スニーカー“最旬足報”

ニューバランスの隠れた名品「670」が「Made in UK」で格上げ復刻!

ニューバランスは、1906年、米国・ボストンにて、アーチサポートインソールの開発や、偏平足の矯正靴のメーカーとして創業しました。そのルーツに裏付けられた、すぐれた機能性と洗練されたデザインが融合するシューズは、今や世界中で多くのファンを獲得しています。

そんなニューバランスから、1985年に登場した名作が「670」。ニューバランスにとって1985年と言えば、同ブランドを代表する「1000番台」シリーズの第1弾モデル「1300」が登場した年に当ります。「1300」は、当時のスニーカー市場ではあり得ない130ドルという驚愕のプライスで登場しましたが、その「1300」のフィーリングを、より手軽に味わえるシューズとして登場したのが「670」です。

とはいえ、「670」のミッドソールには、日米共同で開発された「C-Cap(シーキャップ)」を搭載するうえ、すぐれた機能性&ルックスを備えており、「1300」の影に隠れながらも、まさに知る人ぞ知る名品として多くのスニーカーフリークを今も魅了しています。

そんな「670」ですが、実は今回、ニューバランスが展開するハイエンドライン「Made in UK」から発売されました。これは、注目せざるを得ませんね!

ニューバランス「M670」の「ブラウン」(品番:M670BRN)。ニューバランスの公式オンラインストアでの販売価格は、29,700 円(税込)

ニューバランス「M670」の「ブラウン」(品番:M670BRN)。ニューバランスの公式オンラインストアでの販売価格は、29,700 円(税込)

英国の質実剛健なクラフトマンシップを凝縮!

本作の最大のポイントは、やはり「Made in UK」です。英国の質実剛健なクラフトマンシップを駆使して生み出される逸品は、すべてにおいてハイエンド。アッパーには、繊細な仕上がりの上質なレザーを贅沢に採用し、重厚感のある存在感を演出しています。また、シュータンには、「MADE IN ENGLAND」の文字の刺しゅうが配されており、その“出自”をしっかりとアピールしています。

オリジナルの「670」は素材にスエードを使用していたのに対し、今作では上質なレザーをアッパーに贅沢に採用

オリジナルの「670」は素材にスエードを使用していたのに対し、今作では上質なレザーをアッパーに贅沢に採用

シュータンには、モデル名とともに「MADE IN ENGLAND」の文字が刺しゅうされています

シュータンには、モデル名とともに「MADE IN ENGLAND」の文字が刺しゅうされています

「ビブラムソール」で高いグリップ力を発揮!

「M670」のミッドソールには、EVA素材を圧縮成型した同社独自の素材「シーキャップ」を搭載しており、通常のEVAと比べて高いクッション性と耐久性を発揮。さらに、アウトソールには、悪路でもグリップ性を発揮する「ビブラムソール」採用しており、オン/オフロードを問わずに快適な歩行をサポートします。

EVA素材を圧縮成型した「シーキャップ」をミッドソールに搭載しており、クッション性と耐久性を大幅に向上させています

EVA素材を圧縮成型した「シーキャップ」をミッドソールに搭載しており、クッション性と耐久性を大幅に向上させています

悪路でもすぐれたグリップ力を提供する「ビブラムソール」を採用

悪路でもすぐれたグリップ力を提供する「ビブラムソール」を採用

通常ラインからハイエンドラインへと格上げ!

高級感あるルックスで、大人の足元をラグジュアリーに飾ってくれます

高級感あるルックスで、大人の足元をラグジュアリーに飾ってくれます

ここ最近のニューバランスは、過去のアーカイブをアジアンメイドで復刻し、リーズナブルに展開するのが主流でした。しかし本モデルにおいては逆で、オリジナルモデルは当時通常ラインだった「Made in USA」でしたが、本モデルは「Made in UK」というハイエンドラインでのリリース。高い機能性と重厚な存在感を持ちあわせ、オリジナルを超えた存在へとレベルアップしています。

●取材協力/「ニューバランス」
http://shop.newbalance.jp

本間新

本間新

ファッションを中心にさまざまな雑誌やWeb媒体で執筆を行っているエディター/ライター。なかでもスニーカーに特化し、年間400本近くのスニーカーレビュー記事を制作している。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る