スニーカー“最旬足報”
ニューバランス「CM1700 B1」を試し履き!

2万円切り! ニューバランス「1000番台」の最終モデル「1700」がアジア製で復活

ニューバランスはここ最近、話題作を連発しています。元々「メイド イン U.S.A.」だったモデルをアジア製で復刻させた「2002」は、発売された途端に即完売し、またその後に発売された別カラーバージョンも即完売しました。「ナイキ ダンク」のオリジナルカラーの復刻など、ナイキのニュースが何かと目につく昨今ですが、実はニューバランスの熱も上がりまくっているのです。

そんな中、ニューバランスの“アジアンメイド復刻”はこれまで「2002」ばかりで行われていましたが、このたび、多くのニューバランスファン待望の「1700」からも、“アジアンメイド復刻”がついに登場しました。

ニューバランスの「CM1700 B1」。 「アトモス」での販売価格は、19,800円(税込)

ニューバランスの「CM1700 B1」。 「アトモス」での販売価格は、19,800円(税込)

1000番台の最後を飾るフラッグシップモデル

「1700」は、「エンキャップ」や「アブゾーブ」、「エナジーカートリッジ」といった同社ならではのテクノロジーを搭載する、通称「1000番台」と呼ばれているシリーズの最終モデル。ニューバランスの力作&傑作がひしめく1000番台最後のフラッグシップモデルとも言われています。

オリジナルモデルは、発売された1999年当時の最新テクノロジーが詰め込まれたUSA製の高機能シューズなだけに高価でしたが、今作はアジア製による復刻版。USA製「1700」と同様のすぐれたソールテクノロジーを使用しながら、リーズナブルな逸品へと仕上げられているのです。

高い反発弾性を備えたクッショニング素材「アブゾーブ(ABZORB)」をミッドソールにフルレングスで搭載。抜群のクッション性と履き心地を提供してくれます

高い反発弾性を備えたクッショニング素材「アブゾーブ(ABZORB)」をミッドソールにフルレングスで搭載。抜群のクッション性と履き心地を提供してくれます

アウトソールには、新開発のラバーコンパウンド製で仕上げられた「N durance」が採用されており、耐久性も飛躍的に向上しています

アウトソールには、新開発のラバーコンパウンド製で仕上げられた「N durance」が採用されており、耐久性も飛躍的に向上しています

ライトでカジュアルな雰囲気にアレンジ

オリジナルモデルのアッパーは、合成皮革をメインとした重厚感のあるテイストだったのに対し、本作では天然由来のスエードとメッシュを組み合わせ、ライトでカジュアルな雰囲気へと仕上げられており、定番のアメリカンカジュアルはもちろん、ショートパンツなどとも相性がよいなど、着こなしの幅が広がっているのもポイントです。

オリジナルのアッパーは、シボ感のある合成皮革で重厚な質感でしたが、本作ではスエードとメッシュのコンビネーションで、ライトな表情へとアレンジされています

オリジナルのアッパーは、シボ感のある合成皮革で重厚な質感でしたが、本作ではスエードとメッシュのコンビネーションで、ライトな表情へとアレンジされています

サイドには、パンチングによるベンチレーションも備えており、高い通気性を確保

サイドには、パンチングによるベンチレーションも備えており、高い通気性を確保

ニューバランスを象徴するライトグレーでクリーンなテイストに

本作は、「1700」のアイデンティティーと言える高機能と、リーズナブルなプライスの両方を兼ね備えた、まさに高コスパなスニーカーと言えます。ニューバランスを象徴する「ライトグレー」のカラーリングも、ニューバランスファンにはうれしいポイントです。

それにしても、USA製だと価格は37,400円(税込)だったのに、アジア製だと19,800円(税込)になるとは、これは手に入れたくなっちゃいますよね。独身時代のお気楽な身分ならまだしも、2児のパパとなったワタクシとしましては、とてもうれしいです!

カラーリングは、「ライトグレー」と「ホワイト」によってシンプルにまとめられており、デニムやチノ、ジョガーパンツなど、合わせるボトムスを選びません

カラーリングは、「ライトグレー」と「ホワイト」によってシンプルにまとめられており、デニムやチノ、ジョガーパンツなど、合わせるボトムスを選びません

●取材協力/「アトモス」
https://www.atmos-tokyo.com/

【訂正とお詫び(2021年8月3日)】
本稿において、下記のとおり誤りがございました。
お詫びし、訂正させていただきます。
:オリジナルモデルのアッパーは、天然由来のレザーをメインとした
:オリジナルモデルのアッパーは、合成皮革をメインとした

本間新

本間新

ファッションを中心にさまざまな雑誌やWeb媒体で執筆を行っているエディター/ライター。なかでもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る