ゴルフの楽しさ伝えます

飛びも打感も、さすがのミズノ! 「JPX923」ホットメタル系3モデル試打

オグさんです。今回は、ミズノ「JPX923 ホットメタル」アイアンの3モデルを一挙にご紹介します。

左から、ミズノ「JPX923 ホットメタル プロ」、「JPX923 ホットメタル」、「JPX923 ホットメタル HL」

左から、ミズノ「JPX923 ホットメタル プロ」、「JPX923 ホットメタル」、「JPX923 ホットメタル HL」

「JPX923」はなんと5モデル展開!

ミズノの「JPX」は、日本で生まれたブランドでしたが、ワールドワイドに使用されるようになり、今では世界的にメジャーなブランドに成長しました。前作「JPX921」は、メジャーチャンプのブルックス・ケプカ、原英莉花などの選手が使用し、話題性の高いシリーズでした。

今作JPX923シリーズは、ラインアップを拡大してきました。従来の3モデルから、何と5モデルにボリュームアップ! 高い操作性やシビアなライに対応するシャープさを持つモデルは従来どおり2つで変わりはありません。ですが、ミスへの寛容性や直進性、飛距離を重視した「ホットメタル」シリーズを、JPX921の1モデルから、923では3モデルに拡大したのです。昨今のアイアンに求められる性能を見直して細分化することで、かゆいところにも手が届くラインアップとなりました。

今回は、3モデルあるホットメタルを比較しながら見ていきましょう。残りの2モデル(「JPX923 フォージド」と「JPX923 ツアー」)は、近いうちに別の記事でご紹介しますので、そちらも楽しみにしていてください。

「JPX923 ホットメタル」

シリーズの基本となるモデル

ホットメタルシリーズの基本となるモデル。ポケットキャビティ構造を採用し、フェースにニッケル・クロムモリブデン鋼を使用。打点のミスに強く、直進性の高い弾道を追求しています。ミズノらしく、打感にもこだわった設計がポイントです。

ボディの大部分を、鈍い光を放つクローム仕上げに、ソール後方の一部分だけミラー仕上げにするなど、特徴あるデザイン。バックフェース全体のバッチにも色を使わず、外観はなかなか落ち着いています

ボディの大部分を、鈍い光を放つクローム仕上げに、ソール後方の一部分だけミラー仕上げにするなど、特徴あるデザイン。バックフェース全体のバッチにも色を使わず、外観はなかなか落ち着いています

ヘッド構造:ニッケル・クロムモリブデン鋼(精密鋳造)
ロフト:#6 25°/#7 28.5°/#8 33°/#9 37.5°/PW 42.5°

フェースには、新たにニッケル・クロムモリブデン鋼を採用し、従来モデルより約8%もフェース厚を薄くすることができたそうです。フェースが薄くなるほど、飛距離性能とミスへの寛容性を高めやすくなります。ロフト設定は7番で28.5°と、前作と比べると0.5°だけ立った設定。もう少し立てることはできたでしょうが、極端に飛距離を追求せず、狙う性能にも配慮した結果でしょう。

#7の顔。ヘッドサイズはやや大きめで、ブレードも適度な厚みを持っています。トゥ側にボリュームのある形状が、つかまりそうな安心感を与えてくれますね。強めのグースネックですが、ネックの処理がスムーズで美しい

#7の顔。ヘッドサイズはやや大きめで、ブレードも適度な厚みを持っています。トゥ側にボリュームのある形状が、つかまりそうな安心感を与えてくれますね。強めのグースネックですが、ネックの処理がスムーズで美しい

フェース構造も凝っています。溶接部をフェース周りに作らないよう、トゥ側とヒール側に回り込むよう一体で成型された「シームレスカップフェース」を採用。たわみエリアを大きくすることで、飛距離性能を高めています

フェース構造も凝っています。溶接部をフェース周りに作らないよう、トゥ側とヒール側に回り込むよう一体で成型された「シームレスカップフェース」を採用。たわみエリアを大きくすることで、飛距離性能を高めています

ソールはラウンドした幅広い形状をしていますが、後方側の仕上げを変えることで、ボテっとした見た目にならないような工夫がされています。ソール後方を高くしていることで、ヌケもよさそうですね

ソールはラウンドした幅広い形状をしていますが、後方側の仕上げを変えることで、ボテっとした見た目にならないような工夫がされています。ソール後方を高くしていることで、ヌケもよさそうですね

シャフトは、標準モデルとして日本シャフトの「NS PRO 950GH neo」を採用。適度な剛性感と粘り感をあわせ持つ、軽量スチールシャフトのスタンダード的存在です

シャフトは、標準モデルとして日本シャフトの「NS PRO 950GH neo」を採用。適度な剛性感と粘り感をあわせ持つ、軽量スチールシャフトのスタンダード的存在です

「ホットメタル」打ってみた!
狙ったところに打ち出しやすい

構えた印象は、なかなか作りこまれているな! といった感じ。適度なサイズ感があって安心感を得られるのですが、鈍重な雰囲気はなく、すっきりした印象です。ボリュームのあるトゥ側と、ややシャープなヒール側の形のバランスがよいのだと思います。

打ってみると、7番アイアンらしい高さで飛び出しますが、スピンはやや少なく、前に前に飛んでいくような弾道になります。少々の風には負けない、強い弾道が自然と打てますね。

つかまり具合は、ちょっとだけつかまるかな? くらいの味付けになっており、上級者も問題なく使えるでしょう。

個人的に最も気に入った点は、狙ったところに打ち出しやすいこと。私はヘッドのローテーションが大きめで、こういった直進性の高いモデルは狙ったところにうまく打ち出せないことが多いのですが、このモデルはラインが非常に出しやすかったです。

反対に気になった点として、ロフトが結構立っているため、ヘッドスピードがドライバーで38m/sくらいはないと、ボールが上がりきらないと思います。低スピンの弾道でボールの降下角が鈍角になると、ターゲットをピンポイントで狙うことが難しいんですね……。

やや大きめのサイズにもかかわらず、スムーズに動くヘッドにはちょっと驚きました。打感はソリッドな感触で、手ごたえのあるもの。余韻が少なく、余分な振動をしっかり排除しています

やや大きめのサイズにもかかわらず、スムーズに動くヘッドにはちょっと驚きました。打感はソリッドな感触で、手ごたえのあるもの。余韻が少なく、余分な振動をしっかり排除しています

狙ったところに打ち出せるかどうかは、“狙うこと”を目的とするアイアンにとって非常に重要なポイント。やさしさと飛距離性能をしっかり盛り込みながら、そういった部分をしっかり磨いているのが、実にミズノらしいと思います

狙ったところに打ち出せるかどうかは、“狙うこと”を目的とするアイアンにとって非常に重要なポイント。やさしさと飛距離性能をしっかり盛り込みながら、そういった部分をしっかり磨いているのが、実にミズノらしいと思います

7番としてはやや少なめのスピン量ですが、必要な高さは出ました。狙ったところにまっすぐ打ち出せるのが、とても気持ちよかったです。飛距離性能は見てのとおり。個人的には、こんなに飛ばなくていいんです ……(笑)

7番としてはやや少なめのスピン量ですが、必要な高さは出ました。狙ったところにまっすぐ打ち出せるのが、とても気持ちよかったです。飛距離性能は見てのとおり。個人的には、こんなに飛ばなくていいんです ……(笑)

「JPX923 ホットメタル プロ」

ヘッドの追従性を向上

スタンダードの「ホットメタル」と共通のテクノロジーを使い、ちょっと小ぶりでシャープな形状に仕上げたモデル。

ロフト角こそ上記「ホットメタル」と同じですが、サイズに合わせた設計になっており、直進性を維持しながら、ヘッドの追従性を高めたアイアンです。

全体的な仕上げはシリーズ共通ですが、この「プロ」はバッチの色がダーク系の仕上げ。これはこれで、カッコイイ

全体的な仕上げはシリーズ共通ですが、この「プロ」はバッチの色がダーク系の仕上げ。これはこれで、カッコイイ

ヘッド構造:ニッケル・クロムモリブデン鋼(精密鋳造)
ロフト:#6 25°/#7 28.5°/#8 33°/#9 37.5°/PW 42.5°

ヘッド構造やロフト角設定は、スタンダードの「ホットメタル」と同じ。ヘッドサイズや形状、重心位置などが異なります。

スタンダードの「ホットメタル」と比べ、ひと回り小ぶりに。ブレードは細くなり、グース具合も控えめに

スタンダードの「ホットメタル」と比べ、ひと回り小ぶりに。ブレードは細くなり、グース具合も控えめに

フェース構造は「ホットメタル」と共通

フェース構造は「ホットメタル」と共通

ソール形状も基本的には同じですが、ヘッドサイズが小さくなった分、やや幅が狭くなっています

ソール形状も基本的には同じですが、ヘッドサイズが小さくなった分、やや幅が狭くなっています

シャフトはトゥルーテンパーの「ダイナミックゴールド105 S200」を標準装備。やや粘る挙動を持つ、手元調子のシャフトです

シャフトはトゥルーテンパーの「ダイナミックゴールド105 S200」を標準装備。やや粘る挙動を持つ、手元調子のシャフトです

「ホットメタル プロ」打ってみた
小振りな顔が、好きならば

全体的な形状に類似点があるものの、サイズ感や、ヘッドから感じる雰囲気は「ホットメタル」とはほぼ別物。弾道をイメージしやすい適度な大きさだと思います。狙ったところに打ち出しやすい「ホットメタル」のよさをしっかり持ちながら、ヘッドの操作感や追従性を高めた印象を持ちました。

前に飛ぶ低スピンの棒球が放たれるのは変わりません。「ホットメタル」と変わった点は、ある程度の操作性を持ったところでしょうか。ボールはそんなに曲がらないのですが、かなり大げさに操作して、やっと曲がってくれるといった感じ。ヘッドの操作感はよいのでストレスはありませんが、「思いのほか曲がらない」というのが率直な感想です。

ミスへの寛容性は、ヘッドが小ぶりになった分少し小さくなった気はしますが、それでも十分。小ぶりな顔が好きで、ミスに強く飛距離も欲しいなんて人にピッタリのアイアンですね。

打感は「ホットメタル」に比べて、やややわらかくなった印象がありました。構造的には変わらないと思うので、ヘッドサイズなどの差異によるものでしょう

打感は「ホットメタル」に比べて、やややわらかくなった印象がありました。構造的には変わらないと思うので、ヘッドサイズなどの差異によるものでしょう

ヘッドの操作感や追従性が高まった分、より狙ったところに打ち出しやすく感じました。シリーズ通しての美点ですね

ヘッドの操作感や追従性が高まった分、より狙ったところに打ち出しやすく感じました。シリーズ通しての美点ですね

適度な打ち出し角、ちょっと少なめのスピン量、ちょっと飛び過ぎの飛距離と、「ホットメタル」とほぼ同じ数値に。弾道は似ているのに振り味が違うという、今まであまりなかった兄弟モデルに仕上がっています

適度な打ち出し角、ちょっと少なめのスピン量、ちょっと飛び過ぎの飛距離と、「ホットメタル」とほぼ同じ数値に。弾道は似ているのに振り味が違うという、今まであまりなかった兄弟モデルに仕上がっています

「JPX923 ホットメタル HL」

やや寝かせたロフト設定

こちらの「HL」も、スタンダードの「ホットメタル」と構造やテクノロジーは共通。ロフト設定をやや寝かせ、ヘッドスピードが高くなくても楽にボールを上げられるモデルです。

見た目は「ホットメタル」とほぼ共通。バッチの色も同じで、識別点はバッチにかかれた「HL」ロゴの有無だけ

見た目は「ホットメタル」とほぼ共通。バッチの色も同じで、識別点はバッチにかかれた「HL」ロゴの有無だけ

ヘッド構造:ニッケル・クロムモリブデン鋼(精密鋳造)
ロフト:#6 28°/#7 31°/#8 35°/#9 40°/PW 45°

構造や素材は「ホットメタル」と同じですが、ロフトが全体的に大きい設定に。それでも7番で31°ですから、極端な設定ではありません。

ヘッド形状は「ホットメタル」に酷似していますが、サイズが微妙に大きくなっており、グースもやや強めに。ロフト角が多くついているため、視覚的にもフェースを大きく感じますね

ヘッド形状は「ホットメタル」に酷似していますが、サイズが微妙に大きくなっており、グースもやや強めに。ロフト角が多くついているため、視覚的にもフェースを大きく感じますね

フェース構造や素材は3モデル共通

フェース構造や素材は3モデル共通

3モデル中、最も幅の広いソール。それでもソール後方を丸めた仕様のため、突っかかるような感じはありません

3モデル中、最も幅の広いソール。それでもソール後方を丸めた仕様のため、突っかかるような感じはありません

「HL」は、標準仕様に専用のカーボンシャフトを用意。50gの軽量設計で、楽に振れるシャフトです

「HL」は、標準仕様に専用のカーボンシャフトを用意。50gの軽量設計で、楽に振れるシャフトです

「ホットメタル HL」打ってみた!
3モデル中、最も扱いやすかった

「ホットメタル」と比べると、ヘッドサイズが微妙に大きくなっていたり、グースが強くなっていたりしますが、構えた印象はほとんど変わりません。異なるのは、ロフトが大きくなったことにより、フェース面が広く見えることぐらいですね。

打ってみると、ほかの2モデルよりボールが楽に上がります。ロフトが多くなっているのですから、当然といえば当然ですが、球の高さが出にくいゴルファーにとっては、ほかのモデルよりかなりやさしく感じるのではないでしょうか。ロフトが多い分スピンも増えて、飛距離性能は若干落ちますが、それでも十分な飛距離を持っています。

この「HL」、装着されているカーボンシャフトの出来がよいですね。軽量ながら適度な粘り感があり、タイミングが取りやすかったです。それでいてしっかりヘッドを走らせてくれるので、パワーのない人でもヘッドの性能をしっかり感じさせてくれます。それ以外の性能は「ホットメタル」に準ずるもの。個人的には、この「HL」がいちばん自然というか、扱いやすく感じました。

しっかりと仕事をしてくれるカーボンシャフトのおかげで、楽に振り抜ける「HL」。ボールの高さも出しやすいですし、飛距離にさえこだわらなければ、3モデルの中で最もやさしいアイアンです

しっかりと仕事をしてくれるカーボンシャフトのおかげで、楽に振り抜ける「HL」。ボールの高さも出しやすいですし、飛距離にさえこだわらなければ、3モデルの中で最もやさしいアイアンです

最もソール幅が広いので、ダフりのミスにはめっぽう強そう。それでもラウンド形状のおかげで、これがじゃまになるような感じはまったくありませんでした

最もソール幅が広いので、ダフりのミスにはめっぽう強そう。それでもラウンド形状のおかげで、これがじゃまになるような感じはまったくありませんでした

高い打ち出し角、7番らしいスピン量、それでも十分な飛距離性能と、個人的には最もバランスがよいと感じた「HL」。打ち出し方向のよさは相変わらずです!

高い打ち出し角、7番らしいスピン量、それでも十分な飛距離性能と、個人的には最もバランスがよいと感じた「HL」。打ち出し方向のよさは相変わらずです!

”飛び”にこだわらないなら、「HL」がいい

JPX923シリーズのホットメタル3モデルは、現代のアイアンに対するニーズをうまく取り込みながら、アイアンにとって大事な“狙う性能”を尊重した、とてもミズノらしい仕上がりになっていました。飛距離性能や直進性など、狙う性能との両立が難しい要素をうまく案分し、3モデルに分けることで、ゴルファーの細かい好みにしっかり対応しています。

ライバルモデルは、キャロウェイの「ローグST」シリーズでしょうか。複数モデルを用意することでゴルファーの好みを細分化している点は似ていますね。

今回のホットメタル3モデルの選び方ですが、飛距離もやさしさも妥協しないなら「ホットメタル」、飛距離は欲しいけど、シャープな顔が好みなら「プロ」、やさしいアイアンが欲しいけど、弾道が低い人は「HL」、といった感じでしょうか。飛距離にはそこまでこだわらないというなら「HL」がおすすめです。パワーがある人にはちょっと軽すぎますが、狙ったところに安定した球がオートマチックに打てますよ。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る