ゴルフの楽しさ伝えます
テーラーメイド・2020年モデルのアイアン

打点のズレにハンパなく強い!! 「SIM MAX」アイアン2モデル比較試打

皆さんこんにちは! ゴルフ大好きクラブフィッターのオグさんです。

今回は今年発表されたばかりのテーラーメイド「SIM MAX アイアン」(以下、本文中の表記は、MAX)と「SIM MAX OSアイアン」(同、OS)を試打させていただきましたのでレポートしたいと思います。

「SIM MAX アイアン」(上)と「SIM MAX OSアイアン」(下)

「SIM MAX アイアン」(上)と「SIM MAX OSアイアン」(下)

「SIM MAX」シリーズの中の2つのアイアン

SIM(シム)シリーズは、2020年1月に発表されたテーラーメイドの最新ブランド。アスリートやプロに向けて高いアジャスト性能を持たせた「SIM」シリーズと、ミスへの寛容性を高め、アスリートからアベレージゴルファーまで幅広くカバーする「SIM MAX」シリーズの2つのラインが存在します。

SIMシリーズはドライバーとフェアウェイウッドしかなく、SIM MAXシリーズのみにアイアンがラインアップされます。そしてアイアンには、MAXとOSの2モデルがあります。寛容性が高いSIM MAXにラインアップされる2つのモデルはどのような差があるのか!? 詳しく解説していきたいと思います。

■SIM MAX アイアン

MAXから見ていきましょう。

まず目に入るのが、「スピードブリッジ」と呼ばれるバックフェースの形状。このバーがヘッド全体の剛性を高めることで、フェース下部の反発力を高める効果がある貫通型スピードポケットの搭載や、フェースの薄肉化を可能にしているのだそう。

アイアンの構造はポケットキャビティで、ミスへの寛容性を高めつつ、飛距離性能をも追求したモデルですね。さらにヘッド内部には「フルレングスエコーダンピングシステム」と呼ばれるテクノロジーを搭載することで、打感も追求した欲張りなアイアンになっています。

スピードブリッジがデザインのアクセントになっています。メッキとつや消し部分をうまく配置することで、メカニカルでカッコいいデザインに仕上がっていますね。テーラーメイドはメカニズムを目に見える形にし、デザインに取り込むのが上手なメーカーだと思います

ややグースネックで適度な大きさのヘッド。トップブレードはやや厚めで、ミスに強そうな印象を与えてくれます

薄肉化したフェースと貫通型スピードポケットで、ミスに強く、高い飛距離性能を有しています

薄肉化したフェースと貫通型スピードポケットで、ミスに強く、高い飛距離性能を有しています

ソールの黒いバーは貫通したスピードポケットを樹脂で埋めている部分。ソール幅は広めで、ダフリのミスにも強そうですね

ロフト:#4 19°/#5 21.5°/#6 25°/#7 28.5°/#8 32.5°/#9 38°/PW 43°

7番で28.5°と、最新のアベレージゴルファー向けアイアンと比較すると若干立っているロフト設定ですが、長さは7番で37.25インチと標準的。極端に飛距離に振ったモデルではなく、扱いやすさも考慮した設定になっています。

■SIM MAX OSアイアン

OSアイアンは、MAXアイアンをさらに低重心化し、楽に上がって飛ばせるようにしたモデル。OSとはオーバーサイズの意、その名のとおり、サイズがMAXよりも大きく作られています。

スピードブリッジ、貫通型スピードポケット、フェースの薄肉化などのテクノロジーは同じですが、ヘッドをひと回り大きくし、ロフトも立てた設定になっています。ミスへの寛容性をさらに高め、飛距離を追求したアイアンです。

基本デザインはMAXアイアンと同じですが、バックフェース内のバッジの色を変えるなど、若干の違いがあります。ちなみに、MAXアイアンにも見られる特徴的なデザインのネックは、低重心化を図る工夫です

ヘッド形状も基本的には同じですが、「オーバーサイズ」というだけあってかなり大きくなっています

ヘッド形状も基本的には同じですが、「オーバーサイズ」というだけあってかなり大きくなっています

薄肉化されたフェース&貫通型スピードポケットにより高い寛容性を誇るヘッド。サイズも大きくなって安心感もさらに高まっています

MAXと比べてさらに幅広いソールになっています。ヘッド後方の張り出しがさらに大きくなっていて、重心がさらに低く深くなっているようです

ロフト:#4 17°/#5 19°/#6 22.5°/#7 26°/#8 30.5°/#9 35.5°/PW 41°

7番で26°は最近のアイアンではかなり立っている設定。ひと昔前のアスリートアイアンの4番アイアンぐらいのロフトです。長さはMAXと変わらず7番で37.25インチですから、振りにくいといったことはなさそうです。

ではそれぞれを打って比較してみたいと思います!

[MAX試打]意外と打感がいい!

アドレス時の印象は、厚めのブレード、適度なサイズとグース具合でプレッシャーのないやさしい顔つき。多少ミスしてもクラブが助けてくれるだろうと思え、リラックスして始動できますね。

2~3球何も意識せずに打ってみると、意外と言っては失礼ですが、打感がいい! 軟鉄鍛造のような重くズシっと来る感触とは違いますが、軽やかで振動の少ない、ピシッといった感触で、体にやさしい?打感です。

感心したのは打点のミスへの強さ。このクラブの売りだけあって、打点ズレは左右だけでなく上下にも強いです。特にフェース下部への打点のズレに対してはスゴいです。いわゆるハーフトップ気味でもしっかりボールを上げてくれて、飛距離ロスも最小に抑えてくれますよ。

操作性に関しては、“ほぼない”といってもいいかも。強く曲げようとすれば曲がりますが、直進性が高いので細かい操作は消されてしまいますね。

肝心の飛距離ですが、長さを伸ばしていないにもかかわらず、アスリートアイアンと比較すると1番手は飛びますね。打ち出し角は高いので大きなデメリットもなく、結果を求めやすいオートマチックなアイアンとしてバランスよく仕上がっていると思います。

軽やかな打感が思いのほか(失礼!)気持ちいい! 芯を外しても不快な感触もほとんどなかったです

軽やかな打感が思いのほか(失礼!)気持ちいい! 芯を外しても不快な感触もほとんどなかったです

高さも十分、飛距離が出るのでグリーンに直接落としてもちゃんと止まってくれそう。スピンも極端には少なくならないのがいいですね

[OS試打]やさしさを求めるならコレ!

MAXと比べるとヘッドが大きく安心感がすごい! 半面、操作に関しては何もできないだろうなという印象もあります。

打ってみると、MAXよりロフトがさらに立っているにもかかわらず、ボールは同等かそれ以上に上がります。クラブとしての特性はほぼ同じ印象。ミスに強く、曲がりが少なくて高さの出しやすい、飛ぶアイアン。

MAXとの違いは、ミスへの寛容性と飛距離ですね。OSのほうがよりミスに強く、そして飛びます。打感もほぼ同じ印象で気持ちいい。デメリットになりえる点としたら、スピンが少ないのでグリーンでは少し止まりづらい、コースで使えばヘッドが大きい分、ラフなどの抵抗が強くなるかな、ぐらいですね。

とはいえ安定性も高いので、ヘッドの大きさが気にならなければ、やさしさを求める方にはOSのほうが満足度が高くなるんじゃないかと思います。

このスピードブリッジがヘッドの剛性を高めているおかげで、ミスに強いテクノロジーを満載できるのだそう

このスピードブリッジがヘッドの剛性を高めているおかげで、ミスに強いテクノロジーを満載できるのだそう

MAXと比べてスピンが少なく、さらに直進性が高い弾道が打てます。とにかく曲がりづらいのがOSの特徴で、シンプルにグリーンに向かって打っていくにはとてもいいモデルです。ですが、少しでも弾道を打ち分けたいと思うならMAXのほうがおすすめです

パワーがあるならMAXがよさそう

MAX、OSどちらもいわゆるオートマチックに打てる直進性の高いアイアン。やさしく、飛距離を求めるならOSです。ただある程度パワーがある方(ドライバーのヘッドスピードが40m/s以上)がOSを使うと飛びすぎなどのミスが出てしまうかもしれません。パワーがまずまずあるなら、MAXのほうが結果を出しやすいと思います。

シャフト選びも重要です。純正シャフトは約60gのカーボンシャフト(TENSEI BLUE TM60)と約90gのスチールシャフト(KBS MAX85)が用意されています。試打する機会があるのでしたらスチールシャフトを試していただき、重いと感じたらカーボンを選ぶといいと思います。

45インチ以上のドライバーに50g台のシャフトが挿さっているモデルを振っている方なら、90g台のスチールシャフトは決して重くありません。軽すぎるアイアンは、せっかくのミスに強いヘッドの性能を生かしきれなくなってしまう可能性もありますからね。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る