注目コンテンツ
最新CPUと高速SSDを搭載、充実のサポートも魅力

迷ったときはコレ! 高性能で使いやすい定番スタンダードノート「LAVIE Direct NS(S)」 [PR]

15型前後のディスプレイを備えた、いわゆるスタンダードノートは選択肢が多く、いざ購入しようとしても何を選んでいいのか迷ってしまうものだ。そんなスタンダードノート選びに迷っている人に注目してほしいのが、今回紹介するNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Direct NS(S)」である。同社の直販サイト「NEC Direct」のWebオリジナルモデルで、スタンダードノートの定番中の定番と言えるモデルだ。その魅力をじっくりとチェックしていきたい。

フルHDに対応した15.6型の液晶ディスプレイを備える「LAVIE Direct NS(S)」。直販サイト「NEC Direct」のWebオリジナルモデルで、バランスのとれたスペックと直販ならではの手ごろな価格が魅力

普段使いもちょっとヘビーな用途も余裕でこなす高性能モデル

「LAVIE Direct NS(S)」は、厚さ22.6mmのスリムなボディに、15.6型の液晶ディスプレイとDVDスーパーマルチドライブを搭載したスタンダードノートの王道と言えるモデルだ。その特徴は、高い基本性能と使いやすさの2点。国内メーカー製ならではの安心感も魅力と言える。

写真の「エクストラホワイト」モデルは、天板から底面までホワイトを基調とした清潔感のあるカラーリング

写真の「エクストラホワイト」モデルは、天板から底面までホワイトを基調とした清潔感のあるカラーリング

まずは基本性能から見ていきたい。パソコンの頭脳であるCPUには、「第8世代インテルCore i5-8250Uプロセッサー」(1.80GHz、最大4.0GHz)という最新のクアッドコアCPUを搭載している。インテルによると、「Kaby Lake R」(開発コード名)と呼ばれる第8世代Coreプロセッサーは、「Kaby Lake」(同)と呼ばれた1世代前の第7世代Coreプロセッサーよりも、平均して40%も処理性能がアップしているという。また、5年前のパソコンと比べると、その性能は最大10倍以上アップしていると言われているので、古いパソコンから買い替えれば、その処理性能の高さに驚かされるはずだ。

もちろん、CPU以外のスペックも充実している。メモリーは8GB(4GB×2、デュアルチャネル対応)で、ストレージには256GBのSSDを搭載する。スタンダードノートは、ストレージにHDDを採用するモデルが多いが、データの読み書きが高速なSSDを採用しているので、OSの起動が速く、エクスプローラも待ち時間なく立ち上がる。パソコンの総合性能を測るベンチマークプログラム「PCMark 10」の結果は「3498」と高いスコアを記録した。アドビの画像編集ソフト「Photoshop CC」もインストールして使ってみたが、ストレスなく画像編集が行えた。

「LAVIE Direct NS(S)」を試してみて、Webページの閲覧やOfficeソフトの利用など日常的な作業はもちろん、画像編集などのちょっとヘビーな用途もストレスなくこなせるだけの性能を持っていることがわかった。3Dゲームをバリバリやるという人にはやや非力かもしれないが、それ以外の一般的な用途なら余裕を持ってこなせるだろう。気になる価格は、価格.com最安価格で125,900円(2018年6月5日時点)。海外メーカー製の同等スペックのモデルと比べると少し高いが、国内メーカー製であることを考えれば納得感のある価格ではないだろうか。

パソコンの総合性能を測定する「PCMark 10」の総合スコアは「3498」。Webブラウジングやビジネスアプリケーション(文章作成ソフトや表計算ソフトなど)がどれだけ快適に動作するかの指標となる「Essentials」と「Productivity」のスコアが、「7333」と「5575」といずれも高く、日常的な用途には十分な性能が備わっていることがうかがえる。写真や動画の編集作業にどれだけ向いているかを示す「Digital Content Creation」のスコアは「2843」と、ほかの指標よりも低いが、写真の編集などは問題なくこなせる性能は備わっている

初心者にうれしい! 使いやすい機能が満載

「LAVIE Direct NS(S)」のもうひとつの特徴が、NEC製品ならではの“使いやすさ”。特にパソコンの操作に慣れていない初心者向けの機能が充実している。まず、ほとんどパソコンを使ったことがないという人向けに、「パソコンのいろは」という学習ソフトがプリインストールされている。これは、右クリックやドラッグ&ドロップなどマウスの基本的な使い方などを、実際に操作しながら学べるというもの。パソコンの使い方について質問できる人がいない、こっそりパソコンを習得したいという人の強い味方だ。

また、電源オンとソフトの起動が一緒にできる「ワンタッチスタートボタン」もパソコンの操作に不慣れな人にとって便利な機能だろう。頻繁に利用するソフトがWebブラウザーとメールなど決まっているなら、この「ワンタッチスタートボタン」さえ押せば、すぐにやりたいことができるというわけだ。

パソコンの基本的な使い方を実際に操作しながら学べる「パソコンのいろは」。パズルなど遊びながらマウス操作の基本を習得できる。マウスのほかにも、キーボードやデスクトップの操作、文字の入力なども学べる

左の「マイチョイス」を押すと、あらかじめ登録したソフトがすぐに使える状態でパソコンを起動できる。真ん中の「ソフト」ボタンを押すと、目的に合ったソフトが探せる「LAVIEアプリナビ」が起動する

キーボードやタッチパッドが使いやすいのもポイント。キーとキーの横方向の間隔を示すキーピッチは18.7mmと広く、デスクトップパソコン用のキーボードに近い感覚でキー入力できる。テンキーも備えているので、数値も楽に入力可能だ。タッチパッドは面積が広く、マルチタッチ/ジェスチャー機能付きで操作しやすい。

外部インターフェイスも充実しており、USB3.0ポートが3基、HDMI出力ポート、ギガビットLANポート、SDメモリーカードスロットなどを備える。これだけあれば、マウスや外付けHDD、プリンターなどの接続に困ることはないだろう。USBポートはすべて高速なUSB3.0なので、対応のUSBメモリーや外付けHDDを接続すれば、短時間でデータのコピーや移動が行えるのもありがたい。

キーピッチが18.7mmという余裕のあるキーボード。キーレイアウトも標準的でタイピングしやすい。タッチパッドは2本指でスクロール操作などができるマルチタッチ/ジェスチャー機能付き

左側面(上)には、右側から電源コネクター、ギガビットLANポート、HDMI出力ポート、USB 3.0ポート×2、SDメモリーカードスロットが並ぶ。右側面(下)にはヘッドホン/マイク端子、USB3.0ポート、それにDVDスーパーマルチドライブを搭載。よく利用するUSBポートが左右に配置されているのがうれしい

安心の国内生産。購入後のサポートも万全

パソコンを購入する際に、その品質やサポートを重視する人は多いはずだ。NECと言えば、パソコン黎明期から現在に至るまで、日本のパソコン市場をけん引してきた老舗中の老舗メーカーであり、製品の品質やサポートへの評価は高い。国内工場で開発・生産を行っており、品質管理も徹底されている。また、メーカー保証は標準で1年だが、最大5年まで延長できる。このような長期間の延長保証を用意しているのは、製品の品質に対する自信の表れとも言えるだろう。

NECパーソナルコンピュータの多くのノートパソコンは、山形県にあるNEC米沢工場で組み立てられている

NECパーソナルコンピュータの多くのノートパソコンは、山形県にあるNEC米沢工場で組み立てられている

本体底面のラベルに見える「ASSEMBLED IN JAPAN」の文字は、国内工場で組み立てられている証しだ

本体底面のラベルに見える「ASSEMBLED IN JAPAN」の文字は、国内工場で組み立てられている証しだ

何かあった場合の電話サポートも、専門スタッフがユーザーの悩みを解決するまでていねいにサポートしてくれる。余談だが、筆者はNECのノートパソコンを使っていて、キーボードが壊れて引き取り修理をお願いした経験がある。電話では1週間ほどかかると言われたが、引き取りから戻ってくるまでにかかったのはたったの3日。キーボードだけでなく、不良があるということでACアダプターのケーブルまで交換されていたのに加え、本体もクリーニングされ、新品のようなきれいな状態で戻ってきた。そのときのスタッフの対応もていねいで、国内メーカーならではの安心感を、身を持って体験した。

まとめ

以上見てきたように、「LAVIE Direct NS(S)」は、高い基本性能と使いやすさを兼ね備えたスタンダードノートであることがわかった。国内メーカーならではの品質の高さと、老舗メーカーならではの充実したサポートで、パソコン初心者が安心して購入できる製品と言えるだろう。「パソコンのいろは」はわかりやすいアニメを使った学習ソフトなので、2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育に備え、子どもの学習用にもピッタリだ。

もちろん、初心者に使いやすいということは、中上級者にも使いやすいということ。仕事や趣味、勉強にパソコンをバリバリ活用している中上級者にも、買い替え候補として検討してほしい。高性能な「第8世代Core i7-8550Uプロセッサー」を搭載したモデルも選べるので、スペックを重視する人はそちらを選ぶといいだろう。大げさかもしれないが、「LAVIE Direct NS(S)」はスタンダードノートの購入を検討しているすべての人にとって選択肢に入るであろうモデルだ。スタンダードノート選びで迷ったら、ぜひ「LAVIE Direct NS(S)」をチェックしてもらいたい。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ページトップへ戻る