ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

アスリート志向のあなたのクラブ! ブリヂストン「TOUR B」の新製品を一気打ち

こんにちは、オグさんです。

今回はブリヂストンゴルフ(以下ブリヂストン)の2018年ニューモデルを試打させていただいた感想を率直にお話ししたいと思います。

ブリヂストンの「TOUR B」シリーズにニューモデルが登場しました

ブリヂストンの「TOUR B」シリーズにニューモデルが登場しました

「TOUR B」シリーズとはブリヂストンがワールドワイドで使用するブランドで、「B」の文字を印象的に使った若々しさが特徴的です。今回は同シリーズ内のアスリートラインが一挙にモデルチェンジしましたので、まとめて試打させていただきました!

ではさっそくいってみましょう〜〜〜。

■XD-3 ドライバー

ニュートラルでクセがない

クラウンのカーボン+金属弦が特徴的。形状はやや奥行きのある丸形といったところ。いびつなところがなく、きれいな輪郭をしています

まずは今回のメインといってよいドライバーから。
今回からクラウンにカーボン素材を使用し、そこに金属弦(POWER STRING)を組み込むことによりインパクトでたわんだクラウンの復元を早め、初速を上げる技術と、ソールにT字形のリブ(POWER T-RIB)を設け、剛性を高めることでクラウンとフェースのたわみを増大させる技術が搭載され、より飛距離と安定性を追求したモデルになっています。
アスリート向けシリーズだけあって、純正でも45.25インチまでの設定。クラブ重量は一番軽いスペックでも304gと最近のクラブとしてはやや重め、短めになっています。

カーボンクラウンに青い金属弦を組み込んでヘッドのたわみを最適化する技術を搭載。それをあえて見えるようにすることでハイテク感も演出しています

ヘッド内部。ソールに2本の襞(ひだ)のようなものがありますが、これはサウンドリブといって打音を調整するためのもの。性能だけでなく官能的な部分までしっかり設計されています

構えてみると、あえて目に見えるようにクラウンに搭載されたPOWER STRINGがハイテク感を演出していて、飛びに対する期待感をあおってくれますね。形状自体は、やや奥行きがある丸形でニュートラルなイメージ。どんな持ち球のゴルファーでも極端に違和感を抱くことはないきれいな顔です。

最初は、ストレートボールを狙って打ってみました。出た球は、狙った方向に程よいバックスピンを伴ったストレートボール。ヘッドの操作性は程よい感じで、狙った目標に打ち出しやすかったです。次にあえて芯を外して打ってみると、ややバックスピンが増えますが曲がりが少なく、極端なミスになりにくい。

アスリートモデルは操作性を高めるために重心を浅めに設定するのですが、そういったモデルは芯を外すとサイドスピンがかかりやすくなり、曲がりが大きくなりがち。このモデルは適度に深さを持たせている(一般的に、重心が深いほうがスピン量は増える)ので、操作性をある程度確保しながら、芯を外してもサイドスピンをかかりにくくしているため、曲がりが少ないのでしょう。インテンショナルに左右に曲げる打ち方を試すと、極端には曲がりませんが、上級者が求める操作性はきっちり確保されていました。

極端につかまりを抑えているわけでもなく、かといってつかまり補正があるわけでもない、とてもニュートラルなクラブといった印象です。緻密にボールを操るというよりは、直線的に狙いを定め、曲がりを抑えてガンガン飛ばしていくといった感じです。曲がりが少ないとはいえスイングの傾向がきちんとボールに表れる、いわゆる”クセのないクラブ”ともいえるので、上達志向のある方に強くおすすめしたいですね。個人的にとても気に入ったのは、狙った弾道と逆に曲がってしまういわゆる「逆球」が出にくい点。スコアをまとめるのにとても重要な性能なんですよ。

上級者が求める操作性を確保しながらもミスヒット時のサイドスピンがかかりにくい印象。安心して振っていけるドライバーに仕上がっていました

■XD-F

適度にスピンが入るFW

やや面長でドライバーよりシャープな形状。フェースはストレートで、目標に構えやすかったです

やや面長でドライバーよりシャープな形状。フェースはストレートで、目標に構えやすかったです

次に同シリーズのFW(フェアウェイウッド)をチェック。ヘッド形状はドライバーに比べて奥行きを抑えたやや面長なシェイプ。きれいな丸みに好感が持てます。フェースは”どストレートなアングル”でとても目標に構えやすく感じました。クラウンはドライバーと同じようにPOWER STRINGが見えるようにデザインされています。

打ってみると、これまた適度なバックスピンが入り、スイングなりの弾道が打てました。最近では低スピンを狙った飛距離追求型のFWが多いですが、このモデルは適度にスピンが残るので不意の飛びすぎがなく、ターゲットを狙っていけますね。縦の距離をちゃんと計算ができる上級者ほど高く評価するFWだと思います。

■XD-H

スチールシャフトのみの狙うUT

柔らかい丸みが印象深いヘッド。上記ウッド類と同様、フェースアングルがストレートなのがいいですね

柔らかい丸みが印象深いヘッド。上記ウッド類と同様、フェースアングルがストレートなのがいいですね

お次はUT(ユーティリティー)。なんとこのUTはカーボンシャフト装着モデルを用意していません。ある程度重量があるスチールシャフトだけに絞ることから、いたずらに飛距離を追求せず、ターゲットを狙うことを重視した設計になっていることがくみ取れます。

形状は、丸みを帯びたヘッドにこれまたストレートなフェースアングルで、目標に構えやすくシャープなイメージの中に柔らかさを感じる顔。シビアな状況でもリラックスしてアドレスに入れそうです。

打った印象は、やはり”狙うクラブ”といった感じ。上下左右の打ち分けがしやすかったです。ミスヒット時にやや飛距離は落ちますが、やはり曲がりが少ない印象を受けました。とにかく上級者ほど使いやすいと感じる仕上がりですね。芝の上からかっ飛ばしたい人にはほかのモデルのほうがよさそうですが、腕前が上がってくるとこのUTのよさがわかるはずです。

■X-CB アイアン

操作性と許容性を持った軟鉄鍛造キャビティ

BS顔といってもよいブリヂストン伝統の形状。直線的でやや厚めのトップブレードに、ほんの少しだけグースネックに仕上げた安心感のあるシェイプ

同シリーズのアイアンは全部で3種類。オーソドックスなキャビティの「X-CB」、アスリートが使えるミスに強いアイアン「X-CBP」、そして限定モデルの「X-BL」です。それぞれアスリートが使いやすいツボを押さえながらもテイストの違うモデル。自分のプレースタイルに合わせて選ぶことができるのはゴルファーとしてはうれしいですね。まずはメインモデルともいえるX-CBから見ていきましょう。

最近のアスリートモデルに多いやや長めのブレード長を持つヘッドを採用し、適度な操作性を持たせつつ、ミスヒットへの許容度を高めています。このX-CBはいわゆる“一枚物”。軟鉄のみを使用し、鍛造で仕上げることで、芯で打ったときは振動が少なくて気持ちのよい打感が得られ、ミスヒット時はどこで打ったのか音や打感で知らせてくれる”情報量の多いアイアン”に仕上がっています。こういったモデルを使っているとミスの原因も把握しやすいので、上達が早くなります。

ブレードを長めにすることでマイルドな操作性とミスヒットへの強さを両立させています

ブレードを長めにすることでマイルドな操作性とミスヒットへの強さを両立させています

■X-CBP アイアン

ミスに強いポケットキャビティ

X-CBよりひと回り顔が大きく、ブレードも厚め。特にヒール側のボリュームが上がっていて堅ろうで当たり負けに強そうですが、打ってみるとそのとおりでした

続いてはX-CBPです。CBPのPはおそらくポケットの意。フェース裏下側とバックフェース部分との間にポケットを設けることで、重心をより深くしています。ボディは軟鉄ですがフェース面にはモリブデン鋼を使用することで、ミスヒットの強さと直進性の高さを狙ったモデルといえます。

X-CBと比べてロフトが1度立っているのですが、打ってみると1番手ぐらい高い弾道に! ロングアイアンも楽に高さが出せますね。操作性は、できなくもないがそこそこといったところ。そのぶん芯を外しても飛距離ロスが少ないのがこのアイアンの魅力です。フェースに異素材を使っているポケットキャビティには打感が硬めのモデルが多いのですが、このモデルは比較的柔らかく感じました。音もやや低めで、そういった部分もアスリートに向けたチューニングがされているのでしょう。

ヒール側にボリュームがあり、当たり負けしなさそうな印象を受けます。アスリートがこだわる顔を維持しながら、安心感もうまく演出していますね

■X-BL アイアン

操作性を求めた数量限定のコンボモデル

X-BLの6番。3番から7番まではハーフキャビティ形状を採用しています。顔はヒール部分を狭めたシャープな形状。いかにも操作性がよさそうです

8番からPWまではマッスルバック形状。より操作性を重視した形状です。写真は9番

8番からPWまではマッスルバック形状。より操作性を重視した形状です。写真は9番

最後はX-BL。こちらは限定モデルです。なぜ限定モデルかというと、この手のアイアンを求めている人が少ないから。性能的には、操作性が主目的に考えられています。3番から7番まではミスを助けるように気持ちハーフキャビティになっていますが、8番からは操作性の高いマッスルバック形状の、いわゆるコンボモデルです。どちらも重心距離が短く、自分のスイングをしっかりボールに伝えられるようになっています。打ってみると、打感がすばらしい。そして情報量も本シリーズ中一番多いです。そして何より打っていて楽しい! (練習場では)うまくスイングできるときっちりボールに表れるので、練習しがいがあります。テクニックを学びたい人にぜひ手に取ってもらいたいですね!

いろいろな打ち方をするとその結果がボールにしっかり表れるX-BL。3つのモデルの中では一番打っていて楽しかったです(結果が伴うかどうかは別ですよ……)

本格的にゴルフに取り組みたい方へ

アイアン編の冒頭でも書きましたが、3モデルとも、アスリートが使いやすいと感じるツボを押さえていると感じました。どれもスイングに対する補正能力をほとんど持たせず、バランス型(X-CB)、直進性を高めたミス許容型(X-CBP)、操作性型といった感じで作り分け(X-BL)、「自分がどんなゴルフをしたいのか?」に合わせて選べるようになっているからです。

「補正能力を高めない」というところがポイント。こういったアイアンは、いきなり結果は出ないかもしれませんが、使えば使うほど正しいスイングが身につきやすいといった特徴があります。本格的にゴルフに取り組みたい方にぴったりのシリーズです!

今回のまとめ

・XD-3 ドライバー
→クラブ側での補正が少なくスイングどおりの球が出やすい

・XD-F
→飛びすぎず狙った距離を打ちやすいFW

・XD-H
→球筋を操作して狙った距離を打ちやすいUT

・X-CB アイアン
→ミスにも強いアスリート系の鍛造キャビティ

・X-CBP アイアン
→ミスしても飛距離ロスの少ないポケットキャビティ

・X-BL アイアン
→球筋を打ち分けて狙うアスリート向けのコンボモデル

写真:富士渓和春

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る