ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

可変ウェートの効果大! ピン「G410」ドライバー2種を試打してきた

オグさんです。
今回はピンの新製品「G410」シリーズから、ドライバーを中心に試打してきたレポートをお届けします。

このG410シリーズは前作「G400」の後継となります。ピンというメーカーは「前作を上回る製品ができなければ発表しない」というポリシーを持っており、G400を超えた性能のクラブが製品化できたのでG410として発表されたというわけです。

発表会にはアメリカ本社から開発スタッフを招き、G410の性能をアピールしていました

発表会にはアメリカ本社から開発スタッフを招き、G410の性能をアピールしていました

G410をひと言でいうならこうなるそう。とにかく真っすぐ遠くに飛ばす性能を磨いたといいます

G410をひと言でいうならこうなるそう。とにかく真っすぐ遠くに飛ばす性能を磨いたといいます

ピンには「誰にでもやさしいクラブを」という設計理念があり、「やさしい=ミスに強いクラブ」を作るのが得意なメーカー。そういった考えの中で飛距離を追求しているといった印象があります。前作G400シリーズには4タイプのヘッドがあり、今回はそのうちの2タイプがモデルチェンジとなりました。

G410は「直進性」で勝負

G410シリーズは、とにかく真っすぐ遠くに飛ばす性能を磨いたとのこと。数値が高いほど芯を外しても曲がりにくくなるヘッドの「慣性モーメント」磨き、芯の左右だけでなく上下の数値を高めることで、直進性と飛距離性能をさらに高めたそう。さらに新形状のタービュレーター(クラウン上の突起)で空気の流れを整流し、抵抗を下げることでヘッドスピードを高めやすくなっています。ほかにも、深低重心化を推し進めたり、高強度極薄フォージドフェースを採用したりと、真っすぐ遠くに飛びそうな技術がたくさん詰め込まれています。

今回のもう1つの進化のポイントとして、新型スリーブの採用があります。いわゆるカチャカチャですね。もともとピンのウッド類はロフト角の調整機能が付いた、シャフト脱着可能なスリーブを採用していました。今までの調整は5ポジションでしたが、G410シリーズから8ポジションに進化しました。さらに、可変式ウェートを搭載したモデルもあって、さらなる弾道調整を可能にしています。う〜ん盛りだくさんですね!

で! この新技術てんこ盛りのG410をさっそくコースで試打させてもらいました!

ニュークラブをコースで試させて頂けるのはとても嬉しくありがたいです!!

ニュークラブをコースで試させていただけるのはとてもうれしくありがたいです!!

G410ドライバー”現状”は2種類

G410のドライバーは2種類。前モデルの「G400 スタンダード」のポジションに当たる「G410 PLUS(プラス)」と、「G400 SFT」のポジションに当たる「G410 SFT」です。ほかの2種類、LSTとMAXに関しては2019年の夏頃に発表できるよう鋭意開発中とのことでした。

■G410 PLUS ドライバー

前作と比べて10cc大きくなっていますが、サイズ感はそれほど変わりません。クラウン上の突起「タービュレーター」の形状が変わり、ややシャープになったかな? といった印象。個人的には構えやすくなりました

■G410 SFT ドライバー

SFTは全体的に丸いフォルムでPLUSよりもフックフェースになっています

SFTは全体的に丸いフォルムでPLUSよりもフックフェースになっています

ピンでは初の「可変ウェート」搭載

可変ウェートは各社採用していますが、ピンでは初めて。ヘッドタイプを数多くラインアップし、ヘッドの基本性能でやさしさを追求していたピンのクラブにはそれほど必要性がなかったのかもしれません。しかし今回それが搭載されたことで、ゴルファー1人ひとりにより細かくマッチさせやすく、ミスを軽減させられるようになったのです

PLUSに搭載される可変ウェートシステム。ネジ穴が見えるシルバーの部分がウェートです

PLUSに搭載される可変ウェートシステム。ネジ穴が見えるシルバーの部分がウェートです

専用のレンチで取り外し(紛失注意!!!!)、ストレート、FADE、DRAWの3ポジションに設定することで、ヘッドの特性を調整できます

SFTにも同様のウェートがついていますが、可変ではなく固定です

SFTにも同様のウェートが付いていますが、可変ではなく固定です

今回のG410は打球音にもこだわったそうで、爽快な打音を演出するサウンドリブが5本も搭載されています。こういった大きなヘッドは音をコントロールするのが大変なのだそうですが、打ってみた感想は、乾いた金属音で気持ちよかったですね。カタカナに直すと「カキッ」といった感じでしょうか? 音も大きくなくてとても好感が持てました

中央に見える壁のようなものがサウンドリブです。これは断面図のヒール側ですが、トゥ側にもあって、合計5本が搭載されています

スリーブ一新! G400までとは互換性ナシ

冒頭でも触れましたが、G30、G、G400まで採用されてきたスリーブ、いわゆるネックのカチャカチャがG410で一新されたのもトピックです。

従来はロフト角の調整5ポジションだけでしたが、新スリーブではライ角もフラット調整することが可能になり、合計8ポジションから選択できるようになりました。残念なのは、旧スリーブとの互換性がないこと。今までのシリーズのスリーブはG410には装着できないのでご注意ください。

8段階のポジションが用意されています。「ライ角ノーマル側」でロフト角±0.5、1.0、1.5度と「同フラット側」で±1.0度です

では、コースでG410を打ってみましょうっ!!

強い直進性をうたうだけあって、多少ミスしても曲がりは少ない! 

強い直進性を謳(うた)うだけあって、多少ミスしても曲がりは少ない! 

G410 PLUSは可変ウェートの効果大!

最初に使用したスペックは純正シャフト「ALTA J CB RED」のフレックスSにロフト10.5度をチョイス。特に何を意識することなくさらっと打ってみました。弾道は、目標より少しだけ右に飛び出したほぼストレート。やはり直進性は高いですね! 自分のイメージだともう少し右に流れていくかなと思いましたが、飛び出した方向にほぼ真っすぐ飛んでいきました。球の高さはロフトなりで、特別上がりやすいということはありませんでしたが、前に前に飛ぶ低スピンの飛び様で、思った以上に飛距離が出ていました。

次に、同じモデルでウェートをヒール寄りに移したドローポジションで打ってみると、少しだけ左側に打ち出せるようになりました。スイングを変えずに打ち出し方向を変えられるのは、余計な意識や動きが不要になるので助かりますね。

G400との比較でいうと、大型ヘッドのデメリットである、ヘッドの動かしにくさやヘッドターンの度合いが結構改善されたと感じました。そして、可変ウェートでヘッドの返しやすさを微調整できるようになったのはかなりの進化だと思っています。

その後、シャフトを替えたりしながらロフト9度のモデルも試しましたが、ロフトなりに上がる特性と直進性の高さはどれも変わらず。自分がタイミングのとりやすいシャフトを見つけられれば、ミスの範囲をかなり減らしつつ、平均飛距離がぐんと伸びそう! そんな印象を持ちました。いや〜完成度が高いですね!

インパクトでのフェース面の管理だけしっかりできればフェアウェイキープ率は高まりそう! 弾道もイメージどおりでスピンも少なめでした! 冬にしてはかなり飛んでいましたね

G410 SFTは右のミスに悩む方へ!

G410 SFTも試してみました。シャフトはPLUSと同じく、純正のALTA J CB REDのSを装着した10.5度(G410 SFTのロフト設定は10.5度のみ)。ヒール寄りのウェートとフックフェースのおかげで自然とボールがつかまる仕様だけあって、ヘッドがターンしやすくなっています。意識せずに打ったボールは、目標よりやや左に飛び出す軽めのドローボールが出ました。デカヘッドにありがちな「右に打ち出してしまうプッシュのミス」、このヘッドではまず出ないですね。これは個人的な感覚ですが、重心が短い影響なのかスイング中にヘッドを軽く感じました。それだけ軽やかにヘッドを返しやすいので、右のミスでお悩みの方にとてもマッチしていると思いますね。

弾道はPLUSと同じような低スピンの弾道なので、よほどのハードヒッターでないかぎり、カチャカチャのロフト設定はスタンダードもしくは増やすほうが安定して飛距離を出せそうです。

******************

FWとアイアンも試しました

フェアウェイウッド(FW)とアイアンも試すことができたので、今回はカンタンにご紹介しておきます。ユーティリティーも出来がよかったのですが、このへんは改めてご紹介できればと思っております!
G410 FWは3タイプを用意。つかまりを抑えた飛距離仕様の「LST」、PLUSドライバーとマッチングがいい「スタンダード」、そしてSFTドライバー同様につかまえて飛ばす「SFT」です。

■G410 LST FW

なぜか3WだけあるLST! G400でいうストレッチ3のポジションでしょうか。やさしさを前面に押し出す同社にしては異色の飛び仕様FWです。ライナー性の強い弾道が打ちやすく、つかまりも抑え気味のややハードなモデルでした

■G410 FW

こちらはドライバーのPLUSに準ずるスタンダードなFWの5番ウッド。前作のFWはややスピンを伴う”狙えるウッド”でしたが、今作は低スピン傾向でやや飛距離に振った印象。グリーンを狙うなら高さの出しやすい5番ウッドからのほうがよさそう。前作と比べると明らかに飛んでました

■G410 SFT FW

SFT FWはドライバー同様、丸いヘッド形状をしています

SFT FWはドライバー同様丸いヘッド形状をしており、つかまり性能を具現化しています。ロフトの多い番手は、意図的に右に打ち出そうとしても右に飛ばしがたい、それぐらいつかまります。長いクラブが苦手で右のミスが多い人でも比較的安定して前に飛ばすことができると思います。

■G410 アイアン

ややグースネックでブレード長が長く設計されています。操作するというよりは、持ち前の直進性でミスを減らして結果につなげるのが狙いのアイアンですね

G410アイアンは、ピンを代表とする「重心距離が長く深いドライバー」とマッチングがいいように作られていると感じました。ヘッドターンが緩やかで、フェースの向きだけ管理できれば高い直進性でいい結果をもたらしてくれそう! つかまりをいたずらには追求せず、適度な具合がとても使いやすかったです。距離も出るし、まさにやさしいアイアンでした!

打感は、弾き感のあるやや硬めの感触でしたが不快感は皆無。ピシッと気持ちよく打てました!

打感は、弾き感のあるやや硬めの感触でしたが不快感は皆無。ピシッと気持ちよく打てました!

いろいろなシャフトで試打するべき

前作G400シリーズと比べて、どのモデルも確かに進化したな! と感じましたね。もともとピンのクラブはミスしても曲がらない印象でしたが、モデルチェンジするごとに飛距離性能が加えられていると感じます。得意分野である直進性やミスへの許容度も大幅ではないにせよ、体感できるぐらい確実に進化。

とにかく結果が欲しい! 真っすぐなボールが打ちたい! という方にはこのG410試打を必ずおすすめしますね。もし試打する機会がありましたら、できるだけいろいろなシャフトを試してみてください。シャフトが合っていないとせっかくのヘッド性能を生かしきれません。可能なら同社のフィッティングを受けてからモデルを決めるのがベストです!

<関連記事−2019年新モデル試打>
私は断然“M5推し” テーラーメイド「M5/M6」ドライバー試打
キャロウェイ「EPIC FLASH」徹底試打! 3つのヘッドをシャフト違いで打ってみた

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る