スニーカー“最旬足報”
ナイキ「ナイキ エア マックス 95/KIM JONES」

「ナイキ エア マックス 95/キム・ジョーンズ」は“ただのコラボモデル”ではなかった!

1995年に初代モデルが登場し、当時のハイテクスニーカーブームを牽引したスニーカーと言えば、「ナイキ エア マックス 95」ですよね! 当時は、リーボックの「インスタ ポンプフューリー」とともに価格が爆上がりし、まだ少年だった筆者にはとても手の出せる代物ではありませんでした……。「ナイキ エア マックス 95」の中でも、通称“イエローグラデ"カラーはハンパないプレミアム価格で、“エア マックス狩り”なんて事件まで起きるなど、社会現象も巻き起こした伝説のスニーカーです。

もちろん、「ナイキ エア マックス 95」は今でも人気が高く、常に継続モデルが登場し続けています。そんなナイキを代表するアイコニックモデルと、世界的人気デザイナー、キム ・ジョーンズとのコラボレーションという、とってもスペシャルなモデルが今春投入されました!

「ナイキ エア マックス 95/KIM JONES」。「アトモス」での販売価格は、26,400円(税込)

「ナイキ エア マックス 95/KIM JONES」。「アトモス」での販売価格は、26,400円(税込)

キム・ジョーンズのセンスで名作がさらにブラッシュアップ!

今回、ナイキとタッグを組んだキム・ジョーンズとは、イギリス出身のファッションデザイナー。これまでに、「アンブロ」や「アレキサンダー・マックイーン」、「ダンヒル」などでデザイナーを務めたほか、「ルイ・ヴィトン」や「ディオール オム」のクリエイティブディレクターを務めたことでも知られる、まさにファッション界の世界的重鎮です。ちなみに、同氏は、ナイキを始めとするスニーカーコレクターとしての一面もあり、これもコラボレーションが実現するきっかけになったと言えるでしょう。

そんな同氏のセンスが発揮された今作では、「エア マックス 95」の最大の特徴と言える、複数のレザーで折り重なるように構成されたサイドパネルや、シューレース周りのメッシュにおいて、コラボレーションモデルならではのアレンジがちりばめられています。

人体をモチーフにしたというサイドパネルには、レーザーカットによるベンチレーションをまるでモールス信号のようなパターンで施しており、通気性を高めています

人体をモチーフにしたというサイドパネルには、レーザーカットによるベンチレーションをまるでモールス信号のようなパターンで施しており、通気性を高めています

シューホールのテープは、オレンジとブラックのツートーンカラーでアレンジ。同モデルの「ライトニングボルト」カラーを連想させる、ビビッドなアクセントに

シューホールのテープは、オレンジとブラックのツートーンカラーでアレンジ。同モデルの「ライトニングボルト」カラーを連想させる、ビビッドなアクセントに

ヒール部分には、スウッシュとともに、コラボレーションの証しとも言えるキム・ジョーンズのロゴをしっかりとオン

ヒール部分には、スウッシュとともに、コラボレーションの証しとも言えるキム・ジョーンズのロゴをしっかりとオン

「ビジブルエア」など、ミッドソールの機能は継承

また、「エア マックス 95」シリーズのもうひとつの魅力である、ミッドソールにも注目しましょう。同シリーズは、後足部分の「ビジブルエア」に加え、当時「エア マックス」シリーズにおいて初めて前足部にも「ビジブルエア」を搭載。最上級の衝撃吸収性と反発性を確保していました。もちろん本作で、その機能性はしっかりと継承されています。

ミッドソールの「ビジブルエア」は、前足部と後足部に搭載されており、すぐれたクッショニングと反発力を発揮します

ミッドソールの「ビジブルエア」は、前足部と後足部に搭載されており、すぐれたクッショニングと反発力を発揮します

アウトソールは、「エア マックス」シリーズ伝統のラバー製ワッフルソールを採用。高いグリップ力と耐久性を兼ね備えています

アウトソールは、「エア マックス」シリーズ伝統のラバー製ワッフルソールを採用。高いグリップ力と耐久性を兼ね備えています

ただのコラボレーションモデルではなかった!

「ナイキ エア マックス 95/KIM JONES」は、同シリーズの特徴的ディテールをしっかりと継承しながら、キム・ジョーンズのセンスがしっかりと生かされています。しかも、通常のコラボモデルにありがちなカラーアレンジやダブルネームなどのルックスの変更に留まらず、アッパーにベンチレーション機能を加え、快適性をより高めています。初夏の季節にピッタリな1足です。

1990年代のデザインらしく、ボリューム感のあるフォルムと目をひく配色で、クロップド丈パンツとも好相性!

1990年代のデザインらしく、ボリューム感のあるフォルムと目をひく配色で、クロップド丈パンツとも好相性!

●取材協力/「アトモス」
https://www.atmos-tokyo.com/

本間新

本間新

ファッションを中心にさまざまな雑誌やWeb媒体で執筆を行っているエディター/ライター。なかでもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る