デキる人はこれを背負う!
Vo.4 ブリーフィング「TR-3 M MW」

超実用的な収納力! ブリーフィングのヘビーデューティーな「3層×3WAYバッグ」

多彩な持ち方が可能で、根強い人気を誇る3WAYバッグは、2000年代以降からビジネスシーンに受け入れられ始め、種類も大きさもさまざまなモデルが生まれてきた。

そうした中、収納性に強いこだわりをもって開発されたのが、ブリーフィングの「モジュールウェア コレクション」に属する「TR-3 M MW」だ。多彩な外ポケットと3層ものメイン収納を備え、日常から出張までをカバーする。

ブリーフィング「TR-3 M MW」。公式サイト価格は51,700円(税込)

ブリーフィング「TR-3 M MW」。公式サイト価格は51,700円(税込)

ブリーフィングらしいヘビーデューティーなデザイン

ブリーフィングらしいヘビーデューティーなデザイン

B4の書類も余裕で入る実用的なサイズ感!

ミリタリズムを追求し、機能美にあふれるバッグを展開してきたブリーフィング。ウェビングテープの端に取り付けられたレッドラインがひとつの象徴で、街で見かけたことがあるという人も多いだろう。1998年に誕生するや否や、タウンユースで絶大な支持を獲得。その勢いはビジネスシーンにも広まり、仕事で使える3WAYバッグも人気モデルのひとつとなっている。

今回紹介する「モジュールウェア コレクション」の「TR-3 M MW」は、今の時代に求められる「スマート収納」がコンセプト。ビジネスシーンや出張で必要とされるアイテムを、快適に収納できるようにデザインされている。

それでは基本仕様からチェックしてみたい。

サイズは、33(幅)×46(高さ)×16(奥行)cm。B4サイズ対応で、容量は約21.6L。日常利用には十分な大きさで、いつも商品サンプルや営業資料を持ち歩いているような職種にも適している。

サイズは、33(幅)×46(高さ)×16(奥行)cm

サイズは、33(幅)×46(高さ)×16(奥行)cm

重量は、約1.66kg。ビジネスリュック全般の傾向から考えると、決して軽いほうではないが、後述するように多彩な収納を備えている点を考慮すると、「うまく切り詰めている」と言えるレベルだ。

重量は、約1.66kg

重量は、約1.66kg

生地は、「コーデュラリップストップナイロン」を採用。これは、高い強度を誇りながら、より上品かつ洗練された質感を実現したという素材だ。タフなうえに軽量なのも特徴で、「収納が豊富=生地量が多い」のにもかかわらず、重量が約1.66kgに抑えられているのは、この生地によるところが大きい。

生地は、強靭な「コーデュラリップストップナイロン」を採用

生地は、強靭な「コーデュラリップストップナイロン」を採用

また、3WAYであるため、背負うリュックスタイルだけでなく、手持ちや肩かけで利用することもできる。

手持ちのブリーフスタイルも可能

手持ちのブリーフスタイルも可能

ビジネスツールを整理整頓できる驚きの収納性能!

「TR-3 M MW」の最大の魅力である、収納性についてじっくり見ていこう。

B4サイズ対応と公称しているように、内部の広さはかなりゆとりがある。B4サイズの書類を入れるためのファイルケースや角型0号(横28.7×縦38.2cm)も余裕で収まった。

B4サイズの書類も余裕で入る

B4サイズの書類も余裕で入る

そして最大の魅力は、3つのメイン収納が用意されていることだ。正面側から1、2、3と番号付けして解説していく。

なお、以下で掲載する写真は、「写っているツールがすべて入る」のではなく、「こうした類のツールの収納に向いている」ことを示している。

厚みや仕様の異なる3層のメイン収納を採用

厚みや仕様の異なる3層のメイン収納を採用

メイン収納1

メイン収納1

メイン収納1

半開式ファスナーが使用され、多彩なポケットを備えているためビジネスツールを集約できるスペース。スマートなビジネススタイルを志向している人ならば、大抵の荷物はここだけで済んでしまうかもしれない。

●ポケット×2(写真・赤)
正面側に取り付けられた、B5サイズ対応のポケット。バイブルサイズの手帳やグルーミングキット、デジカメなど、やや大きさのある小物の収納に向く。【SPEC】留め具/ファスナー、内寸/横32×縦22.5cm、間口/21cm

●ポケット(写真・青)
クッション材を使用し、タブレット収納を想定したスペース。11インチの「iPad Pro」も収納できた。手帳を収めるのにもいい。【SPEC】留め具/ホックボタン、内寸/横27×縦18.5cm

●ジップポケット(写真・黄)
バッグのサイズとほぼ同等の大型ポケット。書類や雑誌など、収納物は自由。【SPEC】留め具/ファスナー、内寸/横32×縦45cm、間口/42cm

●ジップポケット×2(写真・緑)
収納したモノを外側から確認できるメッシュ仕様。さらに、内部にはそれぞれ2つの内ポケットを搭載している。ストレッチ生地が使われており、荷物をホールドしやすい。【SPEC】留め具/ファスナー、内寸/横12×縦24.5cm、間口/23cm

メイン収納2

メイン収納2

メイン収納2

本モデルにおいて最大容量を誇るスペース。スーツケースのように観音開きによるフルオープンが可能で、モノを収納させやすい。

●ジップポケット(写真・赤)
大型ポケットで、用途は多彩。万一にも紛失したくない書類やパスポートなどの収納に。【SPEC】留め具/ファスナー、内寸/横32×縦45cm、間口/42cm

メイン収納3

メイン収納3

メイン収納3

L字ファスナーで開閉できるスペースで、クッション材を施したPCスリーブも搭載。

●PCスリーブ
15インチ程度までのPCを収納可能。【SPEC】留め具/ホックボタン、内寸/横31×縦44cm

正面

正面

正面

本モデルにはさらに、正面にも2つのポケットを搭載。その内部にもそれぞれポケットが備わっており、仕分けも可能だ。ひんぱんに出し入れする小物類は、ここにしまっておきたい。

●ジップポケット×2(写真・赤)
A5サイズに対応しており、メモ帳や電卓など、そこそこの大きさの小物も十分収納できる。【SPEC】留め具/ファスナー、内寸/横28×縦22cm、間口/19cm

なお、正面ポケットのうち、向かって左側のほうには着脱式キーホルダーが備わっており、絶対になくしたくないカギやUSBメモリーなどを装着できる。

着脱式キーホルダーも装備

着脱式キーホルダーも装備

「TR-3 M MW」のここがよかった!

ここがよかった!01/圧倒的な収納性能でスマートなビジネススタイルを促進!

同コレクションの狙いどおり、その収納性の高さには格別に光るものがあった。

その魅力を端的に表しているのが、メイン収納1だ。大きさや仕様が異なるポケットが複数用意されているので、1度定位置を決めておけば迷うことなく目的のツールを取り出すことができる。しかも、タブレットPCの収納を目的としたクッション材付きポケットであったり、ケーブルやドングルなど、煩雑な(それでいて、なくては困る)周辺機器の存在がわかりやすいメッシュポケットであったりと、デジタルデバイスを考慮した仕様になっているのは、時代を感じるポイントだ。

デジタルツールを収納しやすいメイン収納1

デジタルツールを収納しやすいメイン収納1

PCを収納するメイン収納3も、L字ファスナーで大きく開閉できるため出し入れしやすく、ストレスがなかった。特によかったのが、PCスリーブの留め方だ。一般的な面ファスナー付きストラップではなく、コーナーに被せるようにしてホックボタンで留める仕様を採用している。これは、中のPCを取り出そうとした時に、自然と手がくる位置にあり、流れるような動作でPCを取り出せた。この留め方は、メイン収納1のタブレットポケットでも採用されている。

メイン収納3は、L字ファスナーでPCを取り出しやすい

メイン収納3は、L字ファスナーでPCを取り出しやすい

ホックボタン仕様の留め具も使いやすかった

ホックボタン仕様の留め具も使いやすかった

ここがよかった!02/汎用性が高く、さまざまなシーンに使える!

すぐれた収納性だけでなく、容量も大きいため、1〜2泊の出張にも対応可能だ。出張時に特に活躍するのがメイン収納2で、宿泊先においてフルオープンで広げられるので、目的の荷物をすぐに見つけられる。下の写真のように、短靴と着替え数枚であれば、余裕でしまうことができた。

フルオープンできるメイン収納2は、出張にも役立つ

フルオープンできるメイン収納2は、出張にも役立つ

また、背面にはキャリーバーを通すためのナイロンテープを装備。面ファスナーで固定できるので、安定して持ち運べる。

背面にはキャリーバー通しを装備

背面にはキャリーバー通しを装備

また、拡張性という意味では、アイコニックなディテールとなっている正面のモールシステムを実用する手もある。ナスカンやフックなどの専用の小道具を使えば、収納をプラスすることが可能だ。折りたたみ傘やアウターを吊しておくのもいい。

モールシステムも実用的だ

モールシステムも実用的だ

ここがよかった!03/使い心地まで考え込まれている!

実際に使用する際は、背負い心地も重要だ。特に3WAYモデルの場合、ハーネスが簡易なデザインでまとまっているケースもあるが、「TR-3 M MW」は異なる。ゆるやかにラウンドさせているもので、身体のラインにフィット。チェストストラップまで備えており、肩からずり落ちてしまうのを防いでくれる。

身体にフィットしやすいハーネスレイアウト

身体にフィットしやすいハーネスレイアウト

また、クッション性も高く、身体に当たる面には通気性のあるメッシュ生地を採用。ストラップの後端がジャマにならないよう、ゴムでまとめられるようになっている細かな仕様も好印象だった。

クッションやゴムなどのデキも確か

クッションやゴムなどのデキも確か

「TR-3 M MW」のここが気になった!

ここが気になった/荷物によっては型崩れが気になる

3層構造やライトウェイト生地の採用による軽量化は、実用面で大きなメリットをもたらしたが、その功罪と思われるのが型崩れの心配だ。生地は比較的薄手で、ハードな芯材も使われていないため、荷物にかたよりがあったり、重いモノを入れたりすると、型崩れが起きてしまう。元々ミリタリー由来で機能性重視のブランドであるから、「どんな状況でも美観を保つ」ことが第一義ではないが、気になる人は荷物の重量バランスを考慮して収納してほしい。

荷物のバランスや重さによっては型崩れも……

荷物のバランスや重さによっては型崩れも……

【まとめ】パワフルに仕事するビジネスパーソンの強い味方だ!

デジタルデバイスの普及とビジネスのスマート化を強く意識した収納構造は、現代の多くのビジネスパーソンにとって魅力的なものであるに違いない。それに、いくらスマート化が進んできているとはいえ、商品サンプルや各種資料など、一定量の荷物を持ち歩かなくてはならない職種やシーンはいまだ存続しており、これだけの容量があれば、サブバッグを持つ必要もなくなるはずだ。ミリタリー由来のヘビーデューティーなデザインも男心をくすぐるもので、ビジネスの“戦友”として頼れる存在になるに違いない。

横山博之

横山博之

カバン、靴、時計、革小物など、男のライフスタイルを彩るに欠かせないモノに詳しいライター。時代を塗り替えるイノベーティブなテクノロジーやカルチャーにも目を向ける。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る