Daddy’s Sneaker
Vol.6 ムーンスター「エイトテンス キッチェ」

コスパ最高! 着こなしのバイプレイヤー「キッチェ」は全色大人買いもアリ

本企画「Daddy’s Sneaker」は、30〜40歳代のパパにとって本当に使えるスニーカーを模索する連載企画。ここで言う同世代の平均的なパパたちとは、以下にように定義づけています。

・平日はスーツ姿で出勤。休日は全身ファストブランドで無難な感じにまとめがち
・休日のお出かけは、家族や子供を連れて公園や地元のショッピングモールへ
・自由に使える1か月分のお小遣いは3〜5万円

そんなパパたちがスニーカー選びで押さえておくべきは以下の3点です。

・生活圏内でも浮かないデザイン
・公園でも子供と走り回れる機能性
・地方でも買えて、値段は10,000円台前半が理想

以上の条件から導き出されるのは、「トレンドを超越したスタンダード」。履けば思わずテンションが上がり、とはいえ浮くことはない。ひと言で表すなら、“地に足のついたスニーカー”。ここでは、そのオススメモデルと、その履きこなし方を紹介します。

【連載「Daddy’s Sneaker」の今までの記事】
●第1回 やっぱり履きたいです、「エア マックス」! パパのスニーカーとしても最適なワケとは
●第2回 1万円切りのアディダス「スーパースター」! 夏の着こなしにもピタッとハマる
●第3回 夏はヴァンズ「エラ」が履きたくなる!? 合わせるハーフパンツ丈の最適解は?
●第4回 名作のサンダル仕様「インスタポンプフューリーサンダル」は夏こそ“プッシュ”したい!
●第5回 親子で履けるコンバース「ブレイクスター」はクリーンでスマートなスケシュー!

【第6回テーマ】クリーンな顔立ちに高い汎用性! 「キッチェ」は大人買いが正解

日本発のシューズブランドであるムーンスターのニューラインから、オススメのモデルを紹介!

日本発のシューズブランドであるムーンスターのニューラインから、オススメのモデルを紹介!

よく「デイリーユースにぴったり」なんて言葉を耳にしますが、ライフスタイルが人それぞれであるように、デイリーユース(普段使い)に求めるポイントも十人十色。とはいえ、本連載のテーマ「パパのためのスニーカー選び」という点を考慮するならば、その最適解は“コスパ”にほかなりません。そこで今回は、巷でも高コスパと評判のMOONSTAR(ムーンスター)の新ライン「810s(エイトテンス)」から「KITCHE(キッチェ)」をピックアップしました。

本モデルは、靴作りのノウハウを生かし、“日常の道具”として提案するプロダクトラインならではのこだわりや汎用性の高さに注目! ミニマルなデザインを最大限に生かす3色のカラバリを紹介しつつ、色選びで着こなしの雰囲気がどう変わるのかも検証してみました。

そもそも「キッチェ」ってどんなスニーカー?

ムーンスターは、福岡県久留米市に本社・工場を構え、145年以上の歴史を持つブランド。パパ世代の中には、中学校の学校指定靴だったという人もいるのでは? そんな懐かしのブランドが、厨房や病院など、プロユースの靴作りで培ってきたノウハウを基に、機能性はそのままにデイリーユース仕様に再構築して展開するプロダクトライン、それが「エイトテンス」です。

今回紹介する「キッチェ」も、ルーツモデルは食品・厨房シューズのロングセラー「キッチンスター」。そのため、アッパーには耐油や耐水、さらに耐久性も兼ね備えた人工皮革が使用されており、さらにサイドには通気穴を確保。長時間着用していても内部が蒸れにくいという特性も持っています。このようにルーツモデルの機能性に、デイリーユースの視点をかけ合わせることで、現代のライフスタイルになじむようにバランスが整えられている点が、「エイトテンス」の特徴です。ここからは実物をご覧いただきながら、細部を掘り下げていきたいと思います。

洗練さ漂うルックスでありながら脱ぎ履きは楽チン

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ブラック」

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ブラック」

アッパーデザインは、両手がふさがっていても簡単に脱ぎ履きができるように、シューレースなど装飾的な要素が極力省かれており、ミニマルそのもの。スリッポンタイプなので、足をホールドするのはゴムバンドにお任せ。また、しっかり伸縮してくれるので、厚めのソックスをはいたり、中敷き用のカイロを入れたりするのも余裕です。

また、ステッチが表に出ないようになっているので洗練された印象も与えます。日本語の「腹八分目」=「8/10(エイトテンス)」に由来する同ラインだけに、満たされ過ぎず、物足りなくもない。まさに“ちょうどいい”心地よさを体現している1足と言えるでしょう。

幅広のゴムバンドによる足の締め付け加減も絶妙。脱ぎ履きしやすく、されど歩きやすさはキープ

幅広のゴムバンドによる足の締め付け加減も絶妙。脱ぎ履きしやすく、されど歩きやすさはキープ

見えない部分にこそ息づく、プロユースのDNA

カラーリングは、「ブラック」「ホワイト」「グレー」の3色で展開。どれも使い勝手がよく、着こなしの幅を広げてくれるに違いありません。また、見えない部分にもプロユースの名残が。

たとえば、中敷きはAg+抗菌防臭仕様。銀イオンの抗菌作用で臭いの元となる菌の増殖を抑制し、防臭効果を発揮してくれます。これでパパ友の家に招待された時でも、恥をかく心配なし!

アッパーのアウトサイドには、モデル名などの表記をプリント。このさりげないプロダクト感が、何とも男心をくすぐります。さらにミッドソールのヒール部分にはブランドロゴを配置。バックビューがシンプルだからこそ、このアクセントが生きてくるのです。

ミッドソールのヒール部分には、ブランドロゴをデザイン。シンプルな後ろ姿にアクセントを添えます

ミッドソールのヒール部分には、ブランドロゴをデザイン。シンプルな後ろ姿にアクセントを添えます

次は、アウトソールに目を向けてみましょう。

本モデルでは、水や油で濡れた場所でも滑りにくいように、床面に吸い付く「マルチストッパーソール」を採用。ルーツモデルから継承したこの機能を生かしつつ、日常生活にもフィットする、シンプルで飽きのこないコートスタイルになるようにリデザインされています。さて、こんなにシャレたスニーカーをどう“料理”するのが正解でしょうか。着用サンプルをご覧いただきながら、スタイリングについて考えたいと思います。

アウトソールは独特のパターンが刻まれています。これが抜群のグリップ力を発揮!

アウトソールは独特のパターンが刻まれています。これが抜群のグリップ力を発揮!

どんな格好にもフィットする、万能のカラバリ3色

季節は秋とはいえ、まだ昼間は暖かいので、トップスはロンT。ボトムスは、パパ世代の皆さんにとっても心強い味方であるユニクロの「スキニーフィットチノ2WAYストレッチ」(税込3,289円)を選択しました。本記事とは関係ありませんが、足長&美脚に見えるシルエットを備えながらも、ストレッチがきいているのでメチャ楽チン。足元もすっきり見せてくれるので、これは買いです!

……という話は置いときまして、モノトーンコーデと「ブラック」の「キッチェ」、その相性やいかに!?

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ブラック」を着用

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ブラック」を着用

ボトムスとシューズを同色で揃えたことによって、視覚効果によってスタイルアップが感じられる気がします。また、「キッチェ」は細身のフォルムで仕上げられているため、パパ世代をスタイリッシュに見せてくるという点も高ポイント。ブラック1色でアッパーの質感も上品。これでジャケットでも羽織れば、子供の授業参観やちょっとしたお食事会だって、こなせちゃいます。

続いては、シンプルさに清潔感もプラスしてくれる「ホワイト」です。

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ホワイト」

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「ホワイト」

先ほどとは一転して、純白のシューズが絶好のアクセントに! 足元が軽やかになったことで、一気にカジュアルムードが強まっている点にも注目です。汚れやすいイメージのあるホワイトですが、アッパーに耐油・耐水・耐久性を兼ね備えた人工皮革を使用しているので、汚れづらくお手入れも簡単。春夏シーズンの着用まで見すえるなら、コレに決まりではないでしょうか。

最後は、ニュートラルカラーの中でも、ひと際大人っぽい「グレー」。

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「グレー」

ムーンスター「エイトテンス キッチェ」の「グレー」

遠目には「ホワイト」とあまり違いがないように見えますが、色の対比という観点においては、よりなじみやすく、「ブラック」よりも抜け感のある色味。こなれた雰囲気を演出するという点では、これがベストではないでしょうか。ちなみに「グレー」と「ホワイト」のソールは同色。ともすれば子供っぽくも見えてしまうスリッポンタイプのコートシューズを、ナチュラルな表情で大人の1足に仕上げています。

【まとめ】コスパ最高! 本当に“使える”着こなしのバイプレイヤー

というわけで、今回はムーンスター「エイトテンス キッチェ」をピックアップしました。

ベーシックで、どんな着こなしにもほどよくなじみ、されど目立ち過ぎないという最高のバイプレイヤー。まさに、生活圏内でも浮かないデザインの理想型のひとつと言えます。

さて、気がつけば2020年もあと2か月ちょっと。新たなスニーカーは欲しいけど、クリスマスにお正月にと何かと物入りになる年末に向けて、出費をセーブしているパパ世代にもうれしいのが、そのプライスです。なんと定価5,500円(税込)で、全色大人買いしても16,500円(税込)と他ブランドの1足分! さらに、着回し力の高さも考えれば、その価値は3倍以上。「シャア専用ザクII」も驚く高コスパに、思わず「さらにできるようになったな、ムーンスター」と言わざるを得ません。こうなったら腹八分目と言わず、満腹覚悟で全色買っちゃいましょう!

TOMMY

TOMMY

メンズファッション誌を中心に、ファッションやアイドル、ホビーなどの記事を執筆するライター/編集者。プライベートでは漫画、アニメ、特撮、オカルト、ストリート&駄カルチャー全般を愛するアラフォー38歳。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る