ゴルフの楽しさ伝えます

「ステルス」「ローグST」どっち買う!? いま話題のドライバーはこう選ぶ!

オグさんです! 今回は、2022年頭に発表された注目のドライバー、テーラーメイド「ステルス」とキャロウェイ「ローグST」から、購入を迷っている方に向けて、選び方の指針をお伝えしたいと思います。

キャロウェイ「ローグ ST」(左)とテーラーメイド「ステルス」(右)。両シリーズのドライバーの選び方を考えてみました

キャロウェイ「ローグ ST」(左)とテーラーメイド「ステルス」(右)。両シリーズのドライバーの選び方を考えてみました

全体的にアスリート指向のステルス

まずは「ステルス」。フェース素材に従来とは異なるカーボンを用いることで、従来のチタンに比べてフェース周りの重量を約半分にすることに成功。より理想に近い重心設計を可能にし、ミスへの寛容性を高めながら、飛距離性能を追求しています。

シリーズ全体の特徴としては、低スピンであること。ツアープロのパフォーマンスを発揮する事が主軸にあるようで、全体的にアスリートゴルファー寄りの設計となっています。

ステルス ドライバー

ステルスシリーズの中核を担い、中級者から上級者まで幅広くカバーするモデルとなっています。適度なつかまり性能で、直進性の高い低スピンの弾道が安定して打てるモデルです。

打点のミスへの強さはステルスシリーズ共通の強み。スピンが多いゴルファーは試す価値があります

打点のミスへの強さはステルスシリーズ共通の強み。スピンが多いゴルファーは試す価値があります

ステルス HD ドライバー

ステルスドライバーより、重心を短く、深く配置したモデル。ヘッドターンがしやすく、かつボールが上がりやすいため、球の高さが出しにくいゴルファーや、右へのミスを軽減したいゴルファーに向けた仕様と言えます。

アドレスした時の形状はステルスドライバーとほぼ同じ。右のミスは抑えたいけど構えやすいモデルが欲しい、なんて方によいですね

アドレスした時の形状はステルスドライバーとほぼ同じ。右のミスは抑えたいけど構えやすいモデルが欲しい、なんて方によいですね

ステルス プラス ドライバー

シリーズ中で唯一可変ウェートを搭載し、つかまりを抑えたアスリートのためのモデル。弾道は3モデル中最も低スピンで、ある程度のヘッドスピードがないとドロップしてしまうほど。パワーと技術、両方がともなって初めて性能を引き出せるモデルです。

非常にハードな仕上がりではありますが、“一発の飛び”を大いに期待できる可能性を秘めたモデルとも言えます。テーラーメイドセレクトフィットストア限定商品となります

非常にハードな仕上がりではありますが、“一発の飛び”を大いに期待できる可能性を秘めたモデルとも言えます。テーラーメイドセレクトフィットストア限定商品となります

従来の技術に"飛び"を加えたローグST

ローグSTシリーズは、革新のステルスシリーズに対して、“熟成”のシリーズと言えます。キャロウェイが培ってきた「JAIL BREAK」テクノロジー、「FLASHフェース」を最新版にアップデート。ボディを一体成型にすることで、剛性を強化し、効率よい弾道を生み出しています。

特に進化が著しいのは、AIを用いて各モデルに専用設計される「FLASHフェースSS22」。各モデルの対象ゴルファーについて、従来分析していたのは打点データだけでしたが、今回は飛びの要素であるスピン量や、打ち出し角、ボール初速の組み合わせまでも含めたアルゴリズムにて設計されています。

ローグST MAX ドライバー

ローグSTシリーズの中核モデル。適度なつかまりとミスへの寛容性を持つ、よい意味で極端な特徴やクセのないモデルと言えます。シャフトによって、初心者からツアープロまで使える懐の深いヘッドです。

高弾道低スピンではありますが、適度な感じで扱いやすい仕上がり

高弾道低スピンではありますが、適度な感じで扱いやすい仕上がり

ローグST MAX D ドライバー

MAXドライバーをベースに、重心を短く、ライ角をアップライトに設計されたモデル。ヘッドターンがしやすく、右へのミスやスライスに悩むゴルファーに合わせた仕様です。かといって、強いフックになりづらいのがMAX Dのよいところ。

アドレスしても左を向かない、よい顔に仕上げてあります。アップライト仕様でも違和感はありません

アドレスしても左を向かない、よい顔に仕上げてあります。アップライト仕様でも違和感はありません

ローグST MAX LS ドライバー

ローグSTシリーズの中で、ツアープロや上級者向けに設計されたモデル。つかまりを抑え、低スピンを追求した仕様になっています。スイングスキルの高いゴルファーほど、安定した弾道が打てるクラブといえますね。

ほかのモデルより投影面積はひと回り小さく、シャープな印象はあります。しかし実際はクイックな挙動ではなく、どちらかと言えば、重々しくターンする感じです

ほかのモデルより投影面積はひと回り小さく、シャープな印象はあります。しかし実際はクイックな挙動ではなく、どちらかと言えば、重々しくターンする感じです

ローグST MAX FAST ドライバー

自身でヘッドスピードを高められないゴルファーに向けた軽量モデル。ややつかまり性能を高めた高弾道設計になっており、振り回しても右へのミスを軽減し、飛距離ロスを抑えてくれます。

メッキ仕上げで高級感を意識した仕上がりになっています。軽量化のため、接着ネックになっているのも特徴

メッキ仕上げで高級感を意識した仕上がりになっています。軽量化のため、接着ネックになっているのも特徴

7モデルを性能ごとにランキング

というように、ステルス、ローグSTのドライバー各モデルをご紹介しましたが、正直これだけあると、どのモデルが何にすぐれているのか、わかりづらいですよね。そこで、私なりに上記7モデルの各種性能ランキングを作ってみました。

アマチュアが使いやすい指針のひとつ
つかまりランキング

1位:ローグST MAX FAST
深く短い重心で自然とヘッドターンがしやすく、ヘッドを走らせやすい純正シャフトで楽に振り抜ける
    
                      
2位:ローグST MAX D
MAX FAST同様、深く短い重心設計で、自然とヘッドが返ってくれる。こちらのほうがMAX FASTよりアップライトだが、純正シャフトの違いにより僅差で2位に

3位:ステルス HD
ステルスシリーズの中では、最もつかまりやすいが、現在のドライバー全体で見ると、ちょっとつかまるかな?程度のポジション

ステルス、ローグST両シリーズとも、いずれのヘッドも直進性が高いため、ボールをインテンショナルに曲げるのが難しいです。ですので、つかまりがよいと言っても強いフックボールが出るようなモデルはありません。「右に打ち出しにくい」と言ったほうがイメージしやすいかもしれませんね。

安定感して飛ばせるのはどれ? 
ミスへの強さランキング

1位:ローグST MAX
ミスへの寛容性と、適度なつかまりが非常に高い安定感を生んでくれます。シャフトを替えることによって、幅広いゴルファーに対応してくれるところも高ポイントですね

2位:ステルス HD
ランクインの理由はローグST MAXとほぼ同じ。ステルスの中では、一番つかまるモデルではありますが、現在のドライバー全体で見たらちょっとつかまるぐらい。ヘッドスピードがない方は、ロフトを多めにすると安定感が増します

3位:ステルス
ミスへの強さはかなりのもの。つかまり性能は、ニュートラルとまではいきませんがほんの少しだけなので、ミスの傾向が右の方にはちょっとおすすめできません……。

今回の7モデル、ミスへの強さはどれも一級品で、甲乙つけがたいと言えます。ただ、それぞれ対象ゴルファーに合わせた味付けがされているので、その違いによって若干の差があるように思います。結果的に幅広いゴルファーを対象としているモデルがこのランキングの上位を占めました。

ミスへの強さ+飛距離性能
平均飛距離ランキング

1位:ステルス 
オートマチックなヘッド挙動に、ミスへの強さと低スピンのバランスがよいのがこのステルス。芯を少々外してもスピンが増えにくく、安定した飛距離が期待できます。

2位:ローグST MAX
ステルスとは僅差です。こちらのほうがミスには強いのですが、スピン量がやや多めになります。ヘッドスピードが低めの方は、MAXのほうが平均飛距離で上回る場合もありますよ。

3位:ステルス HD
ステルスより、スピンが若干多めなのでこの順位。それでも十分低スピンです。右へのミスが多めの方は、ステルスHDが本ランキングでトップになる場合もあるでしょう。

このランキングは、本当に微妙な差になりました。使い手のスイングの特徴で、順位は簡単に入れ替わります。右へのミスが多ければステルスHDになるケースが多いでしょうし、ヘッドスピードが低めの方は、ローグST MAXになるケースが多いと思います。それぞれ対象ゴルファーが違うのですから、当然と言えば当然なのですが……。

ロマンを求めて!
一発の飛びランキング

1位:ステルス プラス
7モデル中、最も低スピンの性能を持っています。それだけに、高く打ち出せれば人生最長不倒が出てもおかしくない“ぶっ飛び仕様”。可変ウェートで多少は調整できますが、それでもつかまりがよいとまではいきませんので、あしからず。

2位:ローグST MAX LS
ステルスプラスの次にスピンが少なく、つかまりも抑えたモデル。ステルスプラスよりは扱いやすいのですが、それでも十分ハードですね。ステルスプラス比でミスへの寛容性もやや優位ですので、中級者ぐらいであればこちらのほうが安定感は出せると思います。

3位:ステルス
ローグST MAXと迷うところですが、一発の飛びという点ではやはり低スピン性能の高いステルスがわずかにリードといった感じ。飛距離性能を主体にして、安定性を求めるというならこのステルスがよいでしょう。

ある程度のヘッドスピードがないと、低スピン性能も飛距離にはつながりにくいのですが、それでも高く打ち出せれば、ランが期待でき、予想外の飛距離を記録してくれることがあります。そういった一発の飛びを考えたら、ステルスはかなりの可能性を秘めています。ローグSTシリーズも、ドライバー市場全体で見れば十分低スピンモデルなんですけどね。

ゴルファータイプ別のおすすめモデル

上記ランキングを踏まえ、具体的なゴルファー像に合わせたおすすめモデルをご紹介しましょう

[HS40m/s]
プッシュスライス多め

推奨モデル
●ローグST MAX D
●ステルス HD

ごくごく一般的な、初中級者のゴルファー像です。プッシュスライスは振り遅れ傾向に多いミスで、ボールをつかまえきれない症状です。そういったゴルファーにおすすめするのは、やはりつかまり性能を高めたMAX DとHDになります。

どちらもつかまり性能の高さによって右へのミスを軽減してくれるので、飛距離アップが期待できます。より安定感を望むならMAX D、飛距離を重視するならHDといったところです。どちらも低スピンのため、ロフトは多めのほうがよいでしょう。

[HS38m/s] 
高さが出ない

推奨モデル
●ローグST MAX FAST
●ローグST MAX D

これくらいのヘッドスピードで、上からつぶすダウンブロー傾向の強いゴルファーには、ローグSTの2本がおすすめ。どちらもミスに強く高さが楽に出るので、低スピン性能とあいまって飛距離につながりやすくなります。

ステルスHDでもよいですが、安定感して飛ばすという観点ではローグの2本かなと。MAX Dのほうがやや重めでなので安定感が増しますが、振っていてしんどいと感じたら軽量モデルのMAX FASTを試してみてください。ロフト角は多めが推奨ですが、ヘッドの基本性能で十分高さが出るので、どうしても多め一択というわけではありません。

[HS45m/s] 
思ったより飛ばない

推奨モデル
●ステルス
●ローグST MAX

ヘッドスピードがそれなりにあるのに飛距離につながらないゴルファーの多くは、スピン過多になっているケースが多いです。そういったゴルファーには、低スピン性能のモデルを試してもらいたいと思います。ですが、ただ低スピン性能というだけで選んでしまうと、ハードで自分に合わないケースも少なくありません。

今回の7モデルの中からだと、全体的なバランスがよく、かつ低スピンということで、ステルスとMAXがいいでしょう。自分のパワーをしっかり飛距離に変えたいというならステルス、飛距離と同じくらい安定性を求めるならMAXといった感じで選ぶとよいと思います。

ロフト角は9°だとつかまりにくくなってしまいますので、10.5°をベースに、弾道調整機能で微調整するのがおすすめです。

[HS48m/s] 
フックを抑えたい

推奨モデル
●ステルス プラス
●ローグST MAX LS

スイングスキルが高く、ヘッドスピードも速い上級者が嫌がるミスがフックです。フックは、力みやタイミングが合わなかったときに起きやすく、それを抑えるにはやはりつかまりを抑えたモデルを選ぶのが最も効果的と言えます。

そうなると、やはりステルスプラスとMAX LSになりますね。ただ、どちらもつかまりをかなり抑えているので、もう少しつかまってほしいとなるとステルスの9°あたりがおすすめになります。

[HS50m/s]
タテ距離のバラつきを減らしたい

推奨モデル
●ローグST MAX
●ステルス

ステルス プラスとMAX LSは、パワーのある上級者向けに作られたモデルなので、使いこなすにはかなりの技術を要します。ヘッドスピードはあるけれど、飛距離が安定しないという方には、低スピンかつ、ミスへの寛容性が高いMAXとステルスがおすすめです。

ただし、純正シャフトだとちょっと頼りないので、カスタムシャフトを装着すれば、ヘッドの性能を生かしつつ、安定してその高いヘッドスピードを生かすことができると思います。

今回のステルスとローグST、分析すればするほど、どのヘッドも高性能で、個性的なモデルであることを実感させられます。本稿によって、各モデルの性能の違いを少しでも感じてもらい、皆さん自身のポテンシャルを発揮させるモデルを見つけるヒントになればうれしい限りです!

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る