ゴルフの楽しさ伝えます

「UD+2」後継は、上級者もターゲット! ヤマハ「ドライブスター ドライバー」試打

オグさんです! 今回は、ヤマハの新製品「inpres DRIVE STAR」(以下、ドライブスター)シリーズのドライバーをじっくりチェックしていきたいと思います。

「ドライブスター アイアン」の試打レポートはこちらから

ぶっ飛びアイアン「UD+2」の後継機「ドライブスター」登場。この顔、一見の価値あり!

ヤマハ「inpres ドライブスター ドライバー」。2022年に登場した新しいシリーズですが、実質、高い人気を博したあのシリーズの後継に当たります

ヤマハ「inpres ドライブスター ドライバー」。2022年に登場した新しいシリーズですが、実質、高い人気を博したあのシリーズの後継に当たります

好評のUD+2を廃して登場した新シリーズ

「ドライブスター」は、ヤマハが満を持して立ち上げた新しいシリーズ。ヤマハのゴルフクラブは、2つのブランドで展開されています。ひとつは、主にアスリートやプロといったアクティブゴルファーに向けた「RMX」(リミックス)、もうひとつは、結果にはそこまでこだわらず、楽しくプレーしたいエンジョイ派ゴルファーに向けた「inpres」(インプレス)です。

2022年夏の時点で、RMXブランドには「VD」シリーズが、inpresブランドには「UD+2」シリーズが属していました。今回発表されたドライブスターは、inpresブランドに属するシリーズ。新しいシリーズではありますが、UD+2シリーズは廃止されるため、そのポジションを継ぐ形になります。

UD+2はシリーズを通して、飛距離とやさしさをとことん重視していました。設計開発の思想がよく現れていたのが、つかまり。UD+2はどれも非常に高いつかまり性能を持ち、スライスに悩むゴルファーからとても重宝されていたクラブです。特にドライバーは、ボール初速が出しやすく、安定して飛ばせると、エンジョイ派ゴルファーの定番モデルとして高い人気を博しました。

評価の高かったUD+2の名をあえて廃し、新しい名前で勝負をかけてきたドライブスターのドライバーは、一体どんな仕上がりなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

ヘッド素材 ボディ:6-4Ti カーボンクラウン
     フェース:6-4Ti
ヘッド体積  460cc
ロフト展開  9.5°/ 10 °/ 11.5°
純正クラブ長 45.5インチ

最近のドライバーの流行のひとつである、カーボンクラウンを採用。余剰重量を多く生み出し、理想の重心位置を追求するための手段ですね。技術的には、UD+2で高い効果を発揮していた「BOOSTBOX」テクノロジーに加え、人間が無意識に感じてフェースに当てようとする位置に最適打点を重なるよう設計した「打点の科学」という、ヤマハ独自の思想に基づいています。

ややヒール寄りにボリュームがある輪郭で、奥行きをあまり広く取らないスマートな形状です。フェース向きもほぼストレートに見え、構えやすい顔

ややヒール寄りにボリュームがある輪郭で、奥行きをあまり広く取らないスマートな形状です。フェース向きもほぼストレートに見え、構えやすい顔

適度な厚さを持たせたフェースと、シャローバックではありますが、それなりに高いヘッド後方など、アスリートモデル然とした雰囲気をたたえています。ウェートは、トゥ側に見えるもののほかに、ヘッド最後方にもうひとつ搭載されています

適度な厚さを持たせたフェースと、シャローバックではありますが、それなりに高いヘッド後方など、アスリートモデル然とした雰囲気をたたえています。ウェートは、トゥ側に見えるもののほかに、ヘッド最後方にもうひとつ搭載されています

純正シャフトは、フジクラと共同開発した「SPEEDER NX for Yamaha」。フレックスごとに重量帯に差を設け、幅広いユーザーに対応します

純正シャフトは、フジクラと共同開発した「SPEEDER NX for Yamaha」。フレックスごとに重量帯に差を設け、幅広いユーザーに対応します

幅広いゴルファーを対象に

UD+2は、アベレージゴルファーを中心としたエンジョイ派のゴルファーからは高い評価を得ていましたが、あまりにつかまり性能が高すぎるため、上級者からは敬遠されていました。ドライブスターは、そういう上級者の声にも耳を傾け、中級者から上級者まで幅広いゴルファーに満足してもらえるクラブを目指して開発されたのだそうです。

構えてみると、かなりのすっきり顔で、スイングの準備がすんなり整います。ドライバーのアベレージモデルは、投影面積が大きく視覚的にやさしさをアピールした形状が主流ですが、ドライブスタードライバーはほどほどのサイズ感で、シャープさすら感じさせます。フェース角にも開いて見える工夫が施され、顔にうるさい上級者にも受け入れられるであろうヘッドに仕上がりました。

お借りしたスペックは、純正カーボンのフレックスS、ロフト角は9.5°です。いつものようにヘッドスピード40m/s程度から試打をスタート。適度なスピンを伴う、直進性の高い弾道が自然と打てます。驚いたのがシャフトの挙動。かなりしゃっきりとしていて、これくらいのヘッドスピードだとボールが上がり切りません。10.5°のほうが楽に飛ばせそうに感じました。肝心のつかまりはと言うと、フレックスSでは、ほとんどニュートラル。“軽めのアスリートモデル”といった感じの仕上がりで、これなら上級者にも気に入ってもらえそうです。

では、従来のUD+2ユーザーにとっては厳しくなってしまったのかというと、決してそうではありません。フレックスを落とすとシャフトが仕事をしてくれるため、途端に高さが出ます。つかまり性能も高まるので、ニュートラルに近いヘッド特性により幅広いゴルファーに対応しています。

フレックスSの9.5°は、立派な“上級者モデル”と言ってよいと思います。さすがに操作性は高くはないのですが、直進性の高い弾道が打ちやすく、打点のミスに強い。フィーリング面もしっかり作り込まれており、金属系の軽やかな打音で、適度なはじき感のある爽快な打感が味わえます

フレックスSの9.5°は、立派な“上級者モデル”と言ってよいと思います。さすがに操作性は高くはないのですが、直進性の高い弾道が打ちやすく、打点のミスに強い。フィーリング面もしっかり作り込まれており、金属系の軽やかな打音で、適度なはじき感のある爽快な打感が味わえます

フレックスSは“別物”です

ヘッドスピードを43m/s程度まで高めると、ボール初速が高まり、軽いつかまりのドローボールを連発。安定感がとても高い。ややスピンが多いかなと感じますが、この直進性と安定感を考えれば、大した問題ではありません。

ヤマハによると、「フレックスSは別物に近い」らしく、シャフト重量は58gあります。SRは51.5g、Rは45.5gという設定ですから、Sはアスリートをかなり意識した設計なのでしょう。ヤマハの想定するヘッドスピードの目安は、フレックスの「Sは42〜45m/s」「SRは39~42m/s」「Rは35~39m/s」となっていますが、私もほぼ同意見です。Sはもう少し重さが合ってもよいと思いますが、グリップがフレックスSで40g(SRとRは35g)と、やや軽めのものが装着されていますので、通常の50gのグリップに変更すれば、もう少し重い弾道が打てそうな気がします。

フレックスによって、重さとしなりがかなり異なります。フレックスSは、かなりしゃきっとしていてシャープなしなり戻り。SR、Rと、やわらかくなるにつれて、少しずつゆったりとしたしなり戻りになり、つかまり性能が高まっていきます

フレックスによって、重さとしなりがかなり異なります。フレックスSは、かなりしゃきっとしていてシャープなしなり戻り。SR、Rと、やわらかくなるにつれて、少しずつゆったりとしたしなり戻りになり、つかまり性能が高まっていきます

少々打点を外しても、軽いドローボールが出るのは変わらず。かなり安定したティーショットが期待できますよ

少々打点を外しても、軽いドローボールが出るのは変わらず。かなり安定したティーショットが期待できますよ

シャフトフレックスで大きく変わる

ドライブスタードライバーは、従来のUD+2ユーザーを切り捨てることなく、上級者の要望にもうまく対応したクラブに仕上がっていました。シャープな形状のヘッドはつかまりを抑えて上級者にも使いやすく、シャフトのフレックスでつかまりを調整することで、幅広いゴルファーに対応させています。

ヘッドは直進性が高く、打点のミスに強いアスリートモデルといった趣なので、個人的にはリシャフトしたアスリート仕様で打ってみたいですね。ライバルモデルは、シャフトで作り分けるという点では、マジェスティゴルフの「コンクェスト」が最も近い競合です。そのほか、プロギア「LS」やゼクシオ各種などもライバルにあがるでしょう。シャフトフレックスによって、女性から男性アスリートまで、かなり幅広いゴルファーに対応していますので、色々な人に打ってもらいたいです。

もし打つ機会があれば、普段お使いのシャフトと異なるフレックスも試してみてください。違う自分に出会えるかもしれませんよ(笑)。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る