ゴルフの楽しさ伝えます
”2本の柱“が大きく進化

キャロウェイが2021年モデルを発表! 新しい「EPIC」はボディ剛性をさらに強化

オグさんです。今回は2021年1月20日に行われた、キャロウェイの2021年の新製品発表会の模様をお届けしたいと思います。残念ながらオンラインでの開催となってしまいましたが、いつも通り興味深い技術が満載で、打つのが楽しみな製品が目白押しでしたよ。この発表会から、注目製品をご紹介していきます。

キャロウェイは、2017年に発表された「GBB EPIC」、2019年の「EPIC FLASH」で使用したブランド「EPIC」のネーミングを使用し、シンプルに「EPIC」シリーズとして発表してきました。

2021年モデルのキーテクノロジーは「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」。
はたして、どんな構造で、どんな効果があるのでしょうか。

今までの技術がかなり進化しているようです。画像はオンライン発表会より(以下同)

今までの技術がかなり進化しているようです。画像はオンライン発表会より(以下同)

従来のJAILBREAKテクノロジーはクラウンとソールを繋ぐことで垂直方向の剛性を高め、クラウンのたわみを減らすといったものでしたが、今度の「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」は、垂直・水平両方の剛性を高めつつ、フェースのたわみを最大化させるという点を目標に開発されています

従来のJAILBREAKテクノロジーはクラウンとソールを繋ぐことで垂直方向の剛性を高め、クラウンのたわみを減らすといったものでしたが、今度の「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」は、垂直・水平両方の剛性を高めつつ、フェースのたわみを最大化させるという点を目標に開発されています

垂直方向だけでなく水平方向の剛性を高めるために、左右のバーを繋げるようにバーを増設。確かに名前通りフレーム(枠)のような形状になっていますね

垂直方向だけでなく水平方向の剛性を高めるために、左右のバーを繋げるようにバーを増設。確かに名前通りフレーム(枠)のような形状になっていますね

垂直、水平方向の剛性が高まったことによりクラウンのたわみが減少、その分フェースがたわむようになるので安定したボールスピードを実現できるのだとか!

垂直、水平方向の剛性が高まったことによりクラウンのたわみが減少、その分フェースがたわむようになるので安定したボールスピードを実現できるのだとか!

キャロウェイは2017年の「GBB EPIC」シリーズでジェイルブレイクテクノロジーを初搭載し、翌2018年の「ROGUE」シリーズでは、バーの形状を変更した改良型を採用。これが、2019年の「EPIC FLASH」シリーズ、昨年の「MAVRIK」シリーズと細かな改良を重ねつつ主要テクノロジーのひとつとして搭載されてきました。

「JAILBREAKテクノロジー」は2本のバーがソールとクラウンを繋ぐことで垂直方向の剛性を高め、エネルギーロスを抑えるといったものでしたが、今作の新技術「JAILBREAK AI スピードフレーム テクノロジー」はそれとは異なり、垂直方向だけでなく、水平方向の剛性も高め、なおかつフェースのたわみ量を最大化するという課題をAIに与え、解析させることで生まれた新設計のテクノロジーなのだとか。2本のバーを横方向にも繋ぎ、垂直、水平方向の剛性も高めることでインパクト時のエネルギーロスをさらに減少させ、安定した高いボール初速を生み出せるようになったそうです。

前作にも搭載されていた、AIが設計する「FLASHフェース」は引き続き採用されています。各モデルのターゲットゴルファーの打点のバラつきデータを使って設計しているので、ミスしやすい打点でもしっかり飛距離が出るような設計になっています。このほか、クラウンだけでなく、ソールのトウ側にも軽量化に寄与する「トライアクシャル・カーボン」を使用するなど、画期的な技術あり、地道な進化ありと、細部に渡って従来技術を磨いてきたといった感じを受けました。

2017年に生まれたJAILBREAKテクノロジー。モデルチェンジごとに細かな仕様変更が施されるとともに、ほかの技術と組み合わされることで、近年のキャロウェイのクラブの高性能化を支える主要テクノロジーとなっています

2017年に生まれたJAILBREAKテクノロジー。モデルチェンジごとに細かな仕様変更が施されるとともに、ほかの技術と組み合わされることで、近年のキャロウェイのクラブの高性能化を支える主要テクノロジーとなっています

3種類のドライバー

2021年モデルのドライバーは3種類。「EPIC SPEED」「EPIC MAX」「EPIC MAX LS」です。

中級者を中心とした一番幅広いゴルファーを対象とするのが「EPIC SPEED」。
初心者やアベレージゴルファーに多い右方向へのミスが多いゴルファーを対象とする「EPIC MAX」
上級者やボールのつかまり過ぎを嫌がるゴルファーを対象とする「EPIC MAX LS」といった感じです。

前作まで、上級者やアスリート向けのモデルは「Sub ZERO」という名称で、小ぶりなヘッドを採用していましたが、ツアープロから大きなヘッドでロースピンのモデルが欲しいというリクエストがあり、ヘッドサイズの大きいMAXをベースに開発したのだそう。この辺は時代の流れに沿った変更と言えますね。

投影面積の違いはありますが、ヘッドサイズはどれもルール上限の460cc。ネックにはどれも弾道調整機能が搭載されていますが、可変できるウェート「ペリメーター・ウェート」はEPIC MAXとEPIC MAX LSが搭載しており、スタンダードモデルのポジションであるEPIC SPEEDには搭載されていません

投影面積の違いはありますが、ヘッドサイズはどれもルール上限の460cc。ネックにはどれも弾道調整機能が搭載されていますが、可変できるウェート「ペリメーター・ウェート」はEPIC MAXとEPIC MAX LSが搭載しており、スタンダードモデルのポジションであるEPIC SPEEDには搭載されていません

現在のキャロウェイのメインテクノロジーである、AIが設計する「FLASHフェース」。21年モデルのEPICでは最新の「FLASHフェース SS21」を搭載。各モデルのターゲットゴルファーに合わせたデータをもとにAIがシミュレーションを重ねたうえで専用に設計されるため、モデルによってフェース裏の凹凸が全然違うものになっています

現在のキャロウェイのメインテクノロジーである、AIが設計する「FLASHフェース」。21年モデルのEPICでは最新の「FLASHフェース SS21」を搭載。各モデルのターゲットゴルファーに合わせたデータをもとにAIがシミュレーションを重ねたうえで専用に設計されるため、モデルによってフェース裏の凹凸が全然違うものになっています

■EPIC SPEED ドライバー

EPIC SPEED ドライバー

EPIC SPEED ドライバー

EPIC SPEEDは前作のMAVRIKシリーズでいう“無印MAVRIK”にあたるモデル。ある程度ヘッドスピードがある中級者を中心とした幅広い層のゴルファーがターゲット。可変ウェート「ペリメーター・ウェート」は搭載していませんが、代わりにダウンスイング時の空気抵抗を減らす「サイクロン・ヘッドシェイプ」を搭載しています。

またEPIC SPEEDはほかのモデルより重心が浅めに設計されています。重心が浅いと、安定したスピンが得られやすいというメリットがあるいっぽうで、打点のズレによるボール初速のバラつきが大きいというデメリットがありました。そのデメリットの多くをFLASHフェースで補うことができたため、本モデルは、より安定したスピンと安定したボール初速を両立したモデルになっているそう。
これは早く試してみたいですね!

■EPIC MAX ドライバー

EPIC MAX ドライバー

EPIC MAX ドライバー

EPIC MAXは前作でいう「MAVRIK MAX」にあたるモデル。右方向のミスが多い初心者からアベレージゴルファーを対象とした設計になっています。スライス傾向のあるゴルファーの打点を元に専用に設計された「FLASHフェース」にキャロウェイ最大級の慣性モーメントで、ミスに強いモデルになっています。

また、可変ウェート「ペリメーター・ウェート」を搭載しているので、つかまり具合を自分で調整することが可能になっています。

■EPIC MAX LS ドライバー

EPIC MAX LS ドライバー

EPIC MAX LS ドライバー

「EPIC MAX LS」は、MAVRIKシリーズで言うとSub ZEROのポジション。しかしクラブの特性としては一番大きく変化しています。従来のSub ZEROは、どちらかというとアスリートが好む、小ぶりである程度操作性があり、つかまり過ぎないといった、昔ながらの特性のモデルでした。

今回のEPIC MAX LSは、ツアープロから寄せられていた、大きくて、ある程度やさしく、そしてロースピンのドライバーが欲しいとの要望に応えるかたちで誕生。高い慣性モーメントを持ちながら、低スピン性能を追求した、やさしい上級者向けモデルといった設計になっています。こちらもEPIC MAX同様、「ペリメーター・ウェート」を搭載しているのでつかまり具合を調整することが可能です。

ちなみにこのモデルは、キャロウェイセレクトストア限定となっています。

フェアウェイウッドは2種類

ドライバーと同時にEPICシリーズからはフェアウェイウッドが2種類発表されました。
「EPIC SPEEDフェアウェイウッド」と、「EPIC MAXフェアウェイウッド」です。

FLASHフェースSS21やトライアクシャル・カーボン・クラウンなど、ドライバーと同様のテクノロジーを搭載しつつ、フェアウェイウッド専用に設計された「JAILBREAK AI ベロシティブレード」テクノロジーが大きなトピック。

これはドライバー同様、AIに最適なボディ剛性とフェースのたわみ量を最大化するという課題を与えて解析させ、はじき出された技術。JAILBREAKテクノロジーよりもバーの形状が平べったくブレード状になり、間隔の空いた位置に搭載されています。これによりFLASHフェースとともに驚異的なボール初速を実現しているのだとか。

■EPIC SPEED フェアウェイウッド

EPIC SPEED フェアウェイウッド

EPIC SPEED フェアウェイウッド

ドライバーのEPIC SPEEDの流れをくんだ設計になっていて、中級者から上級者が使いやすいように設計されています。低重心かつ、やや浅重心の設計になっていて、低スピンで強い弾道を安定して打てるような設計になっています。

■EPIC MAX フェアウェイウッド

EPIC MAX フェアウェイウッド

EPIC MAX フェアウェイウッド

ドライバーのEPIC MAXの流れをくんだ設計のフェアウェイウッド。高い打ち出し角でややつかまりやすい味付けになっています。重さの違う脱着式のウェートをソール前方と後方にそれぞれ搭載しており、これを入れ替えることで、弾道の調整をすることができるようになっています。

ほかに、アイアンが3種類

今回の発表では、このほかにアイアンも発表されましたが、EPICシリーズではなく、「APEX」シリーズのニューモデルとして3モデルが発表されました。

APEXアイアンシリーズは、鍛造ボディにAI設計のFLASHフェースを搭載するという新たな試みがなされています。もちろん各モデルはターゲットゴルファーにあわせた専用設計のフェースになっており、それぞれのゴルファーが求める性能を高めたモデルに仕上がっているようです。

さらに、従来より大幅に余剰重量を確保し、独自の「タングステン・エナジー・コア」をヘッド下部に搭載することでよりボールが上がりやすく、打点のミスに強くなっています。前作にも搭載されていた無駄な振動を吸収する「ウレタン・マイクロスフィア」も搭載されているので、打感もよさそう!

ヒール側の重量を削ることでより大きな余剰重量を生み出し、その分をウェートとして最適なポジションに配置しています

ヒール側の重量を削ることでより大きな余剰重量を生み出し、その分をウェートとして最適なポジションに配置しています

■APEX アイアン

APEX アイアン

APEX アイアン

軟鉄のボディにAIが各番手それぞれに設計したFLASHフェースを搭載したモデルで、7番のロフト角は30.5°。前作は小ぶりだけとやさしいモデルとして人気を博しましたが、今作はそこに飛距離の評価が加わりそうな予感がしますね。

■APEX DCB アイアン

APEX DCB アイアン

APEX DCB アイアン

今作から登場のニューモデル。DCBは「ディープ・キャビティ・バック」の略で、APEXアイアンよりもよりミスに強いモデルといった位置づけです。7番のロフト設定は30°でAPEXアイアンより0.5°だけ立った設定になっています。より楽に上がって安定した飛距離が得られやすくなっているのではないでしょうか。

■APEX PRO アイアン

APEX PRO アイアン

APEX PRO アイアン

「APEX PROアイアン」は、7番まではAIが設計したFLASHフェースを搭載し、8番以下はスピンコントロール性能にすぐれるツアーチューンドフェースを搭載。より細かいボールコントロールを可能にした設計になっています。7番のロフト設定は33°。アスリート向けらしい設定ですね。

またアスリートモデルとしては珍しい中空構造を採用しており、どのような性能に仕上がっているのかとても興味がわくモデルです。

ちなみにこのモデルはキャロウェイセレクトストア限定となっています。

FLASHフェースの進化はかなり大きそう

キャロウェイは、AIによる分析、設計の技術をメインに独自のクラブ開発をしていますが、今年はそれを武器に一気にクラブを進化させてきた印象があります。

特に重心を浅くしてもボール初速のバラつきを抑えられるというFLASHフェースは、今後のゴルフ界を占う大きな技術のひとつだと思います。ドライバーはもちろん、その技術を搭載したAPEXアイアンがどんな進化をしているのか、想像がつかないだけに早く打ってみたいですね!

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る