ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

日本人が飛ばせるクラブとは……!? 「Mizuno Pro」を詳細試打

オグさんです。
今回はミズノの「Mizuno Pro」シリーズから、ドライバーとアイアンをご紹介します。

イメージカラーはブルー。たたずまいが美しいクラブですね

イメージカラーはブルー。たたずまいが美しいクラブですね

使い手と作り手が納得して初めて手に入る

ミズノはゴルフクラブ製造において長い歴史を持つ老舗メーカー。いかにも“職人”というこだわりの技術で、クラブをていねいに作る会社として、多くのゴルファー、特に上達志向の強いプレイヤーから高い評価を得ている印象があります。

今回ご紹介するMizuno Proというブランドのクラブは、同社のカスタムフィッティングを受けないと買うことができません。まず、購入を検討しているゴルファーのスイングや弾道のデータを、専門知識を持つクラブフィッターがチェックします。そして、いくつかのスペックをテストして見つかった最適なモデルを、使い手と作り手の双方が納得して初めてクラブの注文が完了するのです。

大手メーカーが、なぜそんな手間暇をかけないとクラブを売らないのか? それには商品に対するこだわりと、使い手と道具のマッチングの難しさを知っているからだと私は思います。Mizuno Proブランドのクラブには、それぞれ明確なターゲットゴルファーが存在します。どのモデルもある程度使い手を絞って設計をしているので、そのターゲットからズレたゴルファーが使うとメーカーが想定する性能を発揮しづらくなります。それはメーカーにとって本意ではないのでしょう。「自分たちの手間がかかってもゴルファーにいい結果を残してもらいたい」という思いがあるからこそ、こういった形態になっているのです。

重心距離の短いドライバー2モデル

さてそんなMizuno Proのクラブを見ていきましょう。ドライバーは2種類、「モデルE」と「モデルS」がラインアップされています。

左がモデルSで右がモデルE。ぱっと見でもサイズの違いが見て取れますね

左がモデルSで右がモデルE。ぱっと見でもサイズの違いが見て取れますね

特徴は「重心距離」にあります。どちらのモデルも日本のゴルファー向けのやさしさとして「重心距離を短くしてヘッドターンを促すことでスクエアインパクトの確率を上げる」という考えを基に設計されています。日本では、スイング中にヘッドのローテーション、つまりフェースの開閉をしっかり使うという理論や教えが一般的。これはパーシモンの時代からのものです。重心距離が短いとヘッドの開閉がしやすくなるので、このような理論をプロや上級者、スクールで習ってゴルフを覚えた多くの日本人に合うのではないか、というわけです。

そういった方が今流行りの海外ブランドに多い重心距離の長いモデル、いわゆる「デカヘッド」を使うとテークバックで開いたフェースをインパクトで戻しきれず、右へのミスが出てしまう可能性があるのです。対してミズノは、フェースがインパクトで戻りやすくするために重心距離を短くし、日本人のスイングで飛距離を伸ばせる可能性を秘めたドライバーを作ったというわけです。日本人ゴルファーのデータを収集、解析した答えの1つなのでしょう。

非常にキレイなカチャカチャネック

Mizuno Proのドライバーには、弾道調整機能、いわゆるカチャカチャが搭載されています。ロフト角と連動してライ角やフェース角も調整できるようになっていて、ボールのつかまり具合や、打ち出し角の調整が可能です。同社のカチャカチャはスリーブがスリムで、一見すると接着モデルのようなスマートな仕上げになっています。構えたときにネックは意外と目に入る部分ですので、こういった美しい仕上げはうれしいですね。

特徴をしっかり立たせた2モデルですが、それぞれ弾道調整機能を搭載。使い手に合わせて微調整できるので、ヘッド性能を生かしやすくなっています

目盛りなどが外側に露出せずスマートな形状に仕上げてあるので、一見すると接着モデルのよう。こういった心配りは形にもこだわるミズノらしい部分といえます

■Mizuno Pro モデルE

投影面積を大きくすることで安心感を演出しつつややトゥ寄りにボリュームを持たせた、アスリート好みのキレイなフォルムに仕上がっています

直進性の高い弾道が打てる

構えてみると投影面積が大きくペタっとした感じでとても安心感がありますね。フェース角はほぼストレートで、左に行くイメージはありません。いい意味で、振りたくなる形状に仕上がっています。打ってみると狙った方向に打ち出しやすく、それでいてサイドスピンが思ったよりかからないというのが第一印象。ミズノというとどうしても操作性がよく、操って使うドライバーというイメージがあったのですが、このモデルEに関しては、当てはまらないですね。どちらかといえば直進性の高い、今風の弾道が楽に打てるクラブに仕上がっています。

飛びっぷりは、適度な低スピンの適正弾道といった印象。とはいえ、曲げようと思えばそれなりに曲がってくれるので、普段はできるだけ曲がらないでいてほしいけど、いざというときにはある程度曲がってほしい……なんてわがままも聞いてくれそうなクラブですね。操作性、直進性、飛距離すべてを高い次元でバランスよく実現しているクラブといえます。

■Mizuno Pro モデルS

モデルEと比べて投影面積がひと回り以上小さいヘッド。輪郭に角がほとんどない美しい形状です。フェースのバルジ(横方向の丸み)がモデルEよりも強めになっているのがわかります

自分でボールを操りたい方に

美しいですね。キレイな輪郭と小ぶりなサイズ。いい意味で弾道をイメージさせないニュートラルな形状で、どんな持ち球のゴルファーでも弾道をイメージしやすいはずです。モデルEと比べてフェースの横方向の丸み、いわゆるバルジが強めに付いていますが、これは好みが分かれるところでしょう。バルジはミスショット時の過度な曲がりを抑える効果があるので、ヘッドの操作性が高いモデルだけに強めに付けているのだと思います。

実際に打ってみると、見た目以上にやさしいというのが率直な感想。まず芯に当てやすい。ヘッドがヒュンヒュン返って自由自在! みたいな感じではなく、適度な操作性でコントロールしやすく、狙った弾道を打ちやすかったです。たとえ芯を外しても隣のホールに行ってしまうような極端な曲がりにはなりません。これはバルジの効果でしょう。弾道は、モデルEと同様、適度な低スピンの弾道。高めの操作性で狙った弾道が打ちやすく、強い弾道が打てる。自分でボールをコントロールしたい方にはもってこいのモデルです。

芯で捉えると、フェースに乗っかっている時間が長く感じるような柔らかい打感が味わえます。芯を外すとそれなりに硬く感じ、どんなミスをしたかのフィードバックがきちんとあります

強くこだわる軟鉄鍛造の打感

続いてはアイアン編。ミズノといえば軟鉄鍛造アイアン、軟鉄鍛造アイアンといえばミズノといわれるくらい同社の得意分野です。そもそも軟鉄鍛造アイアンとは、軟鉄と呼ばれる素材を熱し、たたいて精製していく方法で作られたモデルを指します。手間暇はかかるが打感をはじめとするフィーリングのいいクラブが作れるので、世界の厳しい環境でプレーするツアープレイヤーをはじめ、アスリート思考のゴルファーに好まれています。その中で高い支持を得ているのが、ミズノの軟鉄鍛造アイアンなのです。

まぁミズノはですね、軟鉄鍛造へのこだわりが、半端じゃございません。その理由は、数値に表れない「フィーリング」や「打感」を少しでもよくするため。そのために同社のアイアン専用に使う軟鉄を製鉄会社に作らせたり、鍛造工程をいくつも増やしたりしています。性能重視の考えを持つ方からしたら「なんで効果が薄いものにそんな手間暇を?」と思ってしまうであろうこだわりの塊がミズノアイアンには詰まっています。それだけに一度その心意気と製品にホレ込んでしまうと息の長いファンになりやすいため、世界中で愛用されているのです

そんなMizuno Proシリーズから、今回は4モデルを打ち比べさせてもらいました。

■Mizuno Pro 118

ボールの操作性を第一に考えて設計されているであろう、無駄のないとても美しいフォルム

ボールの操作性を第一に考えて設計されているであろう、無駄のないとても美しいフォルム

上級者ほどやさしいアイアン

ほぼストレートなネックに細めのトップブレード。幅の狭いソールにマッスルバック形状と、すべてが「厳しい状況からでもゴルファーの意のままに操作でき、ボールをコントロールする」ために作られているといっても過言ではありません。テクニックを持つゴルファーほど扱いやすく感じ、反対に、オートマチックなスイングでミスをできるだけなくしてプレーしたいと考えるゴルファーほど難しいと感じるクラブです。スイングの傾向やミスが素直にボールに表れますので、使えば使うほど技術が身につくクラブともいえますね。

番手とロフト(度)

#3:21
#4:24
#5:27
#6:30
#7:34
#8:38
#9:42
PW:46

■Mizuno Pro 319

118と比べてトップブレードが若干厚く、セミグースネックでフェース長も長くなっています。単体としてヘッドを見ると十分シャープな形状ですけどね……

バランスのいいアスリートモデル

操作性を優先しつつ、ミスへの許容度もある程度持たせたモデルです。118ほどではありませんが、操作性は十分といっていいほど持ち合わせ、それでいて打点を外しても距離ロスや曲がり幅を抑えてある印象です。アスリートが求める性能が高次元でバランスよく成り立っているアイアンといったところでしょうか。

番手とロフト(度)

#3:21
#4:24
#5:27
#6:30
#7:34
#8:38
#9:42
PW:46

■Mizuno Pro 518

319よりさらにグースネックになり、トゥ側に丸みを持たせてやさしさを演出した形状になっています

319よりさらにグースネックになり、トゥ側に丸みを持たせてやさしさを演出した形状になっています

番手とロフト(度)

#4:22
#5:25
#6:28
#7:32
#8:36
#9:41
PW:46

ミスヒットに強く操作性も十分

軟鉄鍛造でありながら、チタンをバックフェースに埋め込むことで、打感やフィーリング面を悪化させずに、ミスの許容度を高めるという手の込んだモデルです。

4番から7番まではトゥ側に比重の重いタングステンが埋め込まれていて、ミスヒット時の飛距離ロスを抑えています。見た目以上にミスに強いアイアンに仕上がっていますね。操作もできますが、必要十分といったところ。つかまり性能もあり、やさしく安定した弾道を打つことができました。

■Mizuno Pro 719

今回試打したモデルの中ではフェース長が最も長く、直進性にすぐれたモデルに仕上がっています。トップブレードも厚めですね

飛ばせる鍛造アイアン

ほかのモデルとは素材が異なり、飛距離性能も持った鍛造アイアンです。つかまりもよく、オートマチックに、直進性の高い弾道でシンプルにコースを攻めていくといった方に合うアイアンですね。カッコよくアスリートっぽい仕上がりなのに使うとミスに強い! そんなアイアンをお探しならこのモデルでしょう。

番手とロフト(度)

#4:22
#5:25
#6:28
#7:32
#8:36
#9:41
PW:46

こだわりの性能だけあって、打感はソリッドで情報量が非常に多いです。キャビティモデルでも、フェースのどのへんで打ったかなどの情報が手に伝わってきます

私は普段からマッスルバックを使用しているので、気に入ったのは断然118です。気持よく打てて操作性も抜群! 打っていて楽しいですよ〜

購入にはフィッティングが必要

いかがでしたか。ミズノというメーカーが、いかに真面目にいい商品を作っているかがおわかりいただけたかなと。今回ご紹介したMizuno Proシリーズはフィッティング前提なので、すぐに購入というわけにはいきませんが、それだけ商品にこだわり、自信を持ち、自分たちが想定したゴルファーにちゃんと使ってほしいという思いや真面目さが伝わってきます。

このほかにもミズノには「GX」というシリーズがあり、こちらは量販店でも取り扱っているので、フィッティングをしなくても購入は可能です。こちらのシリーズも大変よくできていますから、気になる方はチェックしてみてくださいね。

※Mizuno Proの取扱店舗はこちらからお探しいただけます。

写真:野村知也、富士渓和春

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る