ゴルフの楽しさ伝えます
シニアだけのクラブじゃない

アスリートも振れる長尺は珍しい! マジェスティ「ロイヤル ドライバー」

オグさんですっ!
今回はマジェスティ「ロイヤル ドライバー」をちょっと長くお借りできましたので、ドライビングレンジ、コースとそれぞれのシチュエーションでたっぷり試打させていただきました。

マジェスティ「ロイヤル ドライバー」

マジェスティ「ロイヤル ドライバー」

マルマンがマジェスティに社名を変更

マジェスティは、高性能で高級なブランドとしてゴルフを長くたしなむ方に広く認知されています。元々は「マルマン」というメーカーが1ブランドとして展開していたのですが、2018年にマルマンがメーカー名を「マジェスティゴルフ」と改名し、ブランド自体が会社名になっています。

発足当時のマジェスティは、「エグゼクティブなシニア層が満足できる性能と高級感を持ったやさしいクラブ」というポジションでした。しかしここ近年、高級感はそのままに、やさしさだけでなくアスリートも使えるよう、性能に幅を持たせた総合ブランドとして、進化を続けているのです。

「ロイヤル」は、そんなマジェスティの最新モデル。ゴルファーのポテンシャルを最大限に引き出すクラブとして開発された意欲作です。その花形であるドライバーはどんな仕上がりになっているのか、ジックリ見ていきましょう。

ソールのデザインは比較的シンプルですが、仕上げは非常に凝っていて高級感にあふれています。ソールはスモークがかかったミラー仕上げになっており、光の当たり加減によってさまざまな色合いを見せてくれます

ソールのデザインは比較的シンプルですが、仕上げは非常に凝っていて高級感にあふれています。ソールはスモークがかかったミラー仕上げになっており、光の当たり加減によってさまざまな色合いを見せてくれます

クラウンの塗装も凝っていて、ブラックではなく深いブルーにグラデーションが乗った美しい仕上がり

クラウンの塗装も凝っていて、ブラックではなく深いブルーにグラデーションが乗った美しい仕上がり

「3Dウェイブフェイス」と呼ばれる3次元局面構造の採用と、CNC加工の精度を高めることによって、ルール限界に近い反発力と広い反発エリアの獲得を実現させています。見た目も美しいですね

「3Dウェイブフェイス」と呼ばれる3次元局面構造の採用と、CNC加工の精度を高めることによって、ルール限界に近い反発力と広い反発エリアの獲得を実現させています。見た目も美しいですね

クラウンにカーボンを使用し、ヘッド後方に向かって徐々に角度をつけた形状で、適度な深さと徹底した低重心化を図っています。ロフト角の違いで、重心距離、重心深度、フェース角を変える「ロフト別設計」を採用しているのもポイントのひとつ

クラウンにカーボンを使用し、ヘッド後方に向かって徐々に角度をつけた形状で、適度な深さと徹底した低重心化を図っています。ロフト角の違いで、重心距離、重心深度、フェース角を変える「ロフト別設計」を採用しているのもポイントのひとつ

ヘッドのロフト別設計のほか、幅広いゴルファーに対応するため複数のシャフトを用意しています。やわらかめのフレックスR2からSRまでは、しなやかにヘッドを走らせてくれる「LV-540」というシャフトを用意。ある程度自分で振れて、たたいていけるゴルファーにはフレックスTOUR Sと言うスペックで「LV-540 TOUR」を別で用意しています

ヘッドのロフト別設計のほか、幅広いゴルファーに対応するため複数のシャフトを用意しています。やわらかめのフレックスR2からSRまでは、しなやかにヘッドを走らせてくれる「LV-540」というシャフトを用意。ある程度自分で振れて、たたいていけるゴルファーにはフレックスTOUR Sと言うスペックで「LV-540 TOUR」を別で用意しています

フレックスRは43m/sまで対応しそう

個人的に、マジェスティと聞くと仕上げの美しいシニア向けクラブという印象がありました。ですがこのロイヤル、実物を見ると鈍く青光るヘッドがなかなかスポーティーで、シニア向けという感じは受けません。

構えた印象も、投影面積は大きめですがきれいな丸形の輪郭。鈍重な感じはなくシャープに振るイメージが湧きやすいです。練習場、コース、どちらでも試しましたが、太陽光に照らされたヘッドはとてもきれいで、所有感を満たしてくれますね!

お借りしたスペックはフレックスR・10.5°と、フレックスTOUR S・9.5°の2本。ともに46.5インチの長尺仕様です。
フレックスRからヘッドスピード40m/sぐらいで試打スタート。非常にしなやかなシャフトで、ヘッドの存在を感じながら振れるバランスのよさを感じます。クラブ重量265gと非常に軽く仕上げられているので、パワーのない方でも楽に振れそうです。弾道は、高弾道でビッグキャリーが期待できますね。

しっかりボールをつかまえてくれますが、お助けクラブにありがちな極端なつかまり性能ではなく、ミスしても想定外の弾道になりづらい安定感の高い仕上がりです。

驚いたのがシャフトの懐の深さ。フレックスRでありながら結構なヘッドスピードでもつぶれることなく、ちゃんと付いてきてくれます。43m/s程度ならちょっとスピン量が増える程度で十分使える印象。ミート率もそんなに下がりませんでした。

“たたける長尺”が欲しいならTOUR S・9.5°

続いてTOUR S・9.5°をテスト。こちらもヘッドスピード40m/s程度で振ってみましたが、明らかにシャフトの挙動が違います。シャキッとしているというか、しなる量が小さく、頼りがいのある強さを感じましたし、46.5インチという長さを感じさせません。

9.5°ということもあってライナー性の強い弾道が飛んでいきます。10.5°と比べてつかまりがやや抑えられ、さらに振っていける仕様になっています。43m/s程度で振ってみてもシャフトの挙動は変わらず、まだまだ振っていけそう。46m/sぐらいまでは楽に許容してくれるでしょう。ライナー性の軽いドロー系のまま、飛距離だけが伸びていくイメージ。たたける長尺が欲しい方に真っ先に進めたい仕上がりです。

46.5インチと長いのに、頼りなさなし! TOUR Sはさらにしっかりしていてビュンビュン振り回せるのに、ガチガチではなく、ちゃんとタイミングが取れます。これは、単体で販売できるぐらい完成度の高いシャフトです!

46.5インチと長いのに、頼りなさなし! TOUR Sはさらにしっかりしていてビュンビュン振り回せるのに、ガチガチではなく、ちゃんとタイミングが取れます。これは、単体で販売できるぐらい完成度の高いシャフトです!

Rでさらっと振っても普段より飛んでいた

後日、コースに2本持ち込んで実際に試してみました。個人的に長尺は苦手でミート率が不安でしたが、1発勝負のコースでもどちらも不安なく、振り切ることができました。ヘッドのミスへの強さもありますが、完成度の高いシャフトによるところが大きいです!

自身のクラブは45インチでしっかり振っていく仕様にしてあるのですが、ロイヤルはフレックスRでサラッと振っても、普段届かないところまで飛んでいました……TOUR Sは自身のクラブと同じぐらい強振してもしっかり付いてきてくれ、これまたビッグドライブを連発! 距離の長いコース用に欲しくなりましたよ。

自分が頑張らなくても飛距離を出しやすいが、振り抜きにくいという欠点を持つ長尺。それを、ここまで楽に振り切れるように仕上げているのに、正直驚きました……!

自分が頑張らなくても飛距離を出しやすいが、振り抜きにくいという欠点を持つ長尺。それを、ここまで楽に振り切れるように仕上げているのに、正直驚きました……!

フレックスRのデータ。ヘッドスピードは43m/s出ていますが、45インチぐらいの長さで41m/sぐらいのイメージでの数値。しっかり高さが出て、軽いドローボールが楽に打てました。スピンがやや多いのですが、効率的にはとてもよい弾道です

フレックスRのデータ。ヘッドスピードは43m/s出ていますが、45インチぐらいの長さで41m/sぐらいのイメージでの数値。しっかり高さが出て、軽いドローボールが楽に打てました。スピンがやや多いのですが、効率的にはとてもよい弾道です

TOUR Sのデータ。こちらも、45インチで41m/sぐらいのイメージで振ったデータです。フレックスR比べてスピンが減り、飛距離が伸びています。振れば振るだけ飛距離が伸びる感じでした。長尺でこういったクラブは珍しいです

TOUR Sのデータ。こちらも、45インチで41m/sぐらいのイメージで振ったデータです。フレックスR比べてスピンが減り、飛距離が伸びています。振れば振るだけ飛距離が伸びる感じでした。長尺でこういったクラブは珍しいです

価格に納得できれば飛距離は伸びる!

マジェスティ「ロイヤル ドライバー」は、ブランドに恥じない美しい容姿を持ちながら、幅広いゴルファーを飛ばし屋に変身させる飛距離性能を持ったクラブでした。長尺仕様は、飛距離性能を高めやすいのですが、クラブとしてのバランスを保つのが難しいという欠点があります。その欠点をしっかりと作り込んだ純正シャフトで補って、クラブとして絶妙なバランスに仕上げています。

長尺が苦手な方には45.5インチの仕様もラインアップしており、非常に幅広いゴルファーに対応したモデルと言えるでしょう。

真っ向からぶつかるライバルと呼べるクラブは、実質ないでしょう。強いてあげるならフレックスRやSRは、ダンロップ「ゼクシオ イレブン」やオノフ「赤」、ヤマハ「インプレスUD+2」になるでしょうか。TOUR Sはタイトリスト「TSi1」やテーラーメイド「SIMグローレ」といったところ。特性の異なるクラブがライバルたりえるくらい、マジェスティ「ロイヤル」は1モデルで幅広いゴルファーに対応しているという印象を受けました。

ひとつ欠点を上げるならば、10万円近い実売価格。これだけの高性能なら致し方ないとは思いますが、いざ購入となると、やっぱり普通はちゅうちょする価格設定だと思いました……。

取材協力:千葉バーディクラブ
写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る