サビキ釣り」で狙う場合、道糸は2〜3号のナイロン素材のモデルを選ぶといいだろう。色は視認性のいいイエロー系やオレンジ系のものが使いやすい。

ダイワ「ジャストロン DPLS」は、実用的な機能を徹底的に追求したハイスペックなナイロンライン。「結節強力糸」を使用した強度の高い糸は、糸グセがつきにくいのが特徴。リールへの巻き取りもスムーズで、初心者でも扱いやすい。

「ジャストロンDPLS」。500mボビン巻き(円筒クリアケース入り)で、左から「クリアー」「ブルー」「ピンク」「イエロー」「ブラック」「4カラーズ」の6色で展開(4カラーズのみ600m巻き)

【サビキ仕かけ】
アジ釣りに適したピンクのサビキ仕かけ
ハヤブサ「これ一番 ピンクスキンサビキ 6本鈎」

「サビキ仕かけ」は、1本の糸を軸にして、複数の疑似餌針が枝のように伸びている仕かけ。針には、「スキン」と呼ばれるビニールなどでできた疑似餌が付いており、エサを付けなくてもそのまま使えばアジが食いつく仕組みだ。

「サビキ仕かけ」の大定番が、ハヤブサの「これ1番 ピンクスキンサビキ 6本鈎」だ。ピンク色のスキンによってアミエビやオキアミなどエビ類の持つイメージを再現し、全長1.4mの糸に6つの疑似餌針が付いている。

「これ一番 ピンクスキンサビキ 6本鈎」。写真の「ピンク」はベストセラーの定番カラー。金具付きなので、説明書通りに扱えばすぐに取り付けられる

【コマセカゴ・コマセ袋】
コマセがこぼれにくいフタ付きのコマセカゴ
第一精工「ワンタッチフタカゴ 中」

「サビキ釣り」では、コマセ(アミエビ)を入れるためのカゴ(袋)を、海に沈めて魚を寄せ集める必要がある。そのため、オモリの目安は水深の3分の2の号数が基本。浅場のアジ釣りの場合、オモリ負荷は10号あれば十分だ。

第一精工「ワンタッチフタカゴ 中」は、仕かけの下部に付けるオモリ付きのコマセカゴに、ワンタッチで開閉可能なフタが付いたタイプ。着水時にもマキエがこぼれにくいのが特徴だ。通常タイプの「小サイズ」「中サイズ」のほかに、「夜光・中」「夜光・小」「鉛15匁付」「鉛20匁付」の全6種類をラインアップする。

「ワンタッチフタカゴ 中」。仕かけの下部に付けるオモリ付きのモデルで、写真の「中サイズ」の重量は30g

「ワンタッチフタカゴ 中」。仕かけの下部に付けるオモリ付きのモデルで、写真の「中サイズ」の重量は30g

【コマセエサ(アミエビ)】
解凍せずにすぐ使える!
マルキュー「アミサビキ」

先述の「コマセカゴ」に入れるのは、アミエビという「コマセエサ」。ブロック状に冷凍されているものが基本で、その場合はバケツなどで海水と混ぜて溶かしてから使用する。

マルキューの「アミサビキ」は、常温保存できるタイプ。冷凍タイプと異なり、海水などで解凍する手間がなく、フタをめくればすぐに使用できる。内容量は600gで、カゴに入れるための専用スプーン付き。

「アミサビキ」は、大きめのトレー型パックを開封するだけですぐに使用できる。トレー型なので、そのまま使えるのも◎

【クーラーボックス】
アタリ待ちの際に椅子代わりに腰かけられるクーラーボックス
シマノ「フィクセル・ライト ゲームスペシャルII 220」

釣った魚を持ち帰るには、保冷力にすぐれたクーラーボックスが必要。弁当や飲み物などを入れておくこともできて便利だ。

シマノ「フィクセル・ライト ゲームスペシャルII 220」は、内容量の20%の氷を31℃の温度下で35時間保持できる高い保冷力がウリ。釣った魚の鮮度を長く保つほか、冷凍のコマセエサなどが溶けにくい。緻密な耐荷重設計により堅牢性も高く、長いアタリ待ちの時間に椅子代わりとして腰かけていても問題ない。

「フィクセル・ライト ゲームスペシャルII 220」。外側には、ネジ穴を開けずにオプションパーツを装着できる。内部は、専用トレーなどが入れられる仕様だ

同モデルは、オプションパーツを取り付けられる。ネジ穴などを開けずにロッドレストやサイドポケットを装着してカスタマイズできることも魅力だ。

そのほかの別売りオプションパーツとしては、ボックス内で小物やお弁当を分けられる「フィクセルトレー」は持っておきたいアイテムだ。

「フィクセルトレー」。内部にピッタリとはまる

「フィクセルトレー」。内部にピッタリとはまる

これもあるとなおよし! 便利アイテム3選

最後に、「サビキ釣り」がよりスムーズに楽しめる便利アイテムを紹介!

【便利アイテム1】
アジを直接手で触れない人に
第一精工「ワニグリップミニMC+ホルスター」

「ワニグリップミニMC+ホルスター」。カラーはブラック、フォリッジグリーン、ダースアークの3色で展開。ホルスターはベルトに装着しやすい

アジ釣りでは、尻尾部分のとげ状のうろこ「ぜいご」に気をつけなければ、手を傷つけてしまう恐れがある。「ワニグリップミニMC+ホルスター」は、アジ、アオリイカ、タチウオ、メバルなどの海釣りで、手を汚したり傷つけたりせずに安全かつスピーディーに魚がつかめる魚バサミだ。名前の通り、ワニの歯のようにギザギザした先端が、しっかりと魚をキャッチしてくれる。

また、ホルスター付きなので携帯しやすいだけでなく、先端をロックせずに収納しておけば、取り出してすぐに魚をつかむことができる。

(左)ホルスターは、バッグやゲームベスト、タックルキャリアー、バケツの枠にも装着可能(右)獲物を瞬時に捕らえられる

【便利アイテム2】
アタリが弱い時に便利なスピード餌付けとバケツのセット
第一精工「スピードバッカンW」

アジの「サビキ釣り」では、アタリが弱い時に疑似餌にエサを付けると釣果があがる場合がある。その餌付け作業をラクに行える「スピード餌付け器W」と、水くみバケツがセットになっているのが、第一精工「スピードバッカンW」だ。

「スピードバッカンW」。「スピード餌付け器W」をバケツに装着できるため、より餌付けをスピーディーに行える

「スピード餌つけ器W」は、上の絵のように餌付け器の中にコマセエサを入れ、仕かけをくぐらせるだけで針にエサを付けられるという仕組み。また、オモリ付き水くみバケツ「バッカン」は、ヒモを伸ばして海水をくんだり、手洗いバケツとして使ったり、釣った魚を入れておいたりと、使用用途が幅広い。

【便利アイテム3】
アジ釣りの道具をまとめて持ち運べる
シマノ「デイパック DP-021Q 」

「デイパック DP-021Q」。カラーは左からメランジ、メランジベージュ、ブラックの3色で展開

「デイパック DP-021Q」。カラーは左からメランジ、メランジベージュ、ブラックの3色で展開

アジの「サビキ釣り」では、ロッドやリールのほかに、仕かけやコマセエサなど多くの釣り具が必要になるため、何かと荷物がかさみがちだ。

シマノの「デイパック DP-021Q」は、釣り具を持ち歩くことを想定した釣り用バックパック。背面パッドを搭載しているので、長い移動中でも疲れを感じにくい。また、サビに強い樹脂製ファスナーを採用していたり、濡れたウェアをそのまま収納できるように内側を防水仕様に仕上げていたりと、釣り向けの工夫が随所に施されている。容量は17Lと35Lの2種類を展開する。

(左)内側は防水仕様なので濡れたウェアも収納可能 (右)ボトムの生地には、こすれに強い耐摩耗素材を使用

安東渉

安東渉

アウトドアやデジタルカルチャーなど、ジャンルに捉われない自由な記事を執筆するライター・編集者。週末は家族でアウトドアを楽しむファミリーキャンパーでもある。株式会社EditReal所属。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る