ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

「M グローレ」試打レポート。ドライバーとアイアンの実力を確かめた!

オグさんです。
今回はテーラーメイドの新しいシリーズ「M グローレ」をご紹介します。

ソールに「M」と大きく書かれていますが、グローレの新商品なのです

ソールに「M」と大きく書かれていますが、グローレの新商品なのです

「グローレ」ブランドの新製品

このM グローレは、テーラーメイドの「グローレ」ブランドに「M」シリーズのテクノロジーを投入した、新しいシリーズです。

グローレは2012年に登場した同社の日本オリジナルブランド。当初は、どちらかといえばシニア向けの“やさしく飛ばせるクラブ”として誕生しました。しかし、打点のミスへの強さとほどよい操作性が女子プロに人気を博します。そのグローレにアスリート指向を持たせたのが「グローレ F」。発売前から”たたけるやさしいドライバー”として注目され、今度は男子シニアツアーで一大ブームを巻き起こしました。アマチュアにもそれが波及し、いまだに中古市場では値崩れしていない人気クラブの1本として取引されています。

> 価格.comで「グローレ F ドライバー」の価格を見る

一方の「M」シリーズは、世界のトッププロの使用を念頭に置いて開発されたアスリートブランド。技術があるゴルファーが使用したときに最大のパフォーマンスを発揮できるように設計され、最新のテクノロジーが注入されています。このMシリーズ、「M3」と「M4」を私も試打したので興味のある方は、下記からチェックしてみてください。

またまた大進化!テーラーメイド「M3/M4」を徹底試打

アベレージゴルファーのために生まれたクラブに、トップアスリートのための技術が使われたのが、このM グローレ。どんな仕上がりになっているのか、今回の試打をとても楽しみにしていました。

■M グローレ ドライバー

Mシリーズと同様クラウンにカーボンを使用し、ハイテク感があります。Mシリーズはカーボンの部分が黒くなっていますが、M グローレはグレーに仕上げられています。輪郭はややヒール寄りにボリュームがある丸形。フェース向きはややフックフェースになっています

M グローレはアベレージ向け

まず勘違いされるといけないので最初にはっきりさせておきましょう。このM グローレは、アベレージ向けのクラブです。決してアスリートのためのクラブではありません。その証拠が、クラブスペック。クラブ長さは46インチと長めの設定になっており、クラブ重量は9.5度のSフレックスで約281gと、かなり軽量に仕上げられています。

アスリートモデルである「M3 460」純正Sシャフトの9.5度は、45.5インチで約309gですから、M グローレは長く軽く仕上げることで、パワーのない方でも飛距離を得られやすい設計になっています。Mシリーズに搭載されて高評価を得ているフェースをあえて捻(ね)じるように設計することで打点のミスによる余分なスピンを減らす「ツイストフェース」や、フェースすぐうしろのソールにリブとスリットを入れることでフェースの反発力アップと低スピン化を実現する「ハンマーヘッド」といったテクノロジーを使用した、アベレージのためのドライバーがM グローレなのです。

さっそくクラブを見ていきたいと思います。ヘッドは近年のテーラーメイド製品にならって白いカラーを使っています。Mシリーズ同様クラウンにカーボンを使用することで、ハイテク感を演出しながらも精悍(せいかん)なイメージをうまく作り出しています。

Mシリーズでは、クラウンのカーボン部分を黒く仕上げていますが、M グローレではグレーにすることで差別化を図っていますね。実際の重さからも影響しているとは思いますが、重々しい黒よりもグレーのほうが軽そうな印象を受けます。輪郭は、ややヒール寄りにボリュームがある丸形でややフックフェース。黒いフェースと白いクラウン部分のコントラストによってフェースの向きがわかりやすく、安心して構えることができます。

特徴は、鍛造製法のフェースによる打感や非常に短いネックです

フェースを捻じることで余計なサイドスピンを減少させるツイストフェース。捻じってあるとはいえ、アドレスではほとんどわからないレベルです

ランが期待できそうなライナー弾道が出た

では打ってみましょう。お借りした試打クラブは、純正シャフトのSで10.5度。最初はヘッドスピード40m/sぐらいのイメージで振ってみました。フレックスはSですが、シャフトが長めのせいもあってしなりを感じやすく、タイミングは取りやすかったです。弾道は、目標よりやや左に打ち出したライナー性の中弾道。スピンがやや少ない飛び様で、ランが期待できそうでした。

次に、同等のヘッドスピードでインテンショナルのフック、スライスを試してみました。結果、曲がりはかなり少なめですが、曲げたい方向には曲がってくれます。直進性が非常に高いですね。どちらかといえば、曲がりはフックのほうが大きく、つかまりのよさがこのへんにも表れている感じです。スライスにお悩みのゴルファーは飛距離を伸ばしやすいクラブといえますね。

最後に、自分なりのスイングで振ってみました。今度はやや高めに打ち出し、スピンがちょっと多めの弾道になりました。軽さとシャフトのフレックスがちょっと負けてしまった印象。ヘッドスピードが43m/s以上ある方には、物足りなくなってしまうかもしれません。その場合はMシリーズを試すとよいでしょう。

弾き感のある、爽快な打感が味わえます。音もそれほど大きくなく、気になる方はほとんどいないでしょう。

弾き感のある、爽快な打感が味わえます。音もそれほど大きくなく、気になる方はほとんどいないでしょう。

シャフトの動きが大きめで、それほど頑張らなくてもシャープに振りやすい仕上がりです

シャフトの動きが大きめで、それほど頑張らなくてもシャープに振りやすい仕上がりです

構えたときにヘッドを大きく見せつつ、フェース面のトゥ側をヘッドのトゥの先端よりも短くすることで、ヘッドターンしやすい重心設計と見た目を一致させる工夫が見られます。フェースを横に大きくしてしまうとヒール側に芯がくることになってしまうのです

最近のアベレージ向けのクラブは直進性を高めるために大きめのヘッドターンが適さないクラブが多いのですが、M グローレは大きめのヘッドターン(右)でも間に合いますね。ヘッドターンを抑えたいわゆるシャットのスイング(左)でも打てるため、幅広いゴルファーが使えそうな印象を受けました

■M グローレ アイアン

M グローレにはドライバーとアイアンが用意されています。アイアンもドライバー同様アベレージ向けに設計されていて、打点のミスに強く直進性の高い仕上がりでした。

M グローレ アイアン #5

M グローレ アイアン #5

M グローレ アイアン #7

M グローレ アイアン #7

M グローレ アイアン #9 トップブレードが厚く、多少芯を外しても当たり負けしなそうな安心感がありますね。実際に少々芯を外しても飛距離が極端に落ちることはありませんでした

いつもの練習場が狭く感じた……!

アイアンもテクノロジー満載です。溝が彫ってある打面部分以外のフェース剛性を高め、打面全体の反発を高める「リブコアエイチ・ティ」に加えて、フェースすぐ裏とネックから余剰重量を32gも作り出し、それを深く低い位置に設置することで、よりミスに強いアイアンとなっています。低重心設計のためボールがロフト以上に上がりやすく、ロフトを立てて長めに設計することが可能になるので飛距離も期待できるアイアンです。

構えてみると目に入るのは、やや太めのトップブレード。いかにも当たり負けに強そうで、安心感が高いんです。一般的なアイアンよりも1番手ほど長いのですが、大きめのサイズであるため長さはほとんど感じませんでした。

では打ってみましょう。試打スペックは7番でシャフトは純正カーボンのSです。アイアンでも、最初はドライバーで40m/sぐらいのゴルファーのイメージで振ってみます。ピシッといった音でとても爽快な弾き感があり、芯で打つととても気持ちがいいです。これは軟鉄鍛造アイアンとはまた別の気持ちよさ。

弾道はというと、番手なりの高さは出ますが、スピンが少なめな印象を持ちました。強い弾道で前に前に飛んでいく感じ。そして非常に曲がりづらいです。インテンショナルを試してみましたが、ドライバー以上に曲がらない。曲げることがほとんどできないので、シンプルにゴルフができそうです。打点のミスにも強いですね。トゥ、ヒールそれぞれ外して打ってみましたが、飛距離を少しロスするだけでボールはほとんど曲がりません。これによって、安定してボールを運ぶことができると思います。

次に自分のヘッドスピードで打ってみると、先ほどよりやや高さは出ますがほとんど同じ性質の弾道。やはり前に飛んでいく球で、振れば振るだけ遠くに飛んでいきます。いつもの練習場が狭く感じるほどです。日本の飛び系アイアンと同等の飛距離を持っていますが、こちらはより低スピンで、左に引っかけたミスは思った以上に飛びそう。ヘッドスピードが40m/sぐらいが適正かと感じました。それ以上だと縦の飛距離をコントロールするのがかえって難しくなるかもしれません。

爽快な弾き感があり、打っていて気持ちいい!

爽快な弾き感があり、打っていて気持ちいい!

打点のミスにかなり強いので、芯を少々外したとしても飛距離のロスをかなり抑えてくれます

打点のミスにかなり強いので、芯を少々の外したとしても飛距離のロスをかなり抑えてくれます

ゼクシオと真っ向勝負!

グローレブランドの最新作を試しましたが、かなりアベレージ向けに振った性能になっていました。グローレFのようなアスリートのイメージはほとんど感じませんでしたね。言うなれば、”ゼクシオのガチンコライバル”といった仕上がり。ゼクシオテンドライバーは純正シャフトで270g、45.75インチ(カタログ値)ですので、M グローレより軽め短めの仕上がり。この辺りは試打して比べてみるべきでしょう。

テーラーメイドのクラブはアスリートイメージが強いので、そう思って試打するとちょっと物足りないかもしれません。しかし、アベレージゴルファー向けのクラブとしての完成度は非常に高いと感じました。曲がりを減らして安定してボールを飛ばしたいシニアゴルファーに胸を張っておすすめできる、そんなクラブでした。

写真:中居中也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る