特集
梅雨のシーズンを快適に過ごせるアイテムが勢ぞろい!

雨でも外で遊びたい! アウトドアブランドの有能「レイングッズ」7選

梅雨時期の雨対策にも使えるレイングッズを、アウトドアブランドのプロダクトを中心にセレクト

梅雨時期の雨対策にも使えるレイングッズを、アウトドアブランドのプロダクトを中心にセレクト

長かったゴールデンウィークはあっという間に過ぎ去り、気がつくと梅雨がすぐ目の前に。

雨が多いこの時期は、服装や持ち物に悩むことも多く、外に出るのが面倒になりがち……。天気が悪いからとジメジメした家にずっとこもっていては、身体も気持ちもリフレッシュできないだろう。逆に、雨が降るとわかっているけれど、どうしても外に出かけなければならないときもある。

そこで本稿では、防水機能や透湿機能にすぐれ、雨の日のお出かけや外遊びに使えるレイングッズを紹介する。

スタイリッシュに着こなせる軽量レインポンチョ

まずは、レイングッズの代表と言える「レインコート」から紹介しよう。

レインコートは、耐水性や撥水性のある素材を使用したアウターのことだが、日本では「雨合羽(あまがっぱ)」とも呼ばれ、ビニール製のものが主流だ。ただ、ビニール製のものは水を通さないというメリットとは裏腹に、重く動きづらいというデメリットもある。

そのデメリットを解消しているのが、アウトドアブランドのレインコートだ。登山やハイキングにおいて激しく動くことを前提として作られているため、防水性だけでなく、動きやすさも追求した機能素材やデザインを採用している。

ホグロフス「ラパック ポンチョ」
公式サイト価格:31,320円(税込)

スウェーデンのホグロフスは、北欧の厳しい自然環境に対応する高機能なバックパックやウェアを手がけるアウトドアブランド。そんなホグロフスのレインポンチョ「ラパック ポンチョ」は、同社独自の防水素材「3L PROOF」を使用し、耐久撥水加工とテーピングによって、防水性と防風性を高めている。

長めの丈で雨から衣服をしっかりと守るレインポンチョ。傾斜したファスナーが特徴的だ

長めの丈で雨から衣服をしっかりと守るレインポンチョ。傾斜したファスナーが特徴的だ

また、本体素材には、耐久性が高く軽量な素材を使用。さらに、フードと袖のカフ部分は伸縮性が高かったり、裾の脇部分はボタン式になっていたりと、動きやすさも追求している。

フロント部分の大きなポケットは、全体を収納できるパッカブル仕様になっており、雨が降りそうな日の持ち歩きにも便利だ。

ファスナーを閉めることで、伸縮性のあるフードが雨風をしっかりと防いでくれる

ファスナーを閉めることで、伸縮性のあるフードが雨風をしっかりと防いでくれる

広いツバが雨から頭周りをしっかりと守る!

雨の日は、帽子を使って頭を守ることも大切だ。

雨の日にかぶる帽子は、中が蒸れないように、防水性だけでなく通気性にもすぐれたモデルを選びたいところ。また、顔を守るという意味でツバが付いたものや、強風や激しい動きでもズレないように頭に固定できるドローコード付きのものもベターな選択だ。

アウトドアリサーチ「シアトルファンブレロ」
公式サイト価格:5,400円(税込)

「アウトドアリサーチ」は、登山用ゲイターをはじめ、バックパッキングやクライミングなど、動力に頼らない“ヒューマンパワーアドベンチャー”向けの高性能ギアを展開するアメリカのアウトドアブランド。

同ブランドの「シアトルファンブレロ」は、防水性のある生地を使用し、通気性、速乾性にすぐれた悪天候対応のカジュアルなアウトドアハットだ。

カジュアルな見た目だから、普段のファッションアイテムとしても重宝するはず

カジュアルな見た目だから、普段のファッションアイテムとしても重宝するはず

起毛ニットの裏地が汗を発散させてくれるので帽子の中が蒸れづらく、広めのツバが雨や日差しから顔を守ってくれる。ツバはサイドで固定することもできるため、天候や気分によってディテールを変えて使用することも可能。片手で調節できるドローコード付きなので、激しい動きをしても安心だ。

やわらかくシワになりづらいパッカブル仕様なので、畳んでバッグに入れればかさばらない。

大きなツバは雨から頭を守るだけでなく、晴れた日の日差しもしっかりとシャットアウト

大きなツバは雨から頭を守るだけでなく、晴れた日の日差しもしっかりとシャットアウト

ロールダウンしてカジュアルに履けるレインブーツ

昔から、雨対策に欠かせないのが長靴だ。ただ、濡れないためだけに一般的なゴム長靴を履いていくのは、見た目の問題から避けたいところ。

実は、雨や水から足を守ることは、アウトドアフィールドでも重要な要素のひとつ。それゆえに、多くのブランドが長靴や防水シューズを手がけている。

コロンビア「スペイパインズブーツ ウォータープルーフ」
公式サイト価格:9,936円(税込)

アメリカの人気アウトドアブランドであるコロンビアは、独自のテクノロジーによる機能性の高いアイテムが特徴。そんなコロンビアの「スペイパインズブーツ ウォータープルーフ」は、すぐれた防水性を持つウォータープルーフ素材を使用するうえ、折り返して履くこともできる2WAY仕様のレインブーツだ。

溝がしっかりと刻まれたラバーソールと、軽量でクッション性のあるミッドソールを採用しており、安全で歩きやすい。また、高い機能性を持ちながら、コンパクトに畳んで持ち運ぶことも可能だ。

ヒザ下までの長いアッパーが、長靴のように雨や水しぶきから足をしっかりと守ってくれる

ヒザ下までの長いアッパーが、長靴のように雨や水しぶきから足をしっかりと守ってくれる

裏地にはプリントパターンを採用しているので、ロールダウンして雰囲気を変えることも可能。激しい雨の日はブーツを上まであげてしっかりと足を守り、雨が上がったら大きく折り返して足元を快適にするなど、シーンや天候状況によってさまざまな使い方ができるのもうれしい。

裏地はプリントパターン。柄を少し見せるだけでも雰囲気がガラッと変わる

裏地はプリントパターン。柄を少し見せるだけでも雰囲気がガラッと変わる

超軽量だけど丈夫でコンパクトな折りたたみ傘

雨具として、普段から多くの人が使用しているのが傘。傘はシンプルに雨を防ぐには有効な手段だが、持ち歩くのにはとてもかさばる。そこで折りたたみ傘を携帯する人もいるが、大きさが身体のサイズに合わなかったり、強風などに弱いモデルが多かったりする。

傘を選ぶ際も、軽量化や耐久性が追求されている機能性の高いモデルに注目したい。

ユーロシルム「ライトトレックウルトラ」
公式サイト価格:8,100円(税込)

ドイツの老舗傘ブランドとして知られるユーロシルムから、折りたたみ傘「ライトトレックウルトラ」を紹介。特別設計のアルミリブと、カーボンを使ったアームによって、非常に軽量に仕上げられている。

収納時の大きさは27.5cmとコンパクトで、重さ178gという軽さながら、広げた際には直径98cmと十分な大きさがあり、しっかりと雨を防ぐことができる。

折りたたみ傘としては十分なサイズが魅力。また、丈夫さと軽量性も両立している

折りたたみ傘としては十分なサイズが魅力。また、丈夫さと軽量性も両立している

傘部分は、撥水性能にすぐれた「テフロン加工ポリエステル」を採用し、ハンドル部分には濡れていてもしっかりとグリップする「EVAハードフォーム」を使用。

フック付きのナイロンケースに収納できるので、雨対策としてバッグの中に入れて携帯し、使ったあとはリュックの外面に引っかけて持ち歩ける。

収納時の大きさは27.5cmとコンパクト。フックの付いた付属のナイロンケースが便利だ

収納時の大きさは27.5cmとコンパクト。フックの付いた付属のナイロンケースが便利だ

バッグを濡らさないレインバックカバー

雨の日のバッグも、悩みの種。防水性のないカバンやバッグでは、中身が雨に濡れてしまったり、レザー素材だと濡れた場所がシミになってしまう恐れもある。

そういった場合には、アウトドア用の防水性の高いバッグを使うのも手。雨対策や水辺での水濡れ対策が考慮されているアウトドア用防水バッグなら、中身をしっかりと守ってくれるし、濡れによるシミの心配も少ないはずだ。

ただ、普段使っているバッグの中身を雨天のたびに入れ替えるのは少し面倒。または、その日の服装に合わせてバッグを選びたいという場合もある。そんなときに便利なのが、バッグ全体を覆えるバッグカバーだ。

キウ「2WAY レイン バッグ カバー」
公式サイト価格:1,296円(税込)

どんな天気でもその場を楽しむことをテーマに、喜びの雨「喜雨」という言葉がブランド名となっているキウの「2WAY レイン バッグ カバー」を紹介。バッグの上から被せて使うバッグカバーだ。防水効果を高める加工を施したポリエステル生地を採用しているうえ、口をすぼめることができる巾着タイプなので、激しい雨からしっかりとバッグを守ることができる。

防水性の高い生地を使用しており、バッグを丸ごと入れることで雨から中身を守ってくれる

防水性の高い生地を使用しており、バッグを丸ごと入れることで雨から中身を守ってくれる

コンパクトに収納できるパッカブル仕様なので、天気が崩れそうな日は携帯しておけば安心。使用時には、収納袋をそのまま内ポケットとして使うことができるため、カバーとしてだけでなく、単体でもトートバッグとしても使えるうれしい2WAY仕様だ。

コンパクトになるパッカブル仕様だから、天候が不安定な日の外出や旅行に携帯しておくと便利

コンパクトになるパッカブル仕様だから、天候が不安定な日の外出や旅行に携帯しておくと便利

水濡れに弱い小物を個別にパッキングできるケース

梅雨時期の雨対策のひとつとして、急な大雨などの不測の事態に備え、絶対に濡らしたくないものを防水ケースに入れてパッキングしておくのもアリだ。

スマホはほとんどのものが防水仕様になってきているが、イヤホンやモバイルバッテリー、タブレットなどの電子機器をはじめ、コスメやサプリメント、手帳や名刺など、バッグの中には濡らしてはいけない小物が多い。アウトドアでは、マップやエマージェンシーグッズもそれに該当するだろう。

シールライン「E-ケース」
公式サイト価格:3,024〜3,888円(税込)

バッグの中身を水濡れから守るのに最適なのが、やわらかい「PVCフリー」素材を使用したシールラインの「E-ケース」だ。

開口部には、防水性の高いジップシステム「Seallockジッパー」を採用し、水深1mで30分間の浸水テストをクリア(IPX7 防水対応)している。

また、中身が視認できるウレタンの透明な窓は、その上からスマホのタッチスクリーンも操作可能だ。

水から小物を守るだけでなく、中身が視認できる窓付きだから整理もしやすい

水から小物を守るだけでなく、中身が視認できる窓付きだから整理もしやすい

サイズは、S(11.5×18.5cm)、M(15.5×20.5cm)、L(17.6×24.2cm)、XL(22×32cm)の4種類で展開され、さまざまな用途に対応。梅雨時期の雨対策としてはもちろん、これからの時期に楽しみたい水辺でのアクティビティでも大いに活躍しそうだ。

スプレーするだけで防水性能が長続きする耐久撥水ミスト

空模様が急に変わる梅雨時期の雨対策は、雨が降っているからというよりも、雨が降る前の事前準備も大切だ。

一般的な市販の防水スプレーを、服やシューズやバッグにスプレーしておくだけでも対策にはなる。しかし、防水性能が長続きせず、すぐに水が染み込んできて期待した効果が得られない場合も多い。そんなときは、過酷なアウトドア環境でもしっかりと防水性能を維持するものを使いたい。

ボアード ヴァイタル ディビジョン「PRO SIZE WR」
公式サイト価格:3,400円(税込)

自転車用製品をバックボーンとするボアードのアドベンチャープロダクト部門「ボアード ヴァイタル ディビジョン」は、アウトドアアクティビティ向けのケミカルやバックパックを展開している。

同部門が提供する超強力な耐久撥水ミスト「PRO SIZE WR」は、吹きつけるだけで特殊な撥水ポリマー成分が繊維の目の奥まで入り込んで留まるため、市販の防水スプレーよりも長く防水効果を復元・持続する製品。

ウェア、シューズ、バッグ、テント、シートなどで使われるあらゆる合成繊維のほか、セイルクロスやアウトドアファブリックなど、最新の軽量防水生地にも対応。繊維の通気性や柔軟性を損なうことなく、吹きつけた対象物の色の変化も気にする必要がない。

吹きつけるだけで撥水効果を長期間維持する耐久撥水ミスト。容量は300ml

吹きつけるだけで撥水効果を長期間維持する耐久撥水ミスト。容量は300ml

本製品は、本来ヨットなどのセイルクロス専用として開発されたため、処理後は風圧や塩水にも対応する点も魅力のひとつ。さらには、前述した各種合成繊維だけでなく、コットンやレザー、木材、石材、ゴムへの使用も可能なので、アウトドアでの雨対策はもちろん、普段の生活でも大いに活躍しそうだ。

安東渉

安東渉

アウトドアやデジタルカルチャーなど、ジャンルに捉われない自由な記事を執筆するライター・編集者。週末は家族でアウトドアを楽しむファミリーキャンパーでもある。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
メンズファッションのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る