ゴルフの楽しさ伝えます

価格.comゴルフクラブ「人気売れ筋ランキング」7月に売れたのはどれだ?

価格.comにおけるゴルフクラブの「人気売れ筋ランキング」において、2022年7月のトピックスは2つある。ひとつめは、テーラーメイドがフェアウェイウッド、アイアン、ユーティリティー、パターで4冠を獲得したこと。2つめは、各カテゴリーのベスト10に、新商品(2022年発売のモデル)の占める割合が増えてきたことだ。

ドライバーの1位は、キャロウェイ過年度モデルの「EPIC SPEED」だったが、2位に新商品の「ROGUE ST MAX」、3位にテーラーメイドの「STEALTH」が顔を出してきた。パターでは、稲見萌寧選手など女子プロが使用することで人気の「トラス」構造の新モデルが1位を獲得した。

※本記事の価格やそのほかの情報は、2022年7月末時点でのもので、現在とは異なる場合があります

【ドライバー】
2022年モデルが6製品ランクイン

2022年7月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

7月の人気売れ筋ランキングベスト10では、キャロウェイ4製品、テーラーメイド4製品、ダンロップ2製品がランクイン。最新モデルが、ランキングの半分以上を占めるようになってきた。

1位は、キャロウェイの「EPIC SPEED ドライバー・純正シャフトDiamana 50 for Callaway・R・10.5°」。6月まで圧倒的に強かった「SIM2 MAX」に代わり、6月で3位に入っていた本製品が1位に上り詰めた。2021年2月発売のこのモデル、平均価格は35,742円、直近の最安値は29,500円。3万円を切ったうえ初値の半額以下まで下がり、以前よりかなり買いやすくなっている。「EPIC」は2017年に登場したシリーズで、2021年モデルで3代目。「EPIC」シリーズ3機種の中では、「EPIC SPEED」は幅広い層のゴルファーをターゲットに設計されたモデルだ。

2位は、同じくキャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX D ドライバー・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・10.5°」。2022年発売の「ROGUE ST」4機種の中では、「MAX D」はつかまりがよく、高弾道が打てる特性。スライスやミスヒットにも強く、初・中級者にピッタリのモデルだ。平均価格は66,357円、最安値は54,890円と、まだ5万円を超えているが、2022年モデルとして2位にランクインした。

7位には「ROGUE ST MAX ドライバー・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・SR・10.5°」、8位にも「ROGUE ST MAX・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・10.5°」が入った。新商品では、「ROGUE ST」が6月に引き続いて3製品がベスト10に入り、市場での人気を裏付けている。

そして3位には、テーラーメイドの新商品「STEALTH ドライバー・純正シャフトTENSEI RED TM50・S・10.5°」、5位に「ゼクシオ 12 ドライバー ネイビー・MP1200 ネイビー フレックス・R・10.5°」、6位に「ゼクシオ 12 ネイビー・MP1200 ネイビー フレックス・SR・10.5°」がランクインし、2022年の新モデルがベスト10に6機種入った格好。新商品発売から約半年が経過し、価格や人気が定着してきたと見ていいだろう。

7月は、新モデルに対してゴルファーは様子見していたが、ランキングは夏前と比べて変動している。8月は、キャロウェイ「ROGUE ST」、テーラーメイド「STEALTH」、ダンロップ「ゼクシオ12」のトップ争いに注目したい。

【フェアウェイウッド編】
「SIM2 MAX」が3か月連続で1、2位

2022年7月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

7月のフェアウェイウッド(以下、FW)のランキングではテーラーメイドとキャロウェイが引き続き強く、また、ダンロップが3月以来久しぶりに先の2社に割り込んできた。ベスト10の内訳は、テーラーメイド6機種、キャロウェイ3機種、ダンロップ1機種である。

1位は、テーラーメイドの「SIM2 MAX フェアウェイウッド #5・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・S・18°・160 cm3」である。平均価格20,800円、最安値20,800円と、約2万円でまだ新しい2021年モデルを購入できるので人気。2位には、同モデルの番手違い「SIM2 MAX フェアウェイウッド #3・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・S・15°・190cm3」が入った。6月は、「#3」が1位、「#5」が2位、5月は「#5」が1位、「#3」が2位と、毎月順位は入れ替わるものの、「SIM2 MAX」が3か月間上位を独占している。

「SIM2 MAX」のFWは、使いやすい大きさで、ソールの接地面積を最小限に抑えた「Vスチールソール」により低重心化しているうえ、カーボンクラウンボディの採用によって、やさしく球を上げられることから人気だ。ドライバーの「SIM2」が売れているので、あわせて同モデルのFWを購入するゴルファーが多いと推測される。

また6位には、同モデルのフレックス違い「SIM2 MAX フェアウェイウッド #5・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・SR・18°・160cm3」、7位に「SIM2 MAX フェアウェイウッド #7・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・R・21°・160cm3」がランクインしており、ベスト10に同モデル4製品が入ってきた。

3位には、キャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX フェアウェイウッド #5・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway フレックス・S・18°・148cm3」が入っている。この「MAX」は、「ROGUE ST」 FWシリーズの中核をなすモデルで、ドライバーの「MAX」と同じく、幅広いゴルファーを対象に設計されている。フェースはFW専用に設計された「FLASH フェースSS22」。また、#3〜5のフェースカップの素材には、薄くかつ軽く成形可能で、強度の高い素材「C300マレージング鋼」を採用し、ボール初速向上を狙った設計だ。さらに、丸形のヘッドで、つかまりがややよく、シャローフェースで球が上げやすい。なお、平均価格37,604円、最安値でも31,900円と、まだ3万円をオーバーしており、前年モデル比で約17,000円高い。

9位には、テーラーメイドの新商品「STEALTH フェアウェイウッド #5・純正シャフトTENSEI RED TM50・S・18°・165cm3」が入っている。平均価格35,698円、最安値で31,450円と、こちらもまだ3万円を超えており、前年モデルより1万円以上高い。そのためか、新商品のドライバーが売れ筋上位に入ってはいるものの、FWの新商品のランクインはまだ2製品に留まっている。

ドライバーの新商品が売れ始めているので、同シリーズのFWがこれからどこまで伸びるか注目である。

【アイアンセット編】
「STEALTH」が2か月連続の首位

2022年7月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

7月の人気売れ筋ランキングにおけるアイアンセット編のベスト10の内訳は、テーラーメイド5製品、キャロウェイ2製品、ミズノ2製品、ダンロップ1製品。テーラーメイドのアイアンが引き続き人気を得ている。

1位は、テーラーメイドの新商品「STEALTH アイアン 5本セット・KBS MAX MT85 JP・S」。6月に続き、新商品の「STEALTHアイアン」が1位を獲得した。平均価格84,450円、最安値74,200円と、発売当初と比べれば1万円程度下がってはいるが、最安値でもまだ7万円を超えている。

同モデルは、ミスヒットに強い中空構造で、同社自慢の最新技術を詰め込んだアイアンだ。トウ側の金属を削り、その余剰重量で低重心設計を実現している「トウラップテクノロジー」のほか、ヘッド剛性を高める「キャップバックデザイン」、ヘッド下部の打点によるエネルギーロスを防ぐ「貫通型スピードポケット」など、テーラーメイド独自のテクノロジーを複数搭載している。7番のロフトは28°と、“飛び系”に分類されよう。

同製品の順位変動を見てみると、4月は10位、5月は3位、6月は1位。テーラーメイドでは、3位に「SIM2 MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・R」、4位に「SIM MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・R」、5位に「SIM MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・S」、9位に「SIM2 MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・S」が入っている。前年モデル「SIM2」と、過年度モデル「SIM」、そして「STEALTHアイアン」が上位に並んでおり、テーラーメイドのアイアンの人気が目立っている。

2位は、6月に引き続いてダンロップ「スリクソン ZX5 アイアン 6本セット・NS PRO 950GH DST・S」。「ZX5」は、ボディーには軟鉄鍛造、フェースにはクロムバナジウム鋼を採用し、飛距離と安定性を重視したモデルだ。7番のロフトは31°と、コントロール性能を重視しながらも、ポケットキャビティー構造のやさしさも併せ持つ。2020年10月発売であるが、平均価格98,982円、最安値89,000円と、価格は安定している。

6位には、キャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX FAST アイアン 5本セット・Speeder NX 40 for Callaway・R」が入っている。平均価格100,905円、最安値80,074円と、最安値が9万円を切ってきたので、少しお買い得感が増している。「ROGUE ST」アイアンシリーズは、AI設計の「FLASHフェースSS22」がさらに最適化され、フェースカップの素材には、より高強度のカーペンター450を採用。これらによってボール初速の向上を図っている。また、「ウレタン・マイクロスフィア」を増量し、ソフトな打感を得られる範囲を拡大。「プレシジョン・タングステンウェイト」も搭載されて、寛容性やボールの上がりやすさがいっそう向上している。また、ストロングロフト化と軽量なヘッドも特徴で、スイングの速さを上げ、大きな飛距離を得る狙いがうかがえる。シリーズ4モデルの中で、最も軽く、最もロフトが立っており、7番でロフト27°である。

【ユーティリティー編】
2021年モデルの「M4」が2か月連続で1位

2022年7月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

7月のランキング、ユーティリティーのベスト10内訳は、テーラーメイド7製品、ダンロップ2製品、キャロウェイ1製品、プロギア1製品と、こちらでも引き続きテーラーメイドの人気が目立っている。

1位は、テーラーメイドが2021年10月に発売した「M4 2021年モデル・Atmos Red・S ・25°」。市場に初めて登場したのは2018年1月だが、これは2021年モデル。平均価格、最安値とも12,100円と、安さと新しさで人気を得ている。テーラーメイド独自のテクノロジー「スピードポケット」などにより、広いスイートエリアを持ち、安心感を与えるヘッド形状も相まってやさしく打てる。5月には10位であったが、6月に1位に。同モデルのスペック違い「S・22°」「R・25°」の2製品が、7月の10位タイ。

2位は同じくテーラーメイドの「SIM2 MAX・TENSEI BLUE TM60・R・22°」、3位は「SIM MAX・KBS MAX85 JP フレックス・S・22°」、4位は「SIM2 MAX・TENSEI BLUE TM60・S・28°」である。「SIM2」は2021年2月発売で、平均価格、最安値ともに19,800円。フェース素材には、高強度のマレージング鋼を採用するほか、ミスヒット時の曲がりを抑える「フォージドツイストフェース」や、フェース下部の高初速エリアを広げる「貫通型スピードポケット」を搭載している。また、接地面積を減らして抜けをよくする「Vスチールソール」も寛容性向上に貢献。「SIM2」を冠するユーティリティーには「SIM2」と「SIM2 MAX」の2機種があるが、アイアンにより近い形状の「SIM2」のほうが人気が高い。アイアンでは難しい長いセカンドショットに使用することが多い「レスキュー」(テーラーメイドにおけるユーティリティーの呼称)なので、アイアン形状に近いモデルが好まれていると推測できる。

5位は、新商品「ゼクシオ 12 ハイブリッド ネイビー・MP1200 ネイビー・SR・23°」。2021年12月発売で、平均価格34,503円、最安値26,280円である。フェース側とバック側に段差を付けて、低重心設計と高反発性能を実現するなど、打ちやすい仕様。9位にも同モデルのスペック違い「R・18°」が入っている。「ゼクシオ12」のドライバーが5位、6位に入っており、同じシリーズでセットを組みたいゼクシオユーザーからの支持を得ているのではないか。

6位には、先月に引き続き、テーラーメイドの新商品「STEALTH レスキュー・TENSEI RED TM60・S・22°」が入った。ユーティリティーの新商品はベスト10のうち3製品。通販市場に新商品が徐々に浸透してきたと見られるだろう。

【ウェッジ編】
クリーブランドが6か月連続の1位!

2022年7月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

7月は、ウェッジのベスト10内訳は、クリーブランド5製品、タイトリスト3製品、キャロウェイ2製品。2大ウェッジメーカーにキャロウェイが食い込んだ格好となった。

1位は、クリーブランドの「RTX ZIPCORE ウェッジ ツアーサテン・NS PRO 950GH・S・48°・10°」である。6か月連続で同じスペックが1位となり、人気の継続が見て取れる。ネック部に軽比重のセラミックピンをインサート、余剰重量をトウ側へ配置して重心位置を打点に近づけることで、ボール初速とスピン量を安定させている。ロフト48°/バンス10°のこのスペックは、100ヤード以内から使うウェッジとして使いやすいため多くの支持を集めている。2020年9月発売で、平均価格は13,860円、最安値13,860円。先月より1,000円アップしており、依然人気だ。

4位はと5位は、同モデル異スペック「52°・10°」「56°・12°」、9位タイにはシャフト・ロフト違い「ダイナミックゴールド ・S200・52°・10°」が入り、6月に引き続き「RTX ZIPCORE ウェッジ ツアーサテン」が4スペックでランクインする人気ぶりを発揮した。

2位は、キャロウェイの「JAWS MD5 ウェッジ クロム・NS PRO MODUS3 TOUR 105・S 58°C・8°」。2019年9月発売の本製品は、新商品の「JAWS RAWウェッジ」の7月発売を受け、平均価格15,380円、最安値15,300円と、16,000円を切って買いやすくなっている。フェース上の溝のエッジを鋭くするために、溝の彫り方を鈍角にデザイン。フルショットはもちろん、スイングスピードの遅いアプローチショットであっても安定して大きなスピンが入り、距離のコントロール性を向上させた。7位タイにも同モデルのシャフト・スペック違い「ダイナミックゴールドS200・50°W・12°」がランクイン。

3位には、タイトリストが2020年9月に発売した「ボーケイデザイン SM8 ウェッジ ツアークローム・NS PRO 950GH neo・S・58°・8°M」がランクイン。平均価格17,240円、最安値15,900円だ。2022年3月発売の新商品「SM9」の登場を受け、16,000円を切って買いやすさが増した。7位タイには、同モデルのシャフト・スペック違いの「ダイナミックゴールドS200・56°・14°F」が入っている。

6位は、新商品「ボーケイデザイン SM9 ウェッジ ツアークローム・NS PRO 950GH neo・S・48・10°F」。新商品ということもあり、平均価格22,783円、最安値21,400円と、売価2万円台を維持している。「SM9」は最先端のテクノロジーと、こだわりのクラフトマンシップから生み出されたウェッジ。弾道の高さをイメージどおりにコントロールできる。

なお、ウェッジの新商品でベスト10に入っているのはこの「SM9」だけ。プレイヤーにとって、ウェッジはいろいろなスペックを試してベストを見つけたいクラブなので、2万円を切った製品に人気が集まったと考えられる。

【パター編】
1位は、6月発売の新型トラス

2022年7月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

2022年7月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

パター部門のベスト10には、テーラーメイド7製品、オデッセイ2製品、スコッティ・キャメロン1製品が入っている。

1位は、テーラーメイドの2022年6月の新商品「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB1.5 パター 34インチ」で、平均価格36,108円、最安値32,062円。人気の「トラス構造」を持ち、三角形ホーゼルを装着したトラスホーゼルの採用により、ミスヒット時にフェースのねじれを抑え、ボールの直進性を向上させる。そして、アドレス時に違和感を与えない見た目も人気を押し上げているであろう。「TB1.5」はその名のとおり、「TB1」と「TB2」の中間の重心角に設計されている。「TB1」よりもフェースの開閉を抑え、安定したストロークができる。女子プロの使用が多いトラス構造パターの中でも圧倒的な人気を誇る「TB」は、今回のモデルを含めて11モデルを展開するにいたった。

3位には、同じモデルの長さ違い、33インチが入っている。また8位は、同シリーズの2022年6月発売の新商品「TP COLLECTION HYDRO BLAST DEL MONTE TB1 パター 34インチ」。このモデルは、トラスホーゼルを採用したややワイドなボディーを持つブレードタイプで、ブレードの長さを少し短くし、その分幅をワイドにし、安定したストロークを実現する設計だ。10位には、2021年6月発売で人気の「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB1」34インチが入ってきた。

2位は、5月と6月2か月連続3位に入ったオデッセイの人気モデル、2ボールパター「DFX 2-BALL パター 34インチ」。黒のルックスで、インサートはオデッセイ史上もっともやわらかい素材を採用している。2021年6月発売で、平均価格19,181円、最安値14,440円と、2万円を切っているのも人気の要因か。

パターでも、ベスト10のうち、2022年に発売された新商品が3モデル入ってきている。

8月は新商品がどこまで上位に来るか注目

次月8月は、各カテゴリーの新商品が人気の前年・過年度モデルに対抗し、ベスト10の上位にどこまで食い込んでくるか。また、主要メーカーの新製品が発売から6か月経過し、口コミを含めた評価でどれが売れ筋となるかに注目したい。

嶋崎平人

嶋崎平人

しまさき ひらと。スポーツ用品メーカー、クラブ・ボールの商品開発、広報・宣伝、プロトーナメント運営等を担当。クラブ特許を20件以上出願。退職後、ゴルフライターとしてメディアで執筆活動中。また多方面からゴルフ活性化活動を推進。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る