レビュー
「fenix 6X Pro Dual Power」で試用レビュー

ガーミンのウォッチで「Suica」を使ってみた! 「Apple Watch」との違いは?

2020年5月下旬、ガーミンジャパンの一部のスマートウォッチにおいて、JR東日本が提供する「Suica」の発行やチャージ機能が利用できるようになった。同社は、ランニングやゴルフなど、さまざまなスポーツのデータが計測できるGPSウォッチを数多く展開しているが、それらで鉄道の利用や「Suica」加盟店での買い物が可能になった。

スマートウォッチの「Suica」機能は、今まで「Apple Watch」がほぼ独占する機能だったが、ガーミンのウォッチが選択肢に追加され、特にAndroidスマホユーザーにとってはうれしい限り。そこで気になるのは、その使い勝手だ。「Apple Watch」との違いを確認しつつ、「fenix 6X Pro Dual Power」を使った試用レビューをお届けする。

「Suica」は、日本全国の約5000駅や、約5万台のバスのほか、交通系電子マネーとして約94万店舗(2020年3月末時点)で利用できる交通系ICカード

「スマートEX」や「JRE POINT」に対応!

利用方法は簡単だ。

ガーミンの対象ウォッチ(後述)とスマートフォンをBluetoothでペアリングし、スマホアプリ「Garmin Connect Mobile」上で設定することで、ウォッチ内で「Suica」の発行や、「Google Pay」でのチャージなどが利用できる。実際に利用できる機能やサービスは以下のとおり。

ガーミンのウォッチと「Apple Watch」の「Suica」で利用できることを比較

ガーミンのウォッチと「Apple Watch」の「Suica」で利用できることを比較

ガーミンのウォッチの「Suica」は、Googleアカウントに登録されているクレジットカードを使って、「Google Pay」による入金(チャージ)を行う。また、「Suica」が使える店頭や券売機では現金でもチャージ可能だ。また、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレスサービス「スマートEX」や、自動改札機にタッチするだけで一部駅間の新幹線を利用できる「タッチでGo!新幹線」にも対応しているうえ、使えば使うほどJR東日本の共通ポイント「JRE POINT」も貯まるのもうれしいポイントだ。

いっぽうで、定期券や「Suicaグリーン券」の購入、お得に東海道・山陽新幹線の指定席を利用できる会員制ネット予約サービス「エクスプレス予約」が利用できないのは残念なポイント。

なお、1本のウォッチに発行できる「Suica」は1枚だ。

ガーミンの「Suica」対象のウォッチは以下のとおり。

2020年4月15日時点の対応ウォッチ一覧。新ゴルフウォッチ「Approach S62」に対応しているのもうれしい

2020年4月15日時点の対応ウォッチ一覧。新ゴルフウォッチ「Approach S62」に対応しているのもうれしい

●「Approach S62」の詳しいレビューはこちら!
街でもイケるゴルフウォッチ! ガーミン「Approach S62」の進化がスゴい

実際に使ってみた!

さっそく、ガーミンの「Suica」対応ウォッチ「fenix 6X Pro Dual Power」を使って、実際の使い勝手をチェックしてみた。

今回使用した「fenix 6X Pro Dual Power」は、大型1.4インチディスプレイを備える太陽電池式のマルチスポーツGPSウォッチ。「GPS+音楽モード」で最大17時間、「GPS+光学心拍計」で最大66時間稼働するなど、スマートウォッチの中でも最大級のバッテリー寿命が魅力だ。非接触型決済機能「Garmin Pay」や「Spotify」などの音楽配信サービスに対応した音楽ストレージなども搭載

「Suica」機能を設定するのはいたって簡単。「fenix 6X Pro Dual Power」と連携させたスマホアプリ「Garmin Connect Mobile」上で指示に従っていくだけ。その際、「Google Pay」にクレジットカードの情報を登録する入力する必要がある。設定方法は、YouTube動画でも「Androidバージョン」と「iOSバージョン」それぞれが紹介されている。なお、今回のテストでは、「iPhone 11 Pro Max」を使用した。

iOS版「Garmin Connect Mobile」で「Suica」残額を確認する画面。「Suica」発行時に1,000円チャージする必要がある

クレジットカードを登録した「Google Pay」によるチャージ画面。残額を含むチャージ上限は20,000円(左)。またチャージ残額通知を設定することも可能(右)
※初出時に「Suica」の機能説明に誤りがございました。お詫びして訂正いたします。[2020年8月5日 15:25]

クレジットカード以外に、現金によるチャージも可能。コンビニなどの「Suica」加盟店や駅の券売機でもチャージできる。

駅の券売機では、「モバイルSuica」対応の「Suica」チャージ専用機でチャージを行う。腕に着けたままのチャージは難しそうだった。手首が折れちゃう……

鉄道利用や買い物は、「Suica」を「ラピッドパスカード」に設定しておけば、認証いらずで使える。実際、どちらも問題なく使えた。

筆者は時計を利き手ではない左手首に着ける習慣があるので、右側にある自動改札機では少し左手を伸ばす必要があった。また、入場記録を取り消してもらう際は、改札窓口で駅員に処理してもらう必要がある

牛丼チェーン「松屋」でも利用できた。領収書には「交通系IC」と表記される

牛丼チェーン「松屋」でも利用できた。領収書には「交通系IC」と表記される

利用後は、残高や履歴もチェックできる。

残高は、ウォッチ上でもアプリ上でも確認でき、ウォッチの場合は使用後に数秒間ディスプレイに表示される。その後は、何回か操作ボタンを押さなくては表示できなかったので少し面倒だった。アプリで確認するほうが早いだろう。

なお、利用履歴もアプリ上で確認できるが、表示されるのは前日分まで。当日の履歴が見られないのは少し不便だった。

【まとめ】今後のアップデート次第でユーザーの生活により深く密着するはず

ガーミンのウォッチは元々、GPS機能の精度が高く、またさまざまなスポーツアクティビティを計測できるウォッチとして評価が高いが、「Suica」に対応したことでより価値が高まったと言える。実際に使ってみて、本当に簡単に、便利に利用できたので、特にAndroidスマホユーザーにとっては、スマートウォッチを購入する際の検討モデルとして最上位にリストアップされるはずだ。

いっぽうで、日常生活においていちばん利用するであろう定期券が購入できないのは、結構痛い。今後のアップデートで使用できるようになれば、さらにユーザーの生活に深く密着するウォッチと変貌するだろう。

とはいえ、スポーツとの相性は超抜群。スマホを携帯せずとも、音楽を聴きながらランニングして、走り終わった後にコンビニで「Suica」を使って飲み物を買うなど、より快適なスポーツライフを提供してくれることは間違いない。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る