ゴルフの楽しさ伝えます
あこがれの”弾道計測器”が格安で……!?

人気沸騰中のガーミン「Approach R10」、精度は高額の測定器とどれくらい違うのか!?

オグさんです。今回は、巷で話題のガーミン「Approach R10」をお借りすることができましたので、セットアップから使い勝手までの使用感をお伝えしたいと思います!

ガーミン「Approach R10」

ガーミン「Approach R10」

お手頃価格の弾道測定器

「Approach R10」(以下、R10)は、ドップラーレーダー方式を採用した弾道測定器で、もともとは軍事用のミサイルを追尾する技術を応用した高精度なもの。同方式を使用した弾道測定器はみな高額で、ツアープロやレッスンスタジオ、ゴルフショップなど一部のゴルファーや施設しか持つことのできない高嶺の花でした。

今回ガーミンは、このドップラーレーダーを搭載した弾道測定器を、一般のユーザーに届く範囲の価格で発表し、発売前から大きな話題になっていました。実際に発売されると、予想をはるかに上回る反響ですでに初期ロットは完売し、記事公開時点では入手困難になっています。

そんな大人気のR10ですが、肝心の使い勝手や計測できるデータはどれだけ正確なのかなど、気になる点はたくさんあります!
このR10のすごいところは、ツアープロが使用しているような高額のマシンでないと見ることができなかったインパクト付近のクラブの挙動をデータ化でき、それでいて実勢価格は7万円ほどと、ドライバー約1本分程度に抑えた点にあります。

従来、アマチュアゴルファーが手に届く範囲の価格で販売されている計測器は、ヘッドスピードやおおよその飛距離を計測するといったシンプルなタイプが多く、高性能なものでもボールのスピン量や打ち出し角といったデータを取るのが限界でした。

しかしこのR10は、
ヘッドスピード
ボールスピード
打ち出し角
打ち出し方向
スピン軸の傾き
スピン量
弾道の最高到達点
スマッシュファクター(ミート率)
キャリー飛距離
トータル飛距離
偏差距離(左右ブレ)
といった打球のデータに加え、

インパクト時のクラブフェースの向き
インパクト付近のヘッド軌道(クラブパス)
インパクト時のヘッドの入射角(アタックアングル)

など、今までは高性能な機器でしか知ることのできなかったデータを計測することができ、曲がりの原因や飛距離の追求に必要な情報を自身で知ることができる画期的なアイテムなんです!

それでは実際に使って性能をチェックしてみましょう!

本体の向きに気を付けてセットする

使い方は簡単です。まずはスマートフォンなどに専用アプリをダウンロードし、本体とペアリングします。接続方式はBluetoothで、セットアップは案内通りに進めば簡単にできました。

続いて、附属の三脚を本体にセットし、ボール位置から1.8~2.4m後方にセットします。大体7~8番アイアン2本分ぐらいですね。後は、アプリ内の「ドライビングレンジモード」をタップすれば計測の準備は完了です。

セット時に気を付けたいのが本体の向き。本体の向きによってインパクト付近のデータが正しく取れない可能性がありますので、飛球線方向にできるだけ正確に合わせるようにしましょう。

ボールから7番アイアン2本分ぐらいの距離が本体設置の目安位置になります

ボールから7番アイアン2本分ぐらいの距離が本体設置の目安位置になります

正確なデータを取るため、本体の向きはていねいにセットしましょう

正確なデータを取るため、本体の向きはていねいにセットしましょう

後はアプリのお好みのモードにセットすれば準備OK。本体のライトが緑に点滅すれば準備ができた合図です。ボールを打てば詳細なデータを自動計測してくれます

後はアプリのお好みのモードにセットすれば準備OK。本体のライトが緑に点滅すれば準備ができた合図です。ボールを打てば詳細なデータを自動計測してくれます

高額な機器に比肩する測定精度

計測したデータをチェックしてみましょう。
R10は飛んでいくボールの詳細なデータを表示できるほか、飛んでいく弾道を図示することができます。これが、実際の弾道とほぼ同じ! しっかり打球を追尾しているだけありますね(計測器の中には実際の打球を追尾せず、インパクトのボールの状態から計算値で打球データを表示するものもある)。R10はインドアなどの施設でも使えますが、インドアでの弾道図の場合、途中まで追尾し、そこまでの弾道データを解析したうえでの予測弾道図になります。

計測された数値は、精度が高いものだと思います。レンジボール(練習場のボール。一般に販売されているボールとは少し構造が異なる)でのデータですが、飛距離やスピン量など、自身の打球の傾向を知るには十分な精度を持っている印象です。普段私は、高性能カメラを使った「スカイトラック」という弾道計測器を使用していますが、精度はそれとほぼ変わらないと思います。

また、コアなゴルファーが一番気になるであろう、クラブパスなどのスイングデータに関してですが、単体で使っている限りでは、十分精度が高いと感じました。R10に興味を持っている多くのゴルファーは、ほかの高額な弾道計測器と比べてどうなんだ?という点が気になると思います。

同じ打球を同時に計測してみたらデータに差異は出るでしょうが、少なくとも今回の使用中では自身のスイングとデータが大きくかけ離れていると感じたことはありませんでした。

代表的な弾道測定器のひとつである「トラックマン」。レーダーで追尾した打球のデータと、インパクト付近のクラブの挙動も数値化してくれます。ツアープロやレッスンの現場、クラブフィッティングなどに使われ、お値段は200万円以上!(写真はピンのフィッティングスタジオのもの)

代表的な弾道測定器のひとつである「トラックマン」。レーダーで追尾した打球のデータと、インパクト付近のクラブの挙動も数値化してくれます。ツアープロやレッスンの現場、クラブフィッティングなどに使われ、お値段は約150万円から!(写真はピンのフィッティングスタジオのもの)

弾道図は俯瞰図と飛球線後方、2種類を見ることができます

弾道図は俯瞰図と飛球線後方、2種類を見ることができます

詳細な弾道データに加え、インパクト付近のヘッド軌道がひと目でわかるため、自身のスイングの傾向や、どんなクセでどんな弾道になっているかを細かく分析することができます。

たとえば「キャリー偏差」とは、狙った目標よりも実際の弾道がどれだけズレていたかを示す数字で、6ヤード左にズレたことを指しています。その原因は、目標に対して3.5°左方向に傾いたクラブパス(クラブ軌道)と、インパクト時に目標に対して1.3°左を向いたクラブフェースであるということがわかります。クラブ軌道に対してフェースは2.2°右を向いていたのですが、それよりもクラブ軌道自体が3.5°左に傾いていたため結果的に左に飛び、ドロー回転のボールになったわけです

たとえば「キャリー偏差」とは、狙った目標よりも実際の弾道がどれだけズレていたかを示す数字で、6ヤード左にズレたことを指しています。その原因は、目標に対して3.5°左方向に傾いたクラブパス(クラブ軌道)と、インパクト時に目標に対して1.3°左を向いたクラブフェースであるということがわかります。クラブ軌道に対してフェースは2.2°右を向いていたのですが、それよりもクラブ軌道自体が3.5°左に傾いていたため結果的に左に飛び、ドロー回転のボールになったわけです

スイング撮影も可能

R10には附属品として本体に使用する三脚のほかに、スマホをキャディバッグに固定するマウントホルダーが付いています。腰くらいの高さにスマートフォンをセットすることができるので、自身のスイング動画を撮りながら弾道データを計測できるようになっています。

詳細な弾道データとインパクト付近のクラブやフェース挙動のデータに加え、実際のスイングまで一挙に見ることができるR10は、自身のスイングや弾道の分析・解析にすばらしい効果を発揮してくれるでしょう。

附属のスマートフォンマウントを使うことで、動画を撮るのにちょうどいい高さでキャディバッグにスマホを固定することができます

附属のスマートフォンマウントを使うことで、動画を撮るのにちょうどいい高さでキャディバッグにスマホを固定することができます

動画を撮ることで、データだけでなく実際のスイングも同時にチェックできるわけです

動画を撮ることで、データだけでなく実際のスイングも同時にチェックできるわけです

附属のハードケースは本体のほかに三脚とスマートフォンマウントも同梱できるので、携帯にとても便利です

附属のハードケースは本体のほかに三脚とスマートフォンマウントも同梱できるので、携帯にとても便利です

ゴルフをより深く楽しみたい人へ

R10は、ゴルフにおける目に見えない多くのデータを、手軽に可視化してくれる非常におもしろい電子ガジェットです。上達志向のある方や、飛距離を追求する方など、ゴルフをより深く楽しみたいという方にはとても価値のあるアイテムだと思います。

しかし同時に、結構な危険性をはらんでもいると私は思います。今まで見えなかった部分が詳細に数値化されるがゆえに、ゴルファーによっては数値ばかりを追いかけてしまう可能性があるからです。理想値を追いかけ続けても、ゴルフというスポーツはあまりよい結果には繋がりません。

頭でっかちにならないように、ミスや曲がりの原因を明らかにする程度にしておいたほうがよいと思いますよ。

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る