だから「ザ・ノース・フェイス」は選ばれる!
売り切れ続出Tシャツ「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」をレビュー!

ザ・ノース・フェイスの新グラフィックTシャツはなぜ人気? 着て走って探ってみた

本連載「だからザ・ノース・フェイスは選ばれる!」は、現在セールス絶好調のザ・ノース・フェイスが、ユーザーから選ばれる理由を検証する企画。第30 回は、ザ・ノース・フェイスのニューコレクション「フリーラン」からリリースされた、「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」をピックアップした。「製品から製品へのリサイクル」をコンセプトに、循環型リサイクルシステム「EXPLORE SOURCE」から生まれたポリエステルを採用したグラフィックTシャツだ。

「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー(S/S Free Run Graphic Crew)」(品番:NT62191)の「ブラック」。公式サイト価格は5,390円(税込)

「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー(S/S Free Run Graphic Crew)」(品番:NT62191)の「ブラック」。公式サイト価格は5,390円(税込)

公式サイトで最も早く完売したアイテムのひとつ!

ザ・ノース・フェイスの「フリーラン」は、サステナブル素材を使用した新コンセプトのランニングコレクション。前回紹介した「フリーランショーツ」を始め、あらゆるシーンに対応する汎用性にすぐれたプロダクトが数多くラインアップされており、デビュー以来、好調なセールスを記録している。

なかでも、公式サイトで最も早く完売したアイテムのひとつが、この「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」。素材には、すぐれた吸汗速乾機能を備えた「フラッシュドライ サーキュラー ポリエステルニット」を採用しており、汗を多くかくランニングシーンにも対応。シルエットは、ややゆとりあるリラックスフィットで、機能性とデザインを両立したカジュアルアイテムだ。また、生地に光沢がないことで、過度にスポーティーな雰囲気でない点も、スポーツシーン以外でも着用したいユーザーにピッタリで、静電気の発生を抑える静電ケア設計も採用されている。

左胸には、カジュアルテイストなスクリプト体のロゴがプリントされている。素材は、不要になったウェアを回収し、再資源化した、地球にやさしいポリエステルを使用。適度に厚みがあり、しっかりとしながらも、ソフトな手触りの生地で、吸汗速乾性も十分なレベルにある

左胸には、カジュアルテイストなスクリプト体のロゴがプリントされている。素材は、不要になったウェアを回収し、再資源化した、地球にやさしいポリエステルを使用。適度に厚みがあり、しっかりとしながらも、ソフトな手触りの生地で、吸汗速乾性も十分なレベルにある

背面の右肩には、「THE NORTH FACE」ロゴがプリントされている

背面の右肩には、「THE NORTH FACE」ロゴがプリントされている

吸汗速乾性能が高くて不快感なし!

実際に「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」を着て、走ってみた!

実際に「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」を着て、走ってみた!

まず手に取ってみると、適度に厚みのあるしっかりとした生地は、ソフトな手触りで、ポリエステル100%のアイテムながら、カジュアルな雰囲気が感じられる。それは先述のとおり、生地の光沢が抑えられていることと、左胸の「THE NORTH FACE」のロゴにスクリプト体を採用していることが寄与しているだろう。

着てみると、同ブランドのランニングカテゴリーのトップスよりもゆとりのあるフィット感。168cm、63kgの筆者は、Mサイズをセレクトしたが、Sサイズでも窮屈感はないかもしれない。しかしながら、この製品の持つリラックスフィットのテイストを100%享受するには、Mサイズを着たほうがよいと思った。

走り始め、発汗が始まったが、「フラッシュドライ サーキュラー ポリエステルニット」の生地は吸汗性能が高いので、肌へのべとつきはほとんどなかった。メッシュタイプの生地ではないので通気性はさほど高くないが、走行時(2021年9月19日)の気温が26℃とさほど高くなかったのもあり、不快感はまったくと言ってよいほど感じなかった。

日課の6kmランを終え、ランニング後のストレッチを公園で5分ほど行ったが、その間に生地が吸い取った汗は乾いていた。ランニングに特化したトップスであれば、本モデルよりも吸汗速乾性にすぐれたものも少なくないが、カジュアルシーンとの共用を標榜している製品としては、この吸汗速乾性能は高いレベルにあると言ってよいだろう。実際に着て、アクティブに動いてみれば、見た目からは想像できない機能性を体感できるはずだ。

【まとめ】売れている理由は、そのマルチパーパス性にあった!

以上のように、「ショートスリーブフリーラングラフィッククルー」は、カジュアルテイストとアクティビティに対応する機能性を巧みにミックスしたプロダクト。また、循環型リサイクルシステムを採用している点にも注目が集まっている。このトップスが「フリーラン」コレクションで最も好調なセールスを記録した理由のひとつは、5,390円という買いやすい価格もあるが、実際に何度か着用してみたことで、本当の理由はそのマルチパーパス性にあると思った。

9月19日にランニングで着て、翌20日に洗濯して、22日にチェックの半袖シャツのインナーとして着て、25日に洗濯。そして27日にカジュアルシーンで着用、というように、月並みな言い方ながら、1着あると本当に便利な存在。従来モデルではあまり見られなかったスクリプト体のロゴプリントを使用しているという独自性も、すでにザ・ノース・フェイスのトップスを複数所有しているというユーザーにも魅力的に映るだろう。

カラーバリエーションは、全4色で展開

カラーバリエーションは、全4色で展開

南井正弘

南井正弘

ランニングギアの雑誌・ウェブメディア「Runners Pulse」の編集長。「Running Style」などの他媒体にも寄稿する。「楽しく走る!」をモットーにほぼ毎日走るファンランナー。フルマラソンのベストタイムは3時間52分00秒。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スポーツウェアのその他のタグ
ページトップへ戻る