ゴルフの楽しさ伝えます

ツアープロが手に取るワケがある! タイトリスト「TSR3 ドライバー」試打

オグさんです。今回は、タイトリスト「TSR3 ドライバー」の試打レポートをお届けします。

タイトリスト「TSR3 ドライバー」

タイトリスト「TSR3 ドライバー」

TSRのドライバーは3種類

タイトリストというメーカーは、「スコアアップへ導くために最高の製品を開発する」というポリシーを持っており、そのポリシーと製品の性能を証明するため、ツアープロに使用され、高い評価を得ることが重要だとしています。結果で優劣が決まるツアープロに認められることが、道具の性能の証明には最も有効ですからね。実際タイトリストのクラブは多くのツアープロに評価され、前作「TSi」シリーズはPGAツアー使用率No.1を獲得しています。

新作「TSR」は、そんなタイトリストが作るウッド類の新ブランド。前作「TSi」シリーズのよさを引き継ぎつつ、新たなテクノロジーを上乗せして開発されています。前作のTSiは、同社のテクノロジーを駆使して「スピードを追求する」といった意味合いの「タイトリスト スピード」の頭文字「TS」に「innovation(イノベーション/革新)」や「inertia(イナーシャ/慣性)」などの頭文字の「i」を組み合わせて名付けられたものでした。今作「TSR」には、同じ意味合いの「TS」に、「Refined(リファインド/洗練)」、「Repeatable Speed(リピータブルスピード/スピード再現性)」などの頭文字「R」を組み合わせて命名されました。

TSRシリーズは、航空宇宙産業で採用される希少なチタン素材をフェースに採用。また、モデルごとに専用設計された「VFT」と呼ばれるフェース構造を取り入れるなど、さらなるスピードアップと許容性を高めながら、プレイヤーのスイングタイプに合わせて各モデルの完成度を追求しています。

TSRシリーズのドライバーは、3モデルが用意されています。「TSR2 ドライバー」はボールスピードと安定性を優先したモデル、「TSR3 ドライバー」はボールスピードと幅広いアジャスト能力を持ったモデル、そして「TSR4 ドライバー」はとにかく低スピンを追求した小ぶりなモデルです。

今回試打する「TSR3 ドライバー」は、3つのなかでツアープロに最も支持されているドライバー。どういったところがプロに好まれているのか……、なんて部分も想像しながら試打していきたいと思います!

■関連記事■
“本格派”のためのやさしいクラブ! タイトリスト「TSR2 ドライバー」試打

シンプルな外装ですが、ソールに装着された可変式ウェイトのギミックが目を引きますね。いかにも“プロの道具”という感じを受けますね

シンプルな外装ですが、ソールに装着された可変式ウェイトのギミックが目を引きますね。いかにも“プロの道具”という感じを受けますね

<カタログ記載のスペック>
●ロフト:8°,9°,10°
●クラブ長:45.5インチ
●クラブ重量:304g(TSP111 50・S)/311g

ややトゥ側にボリュームがある、いわゆる「洋ナシ型」の形状。反射を抑えた黒い塗装が、構えたときの集中力を高めてくれそう

ややトゥ側にボリュームがある、いわゆる「洋ナシ型」の形状。反射を抑えた黒い塗装が、構えたときの集中力を高めてくれそう

フェースには、航空宇宙産業で使用される希少なチタンを使っています。また、この「TSR3」のみ、ほかの「TSR2」「TSR4」とは異なる構造「スピードリングVFTフェースデザイン」を採用。ボール初速の出やすいポイントと反発力の高いエリアを重ねるように設計し、飛距離の出やすいエリアを最大限に拡大させているようです。さらには、エアロダイナミクスを見直し、空気抵抗を軽減させたのだとか

フェースには、航空宇宙産業で使用される希少なチタンを使っています。また、この「TSR3」のみ、ほかの「TSR2」「TSR4」とは異なる構造「スピードリングVFTフェースデザイン」を採用。ボール初速の出やすいポイントと反発力の高いエリアを重ねるように設計し、飛距離の出やすいエリアを最大限に拡大させているようです。さらには、エアロダイナミクスを見直し、空気抵抗を軽減させたのだとか

シャフトラインアップは、タイトリストみずからが設計したいわゆる純正の2つと、「プレミアム」と呼ばれるカスタムシャフトが2つ、計4モデルが用意されます。純正の「TSP111」は54gと少し軽めに設計されたモデルで、やや先端寄りのキックポイントがヘッドを走らせてくれるシャフト。同じく純正の「TSP310」は59gと適度な重さで、中間にキックポイントを持ち、しっかり振っていけるシャフトです。

プレミアムシャフトは、グラファイトデザイン社製の「TOUR-AD DI」と「TOUR-AD IZ」の2モデル。これらのシャフト、実は最新モデルではないのですが、タイトリストがヘッドとのマッチングを考えて選出した結果なのだとか。それぞれ50g台のSと60g台のSをラインアップ、「DI」は粘るような動きでヘッドの走り過ぎを抑えてくれる特性、「IZ」は先端の動きを抑えつつ、適度なつかまりを持つ特性です。

やや軽めで適度なつかまり性能を持つ「TSP111」。高く打ち出し角やすいので、パワーがあまりない人におすすめのシャフトです

やや軽めで適度なつかまり性能を持つ「TSP111」。高く打ち出し角やすいので、パワーがあまりない人におすすめのシャフトです

上記111と比べ、少しシャキッとした印象のある310。ある程度しっかりと振り込んでいけるなら、こちらがおすすめ

上記111と比べ、少しシャキッとした印象のある310。ある程度しっかりと振り込んでいけるなら、こちらがおすすめ

振れる人ほど飛ばせそう

構えた印象は、これぞ「タイトリストのドライバー!」って感じでした。やや面長に見える洋ナシ型のヘッドは前作と同様で、しっかり振ってもフックにならなそうな印象。上級者やツアープロが嫌がる左のミスを想起させない形状ですね。ツアープロはこういう形状を好むようで、兄弟モデルである「TSR2 ドライバー」は前作と比べて大きく形状が変わり、「TSR3 ドライバー」に似た洋ナシ型になりました。

試打スペックは「TSP111」を装着したロフト9°。まずはヘッドスピード40m/sぐらいを意識して試打してみると、ライナー性の中弾道が安定して飛び出します。スピンが少なめで、クラブの性能を引き出すにはもう少しヘッドスピードがほしいなと感じました。これくらいのヘッドスピードなら、ロフトを10°以上にするとキャリーが稼げて飛距離につながりそうです。ヘッドスピードを43m/sまで上げると、ヘッドスピードに合わせて飛距離はアップしました。ちょっとボールが上がるかな?程度の球質の差ですね。安定した低スピンで、ライナー性の強い球。振れる人ほど飛距離につながるであろうポテンシャルの高さを感じるヘッドです。

安定した低スピンで直進性の高い弾道を自然と打たせてくれます

安定した低スピンで直進性の高い弾道を自然と打たせてくれます

右が怖いなら「TSR2」がいい

「TSR3 ドライバー」は、最近のツアープロが好むモデルらしくスイング中のヘッドの挙動が穏やか。状況に応じて弾道を操作していくというよりも、安定した弾道で距離を稼ぐのが主流となった現代のプロが評価するクラブらしい仕上がりです。操作しようとしても極端なことにはならず、安定して低スピンの弾道が打てます。特に、ドロー系の弾道はかなり大げさにやらないと曲がりません。大きなケガになりやすい左へのミスを考えず、安心して振れるように設計されているのでしょう。

半面、ボールをつかまえる技術をある程度持っていないと、このクラブの性能を生かすのはかなり大変です。特にスライス系のミスに悩む人にとっては、かなり難しいクラブになってしまうでしょう。あえてつかまえず、安定したフェード系の弾道を好んで打つのであればよいですが、右へのミスを減らしたいと考えるのであれば、「TSR2 ドライバー」のほうが安定すると思います。

「TSR3 ドライバー」の特徴である可変ウェイト「SureFit CGトラック」は、ヘッドの動きというよりは、打点の位置に合わせて調節するとよいと聞き、試してみました。私はややヒール寄りの打点なので、ヒール寄りに動かしてみたら確かに安定感が増しました!

ウェイトを動かすことによってヘッドの特性を変化させる「SureFit CGトラック」。多くのメーカーが「ドロー」「フェード」と表記するなか、トゥ側を意味する「T1」「T2」、ヒール側を意味する「H1」「H2」と表記するのがタイトリスト流。自身の打点の真後ろに来るようにウェイトをセットすると、より安定したショットを打つことができそうです

ウェイトを動かすことによってヘッドの特性を変化させる「SureFit CGトラック」。多くのメーカーが「ドロー」「フェード」と表記するなか、トゥ側を意味する「T1」「T2」、ヒール側を意味する「H1」「H2」と表記するのがタイトリスト流。自身の打点の真後ろに来るようにウェイトをセットすると、より安定したショットを打つことができそうです

ヘッドスピード43m/sでは、打ち出し角がもう少し高ければさらなる飛距離が出たと思います。安定した低スピン性能なので、“いかに適正な打ち出し角で打てるか”がカギになりそうです

ヘッドスピード43m/sでは、打ち出し角がもう少し高ければさらなる飛距離が出たと思います。安定した低スピン性能なので、“いかに適正な打ち出し角で打てるか”がカギになりそうです

上級者が結果を出すためのクラブ

「TSR3 ドライバー」は、まさに“上級者が安定したティーショットを打てるクラブ”に仕上がっていました。少々の緊張や力みがあっても大きなミスを出さない安定性に加え、自身のスイングに合わせて微調整ができる懐の深さ、振れる人ほど発揮できる高い飛距離性能など、ツアープロが求めるものがギュッと凝縮されたようなドライバーです。

先にレポートした「TSR2 ドライバー」と比較すると、2のほうがつかまり性能が少し高く、打点のミスに強い印象で、アマチュアが考える”やさしさ”なら2のほうが高いでしょう。3は、しっかり振っていっても予想外のミスになりづらい印象ですね。

試打を終え、タイトリストのクラブは結果を出すためのクラブだなぁ……と、改めて感じました。ある程度の技術を持つプレイヤーにとっては、本当に結果の出せるクラブが揃っていますね。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る