特集
最も釣果が期待できるのは「トリックサビキ釣り」!

春の休日は「トリックサビキ」で五目釣り! 代表的な釣り方と釣り具

「五目釣り」とは、さまざまな魚を手軽に釣る方法。 ターゲットを決めるのではなく何が釣れるのかを楽しむ釣りでもある

春の訪れを告げる桜が散り、大型連休を過ぎれば、季節はもう初夏。初春では肌寒さすら感じられた海風も暖かさを帯び、海辺での釣りがとても心地よいシーズンとなる。

と同時に、海水の温度が上がり、堤防や釣り公園など、身近な岸辺で釣れる魚の種類が一気に増加。暖かい時期のほうが、活性が高くなる魚種が多いのだ。

刺身でも干物でもフライにしてもおいしいアジ

刺身でも干物でもフライにしてもおいしいアジ

シコイワシが多いが、イワシなら3桁釣果になることも

シコイワシが多いが、イワシなら3桁釣果になることも

コノシロサイズもまだまだ釣れる

コノシロサイズもまだまだ釣れる

春先は小サバが多いが、大サバが回ってくることも!

春先は小サバが多いが、大サバが回ってくることも!

暗くなってくればメバルの時間帯

暗くなってくればメバルの時間帯

アジ、イワシ、コノシロ、サバ、海タナゴ、メバルなど……。この時期は、ポカポカ陽気の下でこれら多種多様な魚たちと遊べる楽しいシーズンだ。どの魚も、子どもでも簡単に釣れる手軽なターゲットばかり。ファミリーフィッシングや、気の合う友人との楽しい釣りを、のどかに満喫できる時期なのだ。

今回は、この時期の堤防や釣り公園で気軽に楽しめる釣りのなかでも、最も釣果が期待できる「トリックサビキ釣り」の方法と、持っておきたいフィッシングギアや、知っておくと便利な知識を紹介しよう。

手返しが多くなるので、扱いやすいロッドとスピニングリールで挑みたい!

ロッドはある程度の長さは必要だが、投入と引き上げを繰り返すので、扱いやすいロッドとスピニングリールを用意したい。しかけもサビキとオモリのみとシンプルでいい

まずはロッドとリールについて。

基本的な釣り方は「サビキ釣り」と同じく、堤防でしかけを下に落とす形。サビキしかけは長さがあるので、ロッドもある程度の長さは必要だが、しかけの投入と引き上げを繰り返す釣りになるので、扱いやすさと軽さは大切だ。

子どもなら3m前後の軽いロッド、大人なら4〜5mの磯竿を選びたい。スピニングリールも軽い2000番以下でよいが、まれに30〜40cmクラスのヒキの強力な大サバがヒットするケースがある。そのような釣り場なら、2500〜3000番のリールを備えておくのも手だ。

・代表的ロッド その1
ダイワ「リバティクラブ磯風2号」

調子は通常の1.5~3号と遠投向けの3~5号がそろい、長さは3.9〜5.33mまでをラインアップ。写真は「1.5号-53・K」

丈夫でクセのない扱いやすい万能竿。アジやイワシ、クロダイ、メジナなど、防波堤で釣れるさまざまな魚をこれ1本で狙える。「ウキ釣り」から「サビキ釣り」まで、幅広い釣り方に対応する。

リールシートはステンレス(遠投モデルは大型リールでもぐらつかないパイプシート)を採用しており、ガイドも衝撃に強いタイプを使用(遠投モデルは糸の出がよい足高タイプ)。ロッドのブランク部は、パワーロスにつながるねじれを制御する強化構造「ブレーディングX」を採用している。

【SPEC/2号-45・K】
全長:4.46m
継数:5本
仕舞寸法:101cm
自重:170g
先径/元径:1.3(先端1.2)mm/18.1mm
カーボン含有率:89%

・代表的ロッド その2
シマノ「ホリデー イソ 2号」

調子は通常用の1〜3号、遠投用の3〜5号、アオリイカ用の1.5〜2号がそろう。通常用は長さ3.0~5.3mまでをラインアップ。写真は「1.5-530」

「ホリデー イソ 2号」は、シマノのメガヒットロッドの新作。カーボン素材を刷新しており、より万能的で軽快な操作性を実現している。

ノーマルモデルは「チョイ投げ」や簡単な「サビキ釣り」にも適した3mのショートレングスから、磯の大物にも挑める5.3mまでを用意。さらに、パイプシートと遠投用ガイドを搭載した遠投タイプや、白色穂先を使用したアオリイカタイプなど、多種多様にラインアップされている。

【SPEC/2号450】
全長:4.51m
継数:5本
仕舞寸法:102.0cm
自重:160g
先径/元径:1.4mm/19.7mm
カーボン含有率:91.6%

・代表的リール その1
ダイワ「リバティクラブ2000」

1500、2000、2500、3000、3500、4000の6タイプをラインアップ

1500、2000、2500、3000、3500、4000の6タイプをラインアップ

バリュープライスながら、ダイワの技術がふんだんに詰まっているコストパフォーマンスが高いリール。高性能ドライブギヤー「デジギアII」や、糸のバックラッシュを防ぐ「ABSII」などが搭載されている。磯竿だけではなくルアーロッドにもマッチ。

【SPEC:2500】
標準糸巻き量:ナイロン1.5号=190m 2号=150m/PE0.8号=230m 1号=200m
自重:265g
ギヤー比:4.7:1 
最大ドラグ力:2kg
ベアリング(ボール):3/1
ハンドル長さ:50o

・代表的リール その2
シマノ「サハラ2500」

500〜4000番までのほか、コンパクトボディの(C)タイプなど、多彩なバリエーションがそろう。写真は「C3000HG」

堅実に仕上げられたコストパフォーマンスが高いリール。パワーを効率よく伝達して強力な巻き上げを可能にする「X-SHIP」や、切削なしに圧力プレスで仕上げた滑らかな巻き心地の「HAGANEギア」などを搭載する。ノーマルタイプからコンパクトタイプ、ハイギア仕様などバリエーションが豊富。

【SPEC:2500】
標準糸巻き量:ナイロン2号=170m 2.5号=150m 3号=120m/PE1号=320m 1.2号=220m 1.5号=160m
自重:250g
ギヤー比:5.0:1 
最大ドラグ力:9.0kg
ベアリング数(ボール/ローラー):4/1
ハンドル長さ:55o

サビキは針のサイズ違いを数種類準備

「トリックサビキ釣り」の最大の特徴は、サビキの針自体にコマセをからませて海中へ落とし込むという独特の釣り方にある。

通常のサビキ釣りは、取り付けたコマセカゴにコマセを入れ、海中でサビキの周辺にコマセをバラまいてサビキ針に魚を食いつかせる方法となる。いっぽう、遠投やチョイ投げを行わない、足元にサビキを落とす方法の場合、サビキ針にコマセを直にからませる「トリックサビキ釣り」が釣果アップにつながる釣り方なのだ。

その際のサビキは、トリックしかけ用に作ったコマセがからみやすい親子針タイプを使うのが一般的だが、針に疑似餌装飾が施された通常サビキを使うのも手だ。親子針タイプは、コマセをからませやすい点が長所だが、針先がそれぞれ2本出ている分、オマツリ(糸がらみ)しやすいという短所がある。いっぽうで、通常の疑似餌タイプのサビキは、コマセが針から離れても疑似餌針に魚が食いつくという長所があるが、コマセが針にからみづらいという短所もある。

また、この時期は釣れる魚種が多いので、大小さまざまな魚に対応できるよう、サビキの針サイズも数パターンを用意しておくと便利だ。イワシや豆アジなど、小さい魚が釣れるなら、針は2.5〜4号で、ハリスは0.4〜0.6号。それより大きめサイズのアジや海タナゴ、小サバが釣れる場合は、針は4〜6号でハリスは0.6〜1号。良型アジやコノシロ、中サバが釣れているなら針は6〜8号でハリスは1〜2号。このように、釣り場の状況に合わせてサビキを選ぼう。

万が一、30cmを超える大サバが回遊している場所で大サバを狙うなら、太ハリスタイプのサビキが安心だ。

・代表的しかけ/サビキ その1
まるふじ「改良トリック仕掛」/「改良トリック7 喰わせウィリー」

「トリックサビキ釣り」用の、針先が2本出しになったサビキ。「改良トリック仕掛」(写真左)は、オモリ付きでそのまま使用可能。「改良トリック7」(写真右)は、針にアミエビエキスを染み込ませた疑似餌装飾が施されている。どちらも針の号数は2.5~7号までラインアップ

・代表的しかけ/サビキ その2
ささめ針「安心安全スレサビキ」/「ちょい太マルチサビキ」

「安心安全スレサビキ」(写真左)は、針先に「カエシ」と呼ばれるフック状の部分がないしかけ。そのため糸がらみしづらく、服に刺さってもすぐに抜ける。子どもがいる場合に安心なタイプだ。針は3~7号をラインアップ。「ちょい太マルチサビキ」(写真右)は、太めの「フロロカーボンハリス」を使った大物狙いタイプ。針は8〜11号がそろい、ハリスは2〜5号を使用している

・代表的しかけ/餌つけ器 その1
第一精工「スピード餌つけ器W」/「スピード餌つけ器W受皿付」

写真左が通常タイプで、写真右はコマセのこぼれを受け止める受け皿付き

写真左が通常タイプで、写真右はコマセのこぼれを受け止める受け皿付き

餌つけ器にコマセを入れ、上記のようにサビキの針をコマセにくぐらせ、針にコマセをからませる

餌つけ器にコマセを入れ、上記のようにサビキの針をコマセにくぐらせ、針にコマセをからませる

・代表的しかけ/餌つけ器 その2
第一精工「スピードバケツ」/「スピードバッカンW」

スピード餌つけ器に手洗いや魚入れ用のバケツが付き、餌つけ器を支えるオモリの役目も果たすバケツ(写真左)。サイズは5L、5.5L、8Lの3タイプ。写真右は、海水をくみやすいオモリ付きのバッカンとスピード餌つけ器Wが組み合わさったタイプ。用途はバケツと同じで、バッカンサイズは200(幅)×240(高さ)×195(奥行)mm

・代表的な餌
マルキュー「アミサビキ」/「サビキ君1kg」

粒のそろった採れ立てをパックしたアミエビ。「アミサビキ」(写真上)は600g入りで専用スプーン付きだ。「サビキ君1kg」(写真下)は、先端をカットして使う大容量タイプ。餌つけ器に適量をのせて使う。手返しの数にもよるが、アミエビは意外とすぐなくなるので、なるべくたっぷり用意しておくのが吉。ニオイはするが常温保存がきくので、次回の釣行にも使用できる

数釣りが期待できるのでクーラーは必須!

釣行する場所や釣れている魚種にもよるが、イワシが釣れている場合などはバケツ1杯の3桁釣果も期待できる。従って、釣った魚をおいしく食べるためにも、保冷力の高いクーラーはぜひ持参したい。

また、魚つかみは持っておきたい。アジなら尻尾部分のゼイゴ、サバはエラ、メバルは背ビレなどが鋭利であり、小さな見た目のハオコゼなどは背ビレに毒があるためだ。

そして釣り終わりの際は、ニオイの強いアミエビがこぼれた場所など、自分が使った釣り場はバケツやバッカンで海水を流して汚れを落として帰ることを忘れずに。

・便利アイテム/竿置き
第一精工「サーフ三脚W」

竿をかける柵などがない釣り場で便利な竿置き三脚。中央部分には先述の「スピード餌つけ器W」を取り付けられる仕様になっている

・便利アイテム/魚つかみ
第一精工「ワニグリップミニMC+ホルスター」

アジは、尻尾付近にゼイゴという硬い部分があり、手を傷つける可能性がある。また、イワシなどの弱い魚以外、どの魚も背ビレなどは鋭く、外道としてハオコゼなどの毒を持った魚が釣れる場合もあるので、魚つかみは用意しておきたい。本製品は、ベルトやバッカンなどにかけられるホルスターの付いたミニグリップ。先端の魚をつかむ部分がしっかりしており、アジやサバなどのヌメリの出る魚もしっかりとホールドする

・便利アイテム/クーラーボックス
ダイワ「クールラインαII GU1500」

ファミリーフィッシングから磯、船、オフショア(淡水)釣りまで、幅広く使える高性能クーラーボックス。上フタは左右どちらからでも開閉可能で、丸ごと外して洗える。剛性にすぐれ、椅子として座っても問題がないうえに、高い保冷力を誇る。持ち運びに便利なハンドル付きで、500mlのペットボトルを立てて入れられるのもうれしい。サイズは1000~2500まで4種類をラインアップ。写真は「GU1500レッド」

ベガス小池

ベガス小池

パチやスロで稼いだ資金をラスベガスのカジノで散財し続けるため、この名で呼ばれるライター。サンケイスポーツでコラム「ベガス小池のプロ流」を連載中。犬と酒と阪神タイガースを愛し、休日はバイクで釣りへ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る