ゴルフの楽しさ伝えます
G410の次はG425

目玉はMAXドライバー!! ピン「G425」試打速報!

オグさんです。
今回は新しく発表されたピンの「G425」シリーズを、いち早く試打したレポートをお送りします!

ピン「G425」シリーズ

ピン「G425」シリーズ

ピン史上最大の慣性モーメントを達成したドライバー

今回発表されたドライバーで強調された点は、慣性モーメントの高さ。今までは2代前の「G400 MAX」がピン史上最大の慣性モーメントを誇っていたそうですが、今回の「G425 MAX」でその数値を上回り、より曲がりにくいドライバーに仕上がっているそうです。

また「G410」シリーズで採用された可変ウェートは引き続き搭載されていますが、より重量のあるウェートを採用することにより、小さな可変量で十分な変化が得られるようになりつつ、変化幅をやや狭めることでより細かいフィッティングが可能になりました。

ドライバーのヘッドは前作同様、3モデル。前作のスタンダードのポジションであった「G410 PLUS」の後継「G425 MAX」に加え、つかまりのいい「G425 SFT」、低スピンと操作性を高めた「G425 LST」です。

では、それぞれ見ていきます。

■G425 MAX ドライバー

G410は赤いカラーがロゴなどに使われていたのですが、G425はブラックとシルバーの落ち着いた色使いになっています。デザイン的にも少しメカニカルな印象が強くなり、イカつくなりました

Gシリーズの特徴のひとつであるクラウンの突起、「タービュレーター」が滑らかに加工され、やわらかい印象になりました。相変わらず投影面積が大きく安心感がすごい!

ピン独自のフォージドフェース。ヘッド内部にはサウンドリブが搭載されており、打球音を整えています

ピン独自のフォージドフェース。ヘッド内部にはサウンドリブが搭載されており、打球音を整えています

ヘッド後方が低いシャローバック形状を引き続き採用し、一番深く低い位置にウェートを付けることで上がりやすくミスに強いヘッドに仕上げています

個人的には前作と比べて一番変わったと感じたのがこのシャフト。しなるポイントはさほど変わっていませんが、張りが強くなり、先端側の剛性が高まった印象で、当たり負けしづらくなっています

G410比で安心感がアップ!

実は今回、オンラインでの発表会だったのですが、それに合わせて特別に何本かの試打クラブをお借りすることができ、発表とほぼ同タイミングで試打をさせていただくことができました。

今回お借りできたドライバーは「G410 MAX」の10.5°で、シャフトは新しくなった「ALTA J CB SLATE」のSフレックスです。

構えた第一印象は、G410と比べて投影面積が大きくなったなぁという感じ。G410はやや角のある三角形っぽい形状でしたが、今度のG425 MAXは丸に近く、さらなる安心感を目から感じ取ることができます。カラーも少し黒くなったかな?という印象がありますね。最近のピンのウッド類の特徴でもあるクラウン部の突起タービュレーターは、少し角が取られてマイルドになっていました。

左がG425 MAX、右がG410 Plus。突起の形状が少し異なります。G425 MAXのほうが5cc大きいのですが、投影面積はそれ以上に大きくなっている感じがします

飛距離性能がアップしている!

試打させていただいた率直な感想は、「飛距離性能が上がったな!」ということです。

まず違いを感じたのはフェースのはじき感。「フォージドT9S+」という新たなフェース素材を使用している効果なのか、G410と比べて明らかに強くはじいている感触がありました。今回は弾道を計測しませんでしたが、目に見えて初速が上がっている印象です。

シャフトもかなり進化しています。シャフトの設計自体が変わったのか、それとも仕上げを変えたことによる効果なのかわかりませんが、G410に装着されていた「ALTA J CB RED」とは振り味がかなり変わり、シャキッとした印象に。慣性モーメントが高まっていますので、その効果ももちろんあると思いますが、このシャフトのしっかり感と合わさって、オフセンターヒットに対するかなりの強さを感じましたね。その分、前作よりちょっとハードになった印象もありましたので、やわらかめのRフレックスも早く試してみたいです!

ウェートのポジションも3か所それぞれ試してみました。個人的に気に行ったのは、FADEポジション。フェースをターンさせないよう、いわゆるシャット気味のスイングを心がけて打つと慣性モーメントの高さも相まってサイドスピンの少ない直進性の高い弾道が打てました。DRAWポジションは、右のミスが出やすい人にオススメ。意識せずに打つと標準のウェートポジションよりも左に飛び出し、そこからつかまったドロー系の弾道が打てました。後日、よりコントロールしやすい「G425 LST」でも試してみたいと思います。

上がG410 plus、下がG425 MAX。ウェートの可変ポジションの幅が大きく変わりました。ウェートの重さを増やしたことにより、大きく動かさなくても効果が十分得られるようになったからでしょう。ポジションはどちらもノーマル、DRAW、FADEの3つです

発表会当日に試打させてもらいました!役得!

発表会当日に試打させてもらいました!役得!

ヘッドカバーはこんな感じ。シックでかっこいいですね!

ヘッドカバーはこんな感じ。シックでかっこいいですね!

■G425 MAX フェアウェイウッド

コスメはドライバーとほぼ共通。ソール後方にウェートが搭載されていますが、現時点の情報では自分での調整はできなさそう。ドライバー同様、MAX SFT LSTの3タイプがラインアップされます

ややトゥ側にボリュームがある形状で、クラウンのタービュレーターが廃止され、かなりスッキリした印象

ややトゥ側にボリュームがある形状で、クラウンのタービュレーターが廃止され、かなりスッキリした印象

ヘッド後方が低いシャローバック形状で、ボールはかなり上がりやすかったです

ヘッド後方が低いシャローバック形状で、ボールはかなり上がりやすかったです

FWのタービュレーターは廃止

フェアウェイウッド(以下、FW)もスタンダードのMAXをお借りすることができました。スペックは5Wの17.5°でシャフトは同じくALTA J CB SLATEのSフレックス。

前作G410と比べた見た目の一番の違いは、タービュレーターが廃止されたこと。かわりにクラウンには3つのドットが打たれており、かなりスマートな見た目になりましたね。

打ってみるとドライバー同様、強いはじき感のある打感が印象的! 球質も前作と比べて明らかに前に飛ぶ強い弾道になっています。

FWには、コの字型にフェースを作ることでフェースをより効率的にたわませる「FACE WRAPテクノロジー」、打点がズレても最適なスピン量と打ち出し角を生み出す「スピンシステンシーテクノロジー」という2つの新たな技術が搭載されていて、安定感も確実に高まっていますね。打ち出し角も高くなっていますが、振り味としてはドライバー同様、前作よりちょっとハードな印象を受けました。

■G425 ハイブリッド

ハイブリッドの最大のトピックは#7の追加!

ハイブリッドの最大のトピックは#7の追加!

FW同様、クラウンのタービュレーターが廃止され、すっきり顔に

FW同様、クラウンのタービュレーターが廃止され、すっきり顔に

FW同様、シャローバックで高い球が打ちやすい設計

FW同様、シャローバックで高い球が打ちやすい設計

テクノロジーはFWと共通

こちらもクラウンのタービュレーターがなくなり、すっきりした印象になりました。打つとFW以上に弾道が強くなった印象。搭載されているテクノロジーはFWとほぼ共通。FACE WRAPテクノロジーとスピンシステンシーテクノロジーで打点のミスにも強くなっています。

前作と比較してみないとはっきりしたことは言えませんが、スピンがかなり減った印象です。それでも高さはしっかりと出るので、楽に飛ばせるように進化しつつ、グリーンを狙う性能も持ち合わせています。

■G425 アイアン

シックな色使いとカチッとしたデザインが、アスリートモデルの印象を与えます

シックな色使いとカチッとしたデザインが、アスリートモデルの印象を与えます

ネック周りがすっきりした印象でシャープになったかな?ヘッドサイズはやや大きめ。フェースの中心が従来から22%も薄くなり、最大飛距離はもちろんミスにヒットにも強くなっています。ちなみにこのソケットは日本専用だそうです

顔がシャープで球が上がる!

お借りできた試打クラブは#7で、シャフトは90g台のスチール「N.S.PRO 950GH neo」のSフレックス。一般的な男性にちょうどいい重さのモデルですね。

ブレード長が長く直進性の高そうな形状に、適度な厚さを持ったブレードと、前作G410アイアンとよく似た印象。相違点としては、ネック周りの形状がややすっきりした印象で、少しシャープになった感じがしました。

打ってみたら、ちょっとびっくりするぐらい、強いはじき感のある打感! 音も前作と比べてやや高音になったと思います。弾道を見てもうひとびっくり。1番手ぐらい打ち出し角が高いんです!それでいて弾道は強くなっている印象。少々左右に打点がズレても弾道がねじれにくく、直進性が高い仕上がりになっています。

多くのアマチュアに受け入れられそう

Gシリーズはピンの主力ラインで、プロ、アマ関係なく恩恵をもたらすクラブでなくてはならないといったポリシーが掲げられています。すでに鈴木愛プロや塚田好宣プロはG425を実戦に投入されていて、塚田プロは優勝争いをされるなど、早くも結果が出ているようです。

Gシリーズの特徴である、ミスへの寛容さをさらに磨き上げ、さらに飛距離が期待できるようになったG425は多くのアマチュアに受け入れられると思いますね。後日、ほかのモデル、スペックもお借りしてじっくり試打したレポートもお送りする予定ですので楽しみにしていてください!

なお、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッドは2020年9月18日、アイアン(と今回未紹介のクロスオーバー)は10月16日発売予定です。

写真:富士渓和春

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る