ゴルフの楽しさ伝えます
スライサーにもってこい

つかまえて飛ばすFW! キャロウェイ「EPIC FLASH STAR」#3試打

オグさんです。

今回はキャロウェイの「EPIC FLASH STAR」シリーズのフェアウェイウッド(以下、FW)を試打したレポートをお届けします。

ドライバーとは素材が異なる

「EPIC FLASH」は2019年に発表されたシリーズで、ドライバーにはヘッドが3タイプ用意されています。ネックが接着モデルでアベレージゴルファーに向けたつかまり性能の高い「EPIC FLASH STAR」、ネックに弾道調整機能を持ち、アスリートゴルファーが好むつかまり過ぎない性能を持つ「EPIC FLASH Sub Zero」、そしてネックに弾道調整機能を搭載したつかまり性能の高い「EPIC FLASH」(数量限定)の3つです。

ドライバーに対しFWは2タイプ。つかまり性能の高い「EPIC FLASH STAR」と、つかまり過ぎない「EPIC FLASH Sub Zero」です。

EPIC FLASHシリーズのFWはドライバー同様、「JAILBREAKテクノロジー」を採用。人工知能による設計の「FLASHフェース」をFW用に再設計し、カップフェース構造と合わせることでボール初速の向上を狙っています

ドライバーとの違いは可変式ウェート「ペリメーター・ウェイティング」の有無と、ボディおよびフェースの素材。クラウンの素材はどちらもカーボンですが、ドライバーはボディとフェースにチタン素材を使用しています。対してFWはボディにステンレス、フェースには強度の高いカーペンター455スチールという素材を使用しています。

ソールのやや後方に設置されたウェートで適度な上がりやすさを持たせています。フェース側の2つの丸は、JAILBREAKテクノロジーの2本のバーの先端(後端?)です。これによりインパクト時のエネルギー効率を高めて、高いボール初速を実現させています

フェースの見た目は、ドライバーと通ずるイメージで、輪郭にやや角を持たせたタイプ

フェースの見た目は、ドライバーと通ずるイメージで、輪郭にやや角を持たせたタイプ

スイートスポット付近には“的”のようなデザインが刻印されていますが、構えたときに気にならない程度に薄くなるよう色味の工夫がされています。ソールは船底状でヘッドの抜けもいいですね

ウェートとシャローバック形状で重心を下げつつ、ソール後方に少し高さを持たせていることでさらにヘッドのヌケをよくしています

2本のスコアラインが効いている

構えてみるとクラウン上部のラインに対して少しだけフェースが左に向いており「このクラブはつかまりますよ〜」と教えてくれます。フェースに刻印されている的のような模様は構えたときにかなり薄く見えるよう工夫されているので気にはなりませんね。

それとは別にスイートエリア下方に2本のスコアラインが刻まれているのですが、構えたときにこれが目に入ってきます。この2本のスコアラインのおかげで、ボールをとらえる位置をはっきりと認識させてくれますし、フェース面の向きを確認しやすいです。

高さが出るが#3ならHS38は欲しい

実際に打ってみると、構えたときの見た目とほぼ一致する弾道が出ました。印象どおり、しっかりしたつかまり性能で、やや強めのドローボール。つかまり性能の高いクラブはロフトが立って当たりやすいので高さを出すのが大変なのですが、これは高さが出ますね。

球を上げようと思わなくても高い球が打てます

球を上げようと思わなくても高い球が打てます

ヘッドスピードを少し落として打ってみました。球は少し低くなりましたが、つかまった強い弾道が打てます。ランも含めた距離を求めるのであれば、ドライバーでのヘッドスピード38m/sもあれば、距離を稼ぐFWとして十分武器になると思います。ただキャリーを求めるとなると、ヘッドスピード40m/sぐらいは欲しいところ。飛距離性能が高いのでキャリーにこだわるのであれば5番ウッドの選択肢も大いにありです。

ミスへの許容性は高いですね。特にダフったときによく滑ってくれる印象。マットでもしっかり滑ってくれて、ソールから接地させるイメージで振ると安定してミートさせることができました。打点のミスに関しては、つかまり性能が高いだけあって右へのミスは出にくかったですね。わざと右へ曲げるような打ち方をしてもほとんど曲がりませんでした。スライス傾向の方はかなり軽減されると思いますよ。

純正シャフトとの組み合わせ

シャフトに関しては2種類用意されています。今回は両方お借りし、比較して試打してみました。

Speeder EVOLUTION for CW(上)とSpeeder EVOLUTION V FW(下)

Speeder EVOLUTION for CW(上)とSpeeder EVOLUTION V FW(下)

まずは純正シャフトである「Speeder EVOLUTION for CW」から。簡単に表現すると、しなりが大きめでタイミングが取りやすく、つかまり性能の高いシャフトといったところでしょうか。純正モデルらしく、軽量に仕上げられていて幅広いゴルファーがまずまず打てるような性能で、パワーがなくても高さが出せます。そのかわり、パワーがある方が使うとエネルギーロスがやや大きくなりますね。具体的に言うと、スピン量が増えてしまいます。

つかまり性能の高いヘッドとの相性はバッチリなので、FWにつかまり性能とミスの許容性を求めるなら、このシャフトとの組み合わせはいいと思います。

やや強めのドローボール。高さも3番ウッドとしては申し分ないですが、スピン量がやや多いですね。これはシャフトによるところが大きいと思います。ただ、安定して飛ばすならこれぐらいスピン量があったほうがいいですね

カスタムシャフトはFW用エボV

次にカスタムシャフトとなる「Speeder EVOLUTION V FW」を打ってみました。このシャフト、つかまりがよく先端が走ると評判の「Speeder EVOLUTION V」をベースにFW用として再設計されたモデル。芝の上から打つことを考えて振り心地を極力変えず、やや先端の走りを抑えることでミート率の向上を図っています。

打ってみるとSpeeder EVOLUTION for CWと比べて打ち出しがやや低くなる分、スピン量が減り、少しだけつかまり度合いが減りました。スピンが減ったぶん飛距離も伸びていますね。重さも60g台のドライバー用シャフトとのつながりがよくなるように設計されているため、ドライバーで60g台のシャフトを使っている私にはちょうどよく、とてもミートしやすかったです。カスタムシャフトなので純正よりはつかまりが抑えられているとはいえ、ちゃんとつかまり性能を持ったモデルなので、つかまるヘッドとの相性もバッチリ。つかまり性能と飛距離を求めるならこの組み合わせですね。

FWとしてはかなりの低スピンに適度な高さ。それだけ飛距離も伸びています。つかまり性能はしっかりあるので、パワーはあるけどスライス傾向の強いなんて方におすすめの組み合わせです

スライス傾向の人によく合いそう

ヘッド特性はつかまり性能の高い強弾道タイプ。2種類用意されているシャフトは、特性は違えどどちらもつかまるものを用意し、ユーザーに対して「ボールをつかまえて飛ばしてほしい」というメーカーからの意図がはっきり伝わってくるクラブでした。こういったクラブは、コースで使うとたとえミスしてもボールが一方向にまとまりやすいので、結果としてスコアにつながりやすくなります。

フック傾向の強い方には余計つかまっちゃうのでおすすめできませんが、スライス傾向の方にはぜひ試してもらいたいですね。ミスの許容度を重視するならSpeeder EVOLUTION for CW。飛距離を重視するならSpeeder EVOLUTION V FWといった感じです。

最後に本文でも少し触れましたが、FWを選ぶ際に大切なのは総重量です。ドライバーとの長さの差が2インチ程度なら20g、3インチ程度なら30g程度重いモデルを選ぶと、よりミート率を高めやすくなりますよ。

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る