スニーカー“最旬足報”
ナイキ「ナイキ エア フォース 1 GTX」をレビュー!

まだ買える! 雨の日に履きたくなる「ナイキ エア フォース 1」GORE-TEXモデル

世界中で今、めちゃくちゃ売れているスニーカーと言えば、「ナイキ エア フォース 1」。

このモデルは、1982年にバスケットボールシューズとして誕生し、NBAではモーゼス・マローンを始めとするスタープレイヤーが愛用したことでも知られる傑作シューズです。1990年代には、ヒップホップ界の重鎮ラッパー、NASやDJ クラーク・ケントなどが愛用したことから、ストリートシーンでも絶大な支持を獲得。そして今や、ジャンルを問わずにカジュアルスタイルには欠かせないスニーカーのマスターピースとなりました。

そんな「ナイキ エア フォース 1」は、これまでにさまざまなカラーやアレンジのバリエーションが展開されていることでも知られています。なかでも、2019年に投入された「GORE-TEX(ゴアテックス)」バージョンは幾度か発売されていますが、そのたびに即完売! 買い逃してしまった人も多いのではないでしょうか。

そんな人に朗報です。今季再び、「ナイキ エア フォース 1」のゴアテックス仕様モデル「ナイキ エア フォース 1 GTX」が投入されました。

「ナイキ エア フォース 1 GTX」の公式サイト価格および「アトモス」での販売価格は、ともに19,250円(税込)

「ナイキ エア フォース 1 GTX」の公式サイト価格および「アトモス」での販売価格は、ともに19,250円(税込)

「ゴアテックス」で水気の侵入をシャットアウト!

「ナイキ エア フォース 1」は、2018年秋にミリタリーテイストにアレンジした「SF AF1」や「エア フォース 1 ユーティリティ」といったワイルドな無骨モデルが登場したり、近々ではサステナブルな「ナイキ エア フォース 1 クレーター」が登場したりと、とにかくバリエーションが豊富。

その中でもひと際目立つ本モデルの魅力は、何と言っても雨に強いこと。雨の日は、お気に入りのスニーカーの着用は避けたいところですが、本モデルに限ってはさにあらず。アッパーには、雨の侵入を高い撥水性能で防ぐ「ゴアテックス」素材が使われているので、天候を気にせずにガンガン履き込めちゃうってわけです。

アッパーのライナーには、「ゴアテックス」のメンブレンを搭載。雨水の侵入を防ぎ、シューズ内の環境を快適に保ってくれます

アッパーのライナーには、「ゴアテックス」のメンブレンを搭載。雨水の侵入を防ぎ、シューズ内の環境を快適に保ってくれます

ヒールのサイドには、「ゴアテックス」搭載の証とも言えるロゴがデカデカと配されて、存在感をアピール

ヒールのサイドには、「ゴアテックス」搭載の証とも言えるロゴがデカデカと配されて、存在感をアピール

アッパーは、シボ感のある肉厚で上質なレザーとメッシュ素材のコンビネーションで構成。タフながらも、高い通気性を確保しています

アッパーは、シボ感のある肉厚で上質なレザーとメッシュ素材のコンビネーションで構成。タフながらも、高い通気性を確保しています

本モデルには、シューレースにプラスチックのストッパーが付属。脱ぎ履きが簡単に行えます。ちなみに写真の丸型シューレースのほかに、グレー×ブルーの平型シューレースが付属

本モデルには、シューレースにプラスチックのストッパーが付属。脱ぎ履きが簡単に行えます。ちなみに写真の丸型シューレースのほかに、グレー×ブルーの平型シューレースが付属

「AF1」ならではの高いクッショニング性を継承!

「ナイキ エア フォース 1」は、ナイキのシューズテクノロジーを象徴するエアクッションシステム「ナイキ エア」を、ミッドソールに初めて搭載したバスケットボールシューズとしても知られています。本モデルでももちろんその機能性は継承されており、クッショニング性能の高い快適な履き心地を提供してくれます。

ミッドソールには、ヒールから土踏まずにかけて「ナイキ エア」が設けられており、着地時に高いクッション性能を発揮

ミッドソールには、ヒールから土踏まずにかけて「ナイキ エア」が設けられており、着地時に高いクッション性能を発揮

クリアな素材を使ったアウトソールには、初代モデルから変わらないトレッドパターンを採用。前足部と後足部に円形のピボットポイントにより、方向転換しやすいのが特徴です

クリアな素材を使ったアウトソールには、初代モデルから変わらないトレッドパターンを採用。前足部と後足部に円形のピボットポイントにより、方向転換しやすいのが特徴です

清潔感あふれるオールホワイトは大人の休日にピッタリ!

本モデルは、「ナイキ エア フォース 1」ならではのボリューム感あふれるシルエットと、高機能素材「ゴアテックス」が融合した逸品。カラーリングにおいては、前作では「ブラック」や「オリーブドラブ」といった無骨なカラーが採用されていたのに対して、本モデルでは「オールホワイト」で仕上げられていて清潔感も抜群です。大人の休日スタイルにピッタリな表情を持っているので、雨の日でも晴れやかに過ごせる1足に仕上がっています。

ボリューム感はありますが、「オールホワイト」のカラーリングのおかげでスッキリとシンプルに履きこなせます

ボリューム感はありますが、「オールホワイト」のカラーリングのおかげでスッキリとシンプルに履きこなせます

●取材協力/「アトモス」
https://www.atmos-tokyo.com/

本間新

本間新

ファッションを中心にさまざまな雑誌やWeb媒体で執筆を行っているエディター/ライター。なかでもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る