ゴルフの楽しさ伝えます
セレクトストア専用モデル!

ツアープロが使いたいUT、タイトリスト「U500」「U510」試打

ゴルフ大好きオグさんです。

今回はタイトリストの2本のユーティリティー(以下、UT)「U500」「U510」を試打させてもらう機会をいただいたので、早速レポートしたいと思います。

「U500」(左)、「U510」(右)

「U500」(左)、「U510」(右)

ツアープロの声を元に作られた

タイトリストの「U500」「U510」は、同社が「ユーティリティーアイアン」と呼ぶアイアン型のUTで、ツアープレイヤーの声を参考に開発されたモデルです。「よりやさしくアイアンを飛ばしたい」という要望を具現化し、2つのモデルが誕生しました。

では、それぞれ見ていきましょう。

■U500

U500は、操作性を重視し、高いボールコントロール性能を実現させつつ、ミスへの寛容性を持たせたモデルです。

見た目は厚みのあるマッスルバック形状ですが、中空構造になっており、形状から想像するよりも球が上がりやすい設計になっています。ヘッドサイズは小ぶりで、トップブレードも薄め。UTというよりは、ちょっとやさしめのロングアイアンといった雰囲気ですね

ソール側から回り込むようなL型フェースを採用することで、打点下部のミスにも強い構造。さらには、高比重のタングステンを内蔵することで、ミスへの寛容性を高めています

ロフト角:#2・17°/#3・20°/#4・23°

■U510

U510は、アイアン形状を維持しながら高弾道、ミスへの寛容性を高めたモデル。

デザインはU500と共通ですが、こちらはブレードがかなり長くなっており、トップブレードも厚めに設計されています。ソール幅も厚く、アイアン型UTらしい風貌をしています

L型のフェース、高比重のタングステンを内蔵した中空構造など、テクノロジーはU500と共通。しかし、見比べるとわかりますが、形状は大きく異なっています

ロフト角:#2・18°/#3・20°/#4・22°

フィッティングでのシャフト選びが前提

純正シャフトは、クセが少なく軽いはじき感のある、フジクラ製の「MCI Matte Black70」。アイアン型UTとしては比較的軽めのモデルを用意し、打ちやすさを演出しています。

ただUTは、フェアウェイウッドとアイアンの間に位置するクラブで、同じようなゴルファーが使用するにしても、打ちたい距離や用途によってスペックが大きく変わります。

そこもタイトリストではしっかり考えていて、このU500、U510は同社セレクトストア取り扱い専用モデルとなっており、実店舗の豊富なシャフトラインアップから自分に合った最適なスペックを組み上げられるようになっています。

シャフトの一例。フジクラ「」(上)と、グラファイトデザイン「ツアーAD〜〜〜〜〜」(下)

シャフトの一例。フジクラ「MCI Matte Black70」(上)と、グラファイトデザイン「ツアーAD T-60S HYBRID」(下)

[U500試打]
安心感はないが操作はしやすい

UTとしてはかなり小ぶりのヘッドは、苦手意識がある方にはちょっとプレッシャーを感じるサイズ。上級者が美しい!と感じるシャープさがあり、安心感は正直ありません。半面、操作はしやすそうな印象があり、打ちたい弾道をイメージしやすいです。

打ってみると、思った以上にボールが上がってくれます。操作性も適度にあり、見た目よりはやさしいです。とはいえ、サイズがサイズだけに、大きく芯を外すとさすがに飛距離ロスは大きめ。ただ、それが個人的には好きですね。芯を大きく外したときは、曲がるか、意図せぬ方向へ打ち出したときですから、そんなケースでいたずらに飛んでしまうのはちょっと怖い気がしてしまいますので。

つかまり具合はニュートラルで、狙ったところには打ち出しやすい仕上がり。ティーショットはもちろん、狭いホールでのライン出しに大いに活躍してくれそうです。

ビックリしたのは打感のよさ! 中空アイアンは心地よい打感を作るのに難儀するのですが、これはマッスルバックのようなやわらかい打感が味わえます。

超やさしくて打感のよいロングアイアンといった印象。形状も性能も妥協できない方には、これしかないといったモデルです

#3(20°)の弾道データです。しっかり右に打ち出して戻ってくるドローが打てています。これは操作性がいいクラブでないと打てない弾道。ティーアップせず、マットから打ってこの高さが出るのはすごいです!

[U510試打]
ウッド型UTに近い高さが出せる

構えると、長め厚めのブレードが安心感を与えてくれますね。それでも形状としていびつなところはなく、スッと構えられるのはさすがタイトリスト!

打ってみると、U500よりさらに2段階ぐらい高い弾道が飛び出します。ちょっとしたウッド型UTに近い高さが出せますね。重心が深いだけあって、打点のミスにはかなり強くなっています。曲がりが少なく飛距離ロスが少ないので、打ち出し方向さえ管理できれば安定したショットが期待できます。

つかまりは、ほぼニュートラル。ミスへの寛容性は高いのですが、つかまり具合を高めていません。このあたり、ツアープレイヤーの意見が反映されているのでしょうか。

こちらも#3(20°)の弾道です。打ち出し角以上に感じる、高い弾道が打てます。打点のミスに強く、直進性の高い弾道が打ちやすいですが、つかまり具合がニュートラルなので扱いやすいです

どういう使い方をしたいかでロフトやシャフトを決めたい

U500、U510は、タイトリストらしいツアープロや上級者が求める「長い距離をやさしく攻める」ためのクラブでした。性能の違いは、重視する性能の優先順位の違いといった感じ。U500は操作性重視、U510は寛容性重視ですね。

選び方ですが、ロングアイアンの代わりとして使用するのか、それともフェアウェイウッドとアイアンの間のクラブとして使用するかによって、シャフトやロフトが変わってきます。自分が欲しい距離とその前後するクラブの重量やスペックをしっかりと把握し、長いほど軽くするといった、重さの流れを壊さないように選ぶとよいでしょう。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る