ゴルフの楽しさ伝えます
テーラーメイドの2021年モデル

高い直進性が魅力! テーラーメイド「SIM2 MAX」「SIM2 MAX OS」アイアン

オグさんです。
今回はテーラーメイドの「SIM2 MAX アイアン」「SIM2 MAX OSアイアン」を試打させてもらいましたので、さっそくレポートをお届けしたいと思います。

テーラーメイド「SIM2 MAX アイアン」(右)、「SIM2 MAX OS アイアン」(左)

テーラーメイド「SIM2 MAX アイアン」(右)、「SIM2 MAX OS アイアン」(左)

アイアンはアベレージプレイヤー向け

「SIM2」シリーズは、テーラーメイドが2020年から世界展開している「SIM」シリーズの第2弾。前作のSIMシリーズは、世界中のツアープロがドライバーやフェアウェイウッドを使用してたくさんの実績を残し、販売的にも大いに成功したシリーズ。そのSIMシリーズのコンセプトを引き継ぎつつ、さらに進化したのが今作のSIM2シリーズになります。

SIMシリーズは多くのツアープロが使用していることもあって、アスリート向けのブランドと思われがちです。確かに、アスリートが好む低スピンの強弾道が打ちやすいクラブ作りを得意とするテーラーメイドですが、初心者に多い“右へのミス”に強いモデルも用意するなど、幅広いユーザーに向けたラインアップを構築してきました。それは今作のSIM2シリーズも同様です。

SIMシリーズのアイアンは特にアベレージゴルファーを意識した仕様になっており、また、テーラーメイドらしい独自の技術を使ったものになっています。それは今作SIM2も同様で、今回試打させてもらったSIM2 MAXアイアン、SIM2 MAX OSアイアンは、今までにない構造を採用し、さらにそのやさしさに磨きをかけてきました。どのようなクラブに仕上がっているのかとても楽しみです!

さっそく見ていきましょう。

SIM2 MAX アイアンのメインテクノロジーである「キャップバックデザイン」の説明図。これだけ見ても、高性能ぶりを予感させてくれます。こういった演出はテーラーメイドが得意とするところ

SIM2 MAXアイアンのメインテクノロジーである「キャップバックデザイン」の説明図。これだけ見ても、高性能ぶりを予感させてくれます。こういった演出はテーラーメイドが得意とするところ

■SIM2 MAX アイアン

独自の技術により低く深い重心を実現させた、ミスへの寛容性が高いモデル。直進性の高い弾道を得意とするモデルで、安定した距離をオートマチックに打ちやすい仕上がりです。

メッキ仕上げのヘッドに、金属を思わせる仕上げとカーボン模様を使ったバックフェースが特徴で、テーラーメイドらしい高性能を感じさせるデザインに仕上がっています。ネックの凹凸は、少しでも軽量化、低重心化を図るための工夫「フルーテッドホーゼル」

メッキ仕上げのヘッドに、金属を思わせる仕上げとカーボン模様を使ったバックフェースが特徴で、テーラーメイドらしい高性能を感じさせるデザインに仕上がっています。ネックの凹凸は、少しでも軽量化、低重心化を図るための工夫「フルーテッドホーゼル」

SIM2 MAX アイアン・#7

SIM2 MAX アイアン・#7

SIM2 MAX アイアン・#8

SIM2 MAX アイアン・#8

SIM2 MAX アイアン・#9<br>やや大きめのヘッドサイズに強めのグースネック、厚めのトップブレードと、いかにもやさしい形状。その中で、リーディングエッジ(フェースのの一番下)を真っすぐに、ネック部分をやや細く仕上げることで、あまり鈍重にならないような工夫が見られます

SIM2 MAX アイアン・#9
やや大きめのヘッドサイズに強めのグースネック、厚めのトップブレードと、いかにもやさしい形状。その中で、リーディングエッジ(フェースのの一番下)を真っすぐに、ネック部分をやや細く仕上げることで、あまり鈍重にならないような工夫が見られます

フェース素材はステンレスですが、インパクト時の余計な振動や音を抑える「エコーダンピングシステム」を採用し、打音と打感を追求しています

フェース素材はステンレスですが、インパクト時の余計な振動や音を抑える「エコーダンピングシステム」を採用し、打音と打感を追求しています

ソールには、フェース下部でヒットした時のエネルギーロスを抑制する「貫通型スピードポケット」を搭載。ソール幅は厚めで、ダフりのミスにも強そうです

ソールには、フェース下部でヒットした時のエネルギーロスを抑制する「貫通型スピードポケット」を搭載。ソール幅は厚めで、ダフりのミスにも強そうです

シャフトは三菱ケミカル「TENSEI BLUE TM60カーボン」と、KBS「MAX MT85 JPスチール」を純正仕様としてラインアップしています。TENSEIカーボンはとにかく楽に飛ばしたいゴルファーに、MAXスチールはほかのクラブとのつながりを考える結果重視のゴルファーにおすすめです

シャフトは三菱ケミカル「TENSEI BLUE TM60カーボン」と、KBS「MAX MT85 JPスチール」を純正仕様としてラインアップしています。TENSEIカーボンはとにかく楽に飛ばしたいゴルファーに、MAXスチールはほかのクラブとのつながりを考える結果重視のゴルファーにおすすめです

高弾道で直進性が高い設計

重心を深く設計できる中空構造に加え、バックフェース側に軽量ポリマー素材を採用することで、強度を保ちながら低重心化した「キャップバックデザイン」という今までにない構造を採用。ボールが上がりやすくミスに強いヘッド構造に、フェース下部のミスに強くなる従来の技術「貫通型スピードポケット」や、余分なサイドスピンを番手ごとに抑制する「プログレッシブICT」といった技術を搭載。高い弾道で直進性を重視した設計になっています。

ロフト:#5 21.5°/#6 25°/#7 28.5°/#8 32.5°/#9 38°/PW 43.5°

ロフト設定は、7番で28.5°とやや立った設定になっています。長さは7番で37.25インチで、アベレージ向けアイアンとしては標準的。飛距離だけを追求したモデルではなく、ある程度の扱いやすさを考えた仕様になっています。

振れば振るほど飛距離が出る

パッと構えたときに、前作に比べて少しシャープになったなという印象を持ちました。やや大きめのヘッドサイズ、厚めのブレードや強めのグースネックなど、アベレージ向けアイアンに多いがっしりした作りなのですが、そういったモデルはボテっとした印象になりがちです。ところがSIM2 MAX アイアンは、ところどころに鋭角な部分を作り、そういった印象をうまく排除しています。

お借りしたスペックはTENSEIカーボンのSフレックス。2種類のヘッドスピードで試打してみました。最初はドライバーでだいたい38m/sぐらいの想定ヘッドスピードから。低重心の効果なのか、ロフトが立っているのにボールの高さはしっかり出ますね。安定したキャリーが期待できます。芯を外してもサイドスピンはかかりにくく、打ち出した方向に安定した弾道を打つことができますね。

半面、コントロールはあまり効きません。かなり大げさにやってやっと曲がってくれるイメージです。飛距離はアベレージアイアンとしては標準的な印象。強い操作性や大きな飛距離をアイアンに求めるなら、ほかのモデルがよいでしょう。

一般的に、ヘッド内部をくり抜いてボディと同素材でバックフェースを作ることが多い中空アイアンですが、その部分に軽量の素材を使うことで、さらなる高性能化を図っています

一般的に、ヘッド内部をくり抜いてボディと同素材でバックフェースを作ることが多い中空アイアンですが、その部分に軽量の素材を使うことで、さらなる高性能化を図っています

#7をドライバーで38m/s相当で打った弾道。高弾道で安定して同じところにボールを運べます

#7をドライバーで38m/s相当で打った弾道。高弾道で安定して同じところにボールを運べます

次にドライバー想定で43m/sぐらいのヘッドスピードで打ってみました。打ち出し角や操作性に関しては、ヘッドスピードが遅いときと同様で、高弾道でミスに強く、直進性の高さが光ります。ヘッドスピードの違いによって印象が変わったのは飛距離。ヘッドスピードが速くなるほど飛距離につながり、振れば振るほど飛距離が伸びました。スピン量は増えますがそれでも吹き上がることなく、前に飛んでくれます。

シャフトによって変わるとは思いますが、Sフレックスならドライバーで40m/s以上のヘッドスピードがあったほうがこのクラブのよさをより感じられると思います。

非常に軽い感触でボールをはじいてくれる爽快な打感は、このアイアンの美点のひとつ

非常に軽い感触でボールをはじいてくれる爽快な打感は、このアイアンの美点のひとつ

#7をドライバーで43m/s相当で打った弾道。高さがしっかり出ており、距離も申し分ありません

#7をドライバーで43m/s相当で打った弾道。高さがしっかり出ており、距離も申し分ありません

└純正カーボンシャフト装着モデル

└純正スチールシャフト装着モデル

■SIM2 MAX OS アイアン

SIM2 MAX アイアンをベースに、ヘッドをさらに大型化。ソールも厚くしてさらなる低重心化を図り、ロフトを立てた設定にすることで飛距離を追求したモデル。OSは「オーバーサイズ」の頭文字です。

基本的なデザインはMAX アイアンと共通ですが、イエローをアクセントカラーに加え、小さく「OS」と表記されます。バックフェースのキャップの造形がより立体的になり、ソールの幅も広くなっています。

基本的なデザインはMAX アイアンと共通ですが、イエローをアクセントカラーに加え、小さく「OS」と表記されます。バックフェースのキャップの造形がより立体的になり、ソールの幅も広くなっています。

SIM2 MAX OS アイアン・#7

SIM2 MAX OS アイアン・#7

SIM2 MAX OS アイアン・#9<br>ヘッドの造形はMAXアイアンとほぼ同じですが、ヘッドサイズが大型化され、より安心感の高い顔になっています

SIM2 MAX OS アイアン・#9
ヘッドの造形はMAXアイアンとほぼ同じですが、ヘッドサイズが大型化され、より安心感の高い顔になっています

ヘッドの素材やフェース周りの構造もMAX アイアンの技術を踏襲

ヘッドの素材やフェース周りの構造もMAX アイアンの技術を踏襲

MAX OS アイアンの最も特徴を表しているのが、トゥ側からのカット(左)でしょう。バックフェース下部が大きく張り出し、より深く低い重心を追求しているのがわかります

MAX OS アイアンの最も特徴を表しているのが、トゥ側からのカット(左)でしょう。バックフェース下部が大きく張り出し、より深く低い重心を追求しているのがわかります

シャフトはMAX アイアンと同じ。三菱ケミカル「TENSEI BLUE TM60カーボン」(写真)とKBS「MAX MT85 JPスチール」を純正シャフトとしてラインアップしています

シャフトはMAX アイアンと同じ。三菱ケミカル「TENSEI BLUE TM60カーボン」(写真)とKBS「MAX MT85 JPスチール」を純正シャフトとしてラインアップしています

飛距離と寛容性をさらにアップ

キャップバックデザイン、貫通型スピードポケット、プログレッシブICTなど、SIM2 MAX アイアンと共通のテクノロジーを搭載しつつ、ヘッドを大型化したモデルです。アイアンで飛距離を追求するにはロフトを立てることが効果的。ロフトを立てるとボール初速が高めやすく、飛距離につながりやすくなります。しかしその分、ボールの高さが足りず、キャリーが出にくくなる側面もあります。

このMAX OS アイアンは、ロフトの設定を立てて高いボール初速を生み出しながら、ヘッド下部のソールを厚くすることによる深低重心化でボールの上がりにくさをカバーし、フェースを大きくすることでミスへの寛容性をさらに高めた仕様になっています。

ロフト:#5 19°/#6 22.5°/#7 25.5°/#8 30.5°/#9 35.5°/PW 41°

MAX アイアンに比べて3°ほどロフトを立てた設定になっています。ロフトを立てつつ、重心を低く深くすることで高弾道、高初速、低スピンの弾道を打ちやすくし、飛距離性能を追求したアイアンです。長さはMAXと共通です。

ヘッドスピードでボールの高さが変わった

最初に構えた印象は、「全部ヘッドがやってくれそう」。形状はMAX アイアンとほぼ同じですが、ひとまわり大きく、アベレージアイアンのジャンルの中でもかなり大きい部類のヘッドサイズ。MAXより強めのグースネックの設定で、やさしく見せる要素がより強調された顔をしています。ですが、グースネックが苦手な人はちょっと違和感を覚えるかもしれません。

MAX OSアイアンも、お借りしたスペックは純正カーボンのSフレックス。こちらもドライバー38m/s相当のヘッドスピードで打ってみました。とにかくボールが曲がらない。MAX アイアンでも直進性が十分高いと感じましたが、MAX OS アイアンはさらにその上を行きます。ヘッドが大きくなった分、打点のミスにさらに強くなっており、打点がスイートエリアからかなりズレても曲がりの少ない弾道が打てました。ロフトも立っているだけあって、明らかにボール初速も速いです。

ちょっと気になったのは弾道の高さ。これくらいのヘッドスピードなら高さは十分ですが、MAXよりは上がりません。これ以上ヘッドスピードを落とすと前には飛んでくれますが、高さが出にくくなりました。スピンも少なめなので、グリーンでビタッと止めるのは難しそうです。

この厚みのあるソール(右)が、MAX OS アイアンのやさしさの秘密

この厚みのあるソール(右)が、MAX OS アイアンのやさしさの秘密

ヘッドスピード38m/s相当で#7を打ったデータです。スピンが少なめで飛距離が出やすい弾道ですが、もう少し高さが欲しいですね。これ以上ヘッドスピードが遅いと、球が上がりづらいと感じてしまうかも……

ヘッドスピード38m/s相当で#7を打ったデータです。スピンが少なめで飛距離が出やすい弾道ですが、もう少し高さが欲しいですね。これ以上ヘッドスピードが遅いと、球が上がりづらいと感じてしまうかも……

続いてドライバー43m/s相当のヘッドスピードでテスト。これくらいのスピードになると、MAXと同じぐらいの高さに打ち出せます。ボール初速が速くなり、スピンが少なめの弾道になるのでさらに飛ばしやすくなります。操作性は、ほぼなしと言ってよいでしょう。少しでも操作性を求めるならMAX アイアンのほうがよいと思います。

ドライバーのヘッドスピード43m/s相当で#7を打ったデータです。いわゆる高弾道低スピンの弾道ですね。ちょっとしたユーティリティー、といった感じの飛び方です

ドライバーのヘッドスピード43m/s相当で#7を打ったデータです。いわゆる高弾道低スピンの弾道ですね。ちょっとしたユーティリティー、といった感じの飛び方です

└純正カーボンシャフト装着モデル

└純正スチールシャフト装着モデル

長さが標準的でミート率が高めやすい

SIM2 MAX アイアンとSIM2 MAX OS アイアンは、ミスに強い、飛距離が出しやすい、曲がりにくいといった、今のアベレージゴルファーのニーズを具現化した仕上がりになっていました。前作も同じコンセプトであったと思いますが、今作では、ミスへの寛容性、直進性にさらに磨きがかかった印象です。

MAX アイアンは、楽にグリーンを狙いたいが最低限のボールコントロールをしたいと考える方に。MAX OS アイアンは、とにかく楽にプレーできて、飛距離も出たほうがいいと考える方におすすめです。

ライバルとしては、ダンロップ「ゼクシオ Xアイアン」やピン「G425アイアン」といったところでしょうか。これらライバルモデルも含め、SIM2シリーズのアイアンは、ジャンルとしては最近流行りの“飛び系アイアン”の部類に入るとは思います。ただ、長さを一般的なアイアンと同等に設定している分、ミート率が高めやすく安定感が出しやすい仕上がりになっています。

飛距離も欲しいけれど安定感のほうが重要と考えるなら、7番で37インチ前後のモデルがよいでしょう。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る