レビュー
日本国内初のフルカラー液晶ディスプレイ搭載!

自動でアシスト切り替え! 数々のギミックに心躍るBESVのクロスバイクタイプのe-Bike


電動アシスト自転車に見えないスタイリッシュなデザインのe-Bikeを続々とラインアップしているBESV(ベスビー)。今回は、クロスバイクタイプのe-Bike「JF1」に試乗してみた!

装備は充実! でも、スタイリッシュな仕上がり!

e-Bikeを含む電動アシスト自転車は、センターユニット(車体中央のペダルの軸部分にモーターを搭載する構造)となっているものが多いが、BESVはホイール一体型のユニットを積極的に採用している。さらに、バッテリーもフレームと一体化しており、これらにより電動アシスト自転車っぽく見えないデザインを実現。このように車体に組み込む設計にできるのは、自社でバッテリーやモーターユニットを開発しているからこそ。もちろん、自社開発の部品に固執するのではなく、モデルの特性によってはシマノ製のユニットを装着する柔軟さも備えている。

そんなBESVが手がけたクロスバイクタイプのe-Bike「JF1」は、車重16.1kg(XSサイズ)という軽さながら110kmを超える航続距離を実現。メインコンポーネントにシマノの「デオーレ」を装備し、機械式ではあるがディスクブレーキも搭載され、クロスバイクとしては十分すぎる性能となっている。バッテリーやモーターユニットに関しては、フレームやリアホイールに組み込んだ設計とされ、デザインも申し分ない。さらに、JF1のアクセントとなっているのが、日本国内では初となるフルカラー液晶ディスプレイの存在だ。走行モードに合わせカラーが変わるようになっており、パッと見ただけで選択している走行モードが確認できる。

電動アシスト機能を搭載しない、ちょっと太いフレームのクロスバイクのようにも見える。サイズはXSとMの2種類が用意されており、どちらも価格は24万8400円(税込)

ロードバイクなどと同じ700Cのホイールを装着。径が大きく、速度の維持がしやすい

ロードバイクなどと同じ700Cのホイールを装着。径が大きく、速度の維持がしやすい

リムは、高さのあるセミディープタイプを採用。空気抵抗が少なく、速度の維持がしやすい。700×35Cの太めのタイヤも装着しているので、段差などがあっても安定感はいいだろう

リアのディレーラーには、10段変速のシマノ「デオーレ」を装備。通常のロードバイクやクロスバイクでも10万円以上のクラスに採用されることの多い、信頼性の高いコンポーネントだ

変速はリアのみで、フロントには搭載されていない。走行中にチェーンに裾が巻き込まれないようガードが装備されているのも◎

ブレーキは、前後ともに機械式のディスクブレーキを採用。少ない力でコントロールしやすく、雨の日でも制動力が変わらないのがメリットだ

スタイリングのポイントとなっているフレームと一体化したバッテリー。容量は36V×7.0Ahで、最大115kmのアシストが可能だ

充電は車体に装着したままでも、取り外しても行える。バッテリー残量ゼロの状態から満充電まで約3.5時間

充電は車体に装着したままでも、取り外しても行える。バッテリー残量ゼロの状態から満充電まで約3.5時間

リアのハブ(軸)に搭載されたBESV製のモーターユニットも、電動アシスト自転車に見えないデザインに大きな役割をはたしている

街乗りなどで扱いやすいフラットバーは、若干手前に湾曲しているので握りやすい。手が痛くなりにくいエルゴノミック形状のグリップを採用している

ハンドル中央に液晶ディスプレイを搭載。走行モードや速度、走行距離、平均速度、消費カロリーなど9種類のパラメーターを表示可能。円の右側にあるバーは、バッテリー残量を示している

賢い走行モードに感動!

細かい部分までスタイリッシュな完成度を誇るJF1だが、やはり気になるのは乗り心地。一般的に、リアにモーターユニットを搭載するタイプは後輪が重くなり、前後の重量バランスがくずれやすいが、クロスバイクやロードバイクのように前後のタイヤを舗装路に接地させて走る自転車では特に心配することはない。さっそく、街中を走行してみた。

用意されている走行モードは「エコ」「スマート」「パワー」の3種類。まずはエコモードで走ってみようと走行モードを切り替えた際に、最初の気持ちよさを発見した!

下の動画のように、走行モードに合わせて画面表示が切り替わるのだが、その切り替わり方がなんとも気持ちいい。中央から塗り替えられるような表示方法が心地よく感じるのか理由はわからないが、この操作だけでこれほどテンションが上がったのは初めてだ(笑)。

そして、走行モードの切り替えをしている時に気づいたのだが、フレーム上部にある電源をオン/オフするスイッチも、走行モードに合わせて点灯するカラーが変わるではないか! ちょっとしたことだが、こういうこだわりのギミックがたまらない

走り出す前からテンションが上がってしまったが、そろそろ出発しよう。漕ぎ出した際のアシストの立ち上がりはスムーズで、出だしの違和感はない。エコモードで走行したが、車体が軽いのでアシスト力は十分だ。

アシストのフィーリングが自然で、非常に上質。アシストが強力過ぎて自転車が進み過ぎることも、ペダルを止めた時にアシストが残ることもなく、とても快適な走りが味わえた

もう少しアシストが欲しい時には、ペダルを踏む力と速度に合わせてアシスト力を自動で切り替えてくれるスマートモードを試してみてほしい。ペダルを思い切り踏み込めばパワフルにアシストしてくれ、ゆっくり流すようなペースであればエコモードと同じアシスト力でバッテリーを温存してくれる。アシストの切り替えは無段階なので、ペダルを踏む力が変わった時に急激にアシスト力が変化することもなく、スムーズな乗り心地で乗り続けられるだろう。

スマートモードのような機能を搭載した電動アシスト自転車は、現在のところBESVのみ

スマートモードのような機能を搭載した電動アシスト自転車は、現在のところBESVのみ

ペダルを踏む強さだけでアシスト力がコントロールできるのは、想像以上に便利!

ペダルを踏む強さだけでアシスト力がコントロールできるのは、想像以上に便利!

電動アシスト自転車の本領が発揮される坂道にも挑んでみよう。スマートモードでも登れるが、今回はもっとも強いアシストが得られるパワーモードを使用する。

写真ではわかりづらいが、普通の街中にはあまりないような急勾配を登ってみたところ、下の動画のようにスルスルと走行できた。ペダルを踏む力はほとんど入れていないので、鼻歌まじりに登れてしまう

まとめ

e-Bikeにおいてデザインのよさは、シティサイクルタイプの電動アシスト自転車よりも大きなアドバンテージとなる。各メーカーからたくさんのe-Bikeがリリースされているが、その中でもJF1の完成度はアタマひとつ抜けている印象だ。車体に組み込むように配置されたバッテリーやモーターユニットでスリムなスタイルに仕上げているだけでなく、フルカラーディスプレイと連動して光るスイッチなど遊び心もあり、持っていることを自慢したくなるようなギミックが光る。それでいて、アシスト走行可能距離やアシスト力も十分。特に、BESV独自のスマートモードは秀逸で、走行モードをわざわざ切り替えなくても最適なアシストが提供されることがこれほど快適だとは……。e-Bikeデビューを考えている人に、うってつけの1台だといえる。

おしゃれな自転車に乗ると、おしゃれなところに出かけたくなる(笑)。画になるデザイン性は、所有欲を刺激する

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

関連記事
自転車のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る