特集
レインウェアやシューズ、フェンダーがあればほぼ問題なし!

雨の日に備えよう! ロードバイクやクロスバイクに乗っているなら用意しておきたいレイングッズ


自転車で通勤や通学をしている人にとって、悩ましいのがこれからの梅雨の季節。梅雨でなくとも、日本は雨の日が多く、突然の降雨にも見舞われやすい。そこで、そんな時にもあわてないように備えておくべきレイングッズをピックアップしてみた。主に、ロードバイクやクロスバイクなど、スポーツタイプの自転車向きのラインアップとなっている。

体が濡れるのを防ぐ雨具は必須!

雨対策で絶対に揃えておきたいのは、体を守るための雨具。手持ちのレインウェアを使用してもかまわないが、スポーツタイプの自転車は乗車時の姿勢がやや前傾となるため、普通のレインウェアを着用した場合、背中やお尻が濡れてしまうこともある。うしろが長いデザインとされた自転車用のレインウェアを選ぶほうがいいだろう。また、自転車用のものはストレッチ性が高く、動きやすいほか、汗だくにならないように透湿性も高い造りになっているのもポイントだ。実際に購入する際は、裾がチェーンに巻き込まれないためにも、ある程度体にフィットするサイズを選ぶといい。

モンベル「スーパーストレッチ サイクルレイン ジャケット」

自転車乗りに非常に評価が高いレインウェアといえば、モンベル「スーパーストレッチ サイクルレイン ジャケット」だろう。背面が長いデザインになっているのはもちろん、独自の防水透湿性素材「ストレッチ ドライテック2レイヤー」を全面に使用したウェアは驚異的なストレッチ性を実現し、前傾姿勢で上半身を積極的に使っても動きを妨げられるような違和感がない。また、透湿性15,000/m²・24hrsの生地は汗をかいても素早く湿気が放出されるため、快適性もバッチリ。このほか、自転車用ヘルメットごとカバーできる取り外し可能なフードや、夜間走行時に自動車のライトを反射して光るテープやロゴを装備していたり、生地が擦れた際に「カサカサ」という音がしない仕様とするなど、細かい配慮が施されている。

20,000mmの耐水圧を装備。前ファスナーには上に被せる生地があり、ベルクロで留める機構となっている。さらに、ベルクロを開けたところに、ファスナー付きのポケットが装備されているので、ちょっとしたものを入れて便利。XS、S、M、L、XLのサイズが用意されており、収納サイズは9(幅)×9(奥行)×16(長さ)cmで、平均重量は305g

モンベル「スーパーストレッチ サイクルレイン パンツ」

前述のジャケットとセットで使うレインパンツは、同じ素材を採用したものを選ぶといい。高いストレッチ性を実現する素材を採用しており、ヒザを激しく上げ下げするハイスピードのペダリングでもストレスなく動作できる。ジャケット同様に、カサカサと音がしないのも◎。裾にはベルクロで開き具合を調節できる機構が装備されているので、チェーンに巻き込まれる心配もない。また、擦れたりしやすい内ももや裾、尻部分には補強が施されており、耐久性も配慮されている。ジャケットの価格は13,143円(税別)、パンツは10,286円(税別)と上下で揃えるとそれなりの値段はするが、長く使える品質と使用時の快適性を考えると選んで損はないアイテムだろう。

XS、S、M、L、XLのサイズが用意されており、収納サイズは7(幅)×7(奥行)×17(長さ)cmで、平均重量は195g

ワークマン「透湿レインスーツSTRETCH R-006」

モンベルのレインジャケット+パンツを揃えると25,500円(税込)ほどの価格になるのに対し、ワークマン「透湿レインスーツSTRETCH R-006」は上下セットで4,900円(税込)という安さが大きな魅力。しかも、ただ安いだけでなく、10,000mmの耐水圧、5,000g/100m²・24hの透湿性を実現しており、蒸れを抑えながら、しっかりと雨をガードしてくれる。本製品は自転車専用ではないものの、バタつきにくい細身シルエットで、ジャケットは背中が長いデザインとなっているほか、裾にめくれ上がりを防ぐすべり止めも装備されており、使用している自転車乗りも多い。

約15(直径)×25(長さ)cmの付属の収納袋にコンパクトに収納可能。左側走行に合わせて、右肩と左肘に反射プリントが施されている

ジャケットとパンツを着用するレインウェアは雨風をしっかりと防げるが、脱ぎ着がめんどう……という人は、サッと羽織って着られるポンチョを選ぶのもアリ! 一般的なポンチョに比べ、自転車用のポンチョの丈はタイヤに巻き込まれないように短めだが、体だけでなく、自転車のハンドルや背負ったバックパックまでカバーできるようになっている。上半身しかカバーできないように思われるかもしれないが、前傾姿勢で自転車に乗っている限りは下半身もそれほど濡れないので心配いらない。そんなポンチョを選ぶポイントは、レインウェア同様、スポーツタイプの自転車向けのものを選ぶこと。自転車用には、シティサイクルタイプの自転車、スポーツタイプの自転車と、それぞれに適したポンチョがある。シティサイクルタイプに適したものは、前カゴを覆う設計とされているため、スポーツタイプの自転車で使用すると前輪にポンチョが巻き込まれることも。ただし、規格があるわけではないので、適する自転車のタイプは明記されていない。パッケージやホームページに掲載されているイメージ写真を参考にするしか術はないが、スポーツタイプの自転車向きのポンチョは数メーカーからしかリリースされていないのが現状だ。

リンプロジェクト「サイクルレインポンチョ」

スポーツタイプの自転車に適するポンチョは数少ないものの、価格には大きな差がある。高いものでは30,000〜50,000円弱ほどすることもあるが、機能性と価格のバランスを考えれば10,000円以下で購入できる本製品が狙い目だ。車輪に巻き込まれにくい短めの丈となっているほか、バタつきを抑えられるように、あえて重みのある生地を採用。とはいえ、重量は収納袋などの付属品も込みで500gなので、着用時に重さが負担になることはない。また、背中にはムレが軽減するためにベンチレーションを装備。手の先までカバーできる設計なので、指先の冷えも防げる。

耐水圧10,000m/hの完全防水生地を採用。付属のテープを内側に装着すれば、さらにバタつきを防ぐことができる

【この記事も見ておきたい!】
濡れない? 雨の日にポンチョを着てロードバイクに乗ってみた!

足もとは、どう防ぐ?

雨具は常備しているものの、靴は特別なものを履いてない人も多いのではないだろうか。出かける前から雨が降ることがわかっていたら、長靴を履くという手もある(ただし、漕ぎづらい)。だが、突然の雨が降った時にはどうしようもない。そんな時に備えてもっとも有効なのは、防水素材の靴を履いておくことだ。アウトドア向けの靴でもかまわないが、自転車向けに設計されたものであれば、ペダルが濡れてもすべりにくい。また、普段履いている靴にかぶせるカバーもあるので、防水素材の靴を履かない時は備えで持っておくと安心だ。

クローム「STORM 415 WORKBOOT」

落ち着いたデザインのレザー製のワークブーツなので、仕事に履いていくにも違和感なし! 足首まで高さがあるので雨が入りにくく、シューズ内に装備された4層構造の防水透湿メンブレンが湿気を外に逃がしてくれるため、晴れた日も雨の日も快適に履くことができる。クッション性にすぐれ、耐久性も高いことから歩きやすさに定評のあるシューズだが、靴底にボードが入っているのが自転車乗りにも向くポイント。ペダリングする際、足裏に響く振動が緩和される。

サイズは25cmから29cmまで0.5cm刻みで用意

キーン「シティズン」

自転車向けとはうたっていないものの、キーンのアウトドア向けシューズは多くの自転車乗りに愛用されている。ラインアップはいくつかあるが、防水フルグレインレザーを採用し、縫い目をシームテープでふさいだロータイプのウォータープルーフシューズは実用性と機能性が高い。カジュアルに履ける一足ながらグリップ性も上々で、雨で濡れてすべりやすくなったペダルにもうってつけだ。

裏地にはメッシュを採用し、すぐれた通気性を確保。サイズは25cmから32cmまで用意されている

裏地にはメッシュを採用し、すぐれた通気性を確保。サイズは25cmから29cmまで用意されている

パールイズミ「レインシューズカバー」

防水仕様の靴を履いていない時に、サッと靴にかぶせてガードできるのがシューズカバー。本製品は足首まで覆える長さがあるが、フルオープンできるファスナーが装備されているので着脱は簡単。甲の部分にあるベルクロで、フィット感も調整できる。ただし、ロードバイク用のビンディングペダルに対応する穴が底に空いているため、完全防水ではない。上からの雨の侵入を防ぐため、レインパンツと一緒に使うことが推奨されている。

自転車乗車時向けの製品であるため、着用したままの歩行はしないようにとのこと

自転車乗車時向けの製品であるため、着用したままの歩行はしないようにとのこと

LOAOL「シューズカバー」

着脱しやすいように全開できるファスナーや、フィット感を調整できるベルクロを装備。防水性にすぐれるPUレザーを表地に採用しており、レインウェアと併用することで足もとが濡れるのを防げるが、ビンディングペダルで使えるように靴底は空いた状態となっている。ここまでは上で紹介したパールイズミのシューズカバーと構造はほぼ変わらないが、本製品は裏地にフリース素材を用いているのが大きな特徴。着用するだけで暖かく、保温効果が期待できる。

靴底はラバー素材となっており、丈夫ですべりにくい

靴底はラバー素材となっており、丈夫ですべりにくい

泥ハネ対策もしておこう

ここまでのレイングッズを用意しておけば、雨から身を守ることができる。ただ、雨が止んだからとレインウェアを脱いで走行すると、“やってしまう”のが泥ハネによる被害だ。スポーツタイプの自転車の場合、フェンダー(泥よけ)が装備されていないことが多く、タイヤが水を跳ね上げてしまう。そのため、慎重に走ったつもりでも、背中やお尻が汚れてしまうことも。普段からフェンダーを装着しておくという手もあるが、せっかくのスポーツタイプのデザイン性が損なわれるのがイヤなら、工具なしで簡単に着脱できる簡易型を使うといいだろう。

SKS「エスブレード」

シートポストに装着し、リアタイヤからの泥ハネを防げる着脱式のフェンダー。700Cサイズのタイヤに対応し、角度調整もできるので、タイヤとのクリアランスを保つことができる。幅52mmと細身なので、スポーツタイプの自転車のデザイン性も損なわないはずだ。

取り付け用のベルトは長さを調整できるので、多様な太さのシートポストに装着できる。サイズは52(幅)×465(長さ)mmで、重量は117g

Mucky Nutz「リアフェンダー」

ベルクロで取り付けられるリアフェンダー。重量は約50gと超軽量で、使わない時は丸めてバッグなどに入れておける手軽さが魅力だ。それでいて、タイヤ径やシートポストの角度などに合わせて適した位置に装着できる機能性の高さもあわせ持つ。

ベルクロで取り付けるため、シートポストの太さは問わず装着可能。マウンテンバイクのドロッパーポストやフレーム側に取り付けることもできる

SKS「フラップガード」

前輪からの水しぶきを防ぎたい時は、フロントフォークに装着するタイプを用意しよう。結束バンドで取り付ける仕様だが、再利用できる結束バンドを使えば、必要に応じて着脱可能。26〜29インチのタイヤ径に対応しており、幅広いタイプのフロントフォークに装着できるが、タイヤとフォークの間隔がある程度必要なため、狭いと取り付けられない場合もあるので注意しよう。

結束バンドを通す穴の周辺は補強されているので耐久性も高い。全長320mmで、重量は45g

結束バンドを通す穴の周辺は補強されているので耐久性も高い。全長320mmで、重量は45g

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る