注目コンテンツ
「永久ライセンス/2PC」が3,680円のキャンペーンも実施!

【読者限定無料コード配布】動画ソフト「VideoProc」は録画/編集/変換が1本で完結 [PR]

YouTubeの人気や、スマートフォンのカメラ性能の向上などによって、動画コンテンツは以前とは比べものにならないほど身近なものになった。見て楽しむだけでなく、実際に動画を作ろうとする人も多い。しかし、経験の少ない人が、いざ動画制作にチャレンジしても、動画ソフトウェアの使い方が難しかったり、特殊な専門用語につまづいてしまうことが多いのも事実だ。

そういった人たちに紹介したいのが、動画ソフトウェアの「VideoProc」だ。PCやiPhoneの画面録画機能や、トリミングやエフェクト追加といった動画編集機能、そしてさまざまなフォーマットに対応するファイル変換機能など、動画制作において必要な機能がひと通りそろっている。加えて、難しい専門用語が可能な限り排除され、初心者でも直感的な操作で使うことが可能だ。

「VideoProc」の利便性の高さをレポートするとともに、価格.comマガジン読者限定のお得なキャンペーン情報を紹介しよう。

PCやiPhoneなどの画面録画&音声録音に対応。これひとつでゲーム実況動画も作れる

最初に「VideoProc」の録画機能を見ていこう。「VideoProc」は、PCの画面と音声を同時録画でき、Mac版「VideoProc」であればiPhoneの画面録画にも対応する。しかも、録画ボタンを押すだけで始まり、全画面やウインドウ指定など録画する画面領域も自由に設定可能だ。

iPhoneはiOS自体に画面の録画機能が搭載されているが、映像と音声にズレが生じたり、バッテリーやストレージ容量によっては長時間録画が難しいことがある。その点、PCで録画を行う「VideoProc」ならストレージ容量やバッテリーを心配する必要はない。

「VideoProc」を起動すると、「ビデオ」「DVD」「ダウンロード」「録画」という4つのアイコンが並んだトップ画面が表示される。「録画」をクリックすると画面録画へ、というふうに見ただけでわかるUIだ

特筆すべきなのは、PIP(Picture In Picture)機能を備えていることだ。これを使えば、たとえばPCやiPhoneの画面を録画しながら、ノートPCの内蔵Webカメラで話している人を同時に録画できる。YouTubeなどで人気のゲーム実況動画で多く見られるアレだ。PIPは、2つの映像や音声を合わせるのが非常に面倒なのだが、「VideoProc」であれば、特に難しい設定もなくPIPを選んで録画ボタンを押すだけで作れる。これは、ゲーム実況動画にチャレンジしたい人にとってかなりありがたい機能だろう。

PCの画面録画は上部メニューの「画面録画」、内蔵カメラやWebカメラの録画は「カメラ録画」、PIPは「画面録画&カメラ録画」を選択し、右下の「REC」をクリックするだけで録画が開始される

従来であれば複雑な設定が必要なPIPが、ボタン一発で映像と音声を同時に録画可能。Mac版ならiPhoneでゲームアプリの実況動画も簡単に作れる

動画編集は実用的な機能が揃い、初心者でも凝ったホームムービーが作れる

次は、「VideoProc」の編集機能を紹介しよう。撮影した映像や録画した映像をそのまま視聴するのもいいが、編集を行えば、より見栄えのする動画を作れる。しかし、動画編集を初めて行う人が陥りがちなのが、専門用語が散らばった編集画面のどこをどうすればやりたい編集ができるのかよくわからず、早々に投げ出してしまうこと。その点、VideoProcは、シンプルなアイコンとテキストでわかりやすくUIが設計されており、直感的に操作できる。

左側に追加した動画、右側にプレビュー画面が並ぶシンプルなUIの編集画面。複数動画の結合は、上から並んだ順に結合され、順番も簡単に入れ替え可能。効果や透かし、トリミングといった編集機能もアイコンで表示わかりやすい。

編集機能に関しても、「VideoProc」は動画の色味や明るさ調整、トリミング、クロップなど、基本的な編集機能を網羅しており、手ブレ補正やノイズ除去、動画のGIF画像変換など高度な編集にも対応している。また、スマートフォンで撮影した動画は、意図せずに上下が反転して「向きの違う動画」になってしまうことがあるが、これも簡単に修正可能だ。

動画の編集画面。左に編集前動画、右に編集後のプレビューを表示。その下に、各種編集メニューが並ぶ

動画の編集画面。左に編集前動画、右に編集後のプレビューを表示。その下に、各種編集メニューが並ぶ

明るさやコントラストなどを調節したり、さまざまな効果(エフェクト)を付与したりなど、ちょっとした編集を行うことで見やすく、かつ、オシャレな動画になる

このように、「VideoProc」の豊富な編集機能を活用することで、動画編集を行ったことがない人でも簡単に見栄えのする動画作品を制作できる。家族のホームムービーや、結婚式のプロフィールムービーなども作ることが手軽にでき、動画編集ソフトとしても優秀だ。

高品質を保ったまま動画フォーマットを変換。出力フォーマットは非常に豊富

最後に「VideoProc」の変換機能を紹介する。ビデオカメラやドローンなどで撮影した映像をパソコンやスマートフォンで再生する場合、そのデバイスが対応している動画フォーマットでなければ再生できないことがある。そのときに、視聴可能な動画フォーマットに変換するのが変換機能だ。

「VideoProc」が優秀な点は、読み込める動画フォーマットの多さもさることながら、出力できるフォーマットが豊富なこと。視聴したいデバイスが対応する動画フォーマットを調べる必要がなく、デバイスの名称(iPhone XS/Max、XRなど)で出力するフォーマットを指定できるのも初心者にとってありがたい点だ。

動画編集画面の下部に出力メニューが表示され、よく使用されている出力プロファイルが並ぶ。ここに出力したいプロファイルがなければ、左の出力アイコンをクリックすると、より細かく設定可能だ

出力プロファイルの選択画面には、ややこしい出力ファイル名ではなく、AppleデバイスやAndroidデバイスなどが並び、デバイスの名称から選択できる。視聴したいデバイスが対応する動画フォーマットを調べる必要がなく、デバイスの名称だけで出力するフォーマットを指定できるのは初心者にやさしい

また、VideoProcは独自のハードウェアアクセラレーション技術(GPU)を採用しており、使用するPCが対応GPUを搭載していれば、画質や音質の劣化を最小限に抑え、より高速に動画を変換可能だ。初心者だけでなく、趣味などで動画編集を行っている人にとっても便利だろう。

無料体験ライセンスコード配布&お得な読者限定キャンペーンを実施中

「VideoProc」は、録画、編集、変換の3拍子がそろった動画ソフトであるうえに、シンプルなUIは動画に詳しくない人でも使いやすい。それぞれの機能も豊富で、これから動画制作にチャレンジしたい人から、すでに動画ソフトを使用している人まで幅広いユーザーに対応する。

この「VideoProc」の無料体験ライセンスコードを価格.comマガジン限定で配布中だ。こちらは、公式サイトから入手できる無料体験版とは違い、製品版の機能をフルで使える特別版となっている。期間内に登録すれば、バージョンアップしない限りフル機能を無料で使い続けられるのもお得だ。

VideoProcのフル機能が使える特典ライセンスコード
Windows版:DAFLA-TNUK6-WZRAX-C5GFU
Mac版:DBPFV-MS36P-WXJW7-J7MFS
※ライセンスコード登録有効期限は2019年10月9日(水)〜2019年11月15日(金)
>>Windows版の特典ライセンスコードの登録方法はこちら
>>Mac版の特典ライセンスコードの登録方法はこちら

また、通常は「永久ライセンス/1PC 4,980円(税別)」のところが、「永久ライセンス/2PC 3,680円(税別)」となる、価格.comマガジンと「VideoProc」のコラボ記念キャンペーンを実施中。上述の無料体験ライセンスコードからのアップグレードも可能(有効期限内)になっているので、まずは無料体験版を試し、その後に製品版へと移行するのもいいだろう。動画編集に興味がある人は、ぜひチェックしていただきたい。

コラボ記念キャンペーン特別セールはコチラから!

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

ページトップへ戻る