初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

残りの距離を正確に知ろう! 「ゴルフ用GPSナビ」と「レーザー距離計」

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ゴルフの楽しさ伝道師、オグさんこと小倉です。今回は、これがあるとさらにゴルフが楽しくなる! そしてうまくなるための道具にもなる! そんなグッズをご紹介しましょう。それは「ゴルフ用GPSナビ」と「レーザー距離計」です。
ゴルフはほかの球技では考えられないほど遠くにある目標を狙うスポーツ。それだけに、自分が打つべき距離と目標を正確に知る必要があります。それを正確に、いともたやすく教えてくれるのがこれから紹介する2種類の機器なんです。
「ゴルフ用GPSナビ(以下ゴルフ用ナビ)」は、衛星からの電波を受信して現在地とグリーンなどコース上の地点との距離を算出します。対して「レーザー距離計」は、今いる地点から目的物に向かって照射したレーザーを計算し、2点間の距離を実測します。

遠い目標を狙うゴルフでは、いい結果を出すために目標までの正確な距離を知る必要があります 

遠い目標を狙うゴルフでは、いい結果を出すために目標までの正確な距離を知る必要があります 

コースにも残り距離の"目安"はあるけれど…

コースには距離の目安がまったくないわけではありません。どんなコースにも各ホールに、グリーン中央やグリーン手前までの距離をざっくり示す杭(くい)や樹木などがあります。コースによっては、スタート前にピンポジションシートというその日のカップの位置を示す情報が書き込まれた用紙をくれるところもありますし、カートにナビゲーションシステムが付いている場合はカートからピンまでの距離が表示されます。キャディさんがいる場合は、長年の経験でかなり正確な距離を教えてくれます。

カート道路にグリーンまでの距離が書いてあるコースもあります

カート道路にグリーンまでの距離が書いてあるコースもあります

芝に散水するスプリンクラーに表示されるケースも

芝に散水するスプリンクラーに表示されるケースも

カートにGPSナビが搭載されていれば、残りの距離を簡単に知ることができます

カートにGPSナビが搭載されていれば、残りの距離を簡単に知ることができます

これらを目安にゴルファーはカップの位置を示すピンを狙っていくのですが、カップはほぼ毎日位置が変わりますし、自分のボールの位置を計測しているわけではないので、毎ショット正確な距離を知ることはなかなかできません。あくまでも「目安」に過ぎないわけです。キャディさんだって、毎回そばにいてくれるわけではないですからね。

コースによって異なりますが、これらの目安はグリーン中央かグリーンエッジ(グリーン前端)までの距離であって、カップの位置までの距離ではありません。ゴルファーは、自分のボールに一番近い目安と、ピンポジションシート(もしあった場合。カートに置かれていることもあります)を参考に、カップまでの距離を計算しなければなりません。
しかし、そんな計算やわずらわしさを一挙に解決してくれるのが、今回ご紹介する機器なんです。

モデルのカオリちゃんと一緒に、いくつかのモデルを試してみました!

モデルのカオリちゃんと一緒に、いくつかのモデルを試してみました!

「ゴルフ用GPSナビ」は電波を受信して残り距離を教えてくれる

ゴルフ用ナビは、自動車のナビと基本的な仕組みは同じです。衛星からの電波を受信し、自分が今いる場所がわかる機械ですね。
毎日更新されるピンの位置は反映されませんが、それ以外の細かい情報を得ることができます。

モデルによっても異なりますが、ゴルフ用ナビのいいところは、各ホールを上からの俯瞰(ふかん)図で見られることです。なので実際には見えないバンカーや池など、隠れたハザードを事前に確認することができます。

カラー表示で見やすく作られており、ショットの前に必要な情報を得られます

カラー表示で見やすく作られており、ショットの前に必要な情報を得られます

これはユピテルのYGN5200という商品です。
このモデルは、電源を入れるだけで現在地を測位するので、ゴルフ場に着いてから電源を入れるだけで今いるゴルフ場を自動で検索してくれます。後はGPSが現在地を追尾してくれるので、次のホールに行けば表示が自動で切り替わりますし、ボールの地点に行くだけで残りの距離を表示してくれます。

電源を入れれば今プレーするコースを測位。イーグルレイクゴルフクラブってでてきました。スゴイ! そして、今いるホールがグラフィックで表示され、残りの距離を教えてくれます

この地点からのショットに必要な情報は、すべて表示されています。
・正面のバンカー前端まで75ヤード
・正面のバンカー後端まで93ヤード
・池の前端まで約100ヤード
・池を越えるのに138ヤード
・グリーン右のバンカー前端まで147ヤード
・グリーンエッジまで149ヤード
・グリーンセンターまで169ヤード
・グリーン後端まで180ヤード

しかし、この地点に立って見えるのは下の写真のとおり…

実際のホール(イーグルレイクゴルフクラブ・13番ホール)の写真

正面に見えるバンカーの先まで回りこんだ池は、プレーヤーの視点からは確認できません。しかしゴルフ用ナビを使うと、回り込んだ池の存在はもちろん、そこまでの距離、それを越えるための距離までわかるんですから、まるでゲームの世界でプレーしているみたいな感覚になります。

続いては、腕時計タイプのゴルフ用ナビ、ユピテルのYG-WATCH Aです。

一見、ただの腕時計のようですが…

一見、ただの腕時計のようですが…

高性能なナビ機能が詰まったモデルです。残り距離を数字で表示してくれます

高性能なナビ機能が詰まったモデルです。残り距離を数字で表示してくれます

これはいちいちポケットやホルダーから機器を取り出すのがわずらわしいと感じる方におすすめしたいモデル。厚みも抑えられていて、スイング中違和感を覚えることもありませんでした。
小さいながら機能はとても充実。さすがに表示画面が小さいのでコースレイアウトは見られませんが、グリーン周りの情報、ハザードまでの距離などをワンタッチで切り替えることができるので必要な情報を瞬時に確認することができます。またスマートフォンとも連動する機能があり、着信やメールがきたことを知らせてくれるのも便利。とても使い勝手がいいですね。

「レーザー距離計」はレーザーを照射して距離を実測する

ゴルフ用ナビが電波を使って距離を測るのに対し、レーザー距離計はその名のとおり、レーザーを目標物に照射して目標物までの距離を測るアイテムです。望遠鏡のようになっていて覗(のぞ)くと対象物が近く見え、照準を対象物に重ねてボタンを押すことでレーザーを照射し、距離を測ります。

目標物までの距離を測るだけのモデルと、打ち上げ打ち下ろしを計算し、実際に打つべき距離を教えてくれるモデルがあります。日本国内では山を切り開いたコースが多く、販売の90%以上は後者だとか(ブッシュネル調べ)。

ではさっそく使ってみましょう。

レンズを覗き、ピンフラッグなどに照準を合わせてスイッチを押します

レンズを覗き、ピンフラッグなどに照準を合わせてスイッチを押します

実際の距離と、勾配を計算した「打つべき距離」が表示されます

実際の距離と、勾配を計算した「打つべき距離」が表示されます

レーザー距離計の活用法はピンまでの距離を測るだけはありません。たとえばドッグレッグホール(左右に曲がったレイアウトのホール)で、第1打をフェアウェイウッドなどできっちり刻みたいときに打ちたい地点までの距離を測ったり、ドライバーを打った後、ボールから振り返ってティーグラウンドまでの距離を測ることで自分の飛距離を知ったりと、いろいろあります。スマートに使えるようになると、プレーの精度がぐっとアップしますよ〜。

注意点としては、距離を測ることに夢中になってしまうとスロープレーの原因になりかねないということがあります。これはゴルフ用ナビにもいえること。必ず周りの状況を確認し、余裕のあるときに使うようにしましょう。
また多くの競技や大会ではこれらの計測機の使用を禁止していますが、中には使える競技もあるようですから、事前にしっかり確認することをおすすめします。

ブッシュネル・ピンシーカースロープツアーZ6ジョルト

ブッシュネルのフラッグシップモデルで本体完全防水&撥水(はっすい)コートレンズを採用しているので、水にぬれてもOKなモデル。屋外で行うゴルフにはありがたい機能です。125ヤード以内なら0.1ヤード単位で距離を表示してくれる高性能モデルで、ツアープロやプロのキャディさんに愛用者が多いそう。勾配計測機能が付いていて高低差を知ることができ、打つべき距離まで計算してくれます。プロなどは、練習ラウンドなどのときにこれを使って本戦に必要な情報を集めているのかもしれませんね

ブッシュネル・ピンシーカープロX2ジョルト

こちらも完全防水のモデル。照準や距離を表示する色を切り替えられる機能を持ったモデルです。大きな特徴は「勾配を計測する機能をオフにできる」こと。勾配計測機能のオンオフは外からわかるようになっています。勾配計測をオフにすれば使える競技もあるので、そういったことに柔軟に対応できるモデルですね。勾配計測機能付きモデルを使ってラウンドしていると打ち上げ、打ち下ろしでクラブの選択に悩むことがないのでストレスなくプレーできますよ

天候や木々の色によって見やすい表示色を、赤と黒から選べます

天候や木々の色によって見やすい表示色を、赤と黒から選べます

ブッシュネル・ピンシーカースロープツアーV4ジョルト

こちらは小型で軽量に仕上げたモデルです。価格も抑えられており、入門用としてはピッタリですね。上記の2モデルとの大きな違いは、計測距離範囲の違いと完全防水ではないということ。それでも1,000ヤードまでは計測できますし、防滴加工はされているので少々の雨なら問題なく使えます。小さく携帯しやすいので、使いやすさではこちらのほうが上かもしれません

ユピテル・AGF-Laser1

こちらも比較的軽量で小型に仕上げられたモデル。レーザーを当てやすくするために、手前の対象物を優先的に認識するピンサーチ機能が搭載されています。計測すると目標までの距離はもちろん、水平だった場合の距離、高低差、角度を瞬時に表示。シンプルな表示でわかりやすかったです。サイズがコンパクトで携帯に便利で、こちらも雨の日のプレーでも使えるモデルです

自分の距離感を養うサポートとして使おう

ゴルフ用ナビもレーザー距離計も、スコアメイクにはとても効果的なアイテムです。上達志向の強い方ならどちらか1つは持っておいても損はしないでしょう。ですが、本当にうまくなりたいのであれば、機器に頼りっきりになるのではなく、自分の感覚や距離感を養うサポートアイテムとして考えるといいと個人的には思いますね。コースでは気象条件によって同じ打ち方によっても飛距離は変わってしまうものですから…。

撮影協力:イーグルレイクゴルフクラブ
写真:富士渓和春

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.12.10 更新
ページトップへ戻る