ニュース
「Fitbit」から新作4モデルが一気に登場!

何が変わったの!? 「Fitbit」の最新スマートウォッチとフィットネスバンドを徹底比較

2019年3月8日、フィットビットは、スリムなフィットネスバンド「Fitbit Inspire HR」「Fitbit Inspire」、スマートウォッチ「Fitbit Versa」の「ライトエディション」、そして6歳以上の子ども向けフィットネスバンド「Fitbit Ace2」の4製品を発表した。

「Fitbit Inspire HR」「Fitbit Inspire」「Fitbit Versa ライトエディション」は2019年3月15日に、「Fitbit Ace2」は2019年4月下旬に発売される。

「ブラック」と「ホワイト」が「Fitbit Inspire HR」で、真ん中の「サングリア」が「Fitbit Inspire」

「ブラック」と「ホワイト」が「Fitbit Inspire HR」で、真ん中の「サングリア」が「Fitbit Inspire」

スマートウォッチ「Fitbit Versa ライトエディション」

スマートウォッチ「Fitbit Versa ライトエディション」

キッズ向けトラッカー「Fitbit Ace2」

キッズ向けトラッカー「Fitbit Ace2」

50m防水対応のスリムな心拍トラッカーバンド

「Fitbit Inspire HR」は、2017年4月に発売された、同社史上最もスリムなフィットネスバンド「Fitbit Alta HR」の後継機。スリムなボディに心拍センサーを内蔵しており、心拍数および心拍ゾーンの計測や、睡眠の質の分析などが可能だ。

スポーツに関しては、ランニング、水泳、自転車などのアクティビティを自動的に認識して、時間や距離、消費カロリーなどの活動量を計測できる。また、連携するスマートフォンのGPSを利用すれば、ペースや距離をリアルタイムで閲覧可能だ。なお、防水性は水深50mまでの耐水仕様で、バッテリーライフは、最大5日間。充電は専用のUSBケーブルで行う。

「Fitbit Inspire HR」のメーカー希望小売価格は21,470円(税込)。本モデルは、心拍センサー非搭載モデル「Fitbit Inspire」もラインアップしており、メーカー希望小売価格は11,790円(税込)となる。

タッチスクリーンは、バックライト付きの有機 EL ディスプレイを採用。表示はモノクロだ。なおサイズ感は、かなりコンパクトでスリムな印象。ベルトも一部薄くなった

トラッカーのパーツは、厚みが少々あるように見えるが、装着してみるとうまいこと手首のくぼみにハマるため、着け心地は悪くない。ボタンは「戻る」操作や「設定」画面へのクイックアクセスに使用

カラバリは、「Fitbit Inspire HR」が「ブラック」「ホワイト」「ライラック」の3色展開で、「Fitbit Inspire」が「ブラック」と「サングリア」の2色展開。付け替えられる別売のベルトは、柄プリントが施されたシリコンタイプのほか、レザータイプやステンレススチールタイプを用意する。

操作や機能がよりシンプルになったスマートウォッチ

「Fitbit Versa ライトエディション」は、2018年6月に発売されたスマートウォッチ「Fitbit Versa」の廉価版。先述の「Fitbit Inspire HR」の機能に加え、独自OS「Fitbit OS」によって数百種類のアプリを利用したり、女性の排卵日の予測アラート機能が搭載されていたりする。

なお、「Fitbit Versa」に搭載されていた以下の4つの機能は搭載されていない。

・「Fitbit Coach」によるGIFアニメによるトレーニングのコーチングメニューを閲覧
・300曲以上の音楽データを再生
・水泳中のラップ数を測定
・上った階段の段数を測定

バッテリーライフは4日以上で、充電は専用のUSBケーブルで行う。

「Fitbit Versa ライトエディション」のメーカー希望小売価格は25,290円(税込)。

アルマイト処理されたアルミ素材のウォッチケースと、最大輝度1000nitのカラー液晶のタッチスクリーンを搭載。液晶画面はCorning社の「Gorilla Glass 3」を採用しており、傷がつきにくい

左が先述の「Fitbit Inspire HR」で、右が「Fitbit Versa ライトエディション」

左が先述の「Fitbit Inspire HR」で、右が「Fitbit Versa ライトエディション」

左が従来の「Fitbit Versa」で、右が「Fitbit Versa ライトエディション」。サイズ感や見た目はほぼ同じ。しかし、「Fitbit Versa」は右側にクイックアクセスなどに使うボタンが2つ付いているが、「Fitbit Versa ライトエディション」は左側にボタンひとつのシンプルデザインに仕上げられている

カラバリは、「ホワイト」「ライラック」「チャコール」「マルベリー」「マリーナブルー」の5色展開。付け替えられる別売のベルトは、シリコンタイプのほか、レザータイプやステンレススチール、ウーブンハイブリッドタイプなど、豊富にラインアップする。

従来の「Fitbit Versa」ではケースに「シルバーアルミニウム」か「ローズゴールドアルミニウム」を採用していたが、「Fitbit Versa ライトエディション」には「マリーナブルー」と「マルベリー」が追加された

水遊びしても安心な、子どものためのトラッカー

「Fitbit Ace2」は、6歳以上の子どものためのアクティビティトラッカー。歩数やアクティブな時間(分)、睡眠時間を記録する。記録データは、バックライト付きのタッチスクリーンで閲覧可能だ。防水性は水深50mまでの耐水仕様で、水遊びや飲みこぼしも気にせず使えるのがうれしい。なお、心拍センサーは非搭載で、バッテリーライフは最大5日間。充電は専用のUSBケーブルで行う。

また、子どもの保護者は、自分のスマホのアプリ「Fitbit」内で子どもの活動量を確認できるのもポイントだ。

「Fitbit Ace2」のメーカー希望小売価格は11,790円(税込)で、カラバリは「ウォーターメロン」と「ナイトスカイ」の2色で展開される。

【まとめ】「Fitbit」シリーズは、自分に必要な機能を鑑みて選べるようになった

「Fitbit Inspire HR」は、前モデル「Fitbit Alta HR」と比べると、防水性が向上し、デバイスやベルトがスリムになっている。そのいっぽうで、バッテリー持続時間は最大7日から5日減少した。

また、価格.comの「ウェアラブル端末・スマートウォッチ 人気売れ筋ランキング」で1位(2019年3月8日時点)につける同社フィットネスバンド「Fitbit Charge 3」と比べると、同機に搭載されている、Androidスマホと連携したクイック返信機能や、上った階数の記録機能は、「Fitbit Inspire HR」には搭載されていない。バッテリーの持ちも「Fitbit Charge 3」のほうが最大7日と長い。

「Fitbit Versa ライトエディション」は、「Fitbit Versa」の廉価版。しかし、「Fitbit Versa」の価格.com最安価格は2019年3月8日時点で25,041円と値下がりしているため、現時点では価格の開きはない。ちなみに、「Fitbit Versa」が発売された2018年6月当時のメーカー希望小売価格は28,490円(税込)。「Fitbit Versa ライトエディション」の購入はタイミングを見たほうが賢明かもしれない。

以上を踏まえ、現行のFitbitデバイスを機能の多い順に並べてみた。

【スマートウォッチタイプ/カラー液晶】
・「Fitbit Ionic」……GPS機能を搭載するハイエンドモデル。
・「Fitbit Versa」……GPS非搭載のハイエンドモデル。
・「Fitbit Versa ライトエディション」……「Fitbit Versa」の廉価版。上昇階数の記録や音楽再生、GIFアニメによるコーチング機能がなし。

【フィットネスバンドタイプ/モノクロ液晶】
・「Fitbit Charge 3」……フィットネスバンドの最上位モデル。上昇階数の記録はできるが、OSを搭載していないのでアプリは利用できない。
・「Fitbit Inspire HR」……スマートな本体が魅力。クイック返信と上昇階数の記録機能がなし。
・「Fitbit Inspire」……心拍センサー非搭載。

価格.com最安価格と相談しながら、自分に最適な1台を見つけたい。

詳しいFitbitデバイスの機能比較表はこちらをチェック!

詳しいFitbitデバイスの機能比較表はこちらをチェック!

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る