ゴルフの楽しさ伝えます
元サッカー日本代表FWの、オレにも打たせてよ #9

城彰二 meets RMX220ドライバー 「めっちゃデカくて驚いた!!」

ゴルフ大好きな元サッカー日本代表の城彰二さんによるゴルフクラブ試打企画の第9回。ヤマハのドライバー、「RMX120」と「RMX220」の2本を打ち比べてみました。

じょう・しょうじ 1975 年北海道室蘭市出身。中学生のときに父親の出身地である鹿児島県に帰省し、当地の鹿児島実業高校に入学し、サッカーの技術を磨く。高校 3 年時には冬の選手権大会でベスト 4 入り。卒業後は J リーグのジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に入団し、デビュー戦から 4試合連続ゴールを挙げて注目される。また、各年代の日本代表としても活躍。1996 年のアトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」に貢献、A 代表では 1998 年フランス W 杯に出場した。現在はテレビ解説や、北海道社会人チーム「北海道十勝スカイアース」の統括ゼネラルマネージャーに就いている。JFA 公認 S 級ライセンス保持。ゴルフを本格的に始めて 5 年、平均スコアは 85 くらいで、元サッカー選手の仲間とラウンドし、ゴルフ談義で盛り上がっているとのこと。最近ではサッカーの現場でもゴルフの話題で持ちきりだとか……。

編集N: ヤマハのRMX(リミックス)シリーズが、コンセプトを一新してモデルチェンジしました。

:ヤマハって言ったら、日本のメーカーらしく作りがすごくていねいで、完成度の高いクラブっていうイメージがあります。

編集N: そうですね。従来まではそうだったんですが、今回はとにかく“飛び”を追求することから開発が始まったそうなんです。契約プロが、他メーカーのクラブに負けない飛距離を強く要求したのが発端のようで。

外国メーカーに真っ向勝負を挑む

:確かにここ数年、飛ぶドライバーといえばアメリカのメーカーのイメージが強いですよね。

編集N: 業を煮やしたヤマハが、そこに真っ向勝負を挑むためにリリースしたのが今作「RMX 120」「RMX 220」の2つのドライバーです。まずは220をご覧ください。

:(220を手にとって)デカッ!!!! ヘッドがめちゃめちゃデカいですね!

RMX 220 ドライバーを手にして驚く城さん

RMX 220 ドライバーを手にして驚く城さん

編集N: ヤマハのホームページには、「らしさも伝統も捨てて、飛ぶことだけを追求した」とあります。飛距離の出るヘッドを追求した結果、そういう形状に落ち着いたと考えられますね。

:いや〜、これは、、、うーん……。確かに、今までのヤマハらしさは微塵もありませんね(笑)。投影面積がめちゃめちゃ大きくて、構えただけだとどこのクラブかわからない感じがある。

大きな存在感を放つRMX 220ドライバー

大きな存在感を放つRMX 220ドライバー

編集N:長年ヤマハと契約してきた藤田寛之プロが「アイアンの飛距離が同じ選手に、ドライバーで20〜30ヤード置いていかれる」と危機感を持ったところから新たなコンセプトが生まれたとのことです。とにかく、飛ばさないことには始まらないという、現代ゴルフを象徴するようなエピソードですね。

:どのくらい飛ぶのか、がぜん期待が高まってきました!

編集N: ヤマハオリジナルのカーボンシャフトは50g台と城さんには軽いので、今回の試打クラブは60g台Sフレックスのシャフトが装着されています。では!

構えてみると、一種の異様ささえただようが……

構えてみると、一種の異様ささえただようが……

220ドライバー、確かに飛ぶかも!!

:(220を打つ)おおおー、確かに飛ぶかも!

編集N: ほぼストレートのフェードで、スピンの少ない弾道でしたね!

:(その後、何発か打つ)初見での違和感は、使っているうちに気にならなくなってきます。最初はハンマーで打ってるみたいに感じました。打つというより、大きなもので小さなボールを“叩く”って感じです。

ねじれの少ない“棒球”でネットに突き刺さった

ねじれの少ない“棒球”でネットに突き刺さった

編集N: そういう、心理的効果も生み出すような作用も、そのヘッドにはあるのかもしれませんね。

:合う合わないが、人によってハッキリするんじゃないですかね。でも、合わないとすぐに決めつけるのは早計だと思います。打ったボールがよければ、アマチュアは見た目なんて気にならなくなるんじゃないかと……。

ヘッド後方のふくらみが、220の最大の特徴か……

ヘッド後方のふくらみが、220の最大の特徴か……

編集N: それはそうですね。飛んでいくボールで判断するべきクラブでしょう。

ヤマハらしい打感は健在

:打感は、ヤマハのいい打感でした。外国メーカーのドライバーみたいにはじく感じではなく、ボールが吸い付くような、つぶれてつかまるような感じがしました。

ドライバーの打感はヤマハが大事にしてきた要素のひとつ

ドライバーの打感はヤマハが大事にしてきた要素のひとつ

編集N: 形はまあ、ガラッと変わりましたが、打感はヤマハらしかった、と。フェースには「ブーストリングテクノロジー」というヤマハ独自の技術が盛り込まれ、初速アップを図るとのことです。

:これは、間違いなく外国ブランドとは違う、やわらかめのフィーリングでした。あと、こんなに大きいヘッドなんで、切り返しから空気抵抗を感じるのかなと思っていたのですが、スイング中特に気にならなかったです。

「ヘッドが加速していくときに、抵抗があるのかなって……(笑)」

「ヘッドが加速していくときに、抵抗があるのかなって……(笑)」

”正当派"の120 ドライバー

編集N: わかりました。では、もうひとつの「RMX 120 ドライバー」を打ってみてください。

:どれどれ、お、これは正当派というか、普通の顔してますね(笑)。

いわゆるきれいな顔をしたRMX120ドライバー。上級者好みの落ち着いたたたずまい

いわゆるきれいな顔をしたRMX120ドライバー。上級者好みの落ち着いたたたずまい

編集N: RMXの「1」で始まるモデルは、代々アスリートラインとして展開してきたので、そういうきれいな顔をしていますね。対して「2」で始まるモデルは、アベレージプレイヤーも視野に入れた製品開発がなされてきました。

:これは、何の違和感もない(笑)。「どれどれ?(120を打ってみる)

編集N: いかがでしょうか?

:ヘッドが返ってくる。すごく振りやすくてつかまりますね。あ、220の直後だからかもしれませんが……。

ヘッドがターンしやすい特性で、つかまった球が打ちやすい120ドライバー

ヘッドがターンしやすい特性で、つかまった球が打ちやすい120ドライバー

編集N: つかまえて飛ばす、っていうのは、先代までのRMXでヤマハがかかげてきたコンセプトです。120にはそれが色濃く継承されているんでしょうね。

:僕は、こっちのほうが打ちやすいかな。でも、220に慣れたら変わるかもしれません。とにかく220のサイズには驚かされました。2つのRMX、ゴルファーの間で好みが分かれそうですね。

編集N: 今回のRMXは、ブーストリングテクノロジーやロフト角調整機能が装備されるなど、割と大きな進化ポイントがありますが、やはり220ドライバーは、ギアに興味のあるゴルファーなら一度試してみるべきクラブになりましたね。

:ホント。僕みたいにビックリしちゃう人もいるかもしれませんが、“弾道”を見て判断してほしいと思います!

2モデルを見比べてみるのも興味深い

2モデルを見比べてみるのも興味深い

写真:中居中也

編集部 ゴルフ部員N

編集部 ゴルフ部員N

80台で回ったかと思えば、突然100打ったりするゴルフ部員。得意なクラブは強いて言えばミドルアイアン。苦手なドライバーとパッティングを安定させるべく、練習器具を漁る日々です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る