ゴルフの楽しさ伝えます
ハイテク感あふれる作りもポイント

これは理想のアスリートアイアンか!? キャロウェイ「X-FORGED CB」

オグさんです! 今回はキャロウェイの「X-FORGED」シリーズから、「X-FORGED CBアイアン」と「X-FORGED UT アイアン」を試打させていただきましたのでレポートしたいと思います。

キャロウェイ「X-FORGED UT アイアン」(左)と「X-FORGED CBアイアン」(右)

キャロウェイ「X-FORGED UT アイアン」(左)と「X-FORGED CBアイアン」(右)

2007年に初登場したX-FORGED

「X-FORGED」はキャロウェイのアイアンのブランドで、初出は2007年。性能的にも見た目にもやさしいモデルが評価されていた時流において、初代X-FOGEDアイアンはシャープな形状と操作性を持ち、それでいてミスへの許容度も持ち合わせるという新たな“やさしさ”を提案したモデルだったと記憶しています。

以降、主にアスリートのほうを向いているけれど、ミスへの強さもできる限り備えているモデルとして市場に定着。新たなモデルが出る度に、競技ゴルファーから上達志向の強いアベレージゴルファーまで、幅広いプレイヤーに注目されるブランドです。

そんなX-FOGEDの新作のキャッチコピーは「打感はマッスルバック。扱いやすさはキャビティ」と、まさにX-FOGEDらしいクラブに仕上がっているようです!
どんなクラブなのか早速見ていきましょう。

■X-FORGED アイアン

上級者のニーズである、フィーリングとミスへの許容性を両立するために4ピース構造を採用したハイテクアイアン。バックソール内部にはタングステンウェートを搭載して重心位置を最適化し、フェースはスピン性能と打感を追求するため、あえてステンレスを採用しています。

ビス止めされたバックフェースがアクセントになっており、シンプルながら何か仕掛けがありそう。ハイテク感をにおわせる絶妙なデザインですね

ビス止めされたバックフェースがアクセントになっており、シンプルながら何か仕掛けがありそう。ハイテク感をにおわせる絶妙なデザインですね

X-FORGED CB #5

X-FORGED CB #5

X-FORGED CB #7

X-FORGED CB #7

X-FORGED CB #9ヘッドサイズは、アスリートモデルとしては標準的で、アベレージモデルと見ればやや小ぶりといった感じ。わずかにグースネックになっており、適度な安心感とシャープさをあわせ持つ形状をしています

X-FORGED CB #9
ヘッドサイズは、アスリートモデルとしては標準的で、アベレージモデルと見ればやや小ぶりといった感じ。わずかにグースネックになっており、適度な安心感とシャープさをあわせ持つ形状をしています

「ツアーチューンド・フェース」と名付けられたフェース。スピン性能と打感を追求するために、あえて軟鉄ではなくステンレス素材を採用しています。ボディは調角可能な軟鉄素材

「ツアーチューンド・フェース」と名付けられたフェース。スピン性能と打感を追求するために、あえて軟鉄ではなくステンレス素材を採用しています。ボディは調角可能な軟鉄素材

ソールには適度な幅がありますが、やや丸みを帯びており、ヌケはよさそう。重心もいたずらに深くなさそうなので、操作性も良好でしょう

ソールには適度な幅がありますが、やや丸みを帯びており、ヌケはよさそう。重心もいたずらに深くなさそうなので、操作性も良好でしょう

ハイテク感あふれるアイアン

従来のフォージドアイアンに対する視点を変えることから始まったという本モデル。アベレージゴルファーに向けたモデルと違い、ボール初速よりもフィーリングや打感を望み、さらにミスへの許容性を求められるため、それらのニーズを高い次元で実現させるために4ピース構造を採用。2つのタングステンウェートを使い、ひとつは、低重心化とスウィートエリアの拡大に、もうひとつはフェースの真ん中に重心が来るような設計に寄与しています。

さらには最適なスピン性能と打感を追求するために、ツアーチューンド・フェースと呼ばれるステンレスフェースを採用。溝にもウェッジで実績のある「20Vグルーブ」を採用し、ラフからのショットでも高いコントロール性能を発揮してくれそう。

シンプルなモデルが多いフォージドモデルの中で、ハイテク感を強く感じる仕上がりになっています。

ロフト:#3 20°/#4 23°/#5 26°/#6 29°/#7 33°/#8 37°/#9 41°/PW 45°

ロフト角設定は、7番で33°と、アスリートモデルとしては標準的な設定。長さも7番で33インチですから、決して飛距離を追求したモデルではないとわかります。やはり、ある程度自身でボールを飛ばせるアスリートに向けたアイアンと言えますね。

アスリートは間違いなく満足できる

構えた印象は「ちょうどいい」という表現がピッタリ。やや小ぶりのサイズ、適度なグース具合、ちょっとシャープに見えるブレードの厚さなど、難しそうな不安もなければ、鈍重なイメージもない絶妙な顔ですね。

何球か打って強く感じたのが、独特な打感の気持ちよさ。いわゆる分厚い打感というよりは、適度にボールがつぶれる感触が伝わる軽やかな感じ。芯で厚めにとらえると「カシュンッ」といった音を発しながらスパッと振り抜いていけます。操作性は必要十分。左右はしっかり曲げることができましたし、上下の操作もできますね。

操作性、打感、ミスヒットへの許容性、これらすべての性能を高い次元で備えていると感じました。完成度が高い!!

操作性、打感、ミスヒットへの許容性、これらすべての性能を高い次元で備えていると感じました。完成度が高い!!

アスリートゴルファーがしっかり満足する性能を持っていますが、そこにミスへの強さをあわせ持つのがこのアイアンの最大の長所でしょう。まず芯を外しても余計な振動が少なく、芯を外しても気持ちいいです。それでいて、フェースのどのへんで打ったかの情報をちゃんと感じ取れるのがいいですね! もちろん打感だけでなく曲がりや飛距離ロスも少ない部類です。

アスリートがアイアンに求める性能の順番を守っているというか、操作性や打感をしっかり持たせつつ、それらをじゃませずに、ミスへの強さをある程度まで持たせている印象。これはよくできています!

この中にはふたつのタングステンウェートが搭載されていて、最適な重心位置を実現させています。見た目にもカッコいい!

この中にはふたつのタングステンウェートが搭載されていて、最適な重心位置を実現させています。見た目にもカッコいい!

7番アイアンのデータですが、うれしい誤算が飛距離性能。思ったより飛ぶんです。高さも十分ですし、スピン量もしっかりありながらも大きい飛距離を追求しない方なら十分すぎる飛距離性能を持っています

7番アイアンのデータですが、うれしい誤算が飛距離性能。思ったより飛ぶんです。高さも十分ですし、スピン量もしっかりありながらも大きい飛距離を追求しない方なら十分すぎる飛距離性能を持っています

■X-FORGED UT アイアン

X-FOGED CB同様、タングステンウェートを搭載し、軟鉄鍛造ボディを採用しながら、ウッドシリーズ好評を得ているAIが設計するFLASHフェースを採用した中空構造のアイアン型UT(ユーティリティ)。

バックソールのデザインは、CBとほぼ共通。ソールには番手ではなくロフトが表記されます

バックソールのデザインは、CBとほぼ共通。ソールには番手ではなくロフトが表記されます

アイアンよりはブレードが厚くなっていますが、フォルムはほぼ共通。そのままロングアイアンと言われても違和感はありませんね

アイアンよりはブレードが厚くなっていますが、フォルムはほぼ共通。そのままロングアイアンと言われても違和感はありませんね

ステンレス製のフェースを「360フェースカップ」構造にし、AIによる設計でボール初速とミスへの許容性、ボールの上がりやすさなど、高い性能を実現しています

ステンレス製のフェースを「360フェースカップ」構造にし、AIによる設計でボール初速とミスへの許容性、ボールの上がりやすさなど、高い性能を実現しています

UTでありながらアイアンらしさをしっかりと残したフォルム。最近のアベレージ向けアイアンのほうがUTっぽさがあるかもしれませんね。しかし、打つとUTの性能を有しているのがちゃんとわかるのが、今回のX-FOGED UTのよさです!

UTでありながらアイアンらしさをしっかりと残したフォルム。最近のアベレージ向けアイアンのほうがUTっぽさがあるかもしれませんね。しかし、打つとUTの性能を有しているのがちゃんとわかるのが、今回のX-FOGED UTのよさです!

キャロウェイの技術全部乗せ

もともとアイアン型UTとして高い評価を得ていたX-FOGED UT。今回のモデルはCBを上回るハイテク感で、“キャロウェイの技術全部乗せ”的なモデルになっています。最大のトピックは「マーベリック」シリーズで好評の、AIが設計したFLASHフェースのテクノロジーに360フェースカップのテクノロジーを加えた「FLASHフェースカップ」を搭載していること。もちろんアイアン型UTの特性に合わせた専用設計になっており、ボール初速、打ち出し角、スピン量など最適な設計になっているんだとか。

ボディはCBと違い中空構造になっていて、タングステンウェートを搭載することで重心位置の最適化を図りつつ、ウレタンマイクロスフィアを内蔵することで、飛距離だけでなくフィーリング面もしっかりケアした設計になっています。

従来のアイアン型UTよりも高さが出る

構えた印象は、正直UTと言われなければわからないぐらいアイアンっぽい雰囲気を湛えています。構えたとき、トップブレードからバックソール部分は少しだけ覗(のぞ)いているのですが、ほとんど気になりません。もう、アイアンです、コレ。

ソールは、UTとしてみれば狭いですが、アイアンとしてみるとちょっとやさしめのモデル程度の幅はあります。ミートのしやすさはアイアンそのもの!

ソールは、UTとしてみれば狭いですが、アイアンとしてみるとちょっとやさしめのモデル程度の幅はあります。ミートのしやすさはアイアンそのもの!

打ってみるとこれまたアイアン。打ち出し方向は私自身の6番アイアンと同じ感じ。フェース面の管理がとてもしやすく、狙ったところに打ち出しやすかったです。高さは、従来のアイアン型UTと比べると確かに上がりますね。さすがに、ウッド型UTには及びませんが、これだけ自然と高さが出てくれるのは助かります。操作性は、ニュートラルなアベレージ向けアイアンといった印象。狙った方向に曲げることはできますが、大きくは曲がりません。とはいえ、UTという特性上困ることはまずないでしょう。

ミスへの許容性は、ちゃんとUTレベルです。打点のミスには、形状から想像する以上に強いですね。シャフトの設定は90g台のスチールが標準となっていますので、アイアンで90g以上のシャフトを使っている方ぐらいでないと、ちょっとハードと感じてしまうかもしれませんが、クラブとしての性能は非常に高いです!

打ったのは21°。目標に対してビシッと打ち出せて、直進性の高い弾道が打てました。高さもしっかり出ているし、個人的にはアイアン型UTとして理想的な仕上がりだと感じました

打ったのは21°。目標に対してビシッと打ち出せて、直進性の高い弾道が打てました。高さもしっかり出ているし、個人的にはアイアン型UTとして理想的な仕上がりだと感じました

性能を引き出すにはヘッドスピード40m/sは欲しい

最新のX-FOGEDシリーズですが、正直その完成度に驚きました。操作性とミスへの強さをあわせ持ち、過度な補正がかからないCBと、打ち出し角が高く直進性の強い弾道が打て、ニュートラルな特性で振り抜きやすいUT。上手くなりたいと考える初中級者から上級者まで、幅広いゴルファーにおすすめしたいシリーズです。

強いて注意点を上げるならば、ヘッドスピードが最低40m/sくらいはないと、クラブの性能を引き出せないだろうといった点ぐらいですね。個人的にもちょっと欲しいです……。

CBのライバルは、ミズノ「JPXフォージド」、スリクソン「ZX5」、テーラーメイド「P770」といったところでしょうか。UTはピン「G425 クロスオーバー」、スリクソン「ZXユーティリティ」あたりでしょう。

2020年のアスリートモデルのアイアンは、どれも完成度が高いです! ぜひ試打してみてくださいね。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る