特集
ウィンターシーズンならではのおいしい魚「アイナメ」

高級魚「アイナメ」を狙う! 「投げ釣り」と「探り釣り」どっちが好み?

アイナメは、磯や根のある場所に潜む魚。根がかりを避ける投げ釣り用のギアや、根を探って釣るギアが必要になってくる

ウィンターシーズンおなじみのターゲットであり、刺身や煮つけなどがおいしい高級魚としても知られる「アイナメ」。日本全国どこの海にも生息し、北海道では60cmオーバーサイズが1年中狙える魚として人気のターゲットになっている。

とはいえ、アイナメは低水温帯を好むため、北海道や東北以外では晩秋から早春にかけてがメインシーズン。11〜12月は産卵のために捕食活動が活発となり、1〜4月は産卵を終えた回復期のアイナメが、積極的に捕食活動を行う。冬期は、そんな岸辺へ寄ってきたアイナメを狙う絶好の機会なのだ。

【魚種別釣り方&ギアシリーズ】
アジアオリイカバスカレイワカサギ

磯場や根のある場所を狙った2通りの釣り方

アイナメが潜んでいるのは、餌の豊富な磯場や根のある地帯。投げ釣りの方法やしかけは、カレイ釣りと共通する部分も多いが、アイナメ釣りは常に根がかりの危険をはらんでいる。

本稿では、そんな磯場や根のある地帯でアイナメを釣るためのフィッシングギアを2通り紹介。ひとつは、沖目まで広範囲で狙える「投げ釣り」用ギアだ。

磯や根のある場所での投げ釣りは、根がかりに十分注意したい

磯や根のある場所での投げ釣りは、根がかりに十分注意したい

もうひとつは、浅い近場まで寄ってきたアイナメを、磯や根、テトラポッドの間などで探る「探り釣り」用ギア。好みの釣り方にチャレンジしてみよう。

餌が豊富で、アイナメが寄ってきやすい浅場の磯や堤防のテトラポッド

餌が豊富で、アイナメが寄ってきやすい浅場の磯や堤防のテトラポッド

投げ釣り用フィッシングギア

太めのラインに対応したロッドとリールで挑もう

アイナメは、北海道や東北だと60cmオーバー、それ以外の場所でも大物だと50cmクラスが期待できる。さらに、岩場や根のある地帯へのキャスティングとなるので、太めで強いラインを使用することが望ましい。そのため、ロッドとリールは太めのラインでも威力を発揮するモデルを選びたい。

釣り方としては、遠投したあとはキス釣りのような引きずりは行わず、起き竿でアタリを待つこと。アイナメのアタリはわかりやすいが、根とサーフが混在する場所では、カレイが釣れることもある。カレイの微細なアタリにも注意を払っておこう。

投げ釣り向きのロッド
シマノ「プロサーフ 振出」

大口径NMガイドを装備し、糸の放出抵抗を最小限に抑えた「プロサーフ 振出」。写真は「415CXT」

大口径NMガイドを装備し、糸の放出抵抗を最小限に抑えた「プロサーフ 振出」。写真は「415CXT」

「プロサーフ 振出」は、元ガイドに大口径のNMガイドを搭載することで、スムーズなライン放出による遠投を可能したロッドだ。その効果は太糸使用時により発揮される。

ロッドの構造には、縦繊維の内装と外装にカーボンテープをそれぞれ逆方向へ斜めに巻いた3層構造「スパイラルX」と、ファイト時のネジレを抑える「ハイパワーX」のダブルX構造を採用している。

【SPEC/415CXT】
・全長:4.15m
・継数:4本
・仕舞寸法:122.5cm
・自重:440g
・先径:2.8mm
・錘負荷:25〜35号
・標準錘負荷:30号
・カーボン含有率:99.4%

投げ釣り向きのリール
シマノ「パワーエアロ プロサーフ 太糸仕様」

投げ釣りでの置き竿大物狙いに威力を発揮する「瞬間起動ツインドラグ」を搭載

投げ釣りでの置き竿大物狙いに威力を発揮する「瞬間起動ツインドラグ」を搭載

剛性の高い鋼ボディとなめらかなリーリングを備えたモデル。ドラグのオン/オフを瞬時に切り替えられ、さらにアタリ待ち状態のドラグ設定を対象魚に合わせて設定しておける「瞬間起動ツインドラグ」を搭載。これにより、ドラグ調整をキャストごとに行う煩わしさが解消されている。ひとランク太い号数のラインに対応した替えスプール付き。

【SPEC/太糸仕様】
・巻き取り長さ(ハンドル1回転):80p
・ギア比:3.5
・自重:600g
・最大ドラグ力:19kg
・標準糸巻き量(装着スプール):ナイロン5号200m/PE4号175m
・標準糸巻き量(替えスプール):ナイロン8号200m/PE6号185m
・ベアリング(ボール/ローラー):5/1
・ハンドル長さ:90mm

投げ釣り向きのオモリ
富士工業「ジェット天秤 2JO」

15〜30号がそろうオモリ。3枚の羽根が引き込み時の浮き上がりをよくするため、根がある場所での根がかり防止に力を発揮する。1袋2個入り

投げ釣り向きの針
ささめ針「アイナメ・カレイ2本鈎 3セット」

針に丸セイゴを使用したベーシックな投げ釣りしかけ。全長1.3m

針に丸セイゴを使用したベーシックな投げ釣りしかけ。全長1.3m

探り釣り用フィッシングギア

獲物がいそうな場所を狙って自分の腕で釣り上げる

探り釣りはその名の通り、獲物がいそうな場所に餌を入れて、探りながら釣り上げる方法。磯やテトラの間をピンポイントで狙うもよし。根の多い場所でチョイ投げして探る釣り方もある。

チョイ投げして探る場合は、やはり根や岩場なので底を引きずるような巻き方はせず、竿を強くあおって、根や岩を飛び越えるようにしかけを動かそう。

探り釣り向きロッド
がまかつ「がま波 さぐりアール」

堤防からのウキ釣りやミャク釣り、チョイ投げ、船やボートからの釣りなど、幅広く使える万能ロッド

堤防からのウキ釣りやミャク釣り、チョイ投げ、船やボートからの釣りなど、幅広く使える万能ロッド

7:3調子で作られた「がま波 さぐりアール」は、操作性にもすぐれた、探り釣りに適したモデル。穂先には、糸がらみしにくい「IMチタンフレームSICガイド」を採用し、穂先強度にすぐれた仕様に仕上がっている。3.3mから4.8mまでの5通りの長さと、2種類の錘負荷で、計10通りをラインアップ。

【SPEC/2号3.3m】
・全長:3.3m
・継数:4本
・仕舞寸法:90.5cm
・自重:106g
・先径/元径:0.8mm/22.5mm
・錘負荷:2〜4号
・適正ハリス:0.8〜2号
・カーボン含有率:99.3%

探り釣り向きリール
ダイワ「カルディアLT2500」

ダイワの小型スピニングリールの中核「カルディア」。2500番サイズ以下は、すべてアンダー200gの軽さ

ダイワの小型スピニングリールの中核「カルディア」。2500番サイズ以下は、すべてアンダー200gの軽さ

小型スピニングリールに求められる軽量性を磨き、進化を重ねてきたダイワのソルト対応小型スピニングリールの中核モデル。海水やホコリの侵入を防ぐ「マグシールド」と、なめらかな回転を持続させる「タフデジギヤ」の相乗効果で、耐久性にも磨きがかかっている。軽量性、リーリング、ドラクグシステム、細部にわたる機能など、ダイワの技術を惜しみなく搭載したモデルだ。

【SPEC/LT2500】
・巻き取り長さ(ハンドル1回転):75cm
・ギア比:5.3
・自重:190g
・最大ドラグ力:10kg
・標準糸巻き量(装着スプール):ナイロン6号150m/PE0.8号200m
・ベアリング(ボール/ローラー):6/1
・ハンドル長さ:50mm

探り釣り向きしかけ
ささめ針「ブラクリ」

テトラポッドの間や根の間など、アイナメがいそうな場所をピンポイントで狙えるしかけ

テトラポッドの間や根の間など、アイナメがいそうな場所をピンポイントで狙えるしかけ

ラインはフロロかナイロン! 餌はイワイソメがベストだが、苦手な人は疑似餌も可

根のある場所やテトラ間などの底を狙う釣りだけに、ラインは擦れに強いタイプのフロロカーボンかナイロンを使おう。擦れに強いのはフロロ、扱いやすいのはナイロンだ。PEを使う場合は、リーダーにフロロカーボンを使って擦れ対策をすること。

そして餌は、太めの虫餌となる「イワイソメ」や「ユムシ」を好む。だがやはり、生きた虫餌はどうしても苦手という人は、太めのイソメ疑似餌や、同じく好物である「カニ」を模した疑似餌を使うのも手だ。

アイナメ釣り向きライン
ダイワ「BJイカダフロロ」

表面硬度アップに加え、耐摩耗性が大幅アップしたライン

表面硬度アップに加え、耐摩耗性が大幅アップしたライン

アイナメ釣り向き疑似餌
マルキュー「パワーイソメ」

魚が好むエキスと、本物そっくりの形と弾力で驚異の摂餌力を発揮するイソメタイプの疑似餌。4種類の太さがあるが、大型のアイナメ狙いには「太」や「極太」がよい

カニの色は、青、茶、赤、白、黒の5種類がそろう

カニの色は、青、茶、赤、白、黒の5種類がそろう

【魚種別釣り方&ギアシリーズ】
アジアオリイカバスカレイワカサギ

ベガス小池

ベガス小池

パチやスロで稼いだ資金をラスベガスのカジノで散財し続けるため、この名で呼ばれるライター。サンケイスポーツでコラム「ベガス小池のプロ流」を連載中。犬と酒と阪神タイガースを愛し、休日はバイクで釣りへ。

関連記事
釣具のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る