だから「ザ・ノース・フェイス」は選ばれる!
第23回/トレイルランニングシューズ「Flight VECTIV」

ザ・ノース・フェイス最上級シューズの実力診断! トレランの未来を切り拓く!?

現在セールス絶好調のザ・ノース・フェイスが、ユーザーから選ばれる理由を検証する「だからザ・ノース・フェイスは選ばれる!」。第23回は、「Flight VECTIV(フライト ベクティブ)」をピックアップした。

本モデルは、「3Dカーボンプレート」を始めとする「VECTIV」テクノロジーを搭載することで、着地から蹴り出しまでのエネルギーを推進力へと変化させる、トップランナー向けのトレイルランニングシューズで、2021年1月26日の世界同時リリース以来、ワールドワイドで注目を集めている。

「Flight VECTIV(フライト ベクティブ)」(品番:NF02100) 。公式サイト価格は、28,050円(税込)

「Flight VECTIV(フライト ベクティブ)」(品番:NF02100) 。公式サイト価格は、28,050円(税込)

連載「だから「ザ・ノース・フェイス」は選ばれる!」のアーカイブはこちら!
https://kakakumag.com/backnumber/?contents=148

素材を厳選し、アスリートが求める機能性を追求!

「Flight VECTIV」は、2019年のトレイルランニング大会「UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)」で優勝したパウ・カペル選手(スペイン)を始めとする、ザ・ノース・フェイスのグローバルアスリートによるテストを重ね、ヨーロッパで開発されたトレイルランニングシューズ。「UTMB」や「UTMF(ウルトラトレイル・マウントフジ)」のように、過酷な条件の長距離レースにおいて優勝を目指すトップランナーに向けた高機能プロダクトである。「アンペッツォ」などの同社の従来のトレイルランニングシューズも高い評価を得てきたが、「Flight VECTIV」は、ブレークスルーという言葉がまさにピッタリの革新的な1足に仕上がっている。

アッパーには、PUコーティングニットをメイン素材に、高強度ケブラー糸を使用した「Matryx メッシュパネル」を中足部に採用し、必要十分な耐摩耗性と通気性を両立している。

アッパー本体には、PUコーティングされたニットを使用。適度な伸縮性があり、足との高いフィット感を提供してくれる

アッパー本体には、PUコーティングされたニットを使用。適度な伸縮性があり、足との高いフィット感を提供してくれる

耐摩耗性と通気性を両立するために、高強度ケブラー糸を使用した「Matryx メッシュパネル」を中足部に搭載

耐摩耗性と通気性を両立するために、高強度ケブラー糸を使用した「Matryx メッシュパネル」を中足部に搭載

ソールユニットには、歩行や走行時のエネルギー効率を、安定性、推進力、グリップ力で追求する「VECTIV」システムを搭載。平面ではなく立体的に成型されていることで反発力と安定性をもたらす「3Dカーボンファイバープレート」を装備しているほか、ロッカー構造の「ハイリバウンドEVAミッドソール」で推進力の向上を図っている。

ミッドソールには、反発性にもすぐれた2層構造のEVA素材を使用。ゆりかご状のロッカー構造に成形することで、さらなる推進力を追求している。また、「3Dカーボンファイバープレート」は、ヒール部分上方に巻き上げられており、着地安定性の向上にも寄与している

ミッドソールには、反発性にもすぐれた2層構造のEVA素材を使用。ゆりかご状のロッカー構造に成形することで、さらなる推進力を追求している。また、「3Dカーボンファイバープレート」は、ヒール部分上方に巻き上げられており、着地安定性の向上にも寄与している

アウトソールには、さまざまな路面状況に対し、高いグリップ力で対応するラバー素材「Surface Control」を使用。以上のように素材を厳選することで、アスリートが求める機能性を追求した、ロングディスタンスレース対応の高機能シューズが完成したのだ。

自社開発された素材「Surface Control」をアウトソールに使用しており、あらゆる路面で高いグリップ性を発揮。また、契約アスリートによる実走テストでは、500km走行後も理想的な機能性を保持していたというほど、耐久性もハイレベルにある

自社開発された素材「Surface Control」をアウトソールに使用しており、あらゆる路面で高いグリップ性を発揮。また、契約アスリートによる実走テストでは、500km走行後も理想的な機能性を保持していたというほど、耐久性もハイレベルにある

「青梅丘陵ハイキングコース」で走行性テスト!

実際に走ってみた!

実際に走ってみた!

まず足を入れてみると、ニット素材のアッパーはほどよい伸縮性があり、足にピッタリとフィットした。足長は、どちらか言うと長めだが、気になるほどではない。

立っている状態では、「ハイリバウンドEVA」素材を用いたソールユニットから、ゆりかご状であるロッカー構造が感じられ、走行時の推進力の高さが想像できた。2層構造のEVAを使用したミッドソールの硬度は、どちらか言うとやわらかめだ。

今回もいつもどおりに、東京・青梅市の「青梅丘陵ハイキングコース」でテストを行った。

実際に走り始めると、内蔵されたカーボンファイバープレートが着地時の安定性や、蹴り出し時の反発性に大きく貢献していることが理解でき、先述のロッカー構造もあいまって、高いレベルの推進力を感じられた。トレイルランニングシューズのカテゴリーにおいて、ここまでの推進力が感じられるプロダクトはこれまで存在していなかったと思う。

上りでは、アウトソールの長さをフルに活用できるように、かかと着地で走ってみたが、他ブランドのシューズよりも効率よくグイグイ登れた気がした。本モデルのカーボンファイバープレートは、ヒール部分と前足部のサイド方向に巻き上げられた形状をなしているが、これは足の横方向や斜め方向への動きをサポートするもの。オンロードランニングではあまり必要とされないが、トレイルランニングでは重要視される機能で、この日は下りのシングルトラックで、このスペックのありがたさを感じた。

アウトソールは、落ち葉の敷き詰められたフラットな土の路面や、岩がむき出しとなった凸凹の斜面などで高いグリップ性を発揮。岩の斜面では、前足部に若干の突き上げ感を感じたが、不快と感じるほどではなく、これは路面状況を認知するために、あえて適度な足裏感覚を残したと解釈すべきだろう。

「Flight VECTIV」は、本来トップレベルのトレイルランナーのために開発されたシューズであるが、足の保護性も十分に確保している。ある程度のレベルのランナーなら、比類なき推進力や抜群の着地安定性といった、このシューズが保持する機能性の高さを享受できる気がする。

個人的には、岩場などのテクニカルな場所よりも、ゆるやかなアップダウンを走り続けられるトレイルコースにピッタリなシューズであり、こういった感じのコースをランナーおのおのの好きなペースでクルージングするように走ると、最高に楽しむことができると思った。これまで走った場所で言えば、アメリカのカリフォルニア州サンタバーバラの丘陵地やオレゴン州ポートランドの「フォレストパーク」が、まさにそれに当てはまる。

本モデルは、トップレベルのトレイルランナーのために開発されたシューズだが、個人的にはこんな感じのゆるやかなアップダウンのあるコースを、自分のペースで長時間走ってみたいと思わせるシューズだった

本モデルは、トップレベルのトレイルランナーのために開発されたシューズだが、個人的にはこんな感じのゆるやかなアップダウンのあるコースを、自分のペースで長時間走ってみたいと思わせるシューズだった

あと、アウトソールの刻みはそこまで深くないので、舗装路の走行でも不快な感じはまったくなし。実際、出発時間が間近に迫ったJR中央線「青梅特快」に乗るために、アスファルトの道路をザ・ノース・フェイスの着るバックパック「TR10」を背負い、5分20秒/kmほどのペースで1km以上走ってみたが、自然にストライドが伸びるような感覚で快適そのもの。「『湘南国際マラソン』が開催されることになっていたら、このシューズで走ってもよかったかも……」と思えるほど、オンロードにおいても快適な走行感だったのだ。ロングのトレイルレースでは、一部区間が「ハードパック」と呼ばれる硬くフラットな土の路面や、舗装路だったりすることも珍しくないが、このシューズのアウトソールなら難なく対応してくれるだろう。

【まとめ】ザ・ノース・フェイスのシューズコレクションを牽引する!

これまでザ・ノース・フェイスのシューズコレクションは、ウェアやギアと比較すると、存在感が薄いのは否めなかったが、このプロダクトがリリースされたことによって、そのイメージは払拭されそうだ。28,050円という価格のために購入できるランナーは限られるかもしれないが、「Flight VECTIV」以外に「VECTIV Infinite」や「VECTIV Enduris」といった価格を抑えたバリエーションも用意されており、競技レベルや好みによってセレクトできるのもうれしいところだ。

南井正弘

南井正弘

ランニングギアの雑誌・ウェブメディア「Runners Pulse」の編集長。「Running Style」などの他媒体にも寄稿する。「楽しく走る!」をモットーにほぼ毎日走るファンランナー。フルマラソンのベストタイムは3時間52分00秒。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スポーツシューズのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る