ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

私は断然“M5推し” テーラーメイド「M5/M6」ドライバー試打

こんにちは、オグさんです。

今回は2019年2月15日に発売となる超注目モデル、テーラーメイドの「M5」「M6」シリーズから、ドライバーをメインとした試打レポートをお届けします。「M」シリーズはアスリートゴルファー向けのクラブ。毎回新製品が出るたびに欧米のトップ選手の使用が話題となり、その話題が世界中に伝播して注目されるモデルです。

今回のMシリーズには鮮やかな赤いラインが施され、ぱっと見でもそれとわかるデザインになりました

今回のMシリーズには鮮やかな赤いラインが施され、ぱっと見でもそれとわかるデザインになりました

今回は「フェース」に注目!

今回のMシリーズの注目すべき点は、フェースです。

前シリーズに搭載されていた、アマチュアの打点に合わせてフェースを不均等に捻(ね)じることで、球の曲がりを抑える「ツイストフェース」を踏襲。

そこに新たに「スピードインジェクション」という新技術が追加されました。この技術は、一度ルール上限を超えた高反発のヘッドを作成し、フェース面に開けた2つの穴からヘッド内部にレジン素材を注入することで、反発係数をルールギリギリのところまで落とすというもの。しかも全数検査を行ってフェースの各部分の反発係数をチェックするという、大変手間がかかったクラブとなっています。よほどギリギリを狙っているんでしょうね!

今回新たに搭載された「スピードインジェクション」。一度高反発のヘッドを作成してから、2つのビス穴からレジン素材、いわゆる樹脂を注入して反発係数を調整するという画期的な技術です

穴からレジン(樹脂)を注入し、ソールの溝にためることで反発を調整しているのでしょうか?

穴からレジン(樹脂)を注入し、ソールの溝にためることで反発を調整しているのでしょうか?

反発係数とは、文字どおり「フェースの反発する力」を表したもので、ルールで上限が定められています。このルールの上限を超えてしまうと、当然ルール違反となります(違反クラブは競技での使用はできません)。ルールで定められた値ぎりぎりを狙うために開発されたのが今回の「スピードインジェクション」なのです。

全数検査では、フェースの複数のポイントをチェックし、ルール範囲内に仕上がっているかを確認しているそう(もちろん機械で行っていますよ!笑)

テーラーメイドの新技術はいかなる飛びをもたらすのか、さっそく打って確かめてみたいと思います!

■M6 ドライバー

クラウンの一部分がシルバーでそのほかの部分にカーボン模様を施した黒いカラーは従来どおり。ですが、シルバー部分の面積が少なく、カーボン部分がマット仕上げになったことでややシャープになった印象を受けます

ミスをしても安定したキャリーが出る

テーラーメイドのMシリーズは、代々、ゴルファーのタイプに合わせ、調整機能を充実させたモデル(過去にはM1、M3)と、直進性を重視したオートマチックなモデル(同M2、M4)の2タイプを同時にリリースしてきています。今回もその流れは変わらず、調整機能の充実したM5、直進性の高いM6がラインアップされました。

まずはM6から見ていきましょう。ヘッドサイズは460ccで投影面積も比較的大きいのですが、前作M4と比べてシャープになったクラウンのシルバーの部分と、マット仕上げになったカーボン模様の部分がヘッドを締まって見せることで、安心はありつつも鈍重なイメージをうまく消しています。このM6には可変ウェートは付いておらず、ネックの調整機能のみ。ここは前作と同じですね。

試打したクラブのスペックは、純正シャフトのフレックスSでロフトは10.5度。ヘッドスピードの遅速、打点を上下左右に変えるなどいろいろな打ち方をしてみましたが、安定してキャリーが出せるというのが第一印象。

芯付近で打つと高い初速で低スピンの球が高打ち出しで打て、芯を外すと、適度なスピンが付加されることでちゃんとキャリーが出る弾道になっていました。ボールコントロールはそこそこというか、強いインテンショナルショットを狙っても思ったよりは曲がりませんでした。目標より右に出してドローとか、左から戻ってくるフェードを狙っても、飛び出した方向にそのまま飛んで行ってしまいます。言い換えれば、狙った目標に対して正確に打ち出せるようになれば、大怪我はほとんどしないように仕上げることができそうなクラブです。

肝心のボール初速はというと、打ち出し角高めでも初速が速い球が打ちやすくなったという印象。前作よりロフト多めのほうが高い打ち出し角、低スピンの“飛ぶ”弾道が打ちやすくなっています。ヘッドスピード40〜42m/sぐらいのゴルファーが“進化”を体感しやすいのではないかなと思います。

■M5 ドライバー

M6と同じ460ccながら、投影面積はこちらのほうがひと回り小さめ。ソールには2つの可変ウェートが付いていて、これを動かすことで重心位置を変え、スイング中のヘッド挙動に変化を付けることができるよう設計されています

ボール初速にM3からの”進化”を強く感じた

M5ドライバーは前作の「M3 460 ドライバー」の後継に当たり、ヘッドは適度な操作性を持ち、細かく調整ができる機能を持ったモデルです。形状はM6と同様にシルバー部分がシャープになり、そのほかのカーボン部分がマット仕上げになった関係で締まって見えます。このへんは好みだとは思いますが、個人的には、とても構えやすくなりました。

試打スペックは純正シャフトのSにロフトは10.5度。打ってみて一番進化を感じたのがこのM5です。反発係数ギリギリまで攻めたというボール初速は前作M3でも十分強い弾道が出ていたのでびっくりするほどの違いはありませんでしたが、それでもなおスピード感のあるボールの飛び様。

そして打ち出し角が高いのにボール初速が速い!これはM6でも感じたことですが、簡単に高打ち出し低スピンの弾道が打てるんです。高打ち出し低スピンのボールは弾道の最高到達点が早く訪れ、そこから地面に向かってゆっくりと飛んでいくような軌跡を描くのですが、特に意識しなくとも効率よく飛ばせるこの弾道がポンポン出ました。自分の愛用シャフトで改めて試してみたくなりましたね。

M3の特徴であった、2つの可変式ウェートを任意のポジションに移動することができるトラックシステムはY字のレール形状から、弧を描いたT字のような形状に変更され、重心の深い位置での微調整が可能になっています。実際にいくつかウェートを移動させて試してみました。個人的には、2つとも一番前に持ってきたポジションが振りやすかったですね。それでもボールが適度に上がってくれました。スイング中のヘッド挙動を調整できる便利な機能なので、ぜひ活用してほしいと思います。

レールに沿って2つのウェートを動かします

レールに沿って2つのウェートを動かします

上の写真が今作。下が前作です。Y字状だったレールが弧を描いたT字型に進化しました

上の写真が今作。下が前作です。Y字状だったレールが弧を描いたT字型に進化しました

専用レンチを使い、固定しているネジを緩めると2つのウェートが動きます。トゥ寄りにセットするとヘッドの返りを穏やかにし、ヒール寄りにセットするとヘッドの返りを促すことができます。もうおなじみですよね

私のベストポジションがこちら。極端ですね(笑)。これは普段小さめのヘッドを使っている私ならではのポジションだと思います。スイング中のフェース向きがとても感じやすかったです

■M5 TOUR ドライバー

位置づけ的には「M3 440」の後継になるのかもしれませんが、正直ほとんど別物! と感じました。435ccと小ぶりでシャープ

”パワーヒッター”がたたけるドライバー

前作ラインアップの「M3 440 ドライバー」に当たるのがこのM5 TOUR(ツアー)ドライバーなんですが……打ってみた印象は全くの別物でした! M3 440は小さめサイズで操作性をM3 460よりも高めたモデルだったのですが、M5ツアーはスタンダードのM5とはターゲットゴルファーが完全に違うと思いますね。正直私では刃が立ちませんでした。これを使えるのは純正シャフトでもヘッドスピードが44m/s以上のゴルファーに限られると思います。

試打スペックは純正シャフトのSに9度のモデルだったのですが、M5と比べてロフトが違うとはいえ、打ち出し角が半分も出せませんでした。そのぶん矢のような高初速・低スピンの弾道が飛び出します。これで高さが出せれば最高だな! というような弾道です。つかまりも抑えられていて、ヘッドが小ぶりなわりにはヘッドのターンが抑制されているような印象。とにかく左に飛ばすのが難しかったです。

「パワーがある人が思い切ってたたきに行ける」、アスリート向けクラブを説明するときによく使われる表現ですが、まさにそんな感じ。たたけばたたくほど飛距離につながりそうなクラブです。

M5とM5ツアーで純正装着されるクロカゲ。50g台なので、シャープに振れますが、アスリート向けの純正シャフトだけあって、大きくは動かない仕上がりです

※M5 TOUR ドライバーは2019年3月中旬発売予定

FWも試してみた

ドライバーだけでなく、M5、M6のフェアウェイウッド(FW)も試してみました。

■M5 フェアウェイウッド

M5 FWの#3

M5 FWの#3

M5 FWの#5

M5 FWの#5

ドライバーと同じようにM5のFWには調整機能が付いています。基本的な性能は、つかまりを抑えたアスリート好みの特性に弾き感の強い打感が相まって、打っていて爽快でした。特に気に入ったのが5番ウッド。ロフトが多くなるとどうしてもつかまり過ぎてしまうFWが多いのですが、M5シリーズは3番、5番とほぼ同じようなつかまり加減で、打ち出し方向をコントロールしやすかったですね。

弾道調整機能は、ネックのシャフト向きによる調整のほかに、ソールのウェートの位置を変えることで、重心距離の調整ができるギミックが搭載されています。ウェートの位置を変えてみましたが、FWでも効果はしっかりありました。これをうまく活用すれば、ミスをそろえたりすることができそうです。

ネジを外して、ウェート位置を変えることで重心を調整することができます。動く量は大きくはないのですが、ヘッドが小さいFWのせいなのか、効果はしっかりと体感することができました

ウェートは3つのポジションに可変できます

ウェートは3つのポジションに可変できます

■M6 フェアウェイウッド

M6 FWの#3

M6 FWの#3

M6 FWの#5

M6 FWの#5

M6にもFWが用意されていて、こちらもドライバーのコンセプトに準じた設計になっています。M5と比べると直進性が高く、ボールが上がりやすかったです。ですが、やはりアスリート向けだけあって、ほかの一般的なFWと比べると過度な補正機能は付いていません。それなりにヘッドスピードがある方が使って初めてやさしいと感じられるモデルだと思いますね。

ヘッド性能が高いから「シャフト合わせ」必須!

M5/M6ドライバーは、期待どおり、トッププロやアスリートが求む性能がガッツリと詰め込まれていました。個人的には、それほどヘッドスピードがなくても高さが出しやすくなっていて、それでいてスピンがあまり増えていないところに進化を感じましたね。前作よりもパワーがそれほど要らないため、今作を使えば飛ばせるゴルファーが増えるでしょう。

しかし、ヘッド性能が高いだけに“シャフト”への気配りがことさら重要になりそうです。自分に合わないシャフトで打っても、せっかくのヘッド性能を生かせないですからね。カスタム含め、自分に合うシャフトを選んでから装着したいヘッドです(シャフトのフィッティングはゴルフショップやゴルフ工房、メーカー直営店舗などで受けることができるので、自分に合うシャフトの傾向を知っておくべきだと思います)。

M5、M6は、改めて自分の愛用シャフトに入れて試してみたい、そう思わせるクラブでした。

これだけ楽に高弾道低スピンが打てるといいですね〜。キャロウェイ「エピック フラッシュ」といい、2019年はいいクラブが目白押しです!

写真:野村知也

<関連記事−2019年新モデル試打>
キャロウェイ「EPIC FLASH」徹底試打! 3つのヘッドをシャフト違いで打ってみた
可変ウェートの効果大! ピン「G410」ドライバー2種を試打してきた

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る