ゴルフの楽しさ伝えます
頑固な”右曲がり”はクラブで解決!

《2019年》スライスしないドライバーはコレ! スライスの種類で合うクラブは違う

こんにちは。クラブフィッター兼ゴルフライターのオグさんです。

今回は「スライス」に悩む方におすすめしたいドライバーをご紹介します。

スライスの症状を緩和してくれるドライバーがあるんです

スライスの症状を緩和してくれるドライバーがあるんです

意図せず右(左打ちの場合は左)に曲がってしまうスライス。ゴルファーなら誰しも一度は悩むミスの代名詞といえる症状です。このスライスというのは、文字どおりボールを“切る”ような動きがスイングにあることで起こります(スライス=slice)。右打ちの場合、飛球線に対して右から左にボールをこするような動きが入り、ボールに横回転がかかってしまうので右に曲がります。スライスが厄介なのは、ボールが曲がることに加えて、飛距離ロスも大きくなってしまいがちなところ。スライスがかかるような打ち方は、上からクラブを振り下ろす動きが強くなり、横回転のほかに縦回転、つまりバックスピンそのもののも増えやすいのです。言い換えると、スライスに悩んでいる方がそれを軽減すれば飛距離アップにもつながる可能性が高いということになります。だからこそ、なんとかしてスライスの度合いを軽減し、飛距離アップにつなげたいですよね! 飛んで曲がらなくなればスコアアップも当然期待できます!!

あなたのスライスはどっち!?

そのスライスですが、実は大きく分類すると2種類あるんです。1つは目標方向に対して右に打ち出し、そこからさらに右に曲がってしまう「プッシュスライス」。もう1つは、目標方向に対して打ち出しは左ですが、そこから強く右に曲がっていく「カットスライス」です。

ひとくくりにすれば同じスライスですが、それぞれミスの原因が微妙に異なります。ミスの原因に合わせてドライバーを選べば、弾道をより安定させることができるでしょう。今回は、私なりに「プッシュスライス」向けのドライバーと「カットスライス」向けのドライバーを選定しましたので、よければ参考にしてみてください。

プッシュスライスの主な原因

では「プッシュスライス」と「カットスライス」の違いをもう少し詳しく説明しましょう(以下すべて右打ちを前提とします)。右に打ち出しさらに右に曲がる「プッシュスライス」の主な原因は振り遅れです。インパクトでフェースをスクエアに戻しきれず、開いた状態つまり「右を向いた状態でインパクトを迎える」ためにボールが右に飛び出します。するとヘッドが通る軌道に対してもフェースが右を向いている状態になりやすいので、ボールを右から左にこするようなインパクトになり、右に打ち出して右に曲がっていく弾道になるわけです。

インパクトでヘッドを元の位置に戻せず、振り遅れることでフェースが開き、ボールが右に飛び出します。フェースが開いているとたとえヘッド軌道が目標方向に振り抜けていたとしてもこするようなインパクトになり、スライスしていきます

カットスライスの主な原因

対する「カットスライス」の主な原因は「引きの動き」になります。重心をブラさないようにとか、フェースをスクエアにしてインパクトするなどの意識が強すぎると、左腰が飛球線後方に引けてしまったり、手が縮こまってしまったりすることでヘッドの軌道が極端なアウトサイドインのスイングになってしまいます。強いアウトサイドイン軌道はたとえフェースが返っていてもフェースの角度よりもこする動きが強くなるため、左に飛び出してもそこから右に曲がってしまうのです。

インパクトで腰が飛球線後方に引けてしまったり、手が縮んだりすることでヘッド軌道が極端なアウトサイドインになり、ヘッドがターンしていてもこするようなインパクトになってしまうため、左に飛び出しそこからスライスしてしまいます

スライスは悪ではないが飛距離をロスしやすい

では、スライスは絶対に“悪”なのかというと、そんなことはありません。ツアープロにも強いスライスを持ち球にしている方はいらっしゃいます。ただしそれは「狙って打っている弾道」での話。自分でコントロールできない弾道は、スライスだろうとフックだろうとミスですよね。大切なのは、弾道を安定させることです。いつも右に曲がっているボールが突然左に曲がったり、右に曲がる弾道でも毎回曲がり具合が違ったりしては、スコアは安定しません。

常に安定した曲がり幅のスライスを打てるなら、無理に修正する必要もないでしょう。ただ冒頭でも触れたように、スライス回転の球は飛距離ロスにつながりやすいのです。曲がり幅を軽減させて安定させれば結果的に飛距離も伸びる可能性があるのですから、スライスの軽減を試みる価値はあると思いますよ。

今回は、スライスのタイプに合わせてより安定した弾道が打てるドライバーをご紹介するもの。「打ち出し方向が安定しない……」なんて方もたくさんいると思いますが、そういった方のほとんどは、基本の弾道をどうにかしようと毎回スイングが変わってしまっていると思われます。基本はスライスするんだけど、どっちのタイプかわからないという方は、練習場で特にスイング的なことは何も意識せず、しっかりと目標方向を定めたうえで3球ほど8割ぐらいの力で打ち、目標方向に対して左右どちらにボールが打ち出されているか確認してみましょう。特に何も意識しなければ3球とも同じ方向に行くはずです。それでも散らばる方は、クラブとスイングがマッチしていない可能性が考えられます。

国産と海外で異なるドライバーの設計思想

それでは、それぞれのスライスに効果のあるドライバーをご紹介していきましょう。最近のドライバーはみなヘッドが大きく、ヘッドの重心位置が、シャフト軸線から深く長い位置、簡単にいってしまえばシャフトから遠い位置に設計されているものが多くなっています。

シャフト軸線から重心が遠い位置にあると、芯を外しても曲がりにくくなるのですが、半面、ヘッドを返しにくくなります。こういったクラブは主に海外メーカーに多いですね。これもあって最近では、スイング中のヘッドターンをあまり大きくしないような理論が主流になりつつあります。

しかし日本のゴルフ界には「ヘッドターンは積極的に行うべき」という思考が色濃く残っており、実際にそういったスイングのアマチュアゴルファーはまだまだたくさんいらっしゃいます。ヘッドターンを積極的に行うスライサーのゴルファーが最近の大きなヘッドのドライバーを使うと、ヘッドをターンさせづらいためにプッシュスライスが出やすくなるのです。そのような日本の事情に詳しい日本メーカーは、そういった日本人に合ったクラブを開発しているため、主流である重心の遠いクラブとはちょっと趣が違います。重心は海外ブランドのモデルほど遠くなく、特にヘッドターンのしやすさに大きく影響する「重心距離」が短めに設計されているものが多いのです。この違いがプッシュスライス、カットスライスの違いにちょうど当てはまるのです。

左が日本メーカーの、右が海外メーカーの、ともにスライスを軽減し飛距離アップを狙って作られたドライバー

左が日本メーカーの、右が海外メーカーの、ともにスライスを軽減し飛距離アップを狙って作られたドライバー

日本のゴルファーの事情を踏まえた日本メーカーのスライス軽減クラブと、世界のゴルフトレンドを踏まえて開発されている海外メーカーのスライス軽減クラブでは、機能がかなり異なります。ひと言でいえば、ヘッドをターンさせやすくしてスライスを軽減させる日本メーカー、ヘッド自体の性能で曲がりを抑える海外メーカーといったところでしょうか。ひとつ注釈ですが、ヘッドの返りやすい特性は、あくまで「スライス軽減を狙ったクラブに限る話」です。国内メーカーのすべてのドライバーがそうなっているわけではありません。

要は、プッシュスライス、カットスライスは、メーカーのスライス軽減を狙ったドライバー作りに対する考え方によってそれぞれ克服できるということです。

【プッシュスライス】
フェースが戻りきらず開く→ヘッドをターンさせやすくしてスライスを軽減させる日本メーカー製が合う
【カットスライス】
アウトサイドイン軌道→ヘッド自体の性能で曲がりを抑え、直進性が高い海外メーカー製が合う

<「プッシュスライス向け」のドライバー3選>

■ゼクシオ テン ドライバー(ダンロップ)

いわずと知れた日本の横綱アベレージブランド「ゼクシオ」です。ヘッドターンのしやすさと打点のミスに強い仕上がりで、打ってみるとやはりやさしいなと再確認させてくれますね。ヘッド性能はボールがよく上がり、右に打ち出しにくい設計になっているのでプッシュスライスにお悩みの方は試す価値が大いにあるヘッドです。

気を付けたいのがスペック。基本重量がかなり軽めに設計されているので、まずは少し重量を持たせたシャフトを装着しているMiyazakiモデルから試してみてください。

ボールが楽に上がり、目標方向に打ち出しやすいのがゼクシオの美点。重量設定がかなり軽めなので、ごくごく一般的なゴルファーならMiyazakiシャフトを装着したモデルを試すとよいでしょう

■TOUR B JGR ドライバー(ブリヂストンゴルフ)

やさしいアスリートモデルとして人気があるのがこのモデルで、ヘッドターンのしやすさに加えて直進性の高さがウリ。狙った方向にさえ打ち出せれば安定して直進性の高い弾道が打ちやすい設計になっています。

アスリートモデルではありますが、打点のミスへの許容性も持ち合わせているので、プッシュスライスでお悩みの方は身構えずに一度試打してみることをおすすめします。真っすぐな弾道が打ちたいならこのモデルがいいですね。シャフトバリエーションが多いのも魅力です。

バックスピンが適度にかかり、サイドスピンになりにくいのがJGRのいいところ。安定したキャリーと直進性の高い弾道が打ちやすいクラブです

■インプレス UD+2ドライバー(ヤマハ)

飛距離にこだわったシリーズのドライバーです。最大の特徴は、ヘッドがターンする力が非常に強いこと。ほかの2本はどちらかというと「ヘッドが返しやすい」といった表現にとどまりますが、このモデルは「ヘッドが自らターンする力」をかなり持っています。少々振り遅れたとしてもこの力によって右へ打ち出すミスをクラブがカバーしてくれます。

それだけにニュートラルなスイングで打つと自然とドロー系の弾道が出ます。強いプッシュスライスでお悩みならこのモデルですね。反対に軽いプッシュぐらいの方が使うとフックボールになる可能性もあります。それぐらい強い補正能力を持ったモデルです。

自らヘッドターンをしてくれるということは、表現を変えれば「インパクトでフェースがスクエアの位置よりさらに戻ってくる」こともありうるということ。ヘッドが通る軌道よりもフェースが左方向を向けば、スライスすることはなくなります

「国産メーカー3モデル」まとめ

上記でご紹介した3モデルは、すべて日本メーカーのモデルです。それぞれ機能は違いますが、共通するところは「振り遅れ、インパクトでのフェースの開きに対して補正機能がある」という部分でしょうか。インパクトで目標方向にフェースが戻りさえすれば、プッシュスライスはほぼなくすことができます。

重さやスペックの違いはありますが、

高さを出して安定して飛ばしたいならゼクシオ
適度なバックスピンで直進性の高い弾道が打ちやすいJGR
ヘッドのターン力でとにかくボールを右に打ち出さないUD+2

といった感じでしょうか。

<「カットスライス向け」のドライバー2選>

■G410 SFT ドライバー(ピン)

実は発売前のクラブなのですが、とてもいいドライバーですのでご紹介します。これは、直進性の高さと打点のミスへの強さで人気の高いピンのドライバーの、スライサー向けモデルです。SFTとは「ストレート・フライト・テクノロジー」の略で、直進性の高さに加えて、ヘッドがターンする力を高めたモデル。ヒール後方側にウェートが装着されていて、ヘッド本来の重心の深さによる打点のミスへの許容性に、ヘッドの返しやすさを付加しています。

SFTではないスタンダードのモデル(G410 PLUS)と比べるとヘッドはターンさせやすくなっていますが、それでも国産のモデルほどではありません。適度なヘッドの戻しでフェースをスクエアに戻しやすくしつつ、ヘッド本来の直進性の高さによりスライスを軽減させ、左に打ち出したボールを適度な曲がりに変えてくれます。打点が少々ズレてもボールを安定して飛ばしてくれるのもポイントのひとつ。

この2つの効果で、狙った方向にちょうどよくボールが戻ってくる感じですね。合うゴルファーのイメージは、カットスライスが出た後に、スライスを防ごうとして次のショットでは左に真っすぐ行ってしまうことが多いゴルファー。ピンポイントな言い方ですが、意外に多いはずです。

ヒール後方に装着されたこのウェートが適度なヘッドターンを促し、曲がりすぎを抑えてくれます。カットスライスの方は、ヘッドターンの補正力が強すぎると左へ真っすぐ飛んでしまう可能性があります。けれども海外メーカーのモデルに多い基本性能が直進性の高いモデルなら、適度な補正が効いて結果的に狙ったところに打ちやすいですよ

■M6ドライバー(テーラーメイド)

こちらも2月に発売になったばかりの最新モデルです。直進性の高さと強い弾道がウリのアスリートモデル。クラブとして、スライスを補正する能力は正直それほど高くありません。しかしカットスライスのボールをあえてこのクラブで打ってみると、強い弾道で左への打ち出しも治まり、なおかつスライス幅も抑えることができました。

ただ、ある程度のヘッドスピードがないとこのヘッドの低スピン性能を生かしきれないので、打ち出し角を増やすべく多めのロフトをチョイスすると安定したフェードボール(右方向へ曲がりの少ない球筋)が打てると思います。

反発係数を一度超えてからルールの範囲内に落とすという異例の方法で作られているM6。直進性の高さはトッププロからもお墨付きです

「外国メーカー2モデル」まとめ

海外メーカーのドライバーのほとんどが直進性の高いモデルです。そういったモデルはヘッドのターンが穏やかになりやすいので、フェース面がスクエアを過ぎて当たって左に打ち出すカットスライスに悩むゴルファーにはピッタリです。ご紹介した2本の違いは
打ち出しは左のままスライスを軽減させて安定しやすいG410 SFT
打ち出しもスクエアに寄せつつスライス幅も軽減させ、なおかつスピンも減らしやすいM6
といった感じ。安定感のG410 SFT、飛距離も欲しいM6といったところでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。ちょっと説明しなければならない部分が多く、長くなってしまいましたが、右に打ち出してスライスする方はヘッドターンさせやすいモデル。左に打ち出してスライスする方は、直進性の高いモデルを使うと、スイングを変えなくても症状を緩和し、いい結果につながりやすくなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る