ゴルフの楽しさ伝えます
超人気のアイアンをあらためて

ずっと売れ続けてるピン「G410アイアン」は、どんなクラブ!?

こんにちは。オグさんです。
今回は、2019年の発売から1年以上経過してもいまだに好調な販売数を維持する、ピンの「G410アイアン」の人気の秘密を探るべくレポートしたいと思います。

ピン「G410アイアン」

ピン「G410アイアン」

やさしいクラブとして高評価のシリーズ

「G410」は、ミスへの強さと直進性をウリにしたシリーズで、全世界で高い評価を得ています。ウッド類は男女問わず、使用プロが多くのメジャータイトルを獲得しています。なかでも2019年の全英女子オープンを制した渋野日向子選手は、G410シリーズのドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティーを使用しており、その偉業とともに使用クラブも大いに注目されました!

同シリーズのアイアンはというと、基本のコンセプトは同じですが、どちらかというとアマチュアに多くの恩恵がある設計になっています。ツアープロにとってのアイアンは、ミスへの寛容性、直進性はもちろん大切ですが、もう少し操作性がよいモデルが好みのようで、ピンでは「i210」というモデルを使っている選手が多いですね。

ではG410アイアンはアマチュアにどんな恩恵があるのか、詳しく見ていきましょう。

アイアンとしてはやや大きめなサイズ。バッチが貼ってありわかりにくいですが、かなり深いポケットキャビティ構造になっています

左から#5、#7、#9。ミート率が低くなりやすい長い番手はやや面長で大きめなサイズにし、短くなるにつれ、ヘッドサイズを小さくすることでヌケを考慮し、シビアなショットにも対応できるように設計されています。オフセット具合も、ボールをつかまえやすい短い番手ほど少ない、方向性を考えての仕様になっていますね

前作「G400アイアン」よりたわみを増やし、ミスへの寛容性と高いボール初速を可能にした「コア・アイ テクノロジー」を搭載しています

幅広いソールはバウンス角もかなり大きめになっており、ダフリのミスにはかなり強い設計になっていますね。重心も深く低くなっており、少々のミスは助けてくれそう

ロフト:#4 20.5°/#5 23.5°/#6 26.5°/#7 30°/#8 34.5°/#9 39.5°/PW 44.5°

ロフト設定は、最近のいわゆる“飛び系”のアイアンと比べるとそれほど極端に立ってはいません。クラブ長も標準的で、7番37インチ設定なので、ごくごく一般的です。

いたずらに飛距離を追求せず、バランスよく振れる長さで、しっかりグリーンを狙える高さとスピン量を考えての設計になっているのでしょう。それでも一般的なアスリートアイアンと比べると1番手以上は飛ぶんですけどね。

“適度なつかまり”がいい感じ!

適度な大きさのヘッドは、適度なシャープさで安心感がありつつ、鈍重さを感じさせない、なかなか絶妙なデザインになっていますね。ヘッドに近く構える短い番手ほどヘッドサイズが小ぶりになっているのも好印象です。

最初はドライバーのヘッドスピード43m/sぐらいを目安に打ってみました。弾道は、ロフト以上に高く出ます。深いポケットキャビティがしっかりとボールを上げてくれるので、長い番手でもしっかりグリーンをキャッチしてくれるでしょう。打点を左右に外しても曲がりは少ないですね。グリーンセンターを狙った場合、多少ミスしてもグリーンには乗ってくれそうです。

ロングアイアンほどブレードを長くし、芯を外しても曲がりにくい設計になっています。ショートアイアンはややブレードを短くしてシャープに振れるよう設計。飛ばす、狙う、それぞれの用途に合わせた番手別の設計になっています

このG410アイアン、個人的にが好きな点は、つかまり性能を適度に抑えているところ。ほかのアイアンでもよく言うのですが、つかまりが強すぎるとゴルファー自身がいいスイングをしても、いい結果につながりにくくなってしまいます。このアイアンは、ちゃんと正しいスイングをしたときにいい弾道が出て、ミスしたときにはミスを最小限に抑えてくれる。そんな素直な特性を持っていて、それが市場に受け入れられたため、ロングセラーを続けているのだと思っています。

非常に深いポケットキャビティが、このアイアンの寛容性の高さと、直進性の高さを生み出す要素のひとつ。この深いポケットが高弾道、低スピンを生む“深低重心設計”に寄与します

次にヘッドスピードを38m/sぐらいにして打ってみました。飛距離は落ちましたが、弾道の高さや質はほとんど変わらず。後述しますが、ピンはシャフトのバリエーションが大変多いので、自分に合った重さやモデルを選びやすいんです。このへんも人気の秘密かなと思いますね。

今回の試打シャフト。カーボンの「ALTA J CB」(上)と、スチールの「N.S.PRO MODUS3 TOUR 105」(下)

今回の試打シャフト。カーボンの「ALTA J CB」(上)と、スチールの「N.S.PRO MODUS3 TOUR 105」(下)

ピンの素晴らしいところのひとつにシャフトのバリエーションの多さがあります。フィッティングを古くから大事にしているメーカーだけあって、たくさんのゴルファーが自社のヘッドで最大限にパフォーマンスを発揮してもらうためにはシャフトがとても重要だと認識しているのでしょう。

“標準”として用意しているシャフトだけでも40g台のカーボンから、130g台のスチールまで9種類。ひとつのモデルでも身長体重、年齢性別関係なく、幅広いゴルファーに対応した仕様を用意できるのは単純にすごいことだと思います。

はじき感のある打感で、バックフェースに貼ってあるエラストマーバッジのおかげで余計な振動の少ない澄んだ感触。“飛んだ感”とフィーリングを両立しています

純正の ALTA J CB REDのフレックスS、#7のデータです。シャフトが適度に仕事をしてくれ、しっかりとつかまったドローが打てています。高さも申し分なく、スピン量もグリーンをキャッチするには十分です。安定感の高さがわかる弾道ですね

日本シャフトのMODUS3 TOUR105のフレックスS、#7で打ったデータ。上記ALTAに比べて打ち出しがわずかに低くなり、スピン量は増えています。ですが、弾道としては曲がりが少なく重々しく飛んでいく感じで、ターゲットを直線的に狙うにはピッタリでした

シャフトを選べばどんな人にもマッチする

G410アイアンは、ミスへの高い寛容性と強い直進性を持ち、ちょっとだけつかまるアイアンです。そこにバリエーション豊富なシャフトラインアップをメーカーみずからが用意し、フィッティングを充実させていることで、初心者からツアープロまで、本当にありとあらゆるゴルファーにマッチする仕様が作れるアイアンとなっています。

今ではプロにもこういった直進性の高いアイアンを好む方が出てきています。そういった意味では、時代に合ったモデルであることは間違いありません。性能と時代がマッチし、どんなゴルファーにでもフィットさせやすい。これがG410アイアンの人気の秘密だと思います。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る