ゴルフの楽しさ伝えます
ナイキ「エアマックス 90G」をテスト

ゴルフ版の「エアマックス」は、コースで履いて普通にプレーできるのか!?

ナイキ「エアマックス」、言わずと知れた人気スニーカーであるわけですが、それがゴルフシューズとして派生したと聞いて、不肖ゴルフ部員N、練習場からコースも含めてテストしてまいりました。

ナイキ「エアマックス 90G」

ナイキ「エアマックス 90G」

ゴルフシーンをカジュアルに

近年、スニーカータイプのゴルフシューズが各メーカーから登場し、そのカジュアルなルックスで人気を博しております。ゴルフシューズに求められる特有の性能は、主に、ソールのグリップ力、ひねりに対する堅牢性、そして防水性能。これらを高次元で両立すると、デザインは割とゴツめになってしまうのですが、スニーカータイプのゴルフシューズは、それらをある程度の水準でクリアしながら、ゴルフシーンにおいてもカジュアルかつファッショナブルな装いを可能にするという“新たな機能”を装備した、と言えるのかもしれません。

ナイキ「エアマックス 90G」もまさにそれ。大人気となったスニーカー「エアマックス 90」のデザインを崩さず、ゴルフシューズとしての機能を盛り込んだシューズです。モデル名末尾の「G」はゴルフのG。ナイキはかつて、こちらも人気のスニーカー、「エアフォース 1」のゴルフバージョン「エアフォース 1G」を発売したことがありますが、エアマックス 90Gもそのコンセプトを汲むモデルと言っていいと思います。

では、このストリートのファッションアイテムをゴルフ用にどうリメイクしたのか、見ていきましょう。

ルックスは、エアマックス 90そのもの。細かな部分の形状や縫製にオリジナルと異なる部分もありますが、遠くから見ればほぼ同じです。

筆者のような中年には懐かしく、若人には新しく感じる(はずの)デザイン。アイコニックな“エアー”の部分も忠実に再現

筆者のような中年には懐かしく、若人には新しく感じる(はずの)デザイン。アイコニックな“エアー”の部分も忠実に再現

ゴルフ用に新たにデザインされたソール。オリジナルとなったエアマックス 90に使用された「ワッフルアウトソール」からインスピレーションを得たそうです

ゴルフ用に新たにデザインされたソール。オリジナルとなったエアマックス 90に使用された「ワッフルアウトソール」からインスピレーションを得たそうです

スイングの力を受け止めるソールはかなりの剛性を持っています。力を込めてひねっているのですが、シューズ全体が変形してしまうことはありませんでした

スイングの力を受け止めるソールはかなりの剛性を持っています。力を込めてひねっているのですが、シューズ全体が変形してしまうことはありませんでした

防水性能をチェック。筆者は念のため使用前に防水スプレーを吹いておいたのですが、水を垂らすとご覧の通り。豪雨の時に履くことはほぼないでしょうから、コースでのプレー時、小雨に降られたり湿ったラフに入ったりした時に必要な防水性能は持っていると言えます

防水性能をチェック。筆者は念のため使用前に防水スプレーを吹いておいたのですが、水を垂らすとご覧の通り。豪雨の時に履くことはほぼないでしょうから、コースでのプレー時、小雨に降られたり湿ったラフに入ったりした時に必要な防水性能は持っていると言えます

芝の上での着用イメージ。ひと昔前ならゴルフにスニーカーを履くなどもってのほかと言われることもありましたが、今では完全に市民権を得たと言っていいでしょう

芝の上での着用イメージ。ひと昔前ならゴルフにスニーカーを履くなどもってのほかと言われることもありましたが、今では完全に市民権を得たと言っていいでしょう

練習場とショートコースで履いてみた

次に、実際にエアマックス 90Gを履いて、ボールを打ったり、コースをプレーしたりしてみました。

まずは練習場でボールを打ってみましたが、人工芝のマットの上ではかなり強力なグリップを発揮。フットワークをじゃましない性能は高く評価できます。屋外打席などによくあるゴムマットが湿った場合などには少し注意が必要だと思いますが、スニーカーやランニングシューズの類とは比較にならない足裏のトラクションを得られます。

サイズ感ですが、筆者はナイキのランニングシューズを持っており、それと同じサイズを選んだところピッタリでした。幅が少し狭いので、足幅が広い人は普段より0.5〜1cmサイズアップするといいかもしれません。

マットの上でのグリップ力は文句なし

マットの上でのグリップ力は文句なし

トラクションが強いので、脚の力を上体にしっかり伝えてくれます(もちろん、プレイヤーの技量によりますが……)

トラクションが強いので、脚の力を上体にしっかり伝えてくれます(もちろん、プレイヤーの技量によりますが……)

次に、ショートコースでプレー。
結論から述べると、何の問題もありませんでした。家から履いて行き、履き替えることなくプレーして帰路につけるため、ゴルフシューズを持参して2回履き替える手間を考えると、こちらエアマックス 90Gのほうが便利なように思います。

取材時には芝は枯れていましたが、ショット時のグリップ力は文句なし

取材時には芝は枯れていましたが、ショット時のグリップ力は文句なし

スパイクレスですが、このトラクションは見事。傾斜地でも踏ん張りがききます

スパイクレスですが、このトラクションは見事。傾斜地でも踏ん張りがききます

バンカーショットも問題なし。ホントに、スパイクレスとは思えませんでした。ただ、アドレス時にシューズを砂にグリグリ埋め込むのには心理的な抵抗がありました。汚れるの、イヤだもの……笑

バンカーショットも問題なし。ホントに、スパイクレスとは思えませんでした。ただ、アドレス時にシューズを砂にグリグリ埋め込むのには心理的な抵抗がありました。汚れるの、イヤだもの……笑

コースで履いて18ホールをプレー

練習場とショートコースでの使用に何の問題もないことがわかったので、今度はコースで着用して18ホールをプレーしてきました。

ソフトスパイクのシューズよりも着用感は軽く、その引き替えとしてグリップが若干劣るかな、といった感じで、プレーには(もちろんスコアにも)ほとんど影響がないと思います。プレーしたコースのバンカーは砂が多くフカフカの状態でしたが、いつものソフトスパイクのシューズと変わらないショットが打てました。

なお、エアマックス登場時に話題となった、かかとの「エア」ですが、コース内ではあまり走ったり跳んだりしないので、その効果はさほど感じなかった……と言うのが本音のところです。

あと、ちょっと注目されている(ような自意識を感じられる)ところも小さなポイント。実際、ゴルフ用具に詳しい知人には朝イチで「あ、エアマックス!」と指摘されました。

地面をしっかりつかみ、スイングをしっかり支えてくれた感じがします。ウェットな環境や夏芝でも試してみたく思いました

地面をしっかりつかみ、スイングをしっかり支えてくれた感じがします。ウェットな環境や夏芝でも試してみたく思いました

プレー中のソールの様子。全面でグリップする感じ。とはいえ絶対的なグリップではソフトスパイクのシューズにかないませんし、トーナメントプレーヤーの試合での着用事例もほとんどないので、シビアなコンディションでの競技などに出場される向きには普通のスパイクありシューズの着用を推奨します

プレー中のソールの様子。全面でグリップする感じ。とはいえ絶対的なグリップではソフトスパイクのシューズにかないませんし、トーナメントプレーヤーの試合での着用事例もほとんどないので、シビアなコンディションでの競技などに出場される向きには普通のスパイクありシューズの着用を推奨します

晴天の18ホールを終えて、目立つ汚れはほとんど付着しませんでした。お手入れを怠らなければ長くキレイに履けそうです

晴天の18ホールを終えて、目立つ汚れはほとんど付着しませんでした。お手入れを怠らなければ長くキレイに履けそうです

コースのドレスコードには注意が必要

かように、コースでのプレーに十分使えることがわかったエアマックス 90Gですが、少し注意が必要なこともあります。まず、ショートコースでは「家から履いて行けちゃう」と述べましたが、ゴルフコースによってはグリーン保護のためにコース専用のシューズ着用が推奨されるところがあります。これは、コース外からの雑草の種や虫の卵などの侵入を防ぐため。エアマックス 90Gをゴルフコース外で使った後にコースで履くなら、ソールを清掃し、ロッカールームで履き替えるべきでしょう。

また、ドレスコードで来場の際のスニーカー着用を禁じているコースもあります。ゴルフシューズだからと言ってスニーカーベースのシューズでそういうコースのクラブハウスに入るのは避けたいところです。できれば、そういうコースに行くときは、コース内での着用に対して事前に確認しておくほうがベターかもしれません。

また、ウェアの全体的なバランスにも注意が必要。エアマックス 90Gを履いているだけでかなりカジュアルに見えるので、オシャレさんならシャツやボトムスのチョイスに気を使いたいところです。

と、最後は少しネガっぽいことも書いてしまいましたが、総括すると、オシャレで機能も言うことのないすぐれたゴルフシューズです。「ちょっとモノにこだわってる感」も醸し出せるため、クラブやゴルフギア、ウェアに一家言あるプレーヤー像を演出することが可能。ギア好きは一足持っていると面白いアイテムであることは間違いないでしょう!

ゴルフ部員N(編集部)

ゴルフ部員N(編集部)

80台で回ったかと思えば、突然100打ったりするゴルフ部員。得意なクラブは強いて言えばミドルアイアン。苦手なドライバーとパッティングを安定させるべく、練習器具を漁る日々です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スポーツシューズのその他のタグ
ページトップへ戻る