ゴルフの楽しさ伝えます
選べる3つのモデル

MAX? いやLSTも相当イイ!! ピン「G425 フェアウェイウッド」試打

今回はピン「G425」シリーズから、3つのフェアウェイウッド(以下、FW)を試打したのでレポートしたいと思います。

ピン「G425 SFT FW」、「G425MAX FW」、「G425LST FW」

ピン「G425 SFT FW」、「G425MAX FW」、「G425LST FW」

人気の「G410」シリーズの後継モデル

「G425」は、大ヒットとなった前作「G410」シリーズの後継機種。G410シリーズの偉大なところは、ドライバーやアイアンといった買い替え需要の比較的大きいクラブだけでなく、FWやUTなど、買い替えがなかなかなされないクラブまでがモデルチェンジギリギリまで売れ続けていたこと。

もちろん売れた理由は性能の高さで、打点のミスへの強さ、直進性の高さなどが評価されていました。そんな前作をどういった点で凌駕してきたのか、とても興味があります。

前作であるG410シリーズのFWは、ドライバーのラインアップに合わせて標準的な「スタンダード」、つかまり性能を高めた「SFT」、強弾道を生む「LST」と3モデルをラインアップしていましたが、今作のG425シリーズも同様にラインアップされるのは3モデル。前作のスタンダードに当たる「MAX」、そして前作同様「SFT」、「LST」です。

新しいテクノロジーは主に2つ。高強度のC300マレージングをフェースエリアだけでなく、クラウン、ソールに回り込むように拡大させたことによってたわみ量を増大させ、高初速を生み出す「フェース・ラップ・テクノロジー」。そしてフェースの左右の丸み「バルジ」と上下の丸み「ロール」を見直し、再設計することでミスヒット時の飛距離ロスを軽減させる「スピンシステンシー・テクノロジー」。

はたしてこれらが弾道にどのような影響を与えているのか、早速見ていきたいと思います。

■G425 MAX FW

3タイプあるFWの中でスタンダードなポジションに位置するモデル。ソール後方に高比重ウェイトを搭載することでさらなる深低重心化を図り、高弾道で打点のミスに強い、安定して飛ばせる設計になっています。

ソールのデザインはドライバーと統一されていて、大きな違いはウェート位置がソール側に移動したことくらい。前作との最も大きな変化は、クラウンに搭載されていた突起、タービュレーターが廃止されたことです(ドライバーには継続搭載)

ソールのデザインはドライバーと統一されていて、大きな違いはウェート位置がソール側に移動したことくらい。前作との最も大きな変化は、クラウンに搭載されていた突起、タービュレーターが廃止されたことです(ドライバーには継続搭載)

高さが比較的抑えられた四角いフェース形状に加え、後方が下がったシャローバック形状を採用。ソール後方に搭載されたウェートと相まって、非常に低く深い重心を実現させています

高さが比較的抑えられた四角いフェース形状に加え、後方が下がったシャローバック形状を採用。ソール後方に搭載されたウェートと相まって、非常に低く深い重心を実現させています

ミスに強いピンのFW

もともとピンのFWは、ミスに強い!ということで、多くのユーザーに受け入れられていました。その性能の大きな理由は、深く低い重心設計。重心が深いことで、芯を外した時のヘッドのブレが抑えられ、重心が低いことで、余計なスピンがかかりづらくなり、ボールの打ち出し角が高くなりやすいのす。今作は、その深低重心設計にさらに磨きをかけるため高比重のウェートを採用し、ソールの最も深い位置に配置しています。

さらにボディまで回り込んだフェース・ラップ・テクノロジーがインパクト時のたわみ量を増大させることで、高いボール初速を追求し、フェースのバルジとロールを見直すことで余計なサイドスピンを抑制し、さらなる安定感を追求しつつも飛距離性能も考えたという欲張りな設計になっています。

■G425 LST FW

LSTは「ロー・スピン・テクノロジー」の略。MAXより重心を浅く設計し、ヘッドサイズもひと回り小さくすることで強い弾道と操作性を加味した、ボールを操作したいアスリート向けに設計されたモデルです。

デザイン上でのMAXとの相違点は、ソールのメッキ部分がマットブラックになっている点。ヘッドサイズはひと回り小さくなり、やや三角形に近い形状になっています

デザイン上でのMAXとの相違点は、ソールのメッキ部分がマットブラックになっている点。ヘッドサイズはひと回り小さくなり、やや三角形に近い形状になっています

フェース高さの抑えられた四角いフェース形状はMAXと同じ。シャローバック形状ではありますが、奥行きは狭くなっています

フェース高さの抑えられた四角いフェース形状はMAXと同じ。シャローバック形状ではありますが、奥行きは狭くなっています

MAXよりも浅重心

MAXよりヘッドを小ぶりにし、重心を8%フェース寄りにすることで、基本設計であるミスへの強さを持たせながら、より低スピンで強い弾道を生み出すように設計されたモデル。もちろんフェース・ラップ・テクノロジーやスピンシステンシー・テクノロジーも搭載されています。

■G425 SFT FW

SFTは「ストレート・フライト・テクノロジー」を意味します。重心をヒール寄りに設計することで、インパクトでのフェースの開きを抑制し、右へのミスを抑制するよう設計されたモデルです。

ソールデザインはMAXとほぼ同じ。フォルムは、3モデルの中で最も丸形で投影面積も大きく、いかにもミスに強そうな形状になっています

ソールデザインはMAXとほぼ同じ。フォルムは、3モデルの中で最も丸形で投影面積も大きく、いかにもミスに強そうな形状になっています

四角いフェースはSFTも共通。シャローバック形状も共通ですが投影面積が大きいため、最も平べったく見えますね

四角いフェースはSFTも共通。シャローバック形状も共通ですが投影面積が大きいため、最も平べったく見えますね

ヘッドターンする力を高めたFW

重心をヒール寄りに設計することで、自然とヘッドターンする力を高めた仕様になっており、右へのミスを抑制します。ヘッドサイズが3モデル中最も大きく、丸形のヘッドで構えたときの安心感も一番大きくなっています。もちろんこちらもフェース・ラップ・テクノロジー、スピンシステンシー・テクノロジーを搭載しています。

[MAX試打]
アスリートから初心者までOK

前作はクラウン上の突起タービュレーターが搭載されていたので構えたときの印象にちょっと角を感じるというか、いかつい感じがあったのですが、今作はそれが廃止され、ツルンとしたやわらかい印象になりました。構えると四角いフェースのおかげでぺったんこ感が強く、いかにもボールが上がってくれそうな雰囲気で、よりリラックスして構えられるようになりましたね。

お借りしたスペックは#3・14.5°のSフレックス。最初は特に何も意識せず、何球か打ってみました。「う〜ん、さすがはピン!」と思える安定した弾道がポンポン打てます。言葉は悪いですが、雑に打っても安定したエリアにボールが運べるんです。ハーフトップ気味でも飛距離ロスは少なめ。FWに安定感を求めるなら手放しでオススメできます。

打ち出し角は中弾道よりやや高いかなといった印象。この辺は弾道調整機能でロフト角を調整できるので、自分が求める高さに調整できます。スピン量は適度にあるので3Wでもグリーンはギリギリ狙えそう。アスリートから初心者まで、幅広いゴルファーが使える仕上がりですね!

打感は前作と大きく変わったなと感じる点のひとつ。インパクトでフェースがたわんでますっ!といった感じで、やわらかくもはじいている感触です。打音が甲高くなり、爽快感が増しました!

打感は前作と大きく変わったなと感じる点のひとつ。インパクトでフェースがたわんでますっ!といった感じで、やわらかくもはじいている感触です。打音が甲高くなり、爽快感が増しました!

MAXの安定感と直進性を表す一発。少しだけトゥ寄りの打点だったのですが、ほとんど弾道に表れませんでした。直進性が高いっ!

MAXの安定感と直進性を表す一発。少しだけトゥ寄りの打点だったのですが、ほとんど弾道に表れませんでした。直進性が高いっ!

[LST試打]
ミスへの強さを削って飛距離アップ

構えた印象は、当てやすそうといった感じ。ヘッドは小ぶりではあるのですが、角の丸い均等な三角形といった形状は、どこを向いているのか意識しやすく、集中しやすかったです。

お借りしたスペックはこちらも#3・ 14.5°のSフレックス。打ってみるとライナー系の弾道が飛び出しました。MAXよりは明らかにスピンが少ない印象。こちらも、少々芯を外してもミスにはなりづらいですが、MAXと比べるとややスピンが増える印象ですね。

まあ、芯で打ったときのスピン量が少ないので、余計にそう感じる部分はあります。インテンショナルに曲げるといった使い方なら、断然LSTのほうがやりやすいですね。MAXは曲げようとしても曲がりませんでした。

MAXよりスピンが少なく、飛距離も出ています。ヘッドスピードが高いほどLSTのほうが飛距離は出ます。ただミスしたときを考えると安定感はMAXに軍配。悩むところですね

MAXよりスピンが少なく、飛距離も出ています。ヘッドスピードが高いほどLSTのほうが飛距離は出ます。ただミスしたときを考えると安定感はMAXに軍配。悩むところですね

[SFT試打]
スライスのミスに悩む方へ

最後はSFT。ほかの2モデルは比較的角を持つ三角形気味の形状をしているのですが、このSFTだけはやや丸顔で、いかにもやさしそうな印象。投影面積も大きいので一番ピンらしいと言えるかもしれません。

お借りしたのは#3・16°のSフレックス。打ってみると、ロフトの違いもありますが、ほかの2モデルとは段違いの高い弾道が飛び出しました。非常に楽に球が上がってくれて、かなり芯を外しても高さをキープしてくれるのは、打点が安定しないアベレージゴルファーにとってかなりやさしいと感じる性能だと思います。

基本はつかまるモデルではあるんですが、極端なことをしない限り、強いフックなどは出ません。右へのミスはしっかり軽減してくれつつ、過度なつかまり性能は持たないモデル。スライスのミスに悩む方にとっては扱いやすいFWに仕上がっています。

しっかりつかまえてスライスを軽減させながら直進性を維持しているのはすごいですね! 多めのロフト角と重心の深さによってしっかりと高さが出る分、飛距離は控えめになっています。弾道調整機能でロフト角を立ててれば、もう少し飛距離は出るでしょう

しっかりつかまえてスライスを軽減させながら直進性を維持しているのはすごいですね! 多めのロフト角と重心の深さによってしっかりと高さが出る分、飛距離は控えめになっています。弾道調整機能でロフト角を立ててれば、もう少し飛距離は出るでしょう

左からLST、MAX、SFT。ヘッドサイズの違いが弾道にも表れており、ニーズによって選べるようになっています。個人的にはやっぱりLST……いや、MAXの安定感も捨てがたい

左からLST、MAX、SFT。ヘッドサイズの違いが弾道にも表れており、ニーズによって選べるようになっています。個人的にはやっぱりLST……いや、MAXの安定感も捨てがたい

ほかのクラブに合わせたシャフト選びが重要

G425シリーズのFWからは、ドライバー同様、G410のよさをしっかりと引き継ぎつつ、さらなる進化を体感できました。安定性の高さで幅広いゴルファーにマッチするMAX、低スピンでアスリートニーズに合わせたLST、高いつかまり性能でアベレージのニーズに応えたSFTと、明確な作り分けでユーザーにわかりやすいところも、ピンのクラブが広く受け入れられている要因でしょう。

ピンのクラブには、シャフトバリエーションが多く用意されています。これはFWでも例外ではありません。FWは単品での買い替えが多いクラブですので、買い替え時にドライバーやアイアンなどの重さや長さ、シャフトなどのつながりも考慮してモデルを選びたいところ。シャフトバリエーションが多いと、そういった細かいスペックの調整をしやすくなります。ピンのクラブの買い替えを予定している方は、ぜひそういった点までチェックしてみてくださいね!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る