特集
産卵前の大物が釣れる春の“ノッコミシーズン”到来!

あこがれの大型「クロダイ(チヌ)」を「ウキ釣り」で釣ろう!

春先から梅雨にかけて、産卵を控えた大物が釣れやすい

春先から梅雨にかけて、産卵を控えた大物が釣れやすい

堤防や磯などの陸っぱりから釣れるターゲットの中で、釣り人が最もあこがれる魚は、「クロダイ」と言っても過言ではない。

別名で「チヌ」とも呼ばれ、最大級なら70cmオーバー。よく釣れるサイズでも30〜40cmで、その手応えは磯竿を大きくしならせ、ドラグを閉めたリールからラインを引っ張り出していくほど。まさに、“格闘”しているかのような手応えを楽しませてくれるのだ。

それだけの人気ターゲットゆえに、クロダイの釣り方は多岐にわたる。定番の「ウキフカセ」から、ヘチを狙う「落とし込み」、そしてもちろん「ルアーフィッシング」でも狙える。また、ときには「投げ釣り」をした竿にヒットすることもある。

「クロダイ」は、基本的に年間を通して楽しめるターゲットだ。だが、本格化するのはこれから。春先から梅雨入りの季節にかけては、産卵を控えた“ノッコミクロダイ”と呼ばれる大物が、餌を求めて浅瀬に寄ってくるシーズンなのだ。そしてこの時期の大型クロダイは、「ウキフカセ」などのウキ釣りが最も釣りやすいと言われている。

そこで本稿では、初心者でもトライしやすい定番のウキを使った釣り方と、これに必要なフィッシングギアの数々を紹介しよう。

堤防や磯だけでなく、駆け上がりのある急深サーフでも大物が釣れる

堤防や磯だけでなく、駆け上がりのある急深サーフでも大物が釣れる

クロダイ専用の磯竿は多数ラインアップ

クロダイのウキ釣りには、メインの素材にカーボンファイバーを採用した、粘りの強い磯竿をセレクトしたい。ウキが沈んだ際、素早く針を食い込ませるための合わせによってかかる急激な負荷や、クロダイの強烈なヒキを、やわらかいロッドのしなりで受け止められるからだ。

そしてクロダイは、先述したように人気の高いターゲット。そのため、大手メーカーからは、クロダイ専用のロッドが数多く発売されている。ここではそんな大手メーカー3社の代表的なロッドを紹介する。

代表的ロッド その1
がまかつ「がま磯 アルデナ 0〜1号」

0号〜遠征5号まで10種類と、遠投用およびカーエー用7種類の計17種類をラインアップ。クロダイ釣りには粘りの強い0号や0.6号、大型クロダイには1号が向いている

「がま磯」シリーズにおいて中間的ポジションにある「アルデナ」に、2019年春、クロダイ(チヌ)向けの調子となる0号、0.6号、1号が新たに加わった。

曲がって粘る伝統のがま調子は継承しつつ、クセのないオールマイティーな仕上がり。0号はロッド全体で曲がり込む粘りとハリのあるモデルで、タメが効きクロダイを暴れさせずに浮かせる。0.6号はクロダイ特有のタタキを吸収する柔軟性と操作性の高さで大型にも対応。1号は粘りとハリを高次元で融合した、大型クロダイや口太グレに適したタイプだ。

【SPEC/0.6号】
全長:5.3m
継数:5本
仕舞寸法:116.0cm
自重:165g
先径/元径:0.75mm/23.2mm
オモリ負荷:1-3号
適合ハリス:0.6-2号(ナイロン)
カーボン含有率:99.4%

代表的ロッド その2
ダイワ「銀狼」

クロダイ(チヌ)ブランド「銀狼」シリーズから2019年の新作ロッドが登場。クロダイ初心者でも本格的な竿調子を体感できる。0/0.6/1/1.2/1.5号の5調子で、計7種類をラインアップ

扱いやすさにこだわった調子で製作された、人気の磯竿シリーズ「銀狼」の最新作。負荷がかかると胴まで曲がり込んで粘りを発揮する本格的な胴竿調子だが、操作時は穂持ちを中心にやや張りをもたせた、ちょっと硬めのテイストに仕上がっている。

そんなちょっと硬めの調子ゆえに、ランディングをはじめとする操作性は抜群。重量級のウキもラクに遠投でき、糸フケが出た状態でアタリが来たときも、合わせやすくしっかりとフッキングしてくれる。

【SPEC/1号53・Y】
全長:5.30m
継数:5本
仕舞寸法:116cm
自重:161g
先径/元径:0.7mm/22.7mm
オモリ負荷:1-2号
適合ハリス:0.8-2号(ナイロン)
カーボン含有率:99%

代表的ロッド その3
シマノ「鱗海(リンカイ)AX」

フルモデルチェンジしたクロダイ専用のベーシックロッド。0/0.6/1/1.2/1.5号の5調子で、計7種類をラインアップ

鱗海シリーズのベーシックロッド「鱗海AX」が、ダブルナットスクリューでリールを確実にホールドする「シマノオリジナルスクリューシート」を搭載してフルモデルチェンジ。ネジレやつぶれ強度にすぐれた3層カーボン構造の「スパイラルX」で作られた本格胴調子は、しなやかな曲がりで大型クロダイを追い詰めていく。

穂先は、強度を保ちながらしなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先「タフテックα」を使用。やわらかな餌にも対応した遠投性能を見せる。

【SPEC/1号530】
全長:5.30m
継数:5本
仕舞寸法:117.5cm
自重:175g
先径:0.8mm
オモリ負荷:1-3号
適合ハリス:0.8-2号(ナイロン)
カーボン含有率:99.7%

代表的リール その1
ダイワ「銀狼LBD」

チヌ(クロダイ)専用に開発されたレバーブレーキング式リール

チヌ(クロダイ)専用に開発されたレバーブレーキング式リール

「銀狼LBD」は、レバー操作でライン放出にブレーキをかけることができる専用リール。クロダイの急激なヒキにも対応する。また、スプールが逆回転した際にスプールの上下運動を静止させる「ワンウェイオレーション」を搭載しているため、不要なブレでクロダイを暴れさせることがない。

ほかにも、ホコリや海水の侵入を防ぐ「マグシールド」、獲物のヒキに滑らかにきく「オートマチックドラグ」、最適リム構造により耐久性が構造した「エアローター」など、同社の技術がふんだんに詰め込まれている。ボタンひとつでスプールの取り外しが行えるのもうれしいポイント。

【SPEC:LBD】
標準糸巻き量:ナイロン1.85号=150m 2号=150m
自重:240g
ギヤー比:6.8:1 
最大ドラグ力:6kg
最大ブレーキ力:10kg
ベアリング(ボール):9/1
ハンドル長さ:50o

代表的リール その2
シマノ「ツインパワーC3000」

パワーにすぐれる高耐久設計リール

パワーにすぐれる高耐久設計リール

1988年に登場した「チタノスツインパワーGT」の10代目モデル。高い剛性で不意の衝撃にも耐える鋼ボディに、硬く粘り強い「鋼ギア」を装備。さらに、ギアの大型化と配置の見直しにより、効率よい伝達システムを実現した「X-SHIP」を採用するなど、シマノの技術がふんだんに取り入れられている。

【SPEC:C3000】
標準糸巻き量:ナイロン3号=150m/フロロ3号=130m
自重:245g
ギヤー比:5.2:1 
最大ドラグ力/9kg
ベアリング(ボール/ローラー):9/1
ハンドル長さ:55o

定番は潮の流れに強い「円錐ウキしかけ」! 初心者は「棒ウキ」でもOK

クロダイのウキ釣りは、「ウキフカセ釣り」と呼ばれる釣り方が定番。コマセをまいてクロダイを特定の場所におびき寄せて釣る方法だ。

「ウキフカセ釣り」に使うウキは、基本的には潮の流れに強い「円錐ウキ」がよいとされている。だが昨今、潮の安定した場所やクロダイが生息する海底周辺を狙う際は、「棒ウキ」を使う人が多い。「棒ウキ」は細長い形状ゆえに潮に流されやすいが、その半面、アタリを取りやすいので初心者にも向いている。

潮の流れがある場所においてポイント狙いで釣るなら「円錐ウキ」がベターだが、扱いはやや難しい。潮が安定している場所なら「自立棒ウキ」を使うほうが、クロダイのヒットに素早く合わせられる

代表的しかけ/ライン
ダイワ「アストロン磯 グレイトZ」

1.65〜5号までの10種類の太さをラインアップ。クロダイ釣りならば2〜3号をチョイスしたい

1.65〜5号までの10種類の太さをラインアップ。クロダイ釣りならば2〜3号をチョイスしたい

代表的しかけ/円錐ウキ
キザクラ「黒魂Brosシリーズ」

しかけの投入ポイントに合わせたウキを使うのがベスト。複数種類持っておくのも手だ。狙ったポイントでアタリを待つのにすぐれた「黒魂Bros 誘技(左)」、深場狙いにすぐれた「黒魂Bros 深戦(中)」。遠投性能抜群の「黒魂Bros 遠投(右)」などがそろい、それぞれ重りに合わせたモデルがラインアップされている

代表的しかけ/自立棒ウキ
キザクラ「自立チヌ」/「遠投チヌ」

「自立チヌ(左)」は、深場のクロダイのみならず、浅場のクロダイにも適した2B〜5B重りまで対応するモデル。4種類で展開。「遠投チヌ(左)」は、下部にたっぷり埋め込まれた重りで遠投も楽々なモデル。1〜5号まで、6種類がそろう

代表的しかけ/ウキ止め
ダイワ「D-ウキ止め糸」/「D-ストッパーセット」

ウキの上側は「D-ウキ止め糸(写真上)」でウキ止めを作り、ウキの下側は「D-ストッパーセット(写真下)」でウキ止めする。上側のウキ止めは、釣り場の水深に合わせてセット。下側のウキ止めは、ウキと針が絡まない位置で合わせて使う

代表的しかけ/針
がまかつ「糸付(輪巻)チヌ 2m」

2mのハリスがセットされたチヌ針。針のサイズは1〜6号まで6種類がそろっている。1〜4号は9本入り。5〜6号は8本入り

大切なのは配合まき餌によるポイント作り! 針餌も数種類用意して食いつきのよい餌を見極めよう

先にも述べたが、クロダイの「ウキフカセ釣り」で最も大切なのは、いかにクロダイを特定のポイントに呼び込めるかという点。そのため、集魚用のまき餌は重要だ。惜しみなくまいてクロダイを集めよう。

まき餌の製作は、千差万別。針餌に使う餌を混ぜておくことは当然だが、集魚用粉餌のブレンドは、水深に応じてどのポイントでバラけるかを調節するなど、釣り場によってさまざまなパターンが考えられる。ここでは、代表的なものを紹介する。

そして針餌は、数種類を用意してローテーションで使い、どの餌が食いつきがよいかを見つけることが大切だ。

代表的しかけ/まき餌 その1
マルキュー「チヌパワー」/「チヌパワー日本海」

まき餌を配合する際のベースとなる餌の定番が、「チヌパワー(写真左)」だ。酵母、オキアミ、麦の配合でチヌ(クロダイ)を引き寄せる。粘りがあり、遠投にも適している。「チヌパワー日本海(写真左)」は、水深の深い釣り場で本領を発揮する製品。比重が重いので「チヌパワー」よりも落下速度が速く、より深場でバラけるのだ

代表的しかけ/まき餌 その2
マルキュー「ムギコーン」/「ニュー活さなぎミンチ激荒」

ベース餌に配合することで効果を高めるブレンド餌。「ムギコーン(写真左)」は、まき餌がバラけた際にコーンがヒラヒラと落下して食い気を高める。「ニュー活さなぎミンチ激荒」は、針餌に「活さなぎ」を付ける際に効果を発揮する

代表的しかけ/まき餌 その3
「オキアミブロック」

まき餌を配合したら、解凍した「オキアミブロック」を必ず混ぜること。「オキアミブロック」を食べることで警戒心を解いたクロダイが、針に付けたオキアミも食べてくれるのだ

代表的しかけ/針餌 その1
マルキュー「ニューくわせコーン」/「くわせオキアミスペシャルチヌ」/「活丸さなぎ」

針餌には基本的に、まき餌にブレンドした餌と同じ種類でしっかりしたものを使う。「ニューくわせコーン(写真左)」は、アミノ酸を添加したソフトな仕上がりのコーン餌。「くわせオキアミスペシャルチヌ(写真中)」は、食い込みのよさを重視したチヌ(クロダイ)専用のオキアミ。チヌが好む2つの成分を配合している。「活丸さなぎ(写真右)」は、上質なさなぎから、水に浮かないものを厳選したもの

代表的しかけ/針餌 その2
マルキュー「高集魚レッド」/「食い渋りイエロー」

針餌として、まき餌にブレンドした餌とは別に用意しておきたいのが、確かな結果を残している練り餌。「高集魚レッド(写真左)」は、魚が好むアミエビやニンニクをたっぷり配合。「食い渋りイエロー(写真右)」は、視認性の高い黄色が濁り潮や深場でも強力にアピール。アミノ酸やアミエビのほか、フェロモン系特殊誘引剤「ウルトラバイト・アルファ」を配合している

代表的しかけ/便利グッズ その1
ダイワ「イソバッカン」

まき餌を作る際にあると便利なのが、大型のバッカン。まき餌製作用に作られている「イソバッカン」は、フタが日光を浴びても熱くなりにくく、大型ファスナーは塩ガミしにくい。また、サイドにはタオルハンガーも付属

代表的しかけ/便利グッズ その2
ダイワ「水くみバッカンS」

まき餌作りに必要な海水をくむための小型バッカン。8mのロープが付いている。また、本体をひねって回転させると小さく収納可能

代表的しかけ/便利グッズ その3
ダイワ「ロングキャスターDRY」

まき餌を投げる用の軽量ひしゃく。ストレートシャフトを採用しており、操作性にすぐれている

まき餌を投げる用の軽量ひしゃく。ストレートシャフトを採用しており、操作性にすぐれている

ベガス小池

ベガス小池

パチやスロで稼いだ資金をラスベガスのカジノで散財し続けるため、この名で呼ばれるライター。サンケイスポーツでコラム「ベガス小池のプロ流」を連載中。犬と酒と阪神タイガースを愛し、休日はバイクで釣りへ。

釣具のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る