レビュー
寄り道しながら走るなら太めタイヤの「XU1」が最適!

東京横断55km! パナソニックのクロスバイクタイプのe-Bike「XU1」で観光地巡り


近年、大きなムーブメントとなっている本格的なスポーツタイプの電動アシスト自転車「e-Bike」。今回は、そんなe-Bikeの中から振動吸収性にすぐれたパナソニックのクロスバイクタイプ「XU1」に乗り、東京観光を兼ねたポタリング(自転車での散歩)に出かけてみた!

「XU1」って、どんなe-Bike?

クロスバイクタイプのe-Bikeはいろいろなメーカーからリリースされているが、その設計は、普通のクロスバイクのフレームにアシストユニットを搭載したか、ロードバイクタイプ(e-Bike)のフレームやアシストユニットを使っているモデルが大半。そんな中、今回紹介する「XU1」は、同社のマウンテンバイクタイプのe-Bike(XM1XM2)のフレームとアシストユニットを共用しているのが特徴だ。クロスバイクはもともと、マウンテンバイクのフレームにロードバイクのホイールを履かせて両者のいいとこ取りを狙って作られたのがルーツであるため、XU1は正しくそのコンセプトを受け継いでいるといえるだろう。くわえて、マウンテンバイクのフレームだからこそできる、700×50Cというかなり太いタイヤを装備しているのもポイント。一般的に自転車は、細いタイヤのほうが抵抗力が少なく、軽快さにすぐれ、長距離走行にも向いているが、電動アシスト自転車の場合、アシスト力があるので発進時やスピードに乗るまでの間にかかる足への負担はそれほど問題ではない。ゆえに、クロスバイクのような街乗り中心のタイプなら、太めのタイヤはデメリットにはならず、安定感が増す分、初心者にはやさしく、段差の多い街中での走行に適する。そんな設計を採用しているのがXU1なのだ。さらに、e-Bikeとしてはめずらしい、フェンダー(泥よけ)やキャリアも備えられており、街乗りや通勤用途としてうってつけなモデルといえる。

サイズは1,840(全長)×590(全幅)mmで、適応身長は159〜178cm。オフロード走行にも対応するフレームを使用しているため重量は24.5kgと少々重めだが、電動アシストがあるので走行中、車重は気にならないだろう

変速機構はリアのみで、9段のシマノ「ALIVIO」グレードを装備。一般的なクロスバイクに装着されるグレードのコンポーネントだ

ブレーキには制動力が高く、少ない力でもコントロールが容易な油圧式のディスクブレーキを採用しているが、ホイールの固定方法は、剛性を重視するスルーアクスル式ではなく、一般的なクイックリリース式となっている。ディスク径は前後とも160mm

フレームは同社のマウンテンバイクタイプ「XM1」「XM2」と共通だが、フロントフォークにはサスペンション機構がない

バッテリーはフレームに組み込むセミインテグレーテッドタイプ。容量は8Ah(36V)で、最大82kmのアシスト走行が可能だ

車体の中央に装備されたモーターユニットは、クランク(ペダルが付いているアームの部分)軸に直接アシスト力を加えるダイレクトドライブ機構。マウンテンバイクタイプ「XM1」と同じものが採用されている

ロードバイクと同じホイール径(700C)に、50mm幅のかなり太いタイヤを履く。エアボリュームが大きいので路面の凹凸などが吸収され、乗り心地はいい。また、前後にフェンダー(泥よけ)も標準装備されている

リアにはキャリアが標準装備されているので、荷物を載せて走行することもできる

リアにはキャリアが標準装備されているので、荷物を載せて走行することもできる

走行距離55km! e-Bikeで東京観光してみた

フレームが同じマウンテンバイクタイプの「XM1」や「XM2」ですら舗装路での走行性はかなりよかったので、クロスバイクタイプである「XU1」が快適に街乗りできるのは間違いない。となれば、普通に街中を走るだけではつまらない! 少々長めの距離を走ってみることにしよう。チャレンジするのは、東京横断! 試乗機を借りに汐留まで借りに行ったので、そのまま東京観光をしつつ、筆者宅のある府中市まで計55kmを走ってみた。

パナソニックのある汐留ミュージアムの前から出発! 「AUTOモード」で走行する

パナソニックのある汐留ミュージアムの前から出発! 「AUTO」モードで走行する

筆者が少し長距離を走ることを伝えておいたからか、純正アクセサリー「パニアバッグ NCY700S」がキャリアに装着されていた。リュックも背負っているが、すぐ取り出したいものはこちらに入れておいたほうが便利だ

汐留ミュージアムから最初に目指したのは、2kmほどの距離にある東京タワー。広めの幹線道路を走行するのに、700Cの径の大きなホイールはスピードが出しやすく、幅広なタイヤも段差のショックを吸収してくれるので安心してスピードを乗せていける。また、アシストが弱まる領域(電動アシスト自転車は10km/hから徐々にアシストが弱まり、24km/hでゼロになる)でもタイヤの慣性力が大きいため、速度が維持しやすい。走行前は、重めの車体と太めのタイヤによる抵抗を若干心配していたが、アシストが強力なのでほとんどデメリットには感じなかった。東京タワーに着く直前にある坂も、e-Bikeなら難なく登れてしまい、ここまでまったく苦労せず!

激坂もクルクルとペダルを回している内にクリア! あっという間に東京タワーに着いてしまった

激坂もクルクルとペダルを回している内にクリア! あっという間に東京タワーに着いてしまった

スポーツタイプの自転車には装備されていないことも多いサイドスタンドを搭載。安定感があるので、このまま東京タワーを観光しに行こう!(盗難防止のため、鍵の準備はお忘れなく)

東京タワーのイメージキャラクター「ノッポン」と記念撮影

東京タワーのイメージキャラクター「ノッポン」と記念撮影

お土産もゲット! パニアバッグを装備しているので、荷物が増えても気にならない

お土産もゲット! パニアバッグを装備しているので、荷物が増えても気にならない

東京タワーをあとにして、次は月島方面へ。せっかくなので、築地市場の前を通り、勝鬨橋を渡るルートを選んでみた。基本的に大きな通りで、大きな坂もない道だが、景色の変化は多いので走っていて楽しい。

幅の広い幹線道路を走るが、アシストのおかげですばやくスピードに乗れる

幅の広い幹線道路を走るが、アシストのおかげですばやくスピードに乗れる

築地市場の入り口はすでに封鎖されており、活気は感じられず(今、こうなっているのか……と普段来ない場所なので、ちょっと感動)

築地市場は閉鎖されていたが、“場外”と呼ばれている区域には食堂や土産物店が並び、活気いっぱいだ!

築地市場は閉鎖されていたが、“場外”と呼ばれている区域には食堂や土産物店が並び、活気いっぱいだ!

自転車なので着の身着のまま進み、歌舞伎座にも足を伸ばす

自転車なので着の身着のまま進み、歌舞伎座にも足を伸ばす

勝鬨橋を渡り、月島に近づくと町並みは下町っぽさが増してくる。細い路地も多く、自転車で走るのにうってつけ。気分に合わせて速度を変え、ゆっくりとまわりを見ながら走り、気になったところで止まって観光できる自由度の高さは自転車のメリットだ。

レトロな雰囲気の橋だが、その向こうには高層マンションが並ぶコントラストがおもしろい

レトロな雰囲気の橋だが、その向こうには高層マンションが並ぶコントラストがおもしろい

アシストでラクに走っているので、周囲にも目が届きやすい。いろいろと興味深いものを見つけてしまう

アシストでラクに走っているので、周囲にも目が届きやすい。いろいろと興味深いものを見つけてしまう

サイドスタンドがあるから、気軽に駐輪して寄り道ができる。寄り道が多すぎて、時間のわりにあまり進んでいないのはちょっと問題だ

電動アシストの力を借りているのでそれほどお腹は減っていないものの、月島まで来たのなら名物のもんじゃ焼きを食べて帰りたい! というのも、筆者……東京生まれ、東京育ちでありながら、もんじゃ焼きは過去に1度しか食べたことがないのだ!!

横道に入ったところにあるお店が気になる!

横道に入ったところに気になるお店を発見したので、入ってみることにした

お店に入る前にバッテリー残量を確認してみると、85%残っていた。ここまでの走行距離約7kmで、所要時間は約1時間30分。バッテリーの充電はできないが、とりあえず、自分のエネルギー補給をしておこう

久々だったので、もんじゃ焼きの食べ方を完全に忘れており、周囲の人の動作をマネしながら完食

久々だったので、もんじゃ焼きの食べ方を完全に忘れており、周囲の人の動作をマネしながら完食

もんじゃ焼きでテンションが上がってしまい、ひとりなのにお好み焼きまで食べてしまった……

もんじゃ焼きでテンションが上がってしまい、ひとりなのにお好み焼きまで食べてしまった……

完全に食べ過ぎたので、カロリー消費のためにも自転車をがんばって漕ごう!(でも、アシストはオン!) スカイツリーを見てから、帰路につく。

スカイツリーまで行ってみようと気軽に考えていたが、意外と距離がある!

スカイツリーまで行ってみようと気軽に考えていたが、意外と距離がある!

川沿いに進めばスカイツリーに着けると思っていたら、全然そんな単純じゃない! かなりウロウロ迷いながら、どうにかここまで到達

スカイツリーの真下までは来ていないが、かなり大きく見える場所まできたので、これで価格.comマガジンの編集者さんにはゆるしてもらおう……。もう日も暮れてきたし……

まだ東京の東側にいる筆者だが、ここから西側(府中市)まで帰らなければならない。ざっと30kmもあるので、パワフルなアシストが望める「HIGH」モードにして出発だ!

帰路につく前のバッテリー残量は73%。自宅まで、残り約30kmあるが、バッテリーは持つのだろうか

帰路につく前のバッテリー残量は73%。自宅まで、残り約30kmあるが、バッテリーは持つのだろうか

すでに薄暗いのでライトを点灯。バッテリーから電力を供給する仕様のため、電池切れの心配も少ない

すでに薄暗いのでライトを点灯。バッテリーから電力を供給する仕様のため、電池切れの心配も少ない

標準装備のライトだけでも十分光量はあるのだが、念のため、筆者所有のライトも追加して目立つようにした。暗い中を走る時には、自動車や歩行者に自分の存在をきちんと知らせられるよう対策しておこう

帰路の途中の様子も撮影したかったのだが、真っ暗過ぎて撮影できず。録っておいたログを証明として載せておこう。高低差はそれほど大きくないものの、途中は結構坂道もある約55kmのルートを走りきった!

自宅に到着し、バッテリー残量を見てみると38%も残っていた

自宅に到着し、バッテリー残量を見てみると38%も残っていた

まとめ

電車で移動するのと違って、乗り換えのない自転車は最短距離で目的地を目指せるので、想像よりも早く到着できることも多いが、今回、XU1で走ってみたところ、普段は広いと思っている東京が意外に小さく感じた。さらに電動アシスト機能付きなので、体力は温存され、停止、発進の多い街中もラクに移動できる。寄り道しながら、ゆっくり巡るにはe-Bikeは最適だ。その中でも、マウンテンバイクをベースとした太めのタイヤを履いたXU1は、今回のような散策にうってつけ。安定感のある乗り心地で、気持ちよく流すことができる。そして、55kmという距離を走行したがバッテリーの持ちが十分なところも高評価したい。カタログ値のアシスト可能な走行距離は「HIGHモード」が44km、「AUTOモード」が57km、「ECOモード」が82kmとなっていたため、ぴったり使い切るくらいだろうと予想していたのだが、実際は、カタログ値よりも消費電力は少ないようだ。これなら、ちょっとしたツーリングにも安心して使えるはず。街乗り中心で、週末には少し遠出もしてみたいなら、XU1は最適な選択肢といえるだろう。

バッテリーは車体から取り外して充電可能。バッテリー残量ゼロの状態から満充電になるまで、約3時間かかる

バッテリーは車体から取り外して充電可能。バッテリー残量ゼロの状態から満充電になるまで、約3時間かかる

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
自転車のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る