ゴルフの楽しさ伝えます
スライサーにはうってつけのFW

右へのミスがグンと減る! ピン「G410 SFT FW」#3を試打

オグさんです。

今回はピン「G410」シリーズのフェアウェイウッド(以下、FW)、「SFT」を試打させてもらいました。

G410のFWは3タイプある

ピンの「G410シリーズ」はヘッドタイプのバリエーションが豊富で、ドライバーは、先日発表されたLSTが加わり3タイプに。FWも同様に3タイプがラインアップされており、それらを自由に組み合わせてセッティングを組むことができます。

シリーズに共通する部分は、打点のミスへの強さと直進性の高さ。ミスへの許容度を高めたうえで、最適な重心位置に設計することでエネルギー効率を高め、さらにフェースに高初速を狙うマレージングフェースを採用することで飛距離をも追求しています。

ラインアップは3種類で、“最大初速で飛ばす”とメーカーがうたう「STD」は基本的な性能を持ち、 “低スピンで飛ばす”とする「LST」は低スピン性能と操作性を高めてあり、そして今回の「SFT」は重心を短くしてつかまり性能を高め、「つかまえて飛ばす」と性能分けされています。自分のスタイルやミスの傾向に合わせて選べるのは、ユーザーにとって大きなメリットですね。

ソールの深い位置に配置されたウェイトはボールの上がりやすさと打点のミスへの強さを狙った証。同シリーズのほかのタイプよりややヒール側に寄っているのはつかまり性能を高めるため。重心距離を短くすることでヘッドのターンをしやすくしているのです

STDより投影面積を大きくし、安心感を持たせています。STDはやや三角形に近いシェイプをしていましたが、このSFTはそれをふくらませたような、円形に近い形状になっています

ほかのタイプと同様、反発の高いマレージングをフェース素材に採用。シャローフェースでボールの上がりやすさを狙った部分も共通です

後方に下がったシャローバック形状はほかのタイプも同じですが、ヘッド形状が大きいこともあり、このSFTが最もシャローになっています。ソールの滑りもよさそうですね。#3のロフトは16°

右へ打ち出してしまうミスに効果的

構えてみると、STDと比べてヘッドがかなり大きく感じますね。それとややフックフェースになっていて、いかにもつかまりそう、多少芯を外しても飛んでくれそうという気持ちにさせてくれます。この安心感はシリーズ随一ですね。

打ってみると、最初から左に飛び出してそのままつかまったドロー系のボールが飛んでいきました。ミスの傾向が右方向の方や、プッシュスライサーには最適でしょう。またつかまりのいいモデルだとロフトが立ち過ぎてしまいボールが上がらないことが多いのですが、このSFTは高さもスピンも適正になるのでキャリーもしっかり出ますね。

広いソールで滑りやすくダフリに強いのはシリーズ共通。はじき感の強い打感で爽快感があります

広いソールで滑りやすくダフリに強いのはシリーズ共通。はじき感の強い打感で爽快感があります

G410シリーズから弾道調整機能がリニューアルされ、より細かな調整ができるようになりました。具体的には、ロフトの調整幅が増え、ライ角の調整も可能になり(フラット方向)、より自分に合ったセッティングをかんたんに調整することができるようになりました。

ロフト角は±1°±1.5°、ライ角はスタンダードとフラットから選択可能

ロフト角は±1°±1.5°、ライ角はスタンダードとフラットから選択可能

3種類のシャフトで打ってみた

今回もSTDのときと同様、3種類のシャフトを打ち比べさせていただきました。ピンは標準で選べるシャフトの種類が多く、純正シャフトにも力を入れて開発しています。ピンオリジナルで開発している純正シャフト「ALTA J CB RED」、「TOUR173-65」の2本はフレックスに応じてキックポイントを変えるという凝った作りになっていて、同社の契約しているプロもそのまま使うほど完成度の高いシャフト。そして話題のシャフトである三菱ケミカルの「TENSEI CK Pro Orange」は、タイガー・ウッズが使って優勝したことで注目を集め、その完成度から高い人気を誇るアスリート向けのモデルです。

【1】ALTA J CB RED

個人的にSFTとの組み合わせでおすすめなのがこのALTAシャフト。つかまりがよくクセがないので、つかまりのいいSFTのヘッドと好相性です。ストレート弾道を意識して打っていると、右方向には1回も飛びませんでした。安定してボールをつかまえてくれる組み合わせです。

真っすぐ打ち出したきれいなドローボール。3番ウッドとしてはスピンがやや多く、飛距離はまずまずですが、右に飛んでいく不安感がまったくありませんでしたね。意識しないとフックになってしまうぐらい、1方向に動いてくれる組み合わせです

【2】TOUR173-65

パワーのあるスライサーにおすすめの組み合わせです。シャキッとした剛性感のあるシャフトにつかまりのいいヘッドで、しっかり振ってもちゃんとボールをつかまえてくれます。

ちょっと強めのフックになってしまいましたが、低スピンで強めの弾道。強振してもつかまりが変わらずスピンも抑えてくれるので、スライスして吹き上がってしまうような方にもおすすめです

【3】TENSEI CK Pro Orange

手元側がしなり、カウンターバランスになっています。ライナー性の強い弾道が打ちやすいだけに、ある程度のパワーがないとこのシャフトのよさは引き出せないですね。こういう、つかまりを抑えたシャフトとつかまりのいいヘッドの組み合わせは個人的にあまりおすすめしないのですが、実際に打ってみていい結果が得られるなら積極的にチョイスすべきだと思います。

やや強めのドローボール。剛性感の強いシャフトのおかげで3本の中では一番距離は出ました。個人的にはちょっと制御がしづらく、つかまるときとそうでないときがあり、ちょっと使いづらかったです

STDの性能差は明らかだった

正直、打つ前はSTDとの差はそんなにないのかと思っていましたが、特性はまったくと言っていいほど異なっていました。可能であれば同じシャフトで打ち比べてみると、ヘッドの違いを体感いただけると思います。このSFTはボールをつかまえられない、右方向へのミスにお悩みの方の負担を軽減してくれるモデル。当てはまる方には強くおすすめしたいです。簡単にボールをつかまえてくれますよ!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る