ゴルフの楽しさ伝えます
新しくなったブリヂストンゴルフ

“日本人向け設計”って、どうなんだ!? TOUR B X ドライバー試打検証

オグさんです。
今回はブリヂストンゴルフの新しくなった「TOUR B」シリーズから、ドライバーの試打インプレッションをお届けします。

ブリヂストンゴルフ「TOUR B X ドライバー」

ブリヂストンゴルフ「TOUR B X ドライバー」

日本人の飛びを追求した

「TOUR B」シリーズとは、ブリヂストンゴルフの世界戦略ブランドで、主にアスリートゴルファーに向けたシリーズとなっています。今作は、世界戦略ブランドでありながら、国産メーカーとして日本人ゴルファーの飛びを追求したモデルとなっているそうです。

ご存じの通り、ブリヂストンは世界的タイヤメーカーであり、地面と接地するタイヤの性能を高めるための独自の技術「接点の科学」をたくさん持っています。その技術を、フェースとボールの接点に置き換えて「高初速・高打ち出し・低スピン」を実現させているのだとか。

また、世界的に評価を受けているボール(タイガー・ウッズらと使用契約)も同社の強み。今回のTOUR Bの設計開発では、ボールを基準にしたといいます。

では、TOUR B Xドライバーを見ていきましょう!

デザインはわりとシンプル。シルバーとブラックを基調としたカラーリングは、落ち着いたカッコよさがありますね。クラウンのカーボン模様がハイテク感を感じさせます

フェースの高さがある、かなりのディープフェース(上)。ヘッド後方の下がり具合、いわゆるシャローバックも適度な感じ(下)。上がりやすさよりも、強い弾道が打ちやすそうな形状です

ヘッドの内部には、フェース裏側を直接支える「サスペンション・コア」を搭載(赤いパーツ)。これにより、フェース全体の高初速エリアの拡大に成功しています

フェースには、インパクト時のボールの滑りを抑制する「パワーミーリング」を搭載。余計なスピンがかかりにくくなっています(上)。フェースは偏肉になっており、サスペンションコアとともに高初速エリアを広くするのにひと役買っています(下)

クラウンは、素材にカーボンを使用。六角格子の金属弦「ハニカムストリング」を入れ込むことで、クラウンを飛球線方向にだけ大きくたわませることに成功しました

ハニカムストリングは左のような向きでは剛性が高まり、右のような方向には剛性が下がるように設計されています。これを“飛球線側にだけ”たわむようヘッドに搭載することで、インパクトでクラウンがたわんで効率を高めたそうです。そして、飛球線の垂直方向にはたわませないようにすることで、余計なサイドスピンをボールに与えないようにしています

純正シャフトは専用に設計された「TOUR AD TX3-5」。手元が適度にしなり、クセがないシャフトですね。もちろんこれ以外にもカスタムは用意されているようです

操作性がよく、ミスにも強い!

まず構えた印象から。ヘッド体積は460ccですが、投影面積はさほど大きくなく、適度なサイズ感で鈍重さはありません。ドライバーは、フェースをストレートに作ってもややかぶって見える(目の錯覚を起こしやすい)のですが、クラウンのカーボン部分にフェースよりやや右を向いて見えるようにラインが入っていて、より正確に目標に構えやすくなるように工夫がされています。

打ってみると、適度な低スピンの弾道が、ロフトなりの高さで飛び出します。ヘッドの形状から想像できる弾道のイメージと同じ弾道が出る、非常に安心感の高いクラブです。個人的に気に入ったのが、ヘッドターンのスムーズさ。ちょうどいい感じでターンしてくれるので、技術がある方は、ドロー、フェードなど、気持ちよく操れると思います。このクラブの一番の美点は、良好な操作性を実現しながらも、打点のミスにちゃんと強いこと。一般的に、“操作性がいいクラブはミスに弱い”と思われがちですが、このモデルは芯を外しても曲がりが少ないですね! 安心して振り抜けました。

振り抜きはとても気持ちいいです。ヘッドが動かしたい方向に動いてくれることが、大きな爽快感を生んでくれます

振り抜きがいいということは、ミート率の向上にもつながります。高初速エリアが広いモデルですので、個人的にはかなりミスに強い印象を受けました

ウェイト位置は“振りやすさ”で決めたい

また本モデルは可変ウェイト機能を搭載しているので、ヘッドのターン具合を調整することができます。ウェイトの標準ポジションは5か所あるポジションのうち、ヒール寄りからひとつ手前のところ。ヘッドにはドロー、フェードと記載されていますが、トゥ側に行くほどヘッドターンするのに抵抗が増え、ヒール側にするとフェースターしやすくなるという感じです。

ウェイト調整による最適なヘッドターン特性は、プレイヤーのパワーやスイング傾向によって異なりますので、個人的にはボールの曲がりではなく、振りやすさで試してもらいたい機能です。

ここが標準ポジション。ややヒール寄りに設定されているところからも、フェースターンのしやすさを考えての設計なんだろうなと読み取れます。このへんが、日本人ゴルファーに向けた設計なんでしょうか…?

自分の持ち球を気持ちよく打てました! 最近のクラブで、左に打ち出せて戻ってくるフェードを打てたのは久しぶりです! 打ち出し角、スピン量、ともに文句なし。シャフトを合わせればもう少し飛ばせそうでした!

フェースの開閉が大きめの人に

TOUR-B Xドライバーは、日本人が飛ばせるクラブとして開発したとの説明を聞きましたが、確かに飛ばせる要素が詰まっていると感じました。

私も含めて日本人には、フェースの開閉を大きく使うゴルファーが比較的多くおり、そういった方にとっては非常に振り抜きやすいと感じるクラブに仕上がっています。サイズは460ccですが、現在主流の投影面積の大きな“デカヘッド”のドライバーとは異なるアプローチで、ミスへのやさしさを追求したモデルと言えるのではないでしょうか。

アスリート向けではありますが、ヘッドスピードが40m/sあれば十分使えると思いますし、デカヘッドを使ってうまく結果が出ないという方は、試す価値があるモデルだと思います!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る